ブラジルの海岸

    8651090560_c01a97a7ff_o.jpg

    ブラジル、リオデジャネイロの海岸。
    おい少年!
    嬉しいのはわかるけどニヤけ過ぎだぞ。

    Rio de Janeiro 2013
    Copyright : a l o b o s
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: America  少年  少女  Water  水着  笑顔  CC-License 

    彫像と少女

    DSC01238

    プールでおめかし写真撮影。
    後ろの人魚姫が「ここじゃあ私が主役なのよ!」
    とちょっと不満そう。

    DSC01238
    Copyright : Ana Vilela
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少女  水着  笑顔  Water  彫像 

    広告の天使たち

    昔のレコードやCDのジャケットには、天使の姿、つまり裸の子供が写っているものが多々ありました。
    これについては過去に記事にしていますのでそちらをご覧ください。(該当記事 1) (該当記事 2)

    同じように、昔はテレビCMや雑誌広告に天使の姿が登場することは決して珍しくありませんでした。
    シャンプーやボディソープ、お風呂用オモチャのCMがお風呂シーンなのは当然ですが、裸とは無縁の商品であっても、無邪気、無垢、可愛らしさの象徴として登場することもありました。

    今回はそんな、エンジェルスタイルの子供の写真を使った古い広告をいくつかご紹介したいと思います。

    ほとんどが面白画像等を集めたサイトや掲示板にあったものですが、一部を除いて出典(元々の出所)がわかりません。
    あくまでも資料として紹介していますが、ここでの掲載に問題がある場合は削除しますのでご連絡ください。

    では新しいほうから順番に見ていきましょう。


    magazine_beauty_2003_04.jpg

    これは広告ではなく雑誌の表紙ですが、「beauty」という女性向けファッション誌の2003年4月号。
    文字から察するにたぶんロシアの雑誌だと思います。
    4月から肌を出したモデルを登場させるなんて、あちらの女性誌は大胆ですね。

    手前の女の子もモデルのお姉さんに負けず劣らずの美人ちゃん。
    この子もプロのモデルでしょうか?

    子供に大人と同じ化粧を施したり着飾ったりしてミニ大人を作るという、いわゆる実年齢と見た目のギャップの妙を狙った広告は昔からありました。
    日本でも一時期、大人びた子供が持て囃された時期がありましたね。



    ad_tirol_marukin1985.jpg

    松尾製菓「めざせまるきん もなかチョコ」の1985年の雑誌広告。
    キーホルダー付き金運まねき電卓、略して「金卓」が当たるそうです。

    書かれている文章からして小学生向け漫画雑誌の誌面だと思いますが、読者が子供だから裸もギャグにできたんでしょうね。
    「キンタク」と略しているのも、一文字違いの何かと掛けているんでしょう。

    一見単純なスナップに見えますが、持っている金卓の「金」の字がちゃんとこちらを向いていて、男の子の表情も良く、股間もシッカリ隠れている。
    撮影にはそれなりに時間がかかったんじゃないでしょうか。



    nvsh_baas_in_eigen_broek1980.jpg

    オランダの性的改革協会「NVSH」が1980年に発表した広告。
    NVSHは1946年にオランダで設立された、個人の性的解放と社会における性的条件の改善を目的としている組織だそうです。
    1960年代からは避妊具や避妊薬の品質および利用を向上させてきた功績があります。

    大人の性活動を支援する団体がなぜこんな広告を?と思いましたが、彼らは子供たちに性的な問題を考えるよう促す啓蒙活動もおこなっているんだとか。

    なるほど、この画像を最初に見たとき性教育ビデオのパッケージかと思いましたが、あながち見当違いではなかったんですね。
    なお、この広告(ポスター?)はオランダのアムステルダム国立図書館にもあるそうです。



    ad_gyunyusekken1979.jpg

    牛乳石鹸「ベビー石鹸・キューピーシャンプー」の1979年の雑誌広告。
    赤ちゃん用の商品なので母子が登場するのは当然としても、ママが西洋系で赤ちゃんがアジア系に見えるところはイメージ優先といった感じですね。

    赤ちゃんの足の間から股間が見えちゃってますが、これはべつに狙ったわけではなく、あえて隠す必要はないと判断したのだと思います。
    そういう時代でしたし、母親をターゲットとした広告ですからね。

    結果的には、デリケートな部分にも優しい商品であるとアピールできたのではないでしょうか。



    ad_elefanten_schuhe1974.jpg

    ドイツの靴メーカー「Elefanten Schuhe」の1974年の広告。
    太めちゃん、普通ちゃん、細めちゃんが靴だけを履いて立っています。

    その下の文章は訳すと『エレファンテンT3シューズは3種類の幅でご利用いただけます。子供の足は幅が違うからです。』となります。
    なんとこれ、子供靴だったんですね。
    体の太さと足の幅が比例するかどうかはわかりませんが、サイズの選択肢が多いのは良いことです。

    ところでこの子たち、なぜエンジェルスタイルなんでしょうか?
    そりゃあ服の宣伝でもなく帽子の宣伝でもなく、靴の宣伝だからでしょう。



    magazine_folk_report1970_11.jpg

    雑誌「folk report うたうたうた」の1970年冬の号の表紙。
    質素なデザインですが、写真はたぶん海外のナチュリストの子たちでしょう。
    この頃のフォークソングにありがちな「自由と平和」のイメージを象徴しているような写真ですね。

    調べてみたら、この本は1971年に大阪府警からワイセツと判断されたことがあったそうです。
    「この写真が?」と思ったらどうやらこの表紙は関係なく、中に掲載されていたジョン・レノンとオノ・ヨーコの全裸写真が違法とされたようです。

    当時は子供を猥褻物と見なす風潮はほとんどありませんでしたが、大人の下の毛には厳しかった時代でした。



    konkordia_gromitz.jpg
    (画像出典:Amazon.de)

    130年以上の歴史があるドイツの合唱団「コンコルディア」のレコード「Klingende Grüße Aus Grömitz」
    発売年がどこにも載っていなかったんですが、たぶん1960年代だと思います。(違っていたらスミマセン)

    以前の記事「アルバムジャケットの天使たち」にこれを含めなかったのは、アルバムではなかったから。
    シングル盤やドーナツ盤と言われていた小さめのレコードです。

    タイトルにあるGrömitz(グレーミッツ)とは、古くから知られているドイツのリゾート地のひとつ。
    ジャケットは表紙が船の上で歌っている合唱団の写真で、裏表紙がこの海岸の兄妹の写真です。
    収録されている曲とこの子たちには何の関係もありませんが、自由を満喫できるリゾート地だとアピールするのには最適な写真ですね。



    ad_cocomalt1934.jpg
    (画像出典:Cocomalt Ad Full of Naked Children (Nov, 1934)

    ドイツで販売されていた「ココモルト」という健康飲料の1934年の広告。
    ゴーグルをした裸の子供が寝そべっている写真が使われていますが、これは人工光を浴びているところ。
    この頃は戦争による日光浴不足のため、子供たちのビタミンD欠乏が懸念されていました。

    この商品はビタミンDを配合したチョコレート風味の粉末で、水に溶いて1日3回飲むだけでビタミンD不足を補ってくれるというものでした。
    当時の親子にとっては有難い商品だったのでしょう。

    それにしても、天使たちが外で自由に遊べなかったなんて、悲しい時代ですね。
    現代も別な理由で太陽の下から天使の姿が消えつつありますが、これも悲しいことですね。
    関連記事

    タグ: 日本  Europa  Water  少年  少女  ♂♀  笑顔  衣装  眠り  OldPhoto 

    ツーショット

    IMG_3166

    このくらいの歳は女の子のほうが積極的なんだよねぇ。
    馴れ馴れしくして良いのか、しちゃいかんのか、
    その葛藤が男の子の右手に表れているね。(^ω^)

    IMG_3166
    Copyright : bolephotos
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  少女  水着  笑顔  Water 

    足の裏

    P1010016

    天使のあんよが勢ぞろい。
    お風呂に長く入っていると、
    足の裏もシワシワになるのかな?

    P1010016
    Copyright : Mindy Mark
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  少女  風呂  笑顔 

    ベテランお兄ちゃん

    Planschspaß

    「あ〜ん、そっちに行けないよぉ〜」
    「ハッハッハ!おまえにはこのプールはまだ無理さ!」

    さすがお兄ちゃんの貫禄だね。

    Planschspaß
    Copyright : Dima Oblovitsch
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  Water  ♂♀  笑顔 

    ピンクの傘

    pink_no_kasa.jpg

    10月だというのに日差しが強いね。
    「だいじょうぶ、キティちゃんのカサがあるもん♪」
    用意がイイなぁ。


    撮影と著作
    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  少女  笑顔  イベント  RUKA 

    ポロっと優勝

    42298618222.jpg

    スペインのウォーターポロクラブの子供たち。
    このチームは優勝したのかな?
    今夜は喜びの宴だね。

    IMG_5445
    Copyright : Club Natacion Jerez DKV
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  笑顔  水着  イベント  スポーツ  CC-License 

    Boys with Turtles

    herbert_adams-boys_and_turtles_front.jpg herbert_adams-boys_and_turtles_rear.jpg

    アメリカの彫刻家、ハーバート・アダムス(Herbert Adams/1858-1945)による1888年の作品「Boys with Turtles」
    マサチューセッツ州の都市、フィッチバーグの公園の噴水に設置されている彫像です。

    兄弟でしょうか?池の中央で遊ぶ二人の少年。
    足下には1匹の亀がいます。

    兄は股間に布を貼り付け、周りの人たちに自分を誇示するかのような堂々たるポーズ。
    逆に弟は消極的なポーズで兄の足にしがみついています。
    人前でおどける兄とそれを恥ずかしがる弟、といった光景にも見えますね。

    以前の記事で、股間に布が掛かっている彫像はそうできる状態だと言っているようなものだ、と述べたことがありましたが、この少年の場合は水に濡れて貼り付いているわけですから不自然さはありません。


    この彫像の作者、ハーバート・アダムスはバーモント州エセックス郡の町、コンコード生まれの彫刻家。
    5歳のときに家族でフィッチバーグに移り、その後地元の公立学校を経て芸術アカデミーに入学し、アートを学び始めます。

    卒業後に教師の資格を取って1878年から1882年までフィッチバーグの公立学校で美術を教えていましたが、1885年にフランスを訪れてから彫刻制作に興味を持ち、フランスの彫刻家、アントニン・メルシエ(1845-1916)のもとで彫刻を学びました。
    1889年にフィッチバーグの公園に設置されたこのブロンズ像は、彼がパリのスタジオで制作し、フィッチバーグに寄贈したものです。

    1890年から1898年にかけてニューヨークの私立大学、プラット・インスティテュートの美術インストラクターを務めた彼は、1898年には国立デザインアカデミーのメンバーに選出され、1906年にはニューヨーク国立デザインアカデミーの副会長に選出されています。
    1918年から1920年までは米国芸術委員会の副会長も務めました。

    彼は生涯に200以上の公的な作品を完成させ、1945年にニューヨークで亡くなりました。
    現在もワシントンDCのナショナル・ギャラリーやニューヨークのメトロポリタン美術館など、数多くの美術館で彼の作品が展示されています。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Boys and Turtles, front view - Fitchburg, Massachusetts - DSC08572.JPG
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: America  少年  Water  笑顔  彫像  CC-License 

    可愛さと元気さ

    DSC04353

    ほっぺに指を当てるのは可愛さのアピールだけど、
    Vサインをダブルで当てるのはどんな意味?
    可愛さプラス元気もアピールってこと?
    周りのみんなも元気になれるね。

    DSC04353
    Copyright : Judy Fan
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少女  風呂  笑顔  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:21年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ America 笑顔 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA 伝統 OldPhoto ペイント ダンス Thong 眠り Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    粉まみれ絵の具まみれ 2018/12/17
    立ててはダメよ 2018/12/16
    L'education d'Orphee 2018/12/15
    組みたい組体操 2018/12/14
    連れション天使 2018/12/13
    母と娘、そして新しい命 2018/12/12
    書籍「Les Enfants de Papier」 2018/12/11
    ブラブラ日和 2018/12/10
    お片付け? 2018/12/09
    モデル君は背中で語る - 3 2018/12/08
    日別表示
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer