書籍「Devoirs de Vacances」

    negrepont-devoirs_de_vacances01.jpg

    フランスの写真家、ネグレポント(Negrepont/生没年不明)が1986年に発表した写真集「Devoirs de Vacances」

    彼の前作と前々作の写真集は今でも古書として販売されていますが、この3作目はあまり流通していないようです。
    前作ほどは売れなかったのかもしれませんね。

    タイトルの「Devisrs」とは義務や勤めという意味のフランス語で、宿題という意味もあるんだとか。
    「Vacances」はバカンス、長期休暇のことです。

    子供をテーマとした写真集なので「長期休暇の義務」と訳すよりは「夏休みの宿題」と訳すのが一番しっくりきますね。

    では何が夏休みの宿題なのか?
    きっとネグレポントの目の前で繰り広げられた無邪気な遊びこそが、子供たちの大切な宿題、義務だということでしょう。

    negrepont-devoirs_de_vacances02.jpg negrepont-devoirs_de_vacances03.jpg
    negrepont-devoirs_de_vacances04.jpg negrepont-devoirs_de_vacances05.jpg

    この写真集では、前作よりもさらにアーティスティックな方向へと変化した気がします。
    それはある意味演出臭さでもあるのですが、子供たちの姿や笑顔に嘘偽りがなければ真実の記録と言えますね。

    フランスの夏休みはとにかく長い!(約2ヶ月)
    それは子供たちにとって休暇であると同時に、人間として大きく飛躍するときでもあります。

    子供の頃にしかできない大らかさを発揮するのは、子供にとってとても大切なこと。
    そしてそれを見てノスタルジックな想いを馳せるのは、大人にとって大切なこと。

    3作目のこの写真集も、懐かしさとともに子供たちの笑顔に心洗われる一冊です。


    negrepont_galerie01.jpg negrepont_galerie02.jpg

    ちなみに前作と前々作の写真集の出版時には、パリにあるギャラリーで作品展示会がおこなわれました。

    この画像は当時の展示会の広告だそうです。
    左の広告ではパリの「ギャラリーLoplop」にて、右の広告では「ギャラリーRégine Lussan」にて10月から11月にかけて展示会がおこなわれることを告知しています。

    彼の作品は素朴な画廊や喫茶店での展示が似合いそうですね。
    紅茶でも飲みながら、ゆっくりのんびり鑑賞したいものです。


    関連記事
    ネグレポントの写真集
    書籍「Les Enfants de Papier」
    書籍「Mercredi aprés-midi」

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  Water  笑顔  OldPhoto 

    天使と悪魔のコスチューム

    dd_danny-045-050.jpg

    当ブログのテーマでもある「天使」(エンジェル)
    そしてその対極にあるのが「悪魔」(デビル)
    光と陰、吉と凶、善と悪・・・それらの象徴として昔から対比されてきたキャラクター。

    仮装パーティでは天使や悪魔に扮する人も多く、専用のコスチュームが売られています。
    子供たちが着るハロウィン用のコスチュームでも天使や悪魔は定番ですが、中には半分天使、半分悪魔という変わったコスチュームもあるみたいですね。

    Googleの画像検索で「half angel half devil kids costume」を検索

    左右の羽が違って上手く飛べるのか?という疑問はさておき、これは宗教上のストーリーにはない派生キャラと言っても良いでしょう。
    名前はエンジェルとデビルで・・・デンジェルかな?


    abby_model01.jpg abby_model02.jpg
    abby_model03.jpg abby_model04.jpg
    Copyright : 不明

    西洋のジュニアモデル、アビーちゃんが扮したエンジェルデビル。
    白いレオタード、赤いツノと赤いブーツ、赤と白の翼を着けています。

    天使が白、悪魔が赤なのでこういう配色になるわけですが、紅白なので日本だったらメデタイ雰囲気ですね。
    紅白まんじゅうを持たせたらさらに良いかもしれません。

    アビーちゃん、撮影時に動き過ぎたのか、翼がひっくり返っています。(^^;)
    男性を魅了する女性を「小悪魔」と言ったりするくらいですから、悪魔のコスプレは女性のほうが似合いそう。


    dd_danny-045-004.jpg dd_danny-045-062.jpg
    danny-045-047.jpg dd_danny-045-070.jpg
    Copyright : DannyDream.com

    こちらは同じくエンジェルデビルに扮したモデルのダニー君。
    ツノとブーツと翼はアビーちゃんと同じものですが、レオタードは足まで覆うタイプを使用しています。

    アビーちゃんのレオタードに比べると若干生地が厚めですね。
    たぶんスポーツ用のレオタードだと思いますが、もう少し薄いほうが天使らしくて良かったかもしれません。

    女の子の小悪魔チックな雰囲気とは違い、男の子はたとえ悪魔に扮してもどことなく天使。
    でも天使のコスプレ用衣装って、大抵は女の子用なんですよね。


    小さな子供は天使なのか?悪魔なのか?
    これは性善説や性悪説とも絡み、人によって意見が分かれるところ。

    反抗期の子がいる親御さんには、その時々によって天使にも悪魔にも見えるんじゃあないでしょうか。(^-^)

    タグ: Europa  少年  少女  笑顔  衣装  ProModel 

    アルバムジャケットの天使たち - 3

    天使のような子供の写真を使った、レコード・CDのアルバムジャケット。
    前回の記事から2年以上間が空きましたが、今回はその3回目です。

    ミュージシャンが自分のアルバムジャケットに裸の子供の写真を使う理由は様々あると思います。
    家族愛や人類愛を歌っているのであれば曲のイメージとしてそういう写真を使うこともあるでしょうし、あるいは反対に曲のイメージとは掛け離れた面白さを狙っている場合もありますね。

    ジャケット画像は著作権の関係で直接の掲載ができませんので、今回もGoogleの画像検索でのご紹介となります。
    YouTubeで聴ける音楽もあるので、ジャケットを眺めながら聴いてみるのも良いでしょう。

    では古い順にご紹介します。


    □ フランスの音楽家「ジョゼ・ベルグマン」の1962年のアルバム「Petit Gibus Raconte La Guerre Des Boutons」のジャケット。
    Googleの画像検索で「José Berghmans Petit Gibus Raconte La Guerre Des Boutons」を検索

    1962年に公開されたフランス映画「La Guerre des boutons」(邦題:わんぱく戦争)のサントラ盤。
    裸の男の子が森の中で股間を隠して立っていますが、これは映画のワンシーンです。
    ヤンチャな子供たちの争いを描いた映画で、日本でも翌年に公開されました。
    ジャケット写真はカラーですが、元の映画はモノクロです。


    □ アメリカの歌手「ケニー・ランキン」の1969年のアルバム「Family」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Kenny Rankin Family」を検索

    写っているのはケニー・ランキン氏本人で、抱き上げている二人の女の子は彼の娘だそうです。
    息子もいて、裏表紙では家族5人の写真が使われています。
    タイトルのとおり家族愛を歌ったアルバムだと思いますが、このような家族の協力は微笑ましいですね。


    □ スペインのフォーク歌手「イマノル」の1986年のアルバム「Mea Kulparik Ez」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Imanol Mea Kulparik Ez」を検索

    10歳くらいの少女が手に持ったブドウを見つめながら立っているというアートっぽい写真。
    片足をちょっと浮かせたりして、演出されたポーズであることが伺えます。
    洗濯物とアイロンとアイロン台があるという、下着姿の理由を説明するようなセットですが、ブドウとの関連性は無さそうですね。


    □ アメリカのサイケデリックバンド「ブリーフ・ウィーズ」の1992年のアルバム「Songs of Innocence & Experience」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Brief Weeds Songs of Innocence and Experience」を検索

    森の中で少年と少女がブランコに乗って遊んでいるシーン。
    兄妹なのか友達なのかはわかりませんが、たぶんナチュリストの子たちでしょう。
    リリースは1992年ですが曲は80年代に録音されたそうで、ジャケットに使われた写真も古そうですね。
    (Googleで画像が見つからない場合はこちら→ YouTube


    □ ブラジルの音楽グループ「ネグリトゥーヂ・ジュニオル」の1995年のアルバム「Gente da Gente」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Negritude Gente da Gente」を検索

    5人の裸の幼児たちがリラックスした表情で床に座り込んでいます。
    様々な肌の色の子を配したということは、グローバルなメッセージのある曲なのかもしれません。
    手前のアジア系の女の子はポーズといい表情といい、イイ味出してます。


    □ アメリカのロックバンド「グー・グー・ドールズ」の1995年のアルバム「A Boy Named Goo」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Goo Goo Dolls A Boy Named Goo」を検索

    2歳くらいの男の子とパパらしき男性がいますが、男の子の口の周りとパパの手が赤く汚れています。
    ラズベリーでも食べたんでしょうか?
    この写真、逆さまにするとパパの目線になりますね。


    □ フィンランドの音楽グループ「グラント」の2015年のアルバム「Myth of Blood」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Grunt Myth of Blood」を検索

    19人もの裸の幼児が円形に寝転がっているという、ちょっとアーティスティックなモノクロ写真。
    これも古い時代に撮られたナチュリストの写真でしょうね。
    元の写真は顔の部分も写っていて楽しげな雰囲気だったのだと思いますが、こうしてトリミングされてしまうと怪しげなミステリーサークルのようです。


    □ イギリスのロックバンド「トランポリン」の2017年のアルバム「Swansea To Hornsey」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Trampolene Swansea To Hornsey」を検索

    赤いカラーコーンが置いてある家の外(玄関前?)に裸の兄弟がいるというシチュエーション。
    舌を出しているおどけている6歳くらいのお兄ちゃんは左足にギプスをしています。
    たぶんメンバーのお子さんを撮影したファミリー写真でしょうね。


    私の記憶では80年代まではレコードジャケットに裸の子供が登場することはそんなに珍しいことではなく、むしろ純粋無垢の象徴であったり、アートであったりと、あまりネガティブな受け取られ方はしていなかったように思います。

    しかしその後、子供そのものを猥褻物と捉える風潮が高まり始めると、音楽ジャケットや雑誌等にこのような天使が登場することも少なくなりました。

    ところがヨーロッパでは近年、CDジャケットに裸の子供の写真を使うミュージシャンが再び現れ始めました。
    これは原点回帰とでも言いますか、昔のように子供の写真が正しい感覚で見られるようになってきたということで、良い傾向ではないでしょうか。

    以上、天使と同じ姿の子供の写真を使っているアルバムジャケットのご紹介、パート3でした。


    関連記事
    アルバムジャケットの天使たち - 1
    アルバムジャケットの天使たち - 2

    タグ: America  Europa  少年  少女  ♂♀  OldPhoto  ProModel 

    書籍「Mercredi aprés-midi」

    negrepont-mercredi_apres-midi.jpg

    1983年にフランスで出版された書籍「Mercredi aprés-midi」
    フランスの写真家、ネグレポント(Negrepont/生没年不明)による2作目の写真集です。

    子供向けアート写真集としても発売されたこの本は、子供たちが自分たちの体をとおしてアートを知るための良い資料にもなっており、現在も古書として販売されています。

    Amazon.frより
    Mercredi après-midi Relié – 1983
    Rakuten.frより
    Rare album Photographique "Mercredi Après Midi" par Nègrepont

    古書はアンティーク的な価値もあり、どうしても値段が高くなってしまいますね。
    日本でも洋書を扱っている古本屋などには置いてあるかもしれません。


    negrepont-mercredi_apres-midi01.jpg negrepont-mercredi_apres-midi02.jpg

    写真集のタイトルは日本語に訳すと「水曜日の午後」
    作者が子供たちを撮影したのが水曜日の午後だったからだそうです。

    フランスの小学校は水曜日もお休みの週休三日。
    現在は地域によって若干違い、午前中だけ授業のある学校もありますが、基本的には水曜日は休校日です。

    ネグレポントはこのことを「水曜日は魔法の日」という言葉で表現しています。
    子供たちによる魔法のような光景が見られるからでしょう。


    negrepont-mercredi_apres-midi03.jpg negrepont-mercredi_apres-midi04.jpg

    彼はこの本の3年前に出版した「Les Enfants de Papier」(紙の子供たち)と題した写真集を何度も何度も見直したそうです。
    そして子供たちの本当の姿を収めた新しい本を発表したいと思い、次の仕事に取り掛かりました。
    彼のこの仕事にはたくさんの子供たちが積極的に参加してくれて、その結果この写真集が生まれたというわけです。

    作品ではロケーション場所として廃墟となった古い家が使われています。
    悲観的なはずのその場所でさえ、美しいおとぎ話の舞台のように見えてくるから不思議です。

    子供たちの自然な行動、明るい笑顔、そして瑞々しい姿態によって、まるで建物自体に魂が宿ったかのように。


    negrepont-mercredi_apres-midi05.jpg negrepont-mercredi_apres-midi06.jpg

    子供たちの純粋な体は、窓から差し込む光によって例えられないほどの美となりました。
    日常的な光景でありながら、ネグレポントはそれを見事なまでのオブジェに仕立て上げたのです。

    彼はこの本の中でこう語っています。
    『この本の主な目的は、人間の在り方から遠く離れてしまったこの世界において、子供たちが果たす主導的役割が決して失われないよう、子供たちの権利を取り戻すことです。』

    子供が子供らしく遊び、子供らしく生きること。
    それは子供たちに与えられた当然の権利だと、彼は言っているのでしょう。


    関連記事
    ネグレポントの写真集
    書籍「Les Enfants de Papier」
    書籍「Devoirs de Vacances」

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  笑顔  眠り  OldPhoto 

    In2Triの子供用トライスーツ

    tbm_mica_in2tri.jpg

    水泳、自転車、長距離走を連続でおこなう耐久競技「トライアスロン」
    そのトライアスロンで着用するワンピース型のウェアを「トライスーツ」と言います。

    水泳を水着やウェットスーツでおこなう場合もありますが、トライスーツは3種目を着替えることなくおこなえるのでとても便利。
    主にライクラという生地で作られており(ライクラはデュポン社の登録商標、一般名称はスパンデックス)、極めて伸縮性に優れ、型崩れしにくく、体にフィットしながらも締め付け過ぎないという特徴があります。


    今回紹介するのは子供用トライアスロンウェアメーカー「In2Tri」のウェア。
    In2Triはオーストラリアの企業で、販売はEzi Sportsというスポーツウェアショップがおこなっています。

    文字のような絵のようなマークとオフィシャルサイトのURLが描かれているというちょっと変わったタイプですが、体の線を活かしたシンプルなデザインが魅力です。
    お尻に大きくメーカー名が書いてあるのは、そこが一番目立つからでしょうか?

    スポーツウェアのメーカーは数々あれど、特定の競技のみで、しかもジュニア限定のメーカーは希少ですね。
    近年はトライアスロンのジュニア大会も盛んになってきましたし、こういったウェアを着る子は今後増えるのではないでしょうか。

    tbm_elliot_in2tri_blue01.jpg tbm_elliot_in2tri_blue02.jpg
    tbm_mica_in2tri_blue01.jpg tbm_mica_in2tri_blue02.jpg
    tbm_tristan_in2tri_blue01.jpg tbm_tristan_in2tri_blue02.jpg
    Copyright : TruBoyModels.com

    In2Triのトライスーツを着用しているモデルたち。
    上からエリオット君、ミカ君、トリスタン君。

    すべて同じウェアだと思いますが、それぞれの体形にシッカリとフィットしていることがわかります。
    トリスタン君は他の子よりも体がちょっと大きめですが、伸縮性のある生地なのでちゃんと適応しています。

    これなら体の大きさに余程の差がない限りは共用できますし、サイズを選ぶ必要もありませんね。
    ウェットスーツのように締め付け過ぎないので痛みが生じることもないでしょう。

    体を適度に引き締めるため、水着よりもボディラインが綺麗に見えるという利点もあります。


    tbm_dante_in2tri_red01.jpg tbm_dante_in2tri_red02.jpg
    tbm_mica_in2tri_red01.jpg tbm_mica_in2tri_red02.jpg
    tbm_tristan_in2tri_red01.jpg tbm_tristan_in2tri_red02.jpg
    Copyright : TruBoyModels.com

    同じくIn2Triのトライアスロンウェアですが、こちらはトライスーツではなく上下に分かれているセパレート型。
    赤とグレーを基調にしていて、なんだかウルトラマンぽいですね。
    セパレート型は着脱が容易なので、種目ごとに脱いだり着たりするのならこちらのほうが便利です。

    モデルは上からダンテ君、ミカ君、トリスタン君。
    上の画像では、背の高いトリスタン君はお腹が見えてしまっています。

    伸縮性があるのでワンピース型ならある程度の体格差はカバーできますが、セパレート型は小さいとこのようにお腹が露出してしまうことがあります。
    まぁヘソ出しのトライアスロンも可愛いですけどね。


    今回はIn2triの子供用トライアスロンウェアをご紹介しましたが、残念なことにこのメーカー、現在は何故かサイトに繋がらず「サーバが見つかりません」と表示されます。
    ショップでの販売は続いていますが、オフィシャルサイトは閉鎖したのかもしれません。
    また画像の引用元であるTru Boy Modelsですが、こちらのサイトも終了してしまったようです。

    タグ: Europa  少年  Water  笑顔  水着  スポーツ  ProModel 

    金銀シングレット

    アマチュアレスリングのユニフォーム「シングレット」

    これを池に落としたら女神様が現れて「あなたのは金のシングレット?銀のシングレット?」と言ったり...
    金のシングレットなら1枚、銀のシングレットなら5枚集めて送るとオモチャの缶詰がもらえたり...
    洗濯洗剤のCMで「金銀シングレット、プレゼント〜♪」と歌っていたり...(古いっ!)

    と、自分でも何言ってるのかわかりませんが・・・シングレットには金色や銀色のものもあるのか?という話。

    2週間ほど前の記事で「子供の大会では2001年に青赤の色分けが廃止されたため、現在の子供用シングレットには様々な色がある」と言いましたが・・・(該当記事)

    wrestlingkids01.jpg wrestlingkids02.jpg

    たしかにこの写真を見ると、ムラサキ、オレンジ、ミドリなど昔よりもカラフルになりましたね。
    色が自由になれば、チームカラーと統一できるという利点もあります。

    そこで素朴な疑問として、金色や銀色のシングレットもあるのかな?と思ったわけです。

    結論から言うと、ありました。
    公式のユニフォームではなく形が同じだけかもしれませんが、西洋のジュニアモデルが金と銀のシングレット姿を披露していました。


    tm_sonny-008-004.jpg tm_sonny-008-064.jpg
    tm_sonny-025-002.jpg tm_sonny-025-031.jpg
    Copyright : Tinymodel-Sonny.info

    この子は以前も紹介したことがあるモデルのソニー君。
    金と銀のシングレットを着用しています。
    全体の形がわかるように、前と後ろからのショットを並べました。

    吊りズボンのようになっているローカットタイプですね。
    上の写真では膝まである長い靴下を履いていますが、こうして見るとシングレットもなかなかオシャレに見えてくるから不思議です。


    dd_danny-065-056.jpg dd_danny-065-049.jpg
    dd_danny-013-026.jpg dd_danny-013-016.jpg
    Copyright : DannyDream.com

    この子はモデルのダニー君。
    たぶんソニー君が着ているのと同じシングレットだと思います。
    メーカーはハッキリとはわからなかったんですが、たぶんチェコのスポーツウェアメーカーの製品ではないかと。(確証はありません)

    目にも鮮やかな金と銀のシングレット。
    男の子ならこれを着るだけで元気になりそうですね。


    ns_krissy-138-034.jpg ns_krissy-138-012.jpg
    ns_krissy-129-002.jpg ns_krissy-129-010.jpg
    Copyright : Newstar-Krissy.net

    この子はモデルのクリッシーちゃん。
    ローカットタイプなので、女の子のクリッシーちゃんは上半身にシャツを着ています。
    このコーディネートもなかなかオシャレ。

    女の子が着ても様になるもんですね。
    サスペンダーの付いたショートパンツみたいなもんで、このまま街も歩けそう。(無理か!)
    エアロビクスの衣装のようにも見えます。


    いや〜、シングレットにもこんなキラキラしたのがあったんですね。
    実際の試合で使われることはないでしょうが、金メダル銀メダルにあやかって縁起は良いかもしれません。

    タグ: Europa  少年  少女  笑顔  衣装  スポーツ  イベント  ProModel 

    シングレット(アマレスのユニフォーム)

    spencer_singlet01.jpg

    水着ともレオタードとも違う、独自の形をしたアマチュアレスリングのユニフォーム。
    このユニフォームの名前をご存知ですか?
    「シングレット」と言います。

    アマチュアレスリングの試合は男女共このシングレットを着用し、シューズを履いておこないます。
    ジュニアの大会では怪我防止のため、イヤーガードやニーパッドを装着する場合もあります。

    アマチュアレスリングは青と赤のコーナーに別れて試合をするため、シングレットの色も青または赤を基調としたものと決められています。
    販売されているシングレットに青や赤が多いのはそのためです。

    spencer_singlet02.jpg spencer_singlet03.jpg

    シングレットの形は主に2種類。
    胸元がV字型に大きく開いた吊りズボンのようなローカットタイプ(画像左)と、女性のワンピース水着のように丸首になっているハイカットタイプ(画像右)があります。

    男子は以前はローカットタイプのみでしたが、2000年のシドニーオリンピックの頃からハイカットも着用可能となり、現在では男女共にハイカットタイプが主流となっています。

    spencer_singlet04.jpg spencer_singlet05.jpg

    色は青または赤を基調としたものと決められていると言いましたが、ジュニアの大会では2001年に色分けが廃止されたため、現在の子供用シングレットには様々な色があります。
    これは黒いラインを配したシャープなデザイン。

    シングレットは一般的にはあまり馴染みのないものですが、冬場の防寒インナーとして着てみるのも良いんじゃないでしょうか?
    でもトイレがちょっと面倒かもしれませんね。


    説明用の画像にはmodelteenz.comの画像を引用いたしました。
    オフィシャルサイトはすでに消滅しているようです。

    ちなみにこの子の名前はスペンサー君。
    彼はTiger Underwearという下着メーカーのモデルでもありました。


    Copyright : modelteenz.com

    タグ: Europa  少年  笑顔  衣装  スポーツ  ProModel 

    Speedo・Arena・Adidas・TYR

    このブログでは過去に何度かビキニ水着について考察したことがありました。
    「1970年〜1980年の男子用水着」
    「小さな水着の天使たち」

    これらの記事で語ったとおり、1980年頃までは大手水着メーカーも小さめのビキニを発売していたのですが、今では競泳水着といえば肌を大きく覆うタイプになり、メーカーサイトを見ても小さなビキニはほとんど載っていません。

    しかし人間自体をひとつの作品として考えた場合、ちょうど中心部に位置する逆三角形の布はまさに機能美。
    まるでパズルのピースがピタリとハマるかのように、この無駄のなさは見ているだけで心地よいものです。

    ということで今回は、有名な競泳水着ブランドである「スピード」「アリーナ」「アディダス」「TYR」のビキニ水着を見ていきたいと思います。

    画像は商品画像でも良いのですが、やはり実際に着用した状態のほうがわかりやすいですね。
    ロシアの水着モデルのNakita君の画像にこの4社の水着を着用したシーンがあったので、その画像を引用させていただきました。
    著作元であるEuroProModel.comはすでに消滅していますが、関係者から削除要請があれば削除しますのでご了承ください。


    【SPEEDO】(イギリス)

    【SPEEDO - Kids Swimwear & Swimsuits】

    SPEEDOはイギリスに本拠を置く国際的な水着メーカー。
    日本での読み方は「スピード」ですが、原語での発音は「スピードゥ」

    1914年、スコットランド人のアレクサンダー・マクレーがオーストラリアのシドニー近郊に創業した靴下製造会社がその前身。
    その後水着の製造に着手し、1928年に初めてレーサーバックと呼ばれる女性用競泳水着の定型を開発しました。
    この頃からSPEEDOブランドを展開しています。

    1955年には競泳水着にナイロンを使用し、1970年からは新素材のスパンデックス等を水着開発に生かして国際的に脚光を浴びました。
    独自の研究施設を持っており、新素材による商品開発に力を入れているメーカーです。

    epm_nakita_speedo01.jpg epm_nakita_speedo02.jpg
    epm_nakita_speedo03.jpg epm_nakita_speedo04.jpg
    Copyright : EuroProModel.com

    SPEEDOの水着を着用しているモデルのNakita君。
    上の黄色と青の水着が競泳用のビキニで、下の青と赤の水着がタンガ風のビキニです。

    黄色のはサイズが合わないのかちょっとブカブカですね。
    メーカーロゴは小さいのもさりげなくて良いですが、前面に大きく入っているのもインパクトがありますね。



    【arena】(フランス)

    【arena - Kids' Racing & Training Swimwear】

    arena(アリーナ)は世界的な水着ブランドとして有名なフランスの水着メーカー。
    アジア太平洋地域においては日本の「デサント」が事業展開を担当しています。

    ドイツのアディダス社の創始者の息子、ホルスト・ダスラーにより1973年に設立されました。(現在はアディダスグループから離れています)
    設立後のモントリオールオリンピックやその2年後のベルリン世界水泳にて、アリーナと契約した水泳選手が多くのメダルを獲得し、世界的に注目を集めました。

    国際水泳連盟のルール改正に対応しながら革新的な技術を次々と生み出しているメーカーであり、今や世界の三大水着ブランドのひとつとなっています。
    日本でもトップブランドとして、幅広いユーザーに愛用されています。

    epm_nakita_arena01.jpg epm_nakita_arena02.jpg
    epm_nakita_arena03.jpg epm_nakita_arena04.jpg
    Copyright : EuroProModel.com

    arenaの水着を着用しているモデルのNakita君。
    上二つと下二つは色と柄が違うだけで、どちらも同じ形ですね。

    腰の部分が細い紐状であればタンガ風になるのでしょうが、これはどちらかというとスポーツ用サポーターのジョックストラップに似たデザインです。



    【adidas】(ドイツ)

    【adidas - Outfits & Accessoires für Kinder】

    adidas(アディダス)はドイツのバイエルン州に本社を置くスポーツ用品メーカー。
    1990年以降は世界展開を積極的におこない、水着の製造販売にも力を入れています。

    靴職人の息子であるアドルフ・ダスラーが1949年に設立。(社名のアディダスはアドルフの愛称アディと苗字のダスラーを繋げたもの)
    1970年以降はオリンピックやFIFAワールドカップ等の大規模イベントの商業化に大きな影響を与え、売上高世界一のスポーツ用品メーカーとなりました。

    ヨーロッパでは数多くのスポーツでそのブランドを確立しています。
    1973年に水着販売の子会社としてarenaを設立しましたが、経営再建の過程で分離し、その後は自社で水着事業を展開しています。

    epm_nakita_adidas01.jpg epm_nakita_adidas02.jpg
    epm_nakita_adidas03.jpg epm_nakita_adidas04.jpg
    Copyright : EuroProModel.com

    adidasの水着を着用しているモデルのNakita君。
    赤とグレーのはブーメランと呼ばれる、ローライズな(股上の浅い)競泳用ビキニです。

    あまりにローライズだと窮屈ですが、子供の場合は気にするほどではないでしょう。
    中には若干透けるものもありますが、これも子供の場合は気にするほどではないでしょう。



    【TYR】(アメリカ)

    【TYR - Kids' Swimsuits】

    TYR(ティア)は1985年にアメリカで設立された水着メーカー。
    日本では「ライトアベイル」が1991年からTYRブランドを展開しています。

    アメリカ西海岸風のデザインが特徴的な水着メーカー。
    国際水泳連盟が競技用水着として承認しており、ライフガードやトライアスロン選手にも支持されています。

    アメリカブランドでありながら日本で染めた生地を使い、日本の工場で縫製をおこなっているそうです。

    epm_nakita_tyr01.jpg epm_nakita_tyr02.jpg
    epm_nakita_tyr03.jpg epm_nakita_tyr04.jpg
    Copyright : EuroProModel.com

    TYRの水着を着用しているモデルのNakita君。
    どちらも競泳水着ですが、上のは昔からお馴染みのシンプルなビキニで、下のはスパッツタイプ。

    近年は日本の水泳教室でもこのようなスパッツタイプが主流になりました。
    中には上半身までスッポリ覆うタイプもあり、競泳に関しては男女の水着の差はなくなってきたようです。

    水着は水泳だけでなく、写真や美術のモデルが着用する場合もあります。
    美しさと健康の両面から考えると肌はできるだけ露出したほうが良いのですから、変な言い方ですが競泳には使わない競泳水着を、大手メーカーも多少は残しておいてほしいですね。


    最後にモデルのNakita君についてちょっとだけご紹介。

    Nakita君はロシアの水着モデル。
    ロシアの男性名であるNikitaがニキータと読むので、Nakitaはナキータと読むのかもしれません。

    2010年頃のプロフィールデータにはこう書かれていました。
    年齢は12歳、身長は1m49cm、体重は38kg。
    生まれはモスクワで、趣味はコイン集めとサッカー。
    好きなスポーツは空手だそうです。

