葉っぱ隊 (Happa-Tai)

    happa_angel01.jpg

    自然の中で裸になり、股間に葉っぱを貼り付ける。
    キャンプ場ではこれくらいハメを外したほうが楽しいし、良い思い出になりますね。

    この「股間に葉っぱ」という格好。
    漫画、コメディ、お芝居などで古くからお馴染みのシチュエーションですが、本来、自然に帰するということなら股間を隠すのはおかしいですよね。動物は隠さないんだし。

    これはやはり旧約聖書にあるアダムとエバの物語のイメージに起因するのでしょう。


    albrecht_durer-adam_and_eve.jpg

    これはドイツの画家、アルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer/1471-1528)の1507年の作品「Adam and Eve」

    ご存知のとおり、アダムとエバは旧約聖書に記されている、地上で最初の人間とされている人物です。
    神様から食べてはいけないと言われていた禁断の果実(知恵の木の実)を食べてしまったふたりは、それによって無垢を失い、裸を恥ずかしいと感じるようになり、局部をイチジクの葉で隠したと言われています。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Albrecht Dürer - Adam and Eve (Prado) 2.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    上のデューラーの絵画では禁断の果実の葉で隠していますが、その後貼り付けたのはイチジクの葉です。


    awkward_family_photos_deck_the_halls.jpg

    クリスマスカードとして撮影されたコミカルなファミリー写真。
    こちらがたぶんイチジクの葉だと思います。
    子供たちはカエデの葉でも十分だし、もみじ饅頭でもイイかもしんない。(^^)

    旧約聖書では大真面目に語られていたこの格好も、今ではほのぼのとした笑いを誘いますね。

    画像出典:Deck The Halls
    Copyright : Awkward Family Photos


    でも子供に限るなら、この格好はとても可愛いものです。
    アダムとエバは恥ずかしさから葉っぱを貼り付けましたが、子供たちは面白さで貼り付けています。

    happa_angel02.jpg happa_angel03.jpg
    happa_angel04.jpg happa_angel_pantyliner.jpg

    おや?最後の写真だけ葉っぱではないですね。

    ありゃりゃ天使くん!
    それはママのパンティーライナー(おりものシート)だよ!
    でもキミの行動力とファッションセンスには合格点をあげよう!(^ω^)


    YouTubeより
    「【PV】YATTA! 葉っぱ隊」


    ♪ すれ違いざま ほほえみくれた
     2度とあえなくたっていい 君が居たからLUCKYだ...
    関連記事

    タグ: America  Europa  少年  衣装  CC-License  絵画  ダンス  音楽紹介 

    キャッツ・アイ

    undoukai_catseye_dance01.jpg undoukai_catseye_dance02.jpg

    これは約35年前の小学校での運動会の様子。
    3,4年生の女の子たちが集団でダンスを踊っています。

    運動会なのに何故かみんなスクール水着。
    腰にリボンを巻いていますね。

    さて問題!
    このとき会場でかかっていた音楽は何でしょう?

    答えは、歌手の杏里さんが歌った「CAT'S EYE」でした。
    当時日本テレビ系列で放送されていたアニメ「キャッツ・アイ」のテーマソング。

    YouTubeより

    【公式】キャッツ・アイ 第1話「君はセクシーな泥棒」 “CAT'S EYE” EP01(1983)


    「キャッツ・アイ」はレオタードに身を包んだセクシーな泥棒三姉妹の物語。
    テレビアニメは1983年7月から1985年7月まで放送されました。

    当時はエアロビクスが流行っていたこともあり、小学校の運動会でダンスが披露され始めた頃でもありました。
    とは言え、スクール水着をレオタード代わりにするなんて思い切りが良いですね。

    これを思いついたのはいったい誰なんでしょう?
    踊っている本人たち? それともクラスの男子?
    なんとなく担任教師の発案のような気がします。(^^;)

    この小さなキャッツ・アイたち、アニメのキャッツ・アイばりに見事な盗みのテクニックでした。
    だって会場の多くの人が、このダンスに目を奪われてしまったのですから。
    (目を奪われる:見とれて夢中になること)


    撮影と著作
    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  少女  水着  イベント  スポーツ  ダンス  RUKA  音楽紹介 

    モデル画像「Sweet - Sharona」

    ss_sharona-021-068.jpg

    スタジオモデルのシャローナちゃん。
    Sweet Sharonaという画像シリーズのモデルです。

    シャローナ(Sharona)という名前は英語圏ではあまり馴染みがないそうです。
    シャロン(Sharon)はよく聞く名前ですが。


    ss_sharona-001-013.jpg ss_sharona-001-041.jpg
    ss_sharona-001-045.jpg ss_sharona-021-009.jpg
    ss_sharona-021-044.jpg ss_sharona-021-049.jpg

    それにしても細い子ですね。
    華奢な体と白い肌が妖精を思い起こさせます。
    スポーツ器具はこの子のイメージにはちょっと合いませんね。

    Copyright : SweetSharona.com


    私の世代だと、シャローナと聞くとこの曲を思い浮かべます。
    アメリカのロックバンド「ザ・ナック」の1979年のヒット曲「マイ・シャローナ」

    今は亡きリードボーカルのダグ・フィーガーは25歳のときにシャローナという17歳の女性に一目惚れ。
    その心情を歌ったこの歌は世界的な大ヒット曲となりました。

    彼が惚れたシャローナさんも、きっと素敵な女性だったのでしょう。


    YouTubeより
    「The Knack - My Sharona (Official Video)」

    (VEVOによる公式動画配信)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  笑顔  寝姿  衣装  ProModel  音楽紹介  スタジオ 

    Narcisse

    jean_pierre_cortot_narcisse01.jpg

    フランスの彫刻家、ジャン=ピエール・コルト(Jean-Pierre Cortot/1787-1843)による1818年の作品「Narcisse」
    フランスのアンジェ美術館で展示されている大理石像です。

    英語ではNarcissusと書く、ギリシア神話に登場するナルキッソスという名の美少年。
    泉に映った自分の姿を見て自分に恋をしてしまった少年で、自己愛を意味する「ナルシスト」の語源でもあります。

    泉の片隅に座り込み、自分の姿を眺めているナルキッソス君。
    自己中だったり自分の能力を過信するいわゆる「うぬぼれ」の人ならごまんといますが、自分自身に恋をするというのはやはり特殊な感情なのでしょう。

    しかしナルキッソス君がそうなったのにはワケがありました。
    ある日、エコーという名の森の精霊が彼に恋をします。
    しかし彼はその求愛を冷たくあしらい、エコーを見捨てました。
    それを知った神メネシスは怒り、ナルキッソスに他人を愛せなくなる呪いをかけたのでした。

    メネシスによって泉へと呼び寄せられたナルキッソスは、水を飲もうと水面に近づき、そこに映る美少年(自分自身)に恋をしてしまいます。
    そしてそこからいっときも離れることができなくなり、やがてやせ細って死んでしまいました。

    ナルキッソスの亡き骸のあとにはスイセンの花が咲いたと言われています。
    スイセンを英語でNarcissus(ナルシスまたはナーシサス)と言うのはそのためです。

    jean_pierre_cortot_narcisse02.jpg

    1枚目の画像も構図的にはなかなか良いのですが、やはりこの作品の良さは足のほうから眺めてこそだと思います。
    顔だけでなく体全体が美しい子ですね。

    この像の作者であるジャン=ピエール・コルトはフランスの首都パリ生まれの彫刻家。
    13歳のときに彫刻家のチャールズ・アントワーヌ・ブリドンの講座に出席し、その後は彫刻家のもとで働きながら古代彫像の制作などに携わりました。

    1809年にパリのエコール・デ・ボザールにて彼の作品がグランプリを受賞。
    その後はイタリアのローマに移住し、その頃同じくローマに滞在していた画家のジャン・オーギュスト・ドミニク・アングルの友人となりました。

    1819年、パリに戻った彼はサロンにてこのナルキッソスの大理石像を発表します。
    この像は人々から高い評価を得て、彼の名声を確実に高めました。
    その後1840年まで作品を発表し続け、その間1825年にはサロンの所長に選出され、さらにエコール・デ・ボザールの教授となりました。

    ジャン=ピエール・コルトは18世紀後半のフランス芸術とグレコローマンの伝統を継承した、新古典主義の流れを汲む彫刻家でした。
    生涯にわたりロマンチックな表現を貫き、数々の名作を残した彼は、1843年に55歳の若さでこの世を去りました。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:AngersMBA 14.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    jean_pierre_cortot_narcisse02_bw.jpg jean_pierre_cortot_narcisse02_like.jpg

    ジャン=ピエール・コルト作「Narcisse」と、それと同じポーズの人間との比較。


    YouTubeより
    「平沢 進 - ナーシサス次元から来た人」


    ♪ 香れよ胸の水仙 尽きる命をなだめて
     吹けよ街に 一陣の風 眠る我が子が癒えるまで...
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  彫像  CC-License  音楽紹介  造形比較  寝姿 

    Stående pike

    arne_durban_Staende_pike.jpg

    ノルウェーの彫刻家、アルネ・ダーバン(Arne Durban/1912-1993)による1965年の作品「Stående pike」
    ノルウェーのエストフォル県にある町、ハルデンの「Busterudparken」という公園に設置されています。

    タイトルは「立っている女の子」というそのままの意味です。
    太陽の方向を向いてたたずんでいる女の子。
    公園で遊んでいた裸の子が夕日を見つめながら「そろそろ帰らなきゃ」と言っているような、水辺のある公園だったらありそうな光景ですね。

    作者のアルネ・ダーバンは女性、子供、動物をテーマにした作品を制作した、ノルウェーを代表する彫刻家。
    ブロンズ像だけでなく、1933年から1936年にかけては家具のデザインやオスロの市庁舎などの公共事業も手掛けました。
    また彼はのちに妻と共に「アルネ・ダーバン喘息基金」を設立しています。

    彼の作品は過去にも一度ご紹介しています。(該当記事)


    この彫像が設置されているノルウェーの「ハルデン」は、スウェーデンと接する最南端の町です。

    平沢 進さんの曲「ハルディン・ホテル」の歌詞に登場する『トルヒーヨのハルディン♪』というフレーズが、ペルーの都市「トルヒーリョ」を指しているのか、ノルウェーの町「ハルデン」を指しているのかは、私の中ではずっと疑問でした。

    歌詞に登場する「砂丘」「アイリスが咲く」といった言葉から、乾燥した砂漠気候であるペルーのトルヒーリョ説のほうが有力ですが(アイリスすなわちアヤメは乾燥した草地を好む花)、「長い雨」「雪解け」という言葉からは、あまりペルーのイメージが湧きません。
    もちろんペルーにも雨は降りますし、高い山の上には万年雪もあるとは思いますが。

    トルヒーリョにはハルディンというところは無い。
    ハルデンにはトルヒーヨというところは無い。
    もしかしたら両方の良いところを合わせた、夢のような場所を描いた歌なのかもしれません。

    雪解けの裾でヤギは空を仰ぎ、公園の端で少女は空を仰ぐ。
    「いっしょに行きませんか?」と歌われたら、行ってみたいですね、ハルデンのホテルへ。


    arne_durban-staende_pike.jpg arne_durban-staende_pike_like.jpg

    アルネ・ダーバン作「Stående pike」と、それと同じポーズの人間との比較。
    (人体画像出典:Sonnenfreunde)


    YouTubeより
    「平沢 進 - ハルディン・ホテル」


    ♪ トルヒーヨのハルディン(トルヒーヨのハルディン)
     トルヒーヨのハルディン(までいっしょに行きませんか?)...
    関連記事

    タグ: Europa  少女  彫像  音楽紹介  OldPhoto  造形比較 

    海のヴィーナス

    yup...

    キミはだれ? 「ヴィーナスう〜」
    賞与は?  「ボーナスう〜」
    機関車は? 「トーマスう〜」
    サイレンは? 「ううううう〜!」

    yup...
    Copyright : tlcpix
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)


    cabanel_venus.jpg
    botticelli_venus.jpg

    愛と美の女神、ヴィーナス。
    多くの絵画ではヴィーナスの背景には海が描かれています。何故でしょう?
    それは、ヴィーナスが海の泡から生まれたとされているからです。

    泡のように軽く、泡のように儚い。
    まるで私のボーナスのよう・・・(/ _ ; )


    YouTubeより
    「平沢 進 - 金星 (Venus)」


    ♪ 朝が来る前に 消えた星までの地図を
     キミへの歌に変え 地の果ての民に預けた...
    関連記事

    タグ: America  少女  Water  Face  音楽紹介 

    スマイル

    56

    ロボットが笑った・・・その表情は真実?
    AIがジョークを言った・・・その言葉は真実?
    人間が恋をした・・・真実ってなんだ?

    56
    Copyright : James Roberts
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)


    YouTubeより
    「平沢 進 - Archetype Engine」


    ♪ アンドロイド弾丸の眼差しで 今朝アンダマンの海を越え
     意志に母の心ねは She was made in...
    関連記事

    タグ: America  少女  Face  音楽紹介 

    為せばナース

    Nurse Ketchy

    病気になったり気分が落ち込んだとき、
    小さな天使のナースがやってくる。
    体温計と注射をたずさえて。

    Nurse Ketchy
    Copyright : Tony Basoglu
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)


    YouTubeより
    「平沢 進 - Nurse Cafe」


    ♪ ナース・カフェへ ナース・カフェへ
     今日の日をまた閉めて
     ナース・カフェへ ナース・カフェへ
     隣人の愛を見に...
    関連記事

    タグ: Asia  少女  衣装  音楽紹介 

    未来への展望

    Cherub

    「この手、この指・・・ワタシは人に生まれてきた。
     それを無駄にしない生き方をしよう。
     この星の・・・人として」

    Cherub
    Copyright : Daniel MacDonald
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)


    YouTubeより
    「平沢 進 - 力の唄」


    ♪ 遠く渦を巻く この星の群として
     夕日朱くと 染めるような道を行き...
    関連記事

    タグ: America  少女  音楽紹介 

    バンジージャンプ

    His First Bungee Jump

    初めてのバンジージャンプ。
    もはや為すすべなしで万事休す!
    でも終わればホッと安堵のこの表情。

    His First Bungee Jump
    Copyright : Andrew Ferguson
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)


    YouTubeより
    「P-MODEL - Wire Self」


    ♪ スプートニク 風を切る 声なき声 子午線に聞き
     数に限りなく 海渡る 幾何学の道
     バンジージャンプ バンジージャンプ...
    関連記事

    タグ: America  少年  Face  スポーツ  音楽紹介 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:23年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    アンケートと掲示板


    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 ♂♀ Water 笑顔 America 水着 衣装 寝姿 Asia Face CC-License 彫像 イベント スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ボディペイント Thong ProModel Africa Oceania 音楽紹介 造形比較 スタジオ 動画 書籍 ポーズ 子育て 健康 

    最新記事
    After Bath 2020/07/02
    水辺のエンジェル 2020/07/01
    Boy with Butterfly 2020/06/30
    毎日更新復活のお知らせ 2020/06/29
    海外からのメール 2020/06/27
    小児マッサージ 2020/06/26
    美しき人魚たち 2020/06/23
    集団天使の記録写真 2020/06/23
    自分でお着替え 2020/06/21
    モデルポーズ - 2【片膝をつくポーズ】 2020/06/21
    日別表示
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別表示