Hearst Magazine 1922 (Cover Illustration)

    alphonse_mucha-hearst_magazine1922.jpg

    チェコの画家、アルフォンス・ミュシャ(Alphonse Mucha/1860-1939)による1922年の作品。

    これは雑誌「Hearst Magazine」の1922年1月号の表紙。
    1887年設立のアメリカのメディア企業、ハースト・コーポレーションを母体とする出版社が発行していた雑誌です。

    この表紙を描いたアルフォンス・ミュシャは日本にもファンが多く、昨年2019年夏には「渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム」にて展覧会が開催されています。
    今後も京都文化博物館、札幌芸術の森美術館、静岡県立美術館、名古屋市美術館、松本市美術館などで開催される予定だそうです。

    アルフォンス・ミュシャはアール・ヌーヴォーを代表するチェコ出身の画家。
    花、星、宝石などの概念をモチーフにして、主に女性の美を描きました。
    輪郭線を強調した独自のスタイルは現代も多くの人を魅了しています。

    オーストリア帝国領のモラヴィアに生まれた彼は、19歳でウィーンに行き、舞台装置の工房で働きながら夜間のデッサン学校に入学。
    その2年後に失業してしまいますが、その頃出会ったエゴン伯爵の援助でミュンヘン美術院に入学でき、28歳になってからはフランスのパリにあるアカデミー・ジュリアンに通いました。

    彼を一躍有名にしたのは、1895年に描いた一枚のポスターでした。
    当時の舞台女優、サラ・ベルナールが自身の舞台のポスターを発注することにしましたが、年の瀬であったためどの画家も休暇でおらず、急遽、印刷所で働いていたミュシャに依頼が舞い込んだのでした。
    ミュシャが描いた舞台ポスターは当時のパリにおいて大好評を博し、彼は一夜にして画家としての地位を不動のものとしました。

    その後も数々のポスター制作をおこなった彼は、本の挿絵の分野でも認められ、パリの大手出版社アルマン・コランの挿絵画家としても活躍するようになりました。
    1910年頃にはアメリカの富豪、チャールズ・クレーンから金銭的な援助を受けるようになり、財政的な心配のなくなった彼は故郷であるチェコに帰国します。
    そしてプラハ市庁舎のホール装飾、紙幣、切手、国章などのデザインを手掛けました。

    しかし1939年3月、チェコスロバキアはナチスドイツによって解体され、ミュシャはドイツ軍によって「絵画がチェコ国民の愛国心を煽っている」という理由で逮捕されてしまいます。
    78歳の彼にはドイツ軍の尋問は心身に大きな負担となり、4ヶ月後の7月に体調を崩して亡くなりました。

    上の表紙絵は1922年制作ですから62歳のときの作品ですね。
    1月号なので雪景色と雪の結晶のイラストが散りばめられていますが、子供は裸であり、手に花を持っています。
    股間が完全に隠れていれば女の子だと思ってしまいそうな子ですが、性器を半分ほど見せることで男の子であることを強調しています。

    彼を有名にした美しいデザイン画のタッチはこの作品からは見て取れませんが、ほとんどが女性像であるミュシャの作品の中では、男の子を描いたこの作品は非常に珍しいのではないでしょうか。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  絵画 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 ♂♀ Water 笑顔 America 寝姿 衣装 水着 Face Asia CC-License 彫像 イベント スポーツ 日本 風呂 絵画 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ペイント Thong ProModel Africa Oceania 音楽紹介 動画 造形比較 

    最新記事
    こんなときこそ...(固定記事) 2020/04/06
    プールの天使 2020/04/05
    自由なお風呂 2020/04/03
    お風呂と人体 2020/04/03
    ユーザー掲示板について 2020/03/31
    モデル画像「DAVID」 2020/03/31
    お手伝い 2020/03/29
    サミュエル・リンドスコグの写真作品 2020/03/27
    お庭で行水 2020/03/27
    ビデオ「MOWGLI and the CITY BOYS」 2020/03/24
    日別表示
    02 | 2020/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別表示
    アンケートと掲示板