    タグ: Europa  少年  水着  スポーツ  笑顔  ProModel 

    書籍「Encyclopédie de la vie sexuelle」

    encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_7-9.jpg

    フランスで出版されている「Encyclopédie de la vie sexuelle」という書籍。

    日本語に訳すと「性の百科事典」となるので若い夫婦のためのHow-To本かと思ってしまいますが、実際は子供向けの性教育図鑑であり、子供たちが正しい性の知識を身につけるための児童図書です。

    同じタイトルで4〜6歳向け、7〜9歳向け、10〜13歳向け、14〜16歳向けの4種類が発売されており、上の画像は7〜9歳向けの本の内容の一部です。
    (画像出典:2ememain.be)

    4人の医師によって書かれたこれらの本は、人間の成り立ち、仕組み、生殖、出産、避妊などについて丁寧にわかりやすく解説しており、非常にデリケートな問題である性について親と子の対話を促進することにも役立っています。

    出版社は1826年から続くフランスの老舗出版社「Hachette Livre」のユース部門である「Hachette Jeunesse」
    この本は1970年代から数年置きに内容を見直しながら出版されてきました。

    初期の頃は性そのものよりも生殖に重点が置かれ、同性愛に関する記述はなく、反対に現在売られている本では同性愛も扱っているなど、社会の変化に合わせて内容も変化しています。

    しかしそれよりも大きな変化は、年代ごとの表紙の移り変わりです。
    これはフランスに限らず日本でもよく見る傾向ですが・・・まぁとにかく見ていきましょう。


    【1973年】

    encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_7-9_1973.jpg encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_10-13_1973.jpg

    これは1973年に出版された「Encyclopédie de la vie sexuelle」の表紙。
    左が7〜9歳向け、右が10〜13歳向けです。

    画像出典:Musée national de l'Éducation
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    読者と同年代の子供の写真を使うことで、子供たちに自分に関係ある内容だと理解させ、股間が見えている写真であることで人間の性に関する内容だと理解させ、そして男女のペアであることで将来の結婚に繋がる内容だと理解させる。
    性教育の教本としては、もっともわかりやすい表紙ではないでしょうか。

    当時は私も左側の本の子と同じくらいの歳でした。
    もしこの本の日本語版が出ていたら、日本の家庭でも1970年代の段階で正しい性教育ができていたかもしれませんね。

    Amazon.frより
    Encyclopédie de la vie sexuelle. de la physiologie à la psychologie. 7/9 ansCartonné – 1973
    Encyclopédie De La Vie Sexuelle De La Physiologie à La Psychologie 10 / 13 Ans . 1973



    【1980年】

    encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_7-9_1980.jpg encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_10-13_1980.jpg

    これは「Encyclopédie de la vie sexuelle」の1980年版の表紙。
    左が7〜9歳向け、右が10〜13歳向け。

    7〜9歳向けは遊んでいるシーンになり、10〜13歳向けは裸で身を寄せている写真になりました。
    10〜13歳といえば男女とも生殖が可能になる年齢ですから、横になって肌を密着させている写真は性行為推奨とも受け取られかねないのですが、この表紙は上半身のみの写真にすることでそれを防いでいます。
    その上で、幸せそうな顔としっかり繋いだ手によって、テーマが性教育であることを示しています。

    全身を見せる写真ではなくなったのは、この頃の性教育が医学的な教えから道徳的な教えへと移り変わる時期だったからかもしれません。
    つまり生殖の仕組みよりも、愛情を伴った性についてシッカリに教えようということではないでしょうか。

    Amazon.frより
    Encyclopédie de la vie sexuelle de la physiologie à la psychologie 7/9 ans Reliure inconnue – 1980
    Encyclopedie de la vie sexuelle de la physiologie a la psychologie 10/13 ans



    【1991年】

    encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_7-9_1991.jpg encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_10-13_1992.jpg

    1990年代に入ると表紙はこうなりました。
    仲の良さそうな男女の笑顔写真ですが、服を着ています。
    ポートレイト写真集かと思ってしまいそうなデザインですね。
    もはや表紙だけでは性教育の本であることがわからなくなってしまいました。

    本にとって表紙は大切な顔です。
    表紙だけで何の本なのか伝わらなくては意味がありません。
    しかも百科事典を銘打っているのですから、記念写真のようなツーショットには違和感を感じてしまいます。

    Amazon.frより
    Encyclopédie de la vie sexuelle des 7-9 ans / Verdoux, C/ Cohen, J / Réf: 29170Relié – 1991
    Encyclopédie de la vie sexuelle 10-13 ans Relié – 1992

    でもこれはまだ良いほうかもしれません・・・



    【1994年】

    encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_7-9_1994.jpg encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_10-13_1994.jpg

    これは1994年版の表紙。
    同じく着衣のポートレイトですが、なんと写真ではなくなってしまいました。

    綺麗な肖像画だとは思いますが、イラストにした理由はなんだったんでしょうか?
    子供や親にとってはこのほうが買いやすいんでしょうか?
    「水彩画入門」というタイトルのほうが似合いそうですね。

    Amazon.frより
    Encyclopédie de la vie sexuelle : 7-9 ans Poche – 1 février 1994
    Encyclopédie de la vie sexuelle : 10-13 ans Broché – 11 mars 1998

    さてこの「Encyclopédie de la vie sexuelle」という本、その後どうなったかと言いますと・・・



    【2003年】

    encyclopedie_de_la_vie_sexuelle_7-9_2003.jpg

    こんな表紙になりました。(^^;)
    随分とまぁ砕けたというか、マンガチックになりましたね。
    気軽に買えるようにはなったかもしれませんが、百科事典としての威厳はなくなってしまいました。

    現在は他の出版社から同じようなタイトルの本が出ていますが、やはりどれもイラストの表紙です。
    これはフランスに限ったことではなく日本でも同じ。
    19XX年には表紙がヌード写真だった本が、20XX年に再発行されたらイラストになった、ということはよくあることです。

    性がテーマであるとはいえ、教育用の本までマンガチックに変える必要はあるのでしょうか?
    実感できる、共感できるということが性教育でのニーズなはずなのに。

    今の子供たちにどちらの本がわかりやすいかと問えば、たぶん現在売られている本を指すでしょう。
    しかし写真と漫画風なイラストのどちらがより「正確に」理解できるかといえば、写真でしょうね。

    性教育のように人の命に関わる教育の場合は、オブラートに包むような伝え方はするべきではないと思うのですが、皆さんはいかがお考えでしょうか?


    書籍「Encyclopédie de la vie sexuelle」の1973年版の内容に関しては、この動画で見ることができます。
    1978年に放映された映像で、オフィシャルの「Institut National de l'Audiovisuel」がYouTubeで公開しています。



    Les livres d'éducation sexuelle pour les enfants - Archive INA
    Copyright : Ina Styles

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  Water  笑顔  Face  OldPhoto  絵画  動画 

    書籍「Les Enfants de Papier」

    negrepont-les_enfants_de_papier01.jpg

    フランスの写真家、ネグレポント(Negrepont/生没年不明)による1980年発行の写真集「Les Enfants de Papier」

    タイトルは日本語に訳すと「紙の子供たち」
    フランスの少年たちの自然な姿を芸術的なタッチで捉えています。

    Amazon.frより
    Les Enfants de Papier Relié – 1984(1984年の再販版)


    作者のネグレポントは1980年代に子供を題材としたいくつかの書籍を出版したフランスの写真家。
    日常を力強いフレームで切り取り、詩的なアレンジを加えた彼の高コントラストな作品は、現在も高い評価を得ています。

    negrepont-les_enfants_de_papier02.jpg negrepont-les_enfants_de_papier03.jpg

    ネグレポントは書籍の中でこう語っています。(意訳)

    『私が初めてカメラで子供を撮った時、私はその子よりも年下でした。古いカメラで学校の友人をたくさん撮り、私は次第にカメラに魅了されていきました。
    時が経ち、写真技術を習得し、そして私は写真家になりました。写真は私の生活の一瞬一瞬を明らかにする、まさに魔法の力です。』

    『二人の少年が屋上で遊び、少女は金色の輝きを放つ。この独特な日常生活において、子供たちはかつてないほど効率的な表現をしてくれました。その光景はとても感覚的なもので、私はそれに反応してイメージを定着させました。
    この書籍ではすべての写真があなたを子供時代に戻してくれるでしょう。そしてそれがあなたの現実社会での力となることを私は願っています。』

    negrepont-les_enfants_de_papier04.jpg negrepont-les_enfants_de_papier05.jpg

    日常の光景でありながら非日常の雰囲気を持った彼の作品。
    モデルの子供たちはただカメラの前でおどけているのではなく、写真家の意思に共感し、それを見える形に変換してくれているかのようです。


    関連記事
    ネグレポントの写真集
    書籍「Mercredi aprés-midi」
    書籍「Devoirs de Vacances」

    タグ: Europa  少年  ♂♀  OldPhoto 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA 伝統 OldPhoto ペイント ダンス Thong 眠り Africa 音楽紹介 Oceania ProModel 造形比較 動画 

    最新記事
    楽しい組体操 2019/04/19
    デオドラント 2019/04/18
    モンロー? 2019/04/17
    Goethe Denkmal 2019/04/16
    天使たちへの「ありがとう」 2019/04/15
    少年サッカー 2019/04/14
    書籍「Devoirs de Vacances」 2019/04/13
    立ちションガール 2019/04/12
    アンケートを新設しました 2019/04/11
    天使のいる川 2019/04/11
    日別表示
    03 | 2019/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer