インドネシアの水辺少年

    DSCF9376

    川で遊ぶインドネシアの男の子たち。
    「やべっ!オシッコしたくなっちゃった!」
    「ここでしたらイイじゃん」
    なんて言っているような仕草だね。

    DSCF9376
    Copyright : Dion E. Pratama
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少年  Water 

    La petite baigneuse

    thomas_couture-la_petite_baigneuse.jpg

    フランスの画家、トマ・クチュール(Thomas Couture/1815-1879)による1849年の作品「La petite baigneuse」
    ロシアのエルミタージュ美術館が所蔵している作品で、日本語では「小さな水浴者」というタイトルが付けられています。

    10歳くらいの少女が岩の上に腰掛けている絵ですね。
    少女の横にはリンゴが置いてあり、その下には十字架の付いた赤い布があります。

    水浴とは水に浸かることですが、この子の足下に池があるということでこのタイトルなのでしょう。
    しかしこれは作者が付けたタイトルではないのかもしれません。

    というのも、この絵は1850年代後半にロシアの美術収集家が所有し、その後「ロシア芸術アカデミー美術館」に移されたのですが、1868年の展示目録では「森の中の少女」というタイトルだったからです。

    この絵は背景に情報がほとんど含まれておらず、見えるのは葉っぱと岩だけですが、そこにいる少女が裸であることに何か理由が必要だったのでしょうか?

    水浴をしているから、というのはもっともらしい説明ではありますが、初めの「森の中の少女」というタイトルのほうがこの作品には相応しいような気がします。

    「森の中になぜ裸の少女が?」「きっと精霊なのだろう」
    それでイイんじゃないでしょうか。


    作者のトマ・クチュールは1815年、フランスのオワーズ県サンリス生まれ。
    11歳のときに家族とパリに移り住み、やがて国立の工芸学校とエコール・デ・ボザールで美術を学びます。

    彼はフランス国家による奨学金付き留学制度「ローマ賞」に6回も挑みますが、ことごとく失敗。
    7回目の挑戦でようやく受賞を手にし、1840年からサロンに歴史画と風俗画を出展し始めました。

    彼の革新的なテクニックは各所から注目されますが、政府や教会から依頼された壁画制作に関しては良い成果を上げることができず、このことで批判を浴びてしまいます。

    その批判に耐えられなかった彼は1860年に故郷のサンリスに戻り、その後は美術教師として若い画家たちの指導にあたりました。
    1879年3月にパリ郊外の街ヴィリエ・ル・ベルにて63歳で亡くなりました。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Couture, Thomas - Little Bather.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少女  絵画  Water  CC-License 

    元気な天使のダイビング

    Sasha Flies

    勢いをつけて海に飛び込む女の子。
    元気いっぱいだね。
    魚たちもビックリだ!(^^)

    Sasha Flies
    Copyright : Paul Kogan
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少女  Water 

    お風呂のオモチャ

    Hey, who put these letters on my head?

    「ねえちゃん、おいらホワイトボードじゃないんだからさぁ、
     貼り付けて遊ぶのやめてくれよ〜」

    お姉ちゃんにとって小さな弟はオモチャみたいなもん?

    Hey, who put these letters on my head?
    Copyright : StubbyFingers
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  少女  風呂  笑顔  Face 

    天使のご挨拶

    bye bye

    船の観光客に向かって手を振るラオスの天使たち。
    「ようこそ〜!」かな? 「また来てね〜!」かな?
    全身で歓迎する最高の挨拶。

    bye bye
    Copyright : world through lens
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少年  Water  笑顔  水着  ♂♀ 

    天使たちの表現ダンス

    jenny_gertz-bewegungs_chore01.jpg

    フォークダンス、ジャズダンス、ヒップホップにブレイクダンス・・・
    タップダンス、フラダンス、社交ダンスに日本舞踊・・・
    世の中には様々な国で生まれた様々なダンスがあり、人々の生活に潤いを与えています。

    そんな数多くのダンスの中で、喜怒哀楽の感情や物語を表現するダンスの代表といえば「バレエダンス」ですね。
    16世紀に西ヨーロッパで発生して広まったとされる、歌詞や台詞を伴わない舞台舞踊。
    その美しさと表現力の豊かさは、あらゆるダンスの中で最高峰と言えるでしょう。

    20世紀初頭にアメリカで誕生したモダン・ダンスや、1980年代にフランスで誕生したコンテンポラリー・ダンスなど、従来の型にはまらない前衛芸術的なダンスも、多くはバレエの流れを組むものです。


    【ジェニー・ガーツ】

    20世紀初頭のドイツにジェニー・ガーツ(Jenny Gertz/1891-1966)という女性のダンサーがいました。
    彼女はヨーロッパのモダンダンスの先駆者と言われる、ルドルフ・フォン・ラバン(Rudolf von Laban/1879-1958)からダンスを学んだひとりです。

    1923年に運動コーディネーターとしての学位を取得した彼女は、ダンサーで振付師であるアルブレヒト・ナスト(Albrecht Knust/1896-1978)の下で「ハンブルク運動合唱団」(Bewegungs chöre)の副代表として働きました。

    1927年にドイツの都市ハレ・アン・デア・ザーレに移り住んだ彼女は、子供と大人のための運動合唱団を設立します。
    その後1934年にプラハに、1939年にイギリスに移住しますが、1947年に再びドイツに戻り、1953年まで子供たちのダンススクールを営みました。

    jenny_gertz-bewegungs_chore02.jpg
    「小動物の反撃」1925年

    ジェニー・ガーツが教えていたダンスは彼女の師であるルドルフ・フォン・ラバンの即興ダンスの理論に基づくもので、最初にテーマを決めて子供たちに提示するというものでした。

    喜怒哀楽など感情を示す動きは比較的容易ですが、物語全体を体の動きで表現することはとても困難です。

    しかし子供たちはテーマに沿って気持ちの赴くままに動き、それは次第に自由な集団行動として連鎖し、素晴らしいダンスパフォーマンスとなりました。


    jenny_gertz-bewegungs_chore03.jpg jenny_gertz-bewegungs_chore04.jpg
    「戦いの最中」「攻撃と防御」1926年

    生徒たちはいつもは衣装を着て踊りますが、1925年頃に発表したこれらの写真では全員が全裸で踊っています。
    しかしこれにも理由があります。

    たとえば驚きや興奮の表現など、呼吸を荒げたときの胸の動きは服で覆われていては認識できません。
    自然や動物をテーマにしたダンスであれば、動物たちの気持ちになることも必要です。
    ジェニー・ガーツの生徒たちは、自らの体で物語を表現することを楽しみ、物語を「経験」することを楽しんでいたそうです。

    子供たちが全裸で踊るダンスパフォーマンス。
    前衛芸術(アバンギャルド)が台頭し始めた1920年代だからこそできた試みだと思いますが、真面目に見ればこれほど愛らしい舞台は他にありませんね。

    100年前の天使ダンサーたちに大きな拍手を送りましょう。


    出典:Jenny Gertz
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  ダンス  OldPhoto 

    お風呂のマーメイド

    PB230458

    タコとヒトデとアヒルが泳ぐ、
    私はお風呂のマーメイド。
    遊びに夢中でついつい長湯、
    なぁんてこともまぁ毎度。

    PB230458
    Copyright : HannnaP
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  風呂 

    3人のトラ君

    kalnica: rudi tygri

    虎の子3人並んだら、記念写真を撮りましょう!
    あれ?お兄ちゃん、トイレに行きたいの?

    kalnica: rudi tygri
    Copyright : Douge2009
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  笑顔  水着  ペイント 

    天使と悪魔のコスチューム

    dd_danny-045-050.jpg

    当ブログのテーマでもある「天使」(エンジェル)
    そしてその対極にあるのが「悪魔」(デビル)
    光と陰、吉と凶、善と悪・・・それらの象徴として昔から対比されてきたキャラクター。

    仮装パーティでは天使や悪魔に扮する人も多く、専用のコスチュームが売られています。
    子供たちが着るハロウィン用のコスチュームでも天使や悪魔は定番ですが、中には半分天使、半分悪魔という変わったコスチュームもあるみたいですね。

    Googleの画像検索で「half angel half devil kids costume」を検索

    左右の羽が違って上手く飛べるのか?という疑問はさておき、これは宗教上のストーリーにはない派生キャラと言っても良いでしょう。
    名前はエンジェルとデビルで・・・デンジェルかな?


    abby_model01.jpg abby_model02.jpg
    abby_model03.jpg abby_model04.jpg
    Copyright : 不明

    西洋のジュニアモデル、アビーちゃんが扮したエンジェルデビル。
    白いレオタード、赤いツノと赤いブーツ、赤と白の翼を着けています。

    天使が白、悪魔が赤なのでこういう配色になるわけですが、紅白なので日本だったらメデタイ雰囲気ですね。
    紅白まんじゅうを持たせたらさらに良いかもしれません。

    アビーちゃん、撮影時に動き過ぎたのか、翼がひっくり返っています。(^^;)
    男性を魅了する女性を「小悪魔」と言ったりするくらいですから、悪魔のコスプレは女性のほうが似合いそう。


    dd_danny-045-004.jpg dd_danny-045-062.jpg
    danny-045-047.jpg dd_danny-045-070.jpg
    Copyright : DannyDream.com

    こちらは同じくエンジェルデビルに扮したモデルのダニー君。
    ツノとブーツと翼はアビーちゃんと同じものですが、レオタードは足まで覆うタイプを使用しています。

    アビーちゃんのレオタードに比べると若干生地が厚めですね。
    たぶんスポーツ用のレオタードだと思いますが、もう少し薄いほうが天使らしくて良かったかもしれません。

    女の子の小悪魔チックな雰囲気とは違い、男の子はたとえ悪魔に扮してもどことなく天使。
    でも天使のコスプレ用衣装って、大抵は女の子用なんですよね。


    小さな子供は天使なのか?悪魔なのか?
    これは性善説や性悪説とも絡み、人によって意見が分かれるところ。

    反抗期の子がいる親御さんには、その時々によって天使にも悪魔にも見えるんじゃあないでしょうか。(^-^)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  笑顔  衣装  ProModel 

    夏の太陽

    Beach time

    太陽の日差し、満面の笑顔、そして開放感あふれる遊び。
    トリプルでまぶしい、最高の思い出だね。

    Beach time
    Copyright : Kevin
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少女  Water  笑顔  水着 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 ProModel Oceania 造形比較 動画 

    最新記事
    露天風呂 2019/08/19
    安全地帯 2019/08/18
    シルエットクイズ 2019/08/17
    3日間お休みします 2019/08/13
    Jeune garçon portant un flambeau 2019/08/13
    バングラウォッシュ 2019/08/12
    夏のリラクゼーション 2019/08/11
    ウジェーヌ・デュリューの写真作品 2019/08/10
    天使の仕草 2019/08/09
    マルセイユの天使くん 2019/08/08
    日別表示
    02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    月別表示
    アンケートと掲示板