男性の腰

    hip_bone_anterior.jpg

    人体の中で健康面、プロポーション面ともに大切な部分といえば、それは「腰」です。
    腰という漢字のつくりが「要」であるように、腰は人間にとって健康の要。(かなめ:大切な要素)

    背骨はもちろんのこと、人体最大の骨である大腿骨を支える土台であり、生殖とも関わっているのが腰。
    年をとると腰痛のない人のほうが珍しくなりますが、自分の腰や脚の付け根は常に観察するようにしておきたいですね。
    足腰に異常がある場合、体形や姿勢に変化が表れるものです。

    その部分の骨を一般的には腰骨(こしぼね)と言いますが、医学的には腰骨という名の骨はありません。
    腸骨、恥骨、坐骨、仙骨、尾骨などで構成されているのが人間の腰の骨です。

    中でも特に体形の美しさに関わっているのが腸骨。(ちょうこつ)
    腸骨には大量の骨髄が存在し、成人では血液のおよそ半分は腸骨で作られています。

    上の画像の赤い部分の上半分が腸骨で、左右の端の部分を腸骨稜(ちょうこつりょう)と言います。

    画像出典:ウィキメディアコモンズ
    File:Hip bone anterior high-res.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    lower-tbm_cory.jpg lower-tbm_xavior.jpg

    このモデルは水着の端を下げて自分の腰を見せているので、この画像で説明しましょう。

    腰の左右に出っ張りが目立つ部分がありますが、そこの骨が腸骨稜です。
    左のモデルは10代半ばで右は10歳くらいだと思いますが、第二次性徴に伴って筋肉が発達してくると腰の形も明瞭になってきます。

    男性特有の骨格をよく表している部分ですが、運動のときなどに怪我をしやすい部分でもありますね。
    私も先日自転車でコケた時に、この部分を強打してしまいました。(幸い軽傷)
    まぁ私のことはどうでもいいんですが。(^^;)


    lower-tbm_linus.jpg lower-tbm_robbie.jpg
    lower-tbm_unknown.jpg lower-tbm_hunter.jpg

    TruBoyModelsの画像には、このように腰骨の形を披露しているシーンがいくつかあります。
    エンジェルスタイルならばこのようなポーズをとる必要はないのですが、水着モデルである以上、腰骨の形を見せるには水着の端を下げるしかありません。

    それぞれ肉付きに違いはありますが、どの子も健康的な腰をしています。
    モデルという仕事も腰が悪いと務まりませんし、姿勢の良さは何よりも大切ですね。

    Copyright : TruBoyModels.com


    ところで、水着を斜めにしたこの姿、どこかで見たことがありませんか?
    そう、以前書いた記事「斜めに隠すデザイン」で紹介した彫像と似ています。(該当記事)

    antoine_bofill-hameconne.jpg leon_fagel-la_premiere_offrande_abel.jpg

    その記事で紹介した作品に加え、この二作品も斜めの布が股間に掛かっています。

    左はスペインの彫刻家、アントワーヌ・ボフィル(Antoine Bofill/1875-1921)による1902年の作品「Hameçonné」
    右はフランスの彫刻家、レオン・ファゲル(Léon Fagel/1851-1913)による1887年の作品「La première offrande d'Abel」

    腰に巻いた布がふわりと漂い、中心部を隠している。
    現実にはこうも上手く隠れることはないでしょうが、公共の場に設置する作品としてはこういう処理も必要なのでしょう。
    しかし前の記事でも述べたように、造形的にはこれが良いアクセントとなっています。

    上の水着モデルたちも、水着を斜めにすることによってポーズや構図に変化を与えていますね。
    斜めに覆うタイプの水着は非常に少ないのですが、もし布が風でなびいているようなデザインの水着があったら、きっとプールが美術館となることでしょう。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  笑顔  水着  CC-License  ProModel 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 ♂♀ Water 笑顔 America 衣装 寝姿 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ペイント Thong Africa ProModel Oceania 音楽紹介 造形比較 動画 

    最新記事
    お昼寝兄弟 2019/12/13
    可愛いダンスチーム 2019/12/12
    ライフセーバー 2019/12/11
    動物と天使たち 2019/12/10
    眺めの眺め 2019/12/09
    組体操 2019/12/08
    水着「Gストリング」 2019/12/07
    ダラ〜ン 2019/12/06
    5周年 2019/12/05
    お昼寝天使 2019/12/04
    日別表示
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別表示
    アンケートと掲示板