Speedo・Arena・Adidas・TYR

    このブログでは過去に何度かビキニ水着について考察したことがありました。
    「1970年〜1980年の男子用水着」
    「小さな水着の天使たち」

    これらの記事で語ったとおり、1980年頃までは大手水着メーカーも小さめのビキニを発売していたのですが、今では競泳水着といえば肌を大きく覆うタイプになり、メーカーサイトを見ても小さなビキニはほとんど載っていません。

    しかし人間自体をひとつの作品として考えた場合、ちょうど中心部に位置する逆三角形の布はまさに機能美。
    まるでパズルのピースがピタリとハマるかのように、この無駄のなさは見ているだけで心地よいものです。

    ということで今回は、有名な競泳水着ブランドである「スピード」「アリーナ」「アディダス」「TYR」のビキニ水着を見ていきたいと思います。

    画像は商品画像でも良いのですが、やはり実際に着用した状態のほうがわかりやすいですね。
    ロシアの水着モデルのNakita君の画像にこの4社の水着を着用したシーンがあったので、その画像を引用させていただきました。
    著作元であるEuroProModel.comはすでに消滅していますが、関係者から削除要請があれば削除しますのでご了承ください。


    【SPEEDO】(イギリス)

    【SPEEDO - Kids Swimwear & Swimsuits】

    SPEEDOはイギリスに本拠を置く国際的な水着メーカー。
    日本での読み方は「スピード」ですが、原語での発音は「スピードゥ」

    1914年、スコットランド人のアレクサンダー・マクレーがオーストラリアのシドニー近郊に創業した靴下製造会社がその前身。
    その後水着の製造に着手し、1928年に初めてレーサーバックと呼ばれる女性用競泳水着の定型を開発しました。
    この頃からSPEEDOブランドを展開しています。

    1955年には競泳水着にナイロンを使用し、1970年からは新素材のスパンデックス等を水着開発に生かして国際的に脚光を浴びました。
    独自の研究施設を持っており、新素材による商品開発に力を入れているメーカーです。

    epm_nakita_speedo01.jpg epm_nakita_speedo02.jpg
    epm_nakita_speedo03.jpg epm_nakita_speedo04.jpg
    Copyright : EuroProModel.com

    SPEEDOの水着を着用しているモデルのNakita君。
    上の黄色と青の水着が競泳用のビキニで、下の青と赤の水着がタンガ風のビキニです。

    黄色のはサイズが合わないのかちょっとブカブカですね。
    メーカーロゴは小さいのもさりげなくて良いですが、前面に大きく入っているのもインパクトがありますね。



    【arena】(フランス)

    【arena - Kids' Racing & Training Swimwear】

    arena(アリーナ)は世界的な水着ブランドとして有名なフランスの水着メーカー。
    アジア太平洋地域においては日本の「デサント」が事業展開を担当しています。

    ドイツのアディダス社の創始者の息子、ホルスト・ダスラーにより1973年に設立されました。(現在はアディダスグループから離れています)
    設立後のモントリオールオリンピックやその2年後のベルリン世界水泳にて、アリーナと契約した水泳選手が多くのメダルを獲得し、世界的に注目を集めました。

    国際水泳連盟のルール改正に対応しながら革新的な技術を次々と生み出しているメーカーであり、今や世界の三大水着ブランドのひとつとなっています。
    日本でもトップブランドとして、幅広いユーザーに愛用されています。

    epm_nakita_arena01.jpg epm_nakita_arena02.jpg
    epm_nakita_arena03.jpg epm_nakita_arena04.jpg
    Copyright : EuroProModel.com

    arenaの水着を着用しているモデルのNakita君。
    上二つと下二つは色と柄が違うだけで、どちらも同じ形ですね。

    腰の部分が細い紐状であればタンガ風になるのでしょうが、これはどちらかというとスポーツ用サポーターのジョックストラップに似たデザインです。



    【adidas】(ドイツ)

    【adidas - Outfits & Accessoires für Kinder】

    adidas(アディダス)はドイツのバイエルン州に本社を置くスポーツ用品メーカー。
    1990年以降は世界展開を積極的におこない、水着の製造販売にも力を入れています。

    靴職人の息子であるアドルフ・ダスラーが1949年に設立。(社名のアディダスはアドルフの愛称アディと苗字のダスラーを繋げたもの)
    1970年以降はオリンピックやFIFAワールドカップ等の大規模イベントの商業化に大きな影響を与え、売上高世界一のスポーツ用品メーカーとなりました。

    ヨーロッパでは数多くのスポーツでそのブランドを確立しています。
    1973年に水着販売の子会社としてarenaを設立しましたが、経営再建の過程で分離し、その後は自社で水着事業を展開しています。

    epm_nakita_adidas01.jpg epm_nakita_adidas02.jpg
    epm_nakita_adidas03.jpg epm_nakita_adidas04.jpg
    Copyright : EuroProModel.com

    adidasの水着を着用しているモデルのNakita君。
    赤とグレーのはブーメランと呼ばれる、ローライズな(股上の浅い)競泳用ビキニです。

    あまりにローライズだと窮屈ですが、子供の場合は気にするほどではないでしょう。
    中には若干透けるものもありますが、これも子供の場合は気にするほどではないでしょう。



    【TYR】(アメリカ)

    【TYR - Kids' Swimsuits】

    TYR(ティーワイアール)は1985年にアメリカで設立された水着メーカー。
    日本では「ライトアベイル」が1991年からTYRブランドを展開しています。

    アメリカ西海岸風のデザインが特徴的な水着メーカー。
    国際水泳連盟が競技用水着として承認しており、ライフガードやトライアスロン選手にも支持されています。

    アメリカブランドでありながら日本で染めた生地を使い、日本の工場で縫製をおこなっているそうです。

    epm_nakita_tyr01.jpg epm_nakita_tyr02.jpg
    epm_nakita_tyr03.jpg epm_nakita_tyr04.jpg
    Copyright : EuroProModel.com

    TYRの水着を着用しているモデルのNakita君。
    どちらも競泳水着ですが、上のは昔からお馴染みのシンプルなビキニで、下のはスパッツタイプ。

    近年は日本の水泳教室でもこのようなスパッツタイプが主流になりました。
    中には上半身までスッポリ覆うタイプもあり、競泳に関しては男女の水着の差はなくなってきたようです。

    水着は水泳だけでなく、写真や美術のモデルが着用する場合もあります。
    美しさと健康の両面から考えると肌はできるだけ露出したほうが良いのですから、変な言い方ですが競泳には使わない競泳水着を、大手メーカーも多少は残しておいてほしいですね。


    最後にモデルのNakita君についてちょっとだけご紹介。

    Nakita君はロシアの水着モデル。
    ロシアの男性名であるNikitaがニキータと読むので、Nakitaはナキータと読むのかもしれません。

    2010年頃のプロフィールデータにはこう書かれていました。
    年齢は12歳、身長は1m49cm、体重は38kg。
    生まれはモスクワで、趣味はコイン集めとサッカー。
    好きなスポーツは空手だそうです。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  水着  スポーツ  笑顔 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:21年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ America 笑顔 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA 伝統 OldPhoto ペイント ダンス Thong 眠り Africa 音楽紹介 Oceania 動画 造形比較 

    最新記事
    金色の天使 2019/01/16
    着色した彫像 2019/01/15
    撥水効果 2019/01/14
    妖精のように 2019/01/13
    クロアチアからのメール 2019/01/13
    Speedo・Arena・Adidas・TYR 2019/01/12
    共存競泳 2019/01/11
    天使とベンチ 2019/01/10
    天使ちゃんはライフセーバー 2019/01/09
    Jeune Athlète 2019/01/08
    日別表示
    12 | 2019/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer