プールサイドでお昼寝

    _DSC6233

    プールサイドのソファでくつろぐ男の子。
    泳ぎ疲れたらここで寝転がっていよう。
    ママが美味しいジュースを持ってきてくれるよ。

    _DSC6233
    Copyright : Sergei Papshev
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  水着  眠り 

    書籍「mercredi aprés-midi」

    negrepont-mercredi_apres-midi.jpg

    1983年にフランスで出版された書籍「mercredi aprés-midi」
    フランスの写真家、ネグレポント(Negrepont/生没年不明)による2作目の写真集です。

    子供向けアート写真集としても発売されたこの本は、子供たちが自分たちの体をとおしてアートを知るための良い資料にもなっており、現在も古書として販売されています。

    Amazon.frより
    Mercredi après-midi Relié – 1983
    Rakuten.frより
    Rare album Photographique "Mercredi Après Midi" par Nègrepont

    古書はアンティーク的な価値もあり、どうしても値段が高くなってしまいますね。
    日本でも洋書を扱っている古本屋などには置いてあるかもしれません。


    negrepont-mercredi_apres-midi01.jpg negrepont-mercredi_apres-midi02.jpg

    写真集のタイトルは日本語に訳すと「水曜日の午後」
    作者が子供たちを撮影したのが水曜日の午後だったからだそうです。

    フランスの小学校は水曜日もお休みの週休三日。
    現在は地域によって若干違い、午前中だけ授業のある学校もありますが、基本的には水曜日は休校日です。

    ネグレポントはこのことを「水曜日は魔法の日」という言葉で表現しています。
    子供たちによる魔法のような光景が見られるからでしょう。


    negrepont-mercredi_apres-midi03.jpg negrepont-mercredi_apres-midi04.jpg

    彼はこの本の3年前に出版した「Les Enfants de Papier」(紙の子供たち)と題した写真集を何度も何度も見直したそうです。
    そして子供たちの本当の姿を収めた新しい本を発表したいと思い、次の仕事に取り掛かりました。
    彼のこの仕事にはたくさんの子供たちが積極的に参加してくれて、その結果この写真集が生まれたというわけです。

    作品ではロケーション場所として廃墟となった古い家が使われています。
    悲観的なはずのその場所でさえ、美しいおとぎ話の舞台のように見えてくるから不思議です。

    子供たちの自然な行動、明るい笑顔、そして瑞々しい姿態によって、まるで建物自体に魂が宿ったかのように。


    negrepont-mercredi_apres-midi05.jpg negrepont-mercredi_apres-midi06.jpg

    子供たちの純粋な体は、窓から差し込む光によって例えられないほどの美となりました。
    日常的な光景でありながら、ネグレポントはそれを見事なまでのオブジェに仕立て上げたのです。

    彼はこの本の中でこう語っています。
    『この本の主な目的は、人間の在り方から遠く離れてしまったこの世界において、子供たちが果たす主導的役割が決して失われないよう、子供たちの権利を取り戻すことです。』

    子供が子供らしく遊び、子供らしく生きること。
    それは子供たちに与えられた当然の権利だと、彼は言っているのでしょう。


    関連記事
    ネグレポントの写真集
    書籍「Les Enfants de Papier」
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  笑顔  眠り  OldPhoto 

    波の子守唄

    Relax on the beach

    ビーチでリラックスする少年。
    波の音は心を穏やかにし、夢の世界へと誘ってくれる。
    でも大波が来たら大変だね。

    Relax on the beach
    Copyright : Giuseppe Cernuto
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  水着  眠り 

    水中花

    Untitled

    バスタブで揺らぐ3人の少女。
    これはきっとアートなのでしょう。
    えっ?大人も入って良いかって?
    それじゃあアートになりません。

    Untitled
    Copyright : Aëla Labbé
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  風呂  衣装  眠り 

    安らぐ天使

    IMG_0974

    ハンモックで眠る天使ちゃん。
    ちょっとはしたない格好だけど、
    それだけ赤ちゃんのように安らいでいるってこと。

    IMG_0974
    Copyright : G C
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  水着  眠り 

    マラウイの兄弟

    Untitled

    「兄ちゃんどいてよ、板が取れないよ!」
    「あ〜、これはいいストレッチ運動になりそうだ〜」

    Untitled
    Copyright : kathleentse
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Africa  少年  Water  眠り 

    広告の天使たち

    昔のレコードやCDのジャケットには、天使の姿、つまり裸の子供が写っているものが多々ありました。
    これについては過去に記事にしていますのでそちらをご覧ください。(該当記事 1) (該当記事 2)

    同じように、昔はテレビCMや雑誌広告に天使の姿が登場することは決して珍しくありませんでした。
    シャンプーやボディソープ、お風呂用オモチャのCMがお風呂シーンなのは当然ですが、裸とは無縁の商品であっても、無邪気、無垢、可愛らしさの象徴として登場することもありました。

    今回はそんな、エンジェルスタイルの子供の写真を使った古い広告をいくつかご紹介したいと思います。

    ほとんどが面白画像等を集めたサイトや掲示板にあったものですが、一部を除いて出典(元々の出所)がわかりません。
    あくまでも資料として紹介していますが、ここでの掲載に問題がある場合は削除しますのでご連絡ください。

    では新しいほうから順番に見ていきましょう。


    magazine_beauty_2003_04.jpg

    これは広告ではなく雑誌の表紙ですが、「beauty」という女性向けファッション誌の2003年4月号。
    文字から察するにたぶんロシアの雑誌だと思います。
    4月から肌を出したモデルを登場させるなんて、あちらの女性誌は大胆ですね。

    手前の女の子もモデルのお姉さんに負けず劣らずの美人ちゃん。
    この子もプロのモデルでしょうか?

    子供に大人と同じ化粧を施したり着飾ったりしてミニ大人を作るという、いわゆる実年齢と見た目のギャップの妙を狙った広告は昔からありました。
    日本でも一時期、大人びた子供が持て囃された時期がありましたね。



    ad_tirol_marukin1985.jpg

    松尾製菓「めざせまるきん もなかチョコ」の1985年の雑誌広告。
    キーホルダー付き金運まねき電卓、略して「金卓」が当たるそうです。

    書かれている文章からして小学生向け漫画雑誌の誌面だと思いますが、読者が子供だから裸もギャグにできたんでしょうね。
    「キンタク」と略しているのも、一文字違いの何かと掛けているんでしょう。

    一見単純なスナップに見えますが、持っている金卓の「金」の字がちゃんとこちらを向いていて、男の子の表情も良く、股間もシッカリ隠れている。
    撮影にはそれなりに時間がかかったんじゃないでしょうか。



    nvsh_baas_in_eigen_broek1980.jpg

    オランダの性的改革協会「NVSH」が1980年に発表した広告。
    NVSHは1946年にオランダで設立された、個人の性的解放と社会における性的条件の改善を目的としている組織だそうです。
    1960年代からは避妊具や避妊薬の品質および利用を向上させてきた功績があります。

    大人の性活動を支援する団体がなぜこんな広告を?と思いましたが、彼らは子供たちに性的な問題を考えるよう促す啓蒙活動もおこなっているんだとか。

    なるほど、この画像を最初に見たとき性教育ビデオのパッケージかと思いましたが、あながち見当違いではなかったんですね。
    なお、この広告(ポスター?)はオランダのアムステルダム国立図書館にもあるそうです。



    ad_gyunyusekken1979.jpg

    牛乳石鹸「ベビー石鹸・キューピーシャンプー」の1979年の雑誌広告。
    赤ちゃん用の商品なので母子が登場するのは当然としても、ママが西洋系で赤ちゃんがアジア系に見えるところはイメージ優先といった感じですね。

    赤ちゃんの足の間から股間が見えちゃってますが、これはべつに狙ったわけではなく、あえて隠す必要はないと判断したのだと思います。
    そういう時代でしたし、母親をターゲットとした広告ですからね。

    結果的には、デリケートな部分にも優しい商品であるとアピールできたのではないでしょうか。



    ad_elefanten_schuhe1974.jpg

    ドイツの靴メーカー「Elefanten Schuhe」の1974年の広告。
    太めちゃん、普通ちゃん、細めちゃんが靴だけを履いて立っています。

    その下の文章は訳すと『エレファンテンT3シューズは3種類の幅でご利用いただけます。子供の足は幅が違うからです。』となります。
    なんとこれ、子供靴だったんですね。
    体の太さと足の幅が比例するかどうかはわかりませんが、サイズの選択肢が多いのは良いことです。

    ところでこの子たち、なぜエンジェルスタイルなんでしょうか?
    そりゃあ服の宣伝でもなく帽子の宣伝でもなく、靴の宣伝だからでしょう。



    magazine_folk_report1970_11.jpg

    雑誌「folk report うたうたうた」の1970年冬の号の表紙。
    質素なデザインですが、写真はたぶん海外のナチュリストの子たちでしょう。
    この頃のフォークソングにありがちな「自由と平和」のイメージを象徴しているような写真ですね。

    調べてみたら、この本は1971年に大阪府警からワイセツと判断されたことがあったそうです。
    「この写真が?」と思ったらどうやらこの表紙は関係なく、中に掲載されていたジョン・レノンとオノ・ヨーコの全裸写真が違法とされたようです。

    当時は子供を猥褻物と見なす風潮はほとんどありませんでしたが、大人の下の毛には厳しかった時代でした。



    konkordia_gromitz.jpg
    (画像出典:Amazon.de)

    130年以上の歴史があるドイツの合唱団「コンコルディア」のレコード「Klingende Grüße Aus Grömitz」
    発売年がどこにも載っていなかったんですが、たぶん1960年代だと思います。(違っていたらスミマセン)

    以前の記事「アルバムジャケットの天使たち」にこれを含めなかったのは、アルバムではなかったから。
    シングル盤やドーナツ盤と言われていた小さめのレコードです。

    タイトルにあるGrömitz(グレーミッツ)とは、古くから知られているドイツのリゾート地のひとつ。
    ジャケットは表紙が船の上で歌っている合唱団の写真で、裏表紙がこの海岸の兄妹の写真です。
    収録されている曲とこの子たちには何の関係もありませんが、自由を満喫できるリゾート地だとアピールするのには最適な写真ですね。



    ad_cocomalt1934.jpg
    (画像出典:Cocomalt Ad Full of Naked Children (Nov, 1934)

    ドイツで販売されていた「ココモルト」という健康飲料の1934年の広告。
    ゴーグルをした裸の子供が寝そべっている写真が使われていますが、これは人工光を浴びているところ。
    この頃は戦争による日光浴不足のため、子供たちのビタミンD欠乏が懸念されていました。

    この商品はビタミンDを配合したチョコレート風味の粉末で、水に溶いて1日3回飲むだけでビタミンD不足を補ってくれるというものでした。
    当時の親子にとっては有難い商品だったのでしょう。

    それにしても、天使たちが外で自由に遊べなかったなんて、悲しい時代ですね。
    現代も別な理由で太陽の下から天使の姿が消えつつありますが、これも悲しいことですね。
    関連記事

    タグ: 日本  Europa  Water  少年  少女  ♂♀  笑顔  衣装  眠り  OldPhoto 

    流れのままに

    2780263601.jpg

    泳ぐことだけが夏じゃあない。
    水の流れと雲の流れ、
    時の流れに身をゆだねるも良し。

    Hiyoshi Taisha, Otsu, Shiga, Japan / 大津・日吉大社
    Copyright : S. H.
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: 日本  少年  Water  水着  眠り  CC-License 

    彫像と人間

    human_skeleton.jpg

    今月初めに掲載した「彫像の形・人間の形」と題した記事では、『モノクロ写真という二次元的な視覚情報では、彫像と人間のどちらも明暗による形の表現を鑑賞できる作品になり得る』という話をしました。

    では写真ではなく、実際の「彫像と人間」を比べてみた場合、どんな違いがあるのでしょう?

    statue_and_human.jpg

    ざっと思い付くのはこんなところです。
    命の有る無しは最も大きな違いですが、彫像が人間を(正確には人間の外観を)模したものである以上、美の優位性は人間にあると言っても良いでしょう。
    その姿が有限であり儚いことも人間の価値をさらに高めています。

    彫像の主な素材といえばブロンズと大理石ですね。
    まずはブロンズ像。

    balestrieri_bernardo-giovane_acquaiolo.jpg balestrieri_bernardo-giovane_acquaiolo_like.jpg

    イタリアの彫刻家、ベルナルド・バレストリエリ(Bernardo Balestrieri/1884-1965)による1900年初頭の作品「Giovane Acquaiolo」
    18〜19世紀に存在していた水売りという商売。
    その少年を再現したブロンズ像です。

    同じように見える彫像と人間も、実際に触ってみればその違いは明白です。
    感触の違いは素材の違い。


    【ブロンズ像の素材】

    ブロンズとは日本語で「青銅」と言い、銅を主成分としてスズを含ませた合金のことです。
    用途により亜鉛や鉛を含ませることもあります。

    添加するスズの量が多くなるほど黄色味が増し、また大気により徐々に酸化されて緑青(ろくしょう)が生じることで、くすんだ青緑色にも変化します。
    日本語の青銅という言葉はこの色から来たものですが、本来のブロンズの色は新品の十円硬貨とほぼ同じです。

    richard_daniel_fabricius-young_man.jpg richard_daniel_fabricius-young_man_like.jpg

    ドイツの彫刻家、リチャード・ダニエル・ファブリシウス(Richard Daniel Fabricius/1863-1923)による作品「Young man」
    たとえ錆びにくいブロンズ像であっても水は苦手。
    かたや人間は、水がなくてはその姿を維持することさえできません。


    evgeniy_rotanov-millenium_bw.jpg evgeniy_rotanov-millenium_like.jpg

    ロシアの彫刻家、エフゲニー・ロタノフ(Evgeniy Rotanov/1940-2010)による1989年の作品「Millenium」
    街の歩道に設置されている、両手を上げて立つ少年のブロンズ像。


    ブロンズは強度では鉄に劣りますが、加工性に優れており錆びにくいので古くから造形作品の素材として使われてきました。
    ブロンズ像の歴史はかなり古く、現存する世界最古のものは現在エジプト考古学博物館が所蔵している、約4千年前に作られた「エジプト第6王朝ペピ1世の像」だと言われています。


    彫像の素材としてもうひとつお馴染みなのが大理石。

    paul_melin-narcisse.jpg paul_melin-narcisse_like.jpg

    フランスの彫刻家、ポール・メリン(Paul Melin/生没年不明)による1895年の作品「Narcisse」
    ギリシア神話に登場する美少年、ナルキッソスが泉のほとりで横たわっているシーンを再現しています。

    彫像では横たわるポーズは少なめですが、人間は毎日横になって眠る必要があります。


    【大理石像の素材】

    大理石は英語ではマーブルと呼ばれています。
    石灰石を源岩とする結晶質石灰岩であり、マグマの熱を受けて接触変成作用で再結晶化した変成岩の一種です。
    その色合いや模様の美しさから、古代より建築物や彫刻作品の素材として使われてきました。

    大理石の主成分は炭酸カルシウムで、塩酸などの強酸と反応して二酸化炭素を放出します。
    そのため塩酸が含まれる洗剤を使うと光沢が無くなったり痩せたりするので注意が必要です。

    george_rennie-cupid_rekindling.jpg george_rennie-cupid_rekindling_like.jpg

    スコットランドの彫刻家、ジョージ・レニー(George Rennie/1802-1860)による1831年の作品「Cupid Rekindling the Torch of Hymen」
    ギリシア神話の婚姻の神ヒュメンと、そこに寄り添う愛の神クピドの大理石像。
    足を交差させてリラックスしているのは、ヒュメンがそばにいる安心感からでしょうか。


    adolf_von_hildebrand-schlafender_hirtenknabe.jpg adolf_von_hildebrand-schlafender_hirtenknabe_like.jpg

    ドイツの彫刻家、アドルフ・フォン・ヒルデブラント(Adolf von Hildebrand/1847-1921)による1871年の作品「Schlafender Hirtenknabe」
    羊飼いの少年が仕事の合間に腰を下ろして休んでいるシーンです。
    こういうときこそオオカミに狙われないように気をつけなくてはなりません。


    ブロンズ像同様、大理石像にもかなりの歴史があります。
    世界最古は定かではありませんが、ギリシャでは紀元前620年頃のアルテミス神の像や、紀元前590年頃の青年の像が発掘されています。

    石ではなく動物の牙を使ったものでは、2009年にドイツのホーレ・フェルス洞窟の遺跡から発掘された女性の形をした彫像が世界最古と言われており、約3万5千年以上も前のものだそうです。


    【人間の素材】

    human_body_statues.jpg

    それでは、生きた芸術作品ともいえる「人間」はいったい何でできているのでしょう?

    人体を構成する物質は主に約30種類。
    成分の多い順に、酸素、炭素、水素、窒素、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウム、鉄、フッ素、ケイ素、亜鉛、ストロンチウム、ルビジウム、鉛、マンガン、銅、アルミニウム、カドミウム、スズ、バリウム、水銀、セレン、ヨウ素、モリブデン、ニッケル、ホウ素、クロム、ヒ素、コバルト、バナジウムなど。
    (出典:ウィキぺディア - 人体 より)

    ではこれらの物質を集めれば人工的に人間を作ることは可能なのかというと、それは技術的に不可能です。
    理由は、親から受け継いでいる微生物を生成できないからとも、細胞分裂を人間の手でおこなうことが困難であるからとも言われています。

    モノクロ写真では同じように見える彫像と人間。
    しかしどんなに優れた彫刻家でも、命を再現することはできません。

    地球という環境が作り上げた人間という生命体は、まさに奇跡の賜物。
    生命の仕組みのみでこの美しい形が出来上がったのか、それとも我々の脳がそれを美しいと感じるように作られているのか、いずれにしても神秘と言わざるを得ません。

    人間に生まれたことを感謝しつつ、自分の体も他人の体もどちらも大切にしていきましょう。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  彫像  OldPhoto  眠り  造形比較 

    Prometheus und die Okeaniden

    eduard_muller-prometheus_und_die_okeaniden_part.jpg

    ドイツの彫刻家、エデュアルド・ミュラー(Eduard Müller/1828-1895)による1879年の作品「Prometheus und die Okeaniden」
    ベルリン美術館が所蔵している大理石像です。

    画像出典:Detail "Prometheus und die Okeaniden"
    Copyright : Andreas

    岩場で少女が横たわっています。
    眠っているのか、気を失っているのか、死んでいるのか。
    人間ならば触れてみればわかるでしょうが、彫像の場合は反応がないだけに判断が難しいですね。(どのような状況を造形したのかという意味で)

    この少女像、じつは大きな彫像の一部です。
    全体像はこのようになっています。

    eduard_muller_prometheus_alte_nationalgalerie.jpg

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Eduard Müller Prometheus Alte Nationalgalerie.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    調べてみたところ、鎖で拘束されている男性はギリシア神話に登場する神「プロメーテウス」で、そばにいる女性は海神オーケアノスの娘たちだそうです。

    プロメーテウスは地上の人間にとても好意的な神でしたが、主神ゼウスを騙して人間に美味しい食べ物を与えたり、人間に火を渡すなどしたためゼウスの怒りを買い、ゼウスによってカウカーソス(コーカサス)の山頂に磔にされ、生きながらにして毎日肝臓を鷲についばまれるという拷問を受けました。

    この彫像は海神オーケアノスの娘たちがプロメーテウスを哀れんでいるシーンです。
    右側の少女はプロメーテウスの悲惨な姿を見て気絶してしまったのかもしれませんね。


    作者のエデュアルド・ミュラーは1828年にイタリアのローマで生まれました。
    14歳から調理の仕事をして、18歳からは料理人となりベルギーのアントワープで暮らしていましたが、そのときベルギーの彫刻家ジョセフ・ギース(1808-1885)の彫刻作品に衝撃を受けます。

    それ以降、彫刻家を目指してアカデミーに通うようになった彼は、2年後にブリュッセルで美術を学び、1854年に少年の大理石像を発表。
    その後イタリアのローマに定住し、1856年と1857年にはイングランド王子のための大理石像を制作するまでになりました。

    彼の作品はのちの彫刻家にも影響を与え、ミュラーの作品をオリジナルとするレプリカはドイツの美術館やベルリンのナショナル・ギャラリー等でも展示されています。
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀  眠り  彫像  CC-License 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA 伝統 OldPhoto ペイント ダンス Thong 眠り Africa 音楽紹介 Oceania ProModel 造形比較 動画 

    最新記事
    ラオスのミニ漁師 2019/03/20
    Gymnasion 2019/03/19
    ネコちゃん 2019/03/18
    小さなオモチャ 2019/03/17
    Le Vainqueur au Combat de Coqs 2019/03/16
    砂浜の美術館 2019/03/15
    多肉植物「幻楽」 2019/03/14
    プールサイドでお昼寝 2019/03/13
    アルバムジャケットの天使たち - 3 2019/03/12
    コルシカの歩く芸術 2019/03/11
    日別表示
    02 | 2019/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer