Gymnasion

    sascha_schneider-gymnasion.jpg

    ドイツの画家、サシャ・シュナイダー(Sascha Schneider/1870-1927)による1912年の作品「Gymnasion」

    Gymnasionは「ギュムナシオン」と読みます。
    ギュムナシオンとは、古代ギリシアにて運動競技選手が訓練をおこなった施設のこと。

    競技者育成のために作られた公共施設で、施設内では全裸であることが義務付けられていました。
    ギュムナシオンという名称もギリシャ語で「裸の...」を意味する γυμνός (gymnos)という言葉に由来しています。

    学校と同じように教師やトレーナーがおり、若者に対して肉体的鍛錬をおこなっていました。
    当初は18歳以上専用の施設でしたが、やがて子供への教育施設としても使われるようになり、体育だけでなく道徳や倫理の授業もそこでおこなわれたそうです。

    この絵は教師の前で整列したシーンでしょうか。
    身長や体格に個人差がありますね。
    どのような鍛錬がおこなわれたのかは資料がないのでわかりませんが、向かって右端の華奢な少年もやがてはたくましい競技者となるのでしょう。

    palestra_pompeii.jpg
    【ポンペイにあるギュムナシオンの遺跡】

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Gymnasion.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン
    File:Palestra, Pompeii.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    この絵を描いたドイツの画家、サシャ・シュナイダーは1870年にロシアのサンクトペテルブルクで生まれました。
    1889年にドイツのドレスデン美術アカデミーに入学し、その後は本のカバーイラストを制作するイラストレーターとなりました。

    1900年代に入ってからはドイツとイタリアで交互に生活していましたが、第一次世界大戦が始まると再びドイツに戻り、その後仲間とともに「クラフト・クンスト」という芸術のための研究所を設立します。

    しかし晩年は糖尿病を患い、船での旅行中に糖尿病による発作を起こして亡くなりました。
    現在はドイツのドレスデンにあるロシュヴィッツ墓地に埋葬されています。


    彼の1912年の作品「Gymnasion」は整列している古代ギリシアの少年たちを描いていますが、このように身長の違う裸の子供を横に並べた写真をどこかで見たことはありませんか?

    そう、医学書や保健体育の資料などに載っている、人間の成長を記録した学術写真にそっくりです。


    the_adolescent_period.jpg
    書籍「The Adolescent Period」より

    これはアメリカの医学博士、フランク・ケイリー・シャトルワース(1899-1958)が1951年に発表した書籍「The Adolescent Period」に掲載されている写真。
    子供の成長に関する研究論文で、ある少年の10歳から17歳までの体の変化を記録したものです。

    シャトルワースは1938年にも同様の書籍を出しており、その本は現在Googleブックスで全ページが公開されています。

    Googleブックスより
    「The Adolescent Period: A Graphic and Pictorial Atlas」


    croissance_d_un_garcon_sur_10_ans.jpg
    「Croissance d un garcon sur 10 ans」

    そしてこれは著作者不明ですが、ある母親が撮影した息子の10年間の成長記録だそうです。

    見たところ5歳から15歳くらいまででしょうか。
    年齢が記載されておらず、見た目の大きさが揃えられているため身長の変化がわかりませんが、正面から捉えているので体形の変化はよくわかりますね。
    幼少期にぽっちゃりしていた男の子が、第二次性徴が見られるあたりから筋肉が発達し、体が引き締まってくる様子が見てとれます。

    母親は医学の関係者だったのか、それとも一般の人だったのか?
    学術研究のための撮影だったのか、それとも単なる家族写真か?
    そのへんの詳細はまったく不明ですが、医学的には大変貴重な記録です。

    また、息子さんが思春期に入ってからもモデルを続けたのは、幼い頃からの習慣もあるとは思いますが、何よりも家族の愛情あらばこそだと思います。


    子供の健康に運動が深く関係しているという考え方は古代ギリシアに始まり、現代にも根付いています。

    画家のサシャ・シュナイダーが「Gymnasion」を描くときにこのような学術写真をモチーフとしたかどうかは定かではありませんが、その見た目の類似性同様、根底にあるのはどちらも、子供の成長と健康を願う心なのでしょう。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  スポーツ  絵画  CC-License  OldPhoto 

    ネコちゃん

    ZF4P7893

    おや?トラジマのネコがやってきましたよ。
    遊びたいのかな? お腹がすいたのかな?
    どうすれば仲良くなれるかな?

    ZF4P7893
    Copyright : lag_lag
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  笑顔 

    小さなオモチャ

    2018-12-23 08.31.11

    おっ!その箱はレゴの「アドベントカレンダー」ってやつだね。
    小さなオモチャが入っていて、毎日ひとつずつ開けて楽しむというもの。

    中身は開けてからのお楽しみ。
    見たくなっても、隙間から覗いちゃダメだよ。

    2018-12-23 08.31.11
    Copyright : Petr Lansky
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  笑顔 

    Le Vainqueur au Combat de Coqs

    alexandre_falguiere-vainqueur_combat_coqs.jpg

    フランスの彫刻家、アレクサンドル・ファルギエール(Alexandre Falguière/1831-1900)による1864年の作品「Le Vainqueur au Combat de Coqs」

    フランスのトゥールーズにある庭園「グランド・ロンド」に設置されている、高さ約180cmのブロンズ像。
    オリジナルは1868年に設置されましたが、1942年に戦争により破壊されてしまいました。
    現在のこの像は1963年に作られたレプリカです。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Vainqueur combat coqs.JPG
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    タイトルは英語に訳すと「Winner of the Cockfight」で、日本語で言うと「闘鶏の勝者」
    オスのニワトリ同士を闘わせる、あの闘鶏です。

    闘鶏の大会で優勝した少年が喜びのあまり自慢のニワトリを抱えて走り回っている、そんなシーンですね。
    高く振り上げた腕、後ろに蹴り上げた足、鶏を愛おしむように見つめる表情。
    少年の喜びが伝わってくるような躍動感のある作品です。

    作者のファルギエールは19世紀の古典彫刻の代表とも言える彫刻家で、リアリズム芸術に貢献した人物でした。
    1831年にフランスのトゥールーズで生まれた彼は、国立美術学校で美術を学び、1859年にローマにて彫刻賞を受賞。
    1882年には美術学校の教授となり、美術アカデミーのメンバーにも選出されました。

    しかし老後は病気を患ってしまいます。
    1900年4月、記念碑の設置のためにフランス南東の都市ニームに出掛け、帰宅したその日に亡くなったそうです。


    この作品は彼の代表作であり、パリのオルセー美術館も所蔵しています。
    インテリアとしても人気が高い作品ですが、現在は微妙に形の違う2種類のレプリカが存在しています。

    alexandre_falguiere-cockfight01.jpg alexandre_falguiere-cockfight02.jpg

    違いがわかりますか?
    そう、右の像はニワトリの足下から布が垂れ下がり、少年の股間を隠しているんです。
    以前、別な彫像でも同じことを語りましたが、インテリア用の複製品は布がプラスされることが多いですね。

    この作品は股間さえも自由な少年だからこそ、今にも動き出しそうな躍動感が表現されているわけです。
    オリジナルにはない謎の布の出現によって、どこか束縛めいた雰囲気を感じさせることは否めません。

    まぁ一般向けの商品となると様々な事情があるのでしょうが、人々の多くが「人間の体に対する敬意」を持たない限りは、このような改変は続いてしまうのかもしれませんね。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  CC-License 

    砂浜の美術館

    26466224528_e53537b97e_k.jpg

    水着が張り付くからか、女の子はよくこういう仕草をしますね。
    だったらいっそのこと脱いでしまおう。
    アートの気分を味わえる、光と風のミュージアム。

    Beach
    Copyright : r_m_b_80
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少女  水着  CC-License 

    プールサイドでお昼寝

    _DSC6233

    プールサイドのソファでくつろぐ男の子。
    泳ぎ疲れたらここで寝転がっていよう。
    ママが美味しいジュースを持ってきてくれるよ。

    _DSC6233
    Copyright : Sergei Papshev
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  水着  眠り 

    アルバムジャケットの天使たち - 3

    天使のような子供の写真を使った、レコード・CDのアルバムジャケット。
    前回の記事から2年以上間が空きましたが、今回はその3回目です。

    ミュージシャンが自分のアルバムジャケットに裸の子供の写真を使う理由は様々あると思います。
    家族愛や人類愛を歌っているのであれば曲のイメージとしてそういう写真を使うこともあるでしょうし、あるいは反対に曲のイメージとは掛け離れた面白さを狙っている場合もありますね。

    ジャケット画像は著作権の関係で直接の掲載ができませんので、今回もGoogleの画像検索でのご紹介となります。
    YouTubeで聴ける音楽もあるので、ジャケットを眺めながら聴いてみるのも良いでしょう。

    では古い順にご紹介します。


    □ フランスの音楽家「ジョゼ・ベルグマン」の1962年のアルバム「Petit Gibus Raconte La Guerre Des Boutons」のジャケット。
    Googleの画像検索で「José Berghmans Petit Gibus Raconte La Guerre Des Boutons」を検索

    1962年に公開されたフランス映画「La Guerre des boutons」(邦題:わんぱく戦争)のサントラ盤。
    裸の男の子が森の中で股間を隠して立っていますが、これは映画のワンシーンです。
    ヤンチャな子供たちの争いを描いた映画で、日本でも翌年に公開されました。
    ジャケット写真はカラーですが、元の映画はモノクロです。


    □ アメリカの歌手「ケニー・ランキン」の1969年のアルバム「Family」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Kenny Rankin Family」を検索

    写っているのはケニー・ランキン氏本人で、抱き上げている二人の女の子は彼の娘だそうです。
    息子もいて、裏表紙では家族5人の写真が使われています。
    タイトルのとおり家族愛を歌ったアルバムだと思いますが、このような家族の協力は微笑ましいですね。


    □ スペインのフォーク歌手「イマノル」の1986年のアルバム「Mea Kulparik Ez」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Imanol Mea Kulparik Ez」を検索

    10歳くらいの少女が手に持ったブドウを見つめながら立っているというアートっぽい写真。
    片足をちょっと浮かせたりして、演出されたポーズであることが伺えます。
    洗濯物とアイロンとアイロン台があるという、下着姿の理由を説明するようなセットですが、ブドウとの関連性は無さそうですね。


    □ アメリカのサイケデリックバンド「ブリーフ・ウィーズ」の1992年のアルバム「Songs of Innocence & Experience」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Brief Weeds Songs of Innocence and Experience」を検索

    森の中で少年と少女がブランコに乗って遊んでいるシーン。
    兄妹なのか友達なのかはわかりませんが、たぶんナチュリストの子たちでしょう。
    リリースは1992年ですが曲は80年代に録音されたそうで、ジャケットに使われた写真も古そうですね。
    (Googleで画像が見つからない場合はこちら→ YouTube


    □ ブラジルの音楽グループ「ネグリトゥーヂ・ジュニオル」の1995年のアルバム「Gente da Gente」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Negritude Gente da Gente」を検索

    5人の裸の幼児たちがリラックスした表情で床に座り込んでいます。
    様々な肌の色の子を配したということは、グローバルなメッセージのある曲なのかもしれません。
    手前のアジア系の女の子はポーズといい表情といい、イイ味出してます。


    □ アメリカのロックバンド「グー・グー・ドールズ」の1995年のアルバム「A Boy Named Goo」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Goo Goo Dolls A Boy Named Goo」を検索

    2歳くらいの男の子とパパらしき男性がいますが、男の子の口の周りとパパの手が赤く汚れています。
    ラズベリーでも食べたんでしょうか?
    この写真、逆さまにするとパパの目線になりますね。


    □ フィンランドの音楽グループ「グラント」の2015年のアルバム「Myth of Blood」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Grunt Myth of Blood」を検索

    19人もの裸の幼児が円形に寝転がっているという、ちょっとアーティスティックなモノクロ写真。
    これも古い時代に撮られたナチュリストの写真でしょうね。
    元の写真は顔の部分も写っていて楽しげな雰囲気だったのだと思いますが、こうしてトリミングされてしまうと怪しげなミステリーサークルのようです。


    □ イギリスのロックバンド「トランポリン」の2017年のアルバム「Swansea To Hornsey」のジャケット。
    Googleの画像検索で「Trampolene Swansea To Hornsey」を検索

    赤いカラーコーンが置いてある家の外(玄関前?)に裸の兄弟がいるというシチュエーション。
    舌を出しているおどけている6歳くらいのお兄ちゃんは左足にギプスをしています。
    たぶんメンバーのお子さんを撮影したファミリー写真でしょうね。


    私の記憶では80年代まではレコードジャケットに裸の子供が登場することはそんなに珍しいことではなく、むしろ純粋無垢の象徴であったり、アートであったりと、あまりネガティブな受け取られ方はしていなかったように思います。

    しかしその後、子供そのものを猥褻物と捉える風潮が高まり始めると、音楽ジャケットや雑誌等にこのような天使が登場することも少なくなりました。

    ところがヨーロッパでは近年、CDジャケットに裸の子供の写真を使うミュージシャンが再び現れ始めました。
    これは原点回帰とでも言いますか、昔のように子供の写真が正しい感覚で見られるようになってきたということで、良い傾向ではないでしょうか。

    以上、天使と同じ姿の子供の写真を使っているアルバムジャケットのご紹介、パート3でした。


    関連記事
    アルバムジャケットの天使たち - 1
    アルバムジャケットの天使たち - 2
    関連記事

    タグ: America  Europa  少年  少女  ♂♀  OldPhoto  ProModel 

    コルシカの歩く芸術

    179781373.jpg

    フランスのコルシカ島の海岸を歩く親子。
    下がり過ぎた水着にママは困惑しているけれど、
    彫刻のようなボディはこの島の景観にピッタリだね。

    Anna e Michele: Cammino sulla spiaggia
    Copyright : luiginter
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  水着  CC-License 

    書籍「mercredi aprés-midi」

    negrepont-mercredi_apres-midi.jpg

    1983年にフランスで出版された書籍「mercredi aprés-midi」
    フランスの写真家、ネグレポント(Negrepont/生没年不明)による2作目の写真集です。

    子供向けアート写真集としても発売されたこの本は、子供たちが自分たちの体をとおしてアートを知るための良い資料にもなっており、現在も古書として販売されています。

    Amazon.frより
    Mercredi après-midi Relié – 1983
    Rakuten.frより
    Rare album Photographique "Mercredi Après Midi" par Nègrepont

    古書はアンティーク的な価値もあり、どうしても値段が高くなってしまいますね。
    日本でも洋書を扱っている古本屋などには置いてあるかもしれません。


    negrepont-mercredi_apres-midi01.jpg negrepont-mercredi_apres-midi02.jpg

    写真集のタイトルは日本語に訳すと「水曜日の午後」
    作者が子供たちを撮影したのが水曜日の午後だったからだそうです。

    フランスの小学校は水曜日もお休みの週休三日。
    現在は地域によって若干違い、午前中だけ授業のある学校もありますが、基本的には水曜日は休校日です。

    ネグレポントはこのことを「水曜日は魔法の日」という言葉で表現しています。
    子供たちによる魔法のような光景が見られるからでしょう。


    negrepont-mercredi_apres-midi03.jpg negrepont-mercredi_apres-midi04.jpg

    彼はこの本の3年前に出版した「Les Enfants de Papier」(紙の子供たち)と題した写真集を何度も何度も見直したそうです。
    そして子供たちの本当の姿を収めた新しい本を発表したいと思い、次の仕事に取り掛かりました。
    彼のこの仕事にはたくさんの子供たちが積極的に参加してくれて、その結果この写真集が生まれたというわけです。

    作品ではロケーション場所として廃墟となった古い家が使われています。
    悲観的なはずのその場所でさえ、美しいおとぎ話の舞台のように見えてくるから不思議です。

    子供たちの自然な行動、明るい笑顔、そして瑞々しい姿態によって、まるで建物自体に魂が宿ったかのように。


    negrepont-mercredi_apres-midi05.jpg negrepont-mercredi_apres-midi06.jpg

    子供たちの純粋な体は、窓から差し込む光によって例えられないほどの美となりました。
    日常的な光景でありながら、ネグレポントはそれを見事なまでのオブジェに仕立て上げたのです。

    彼はこの本の中でこう語っています。
    『この本の主な目的は、人間の在り方から遠く離れてしまったこの世界において、子供たちが果たす主導的役割が決して失われないよう、子供たちの権利を取り戻すことです。』

    子供が子供らしく遊び、子供らしく生きること。
    それは子供たちに与えられた当然の権利だと、彼は言っているのでしょう。


    関連記事
    ネグレポントの写真集
    書籍「Les Enfants de Papier」
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  笑顔  眠り  OldPhoto 

    シャワーエンジェル

    P1100135

    天使くんは自分で体を洗えるよ。
    その姿はまるでステージで踊っているかのよう。
    金色に輝く、天使の降臨ダンス。

    P1100135
    Copyright : Sergei Papshev
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  風呂  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA 伝統 OldPhoto ペイント ダンス Thong 眠り Africa 音楽紹介 Oceania ProModel 造形比較 動画 

    最新記事
    ラオスのミニ漁師 2019/03/20
    Gymnasion 2019/03/19
    ネコちゃん 2019/03/18
    小さなオモチャ 2019/03/17
    Le Vainqueur au Combat de Coqs 2019/03/16
    砂浜の美術館 2019/03/15
    多肉植物「幻楽」 2019/03/14
    プールサイドでお昼寝 2019/03/13
    アルバムジャケットの天使たち - 3 2019/03/12
    コルシカの歩く芸術 2019/03/11
    日別表示
    02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer