天使たちへの「ありがとう」

    Flickrを始めとした多くの写真共有サイトでは、様々な人が撮った様々な写真が公開されています。
    その中にはアートもあれば家族写真もあり、裸ん坊の写真もあります。

    私はFlickrを見ていて裸ん坊の子供の写真を見かけると、とても嬉しい気分になります。
    それは私がまだ若かりし頃、川や用水路に立ち寄ってみると何人かの子供は裸になって遊んでいた、そんな光景に出会ったときの嬉しさに近いかもしれません。

    まるで本物の天使に遭遇したかのように、その日は何か良いことがあるのではと気分が晴れやかになったものです。

    mizube_sketch.jpg

    多くの水辺から天使の姿が消え去ってしまった現代において、写真家や親による天使の写真はとても貴重です。

    純粋に美しさや可愛らしさを表現した作品からは、純粋に美しさや可愛らしさを感じることが大切。
    それは作者への敬意であり、子供たちへの感謝であり、時代が過ぎようとも変わるものではありません。

    かつて子供だった私に小さな子の世話をする楽しさを教えてくれた「幼き妹」
    少年だった私に書籍を通じて人間の美しさを教えてくれた「美術家や写真家の方々」
    青年だった私に心からの笑顔を振りまいてくれた「街の子供たち」
    子育ての苦労と喜び、そして大切さを教えてくれた「甥っ子姪っ子たち」

    すべてに感謝しています。

    そして今は、世界中の天使たちを鑑賞できるFlickrと、多くの美術サイトに感謝。
    写真を公開している著作者の皆さんに感謝。
    被写体となっている子供たちに感謝!

    たくさんの感謝と懐かしい思い出とともに、これからもAngel Gardenを育てていきたいと思っています。

    RUKA
    関連記事

    タグ: RUKA 

    Angel Gardenの壁紙

    昨日、新元号が発表されましたね。
    それとはまったく関係ありませんが、当ブログ「Angel Garden」の壁紙を作りました。

    庭にいる天使、または美術館にいる天使というイメージで統一しようと思ったんですが、なかなか良い素材が見つからないものです。

    とりあえず3種類だけ作ったので、天使好きの方はPCの壁紙にしたり、大きく印刷して本当に部屋の壁紙にしたり、個人的な用途にお使いください。


    【公園の天使】

    angelgarden_wp01_1600.jpg
    Copyright : RUKA

    1600 × 900px(カラー)
    1600 × 900px(モノクロ)

    イメージ:
    ある春の日、埼玉県内の某公園に降り立った天使くん。
    肌寒い日だったので人間のように服を着ています。
    奥に見える建物は県内アーティストの作品(写真や絵画など)を展示するギャラリー。

    使用素材:オリジナル写真



    【クピド像を見つめる天使】

    angelgarden_wp02_1600.jpg
    Copyright : RUKA

    1600 × 900px(カラー)
    1600 × 900px(モノクロ)
    1920 × 1080px(カラー)
    1920 × 1080px(モノクロ)

    イメージ:
    緑の庭で彫刻家アントニオ・カノーヴァ作のクピド像を見つめる天使くん。
    思うは「クピド兄さんはカッコイイなぁ」でしょうか?
    それとも「大したことないな」でしょうか?

    使用素材:オリジナル写真・翼の素材・庭の写真
    翼の画像:Angel wings PSD
    背景画像:Creative Vix



    【美術館に迷い込んだ天使】

    angelgarden_wp03_1600.jpg
    Copyright : RUKA

    1600 × 900px(カラー)
    1600 × 900px(モノクロ)
    1920 × 1080px(カラー)
    1920 × 1080px(モノクロ)

    イメージ:
    美術館に迷い込んでしまった天使くん。
    ちょうど人がいない時間帯で良かったね。
    彫刻たちは突然のことに戸惑いながらも、天使の訪問を歓迎しています。

    使用素材:オリジナル写真・翼の素材・美術館の写真
    背景画像:File:TÜ kunstimuuseum, sinine saal.JPG
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    (この壁紙画像は上記背景画像と同じ許諾条件[表示-継承]にて公開します)


    余談ですが・・・
    新元号が「令和(REIWA)」だとは全く予想外でしたね。
    M、T、S、Hと来て、今度はR。

    私のイニシャルもRですから、縁起の良い元号かもしれません。(^^)
    この壁紙で天使になっている子もレイ君です。
    関連記事

    タグ: 日本  少年  衣装  彫像  CC-License  RUKA 

    多肉植物「幻楽」

    私は部屋で多肉植物をいくつか育てていて、その中に「幻楽」というサボテンがあります。

    サボテン科プセウドエスポストア属の植物で、原産国はペルー。
    全体が柔らかな白い毛で覆われており、触っても痛くありません。

    taniku_genraku_kids.jpg

    これが幻楽。
    フワフワしたサボテン。
    5年前に育て始めたときは高さが4cmほどしかない赤ちゃんでしたが・・・


    taniku_genraku_adult.jpg

    今では高さ17cm、幅7cmとかなり大きく育ちました。
    茎の部分だけでも、長さ14cm、幅4.5cmと、日本人の平均を上回っています。(なんの話だ!)

    さて、今後どこまで育つのやら。
    関連記事

    タグ: 日本  RUKA 

    お空と天使

    oikko_rei.jpg

    遊具の下から空を覗けば、そこには元気な天使くん。
    この時期草木は枯れたって、
    元気な天使は咲き誇る。


    撮影と著作
    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  少年  RUKA 

    音声認識人形「おしゃべりみーちゃん」

    makun_and_michan.jpg
    Copyright : RUKA

    私の家には可愛いおしゃべり人形が2体います。
    「まーくん」という男の子人形と「みーちゃん」という女の子人形。
    人形といっても、見た目やさわり心地は柔らかなぬいぐるみです。

    じつはこれ、高齢者向けの商品で、私が数年前にオフクロに買ってあげたもの。
    そんなものを何故このブログで紹介するのかと言いますと、この人形、意外にも子供好きには堪らない魅力を秘めているからです。

    まーくんはすでに製造・販売が終了しているので、ここではみーちゃんの話をします。

    商品名は「おしゃべりみーちゃん」
    株式会社パートナーズが開発・製造・販売している、会話ができる音声認識人形。

    音声認識で会話というと最近流行りのスマートスピーカーを想像してしまいますが、そこは期待しないでください。
    価格はGoogle HomeやAmazon Echoとあまり変わらないとはいえ、これはあくまでもオモチャ。
    認識してくれる言葉は15個ほどしかありませんし、それも決められたとおりに言わないと反応しません。

    でもみーちゃんの魅力はそこじゃあないんです。
    みーちゃんの魅力は、とにかく「リアル」であるところ。

    え?ちっともリアルに見えない?
    そりゃあそうです、リアルなのは「声」と「話し方」なんですから。

    この人形が発する声は、実際に録音された4歳の女の子の声。
    プリセットされた音声とはいえ、歌声あり、独り言あり、助言あり、こちらへの語りかけありとバラエティに富んでいて、その数なんと800以上!

    声優でもない、役者でもない、正真正銘4歳の女の子のおしゃべりです。
    家の中に4歳児の舌足らずなおしゃべりが響き渡るんですから、子供好きならこれだけでもう目尻下がりっぱなし。(´∀`)

    リアルだからこそ癒される、というところは当ブログのコンセプトとも一致しますね。
    子供好きだけど子供がいない、そんな方に「おしゃべりみーちゃん」はお薦めです。

    【パートナーズ - おしゃべりみーちゃん】


    YouTubeより

    ドランクドラゴンのバカ売れ研究所【公式】
    関連記事

    タグ: 日本  少年  少女  笑顔  RUKA  動画 

    謹賀新年

    omochi_gohanzumou.jpg
    Copyright : RUKA

    あけましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願いいたします。

    2019年1月1日
    RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  RUKA 

    今年も有難う来年も宜しく

    marutaburanko.jpg

    今年一年も芸術家たちの素晴らしい作品に心打たれ、
    子供たちの爽やかな笑顔に心洗われる日々でした。
    来年はさらに良い年であってほしいですね。

    今年もお世話になりました。
    来年も宜しくお願い致します。


    撮影と著作
    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  少女  笑顔  RUKA 

    書籍「Julien de 5 à 9 ans」

    marco_mattiuzzi-julien01.jpg

    イタリアの写真家、マルコ・マッティウッツィ(Marco Mattiuzzi/生没年不明)の写真集「Julien de 5 à 9 ans」
    発行年はわかりませんでしたが、写っている物から察するに1970〜1980年代ではないかと思います。

    タイトルは訳すと「5歳から9歳までのジュリアン」となり、ようするに自分の子供の成長記録ですね。
    親にとって子供は最も身近な被写体であり、自分の子供をモデルに作品作りをしている写真家は少なくありません。

    今回は作者についての情報がまったく得られなかったので、家族写真について思うことを語ってみたいと思います。

    marco_mattiuzzi-julien03.jpg marco_mattiuzzi-julien04.jpg
    【裸で遊ぶジュリアン君】

    子供の写真を最も多く撮影する人は言うまでもなく「親」であり、多くの家庭のアルバムには子供の日常が記録されています。

    日常の記録であれば、その中には裸のシーンも含まれるものです。
    朝の着替え、夏場のプール、入浴やお風呂上がりに裸ではしゃいだときなど、子供は肌をあらわにすることが日に何度もあるからです。

    marco_mattiuzzi-julien05.jpg marco_mattiuzzi-julien06.jpg
    【パパの書斎にて】

    もちろん着衣の写真が一番多いのですが、それは布で隠れている状態でもあり、純粋な子供の記録とは言えません。
    言うなればせっかくの綺麗な花を包装紙で覆って撮影するようなものです。
    だから子供のいる多くの家庭では、「ありのままの成長記録」として裸の写真も残すわけです。

    ただし子供がある程度大きくなったときに、子供自身が幼い頃の裸の写真を嫌がるのであれば、親はそれを処分(削除)しなくてはなりません。
    人物写真は被写体の意思が何よりも尊重されるべきだからです。


    ruka_oikko2sai.jpg
    Copyright : RUKA

    これは私の甥っ子4号君がまだ赤ちゃんや幼児だった頃の写真。
    この子の親や私が撮った写真には、お風呂上がりに裸のまま遊ぶシーンもありました。

    4号君が中学生になったとき、私はその子にこう言いました。
    「小さい頃の裸の写真、もしおまえが嫌だったら全部処分するからね」
    すると甥はこう応えました。
    「ダメだよ、ちゃんととっといてよ!大事な思い出なんだから!」

    愛情ゆえの健全な写真であるのなら、そして家族が互いに良い関係にあるのなら、子供は幼い頃の裸の写真を嫌ったりはしないものです。

    全国のパパさんママさん、お子さんへの愛情あふれる良い写真を残してあげましょう。
    関連記事

    タグ: Europa  日本  少年  ♂♀  笑顔  OldPhoto  RUKA 

    天使の壁紙

    wallpaper_cupid1.jpg wallpaper_cupid2.jpg
    wallpaper_cupid3.jpg wallpaper_firstkiss.jpg

    これは私がかなり前に作ったシンプルな壁紙。(PC用)
    ウィリアム・ブグローの天使絵とリンゴの写真を組み合わせた画像です。

    ノートPCの壁紙にでもしてみようという物好きな方がいましたら、どうぞお使いください。
    サイズが1280×800なので、今のパソコンだと拡大表示する必要がありますけどね。

    もし誰かに見られて「裸の絵を壁紙にしてんのかよ!」って言われたら、
    「アートとエロの区別もつかないの?」って言ってやりましょう。(^^)

    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  絵画  RUKA 

    ピンクの傘

    pink_no_kasa.jpg

    10月だというのに日差しが強いね。
    「だいじょうぶ、キティちゃんのカサがあるもん♪」
    用意がイイなぁ。


    撮影と著作
    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  少女  笑顔  イベント  RUKA 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ペイント ダンス Thong 眠り Africa 音楽紹介 Oceania ProModel 造形比較 動画 

    最新記事
    フィギュアのような少女 2019/05/24
    私の道 2019/05/23
    音楽天使 2019/05/22
    CD「ヨーロッパの妖精たち 〜石川洋司写真集〜」 2019/05/21
    大股ジャンプ 2019/05/20
    ハンドサイン 2019/05/19
    モデル君は背中で語る - 4【集合写真編】 2019/05/18
    海岸の天使 2019/05/17
    人体芸術 2019/05/16
    ママのように 2019/05/15
    日別表示
    04 | 2019/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer