追悼 ブラディク・シバノフ君

    取り立てて有名人というわけではないのですが、あの魔の出来事からちょうど10年の節目ということと、交通安全への喚起も込めて、今日はある少年の話をしてみたいと思います。

    今から十数年前の話です。
    ウクライナ南部、クリミア自治共和国のヤルタという都市に、ブラディク・シバノフ君(Vladik Shibanov)というとても可愛らしい少年が暮らしていました。


    vladik_yalta.jpg vladik_beach.jpg
    【ヤルタの街と海】

    彼はこの街でモデルの活動をしていました。
    モデルといっても、決められたポーズをとったりお芝居をしたりということはほとんどありません。
    自由に遊んでいる日常の様子がドキュメンタリーとして撮影され、その写真や動画が公開されていました。

    主に12歳頃に撮影された写真が多かったようです。
    彼はナチュリストではないのですが、海岸や室内では仲間たちと裸になって遊ぶこともありました。

    太ってはいないけれどぽっちゃりした風貌、ヤンチャな笑顔、元気にはしゃぐその姿には天使を見ているような微笑ましさがありました。
    私もこの可愛らしさが気に入り、当時は自分のサイトでこの子の印象を述べたこともありました。


    vladik_accident.jpg vladik_cemetery.jpg
    【帰らぬ人に...】

    ところが2009年10月20日、ブラディク君は自動車事故により他界してしまいます。
    友人たちとのパーティの帰り道、自ら運転する車で夜道を走っているとき、雨でスリップして道路脇に激突してそのまま帰らぬ人となりました。18歳でした。

    私がこのことを知ったのは事故の2週間後でした。
    検索サイトでブラディク君の名を検索したとき、海外の掲示板にお墓の写真が投稿されているのを見つけたからです。

    山の上にある墓地の写真ですが、花束とともにブラディク君の写真が添えられています。
    私はとっさにこれを、誰かがふざけて作った画像だと思いました。
    掲示板に書かれていた文章がロシア語だったのでまったく読めず、そう思ってしまいました。

    ところが翻訳サイトで日本語に翻訳してみて、私は驚きました。
    その投稿は、ブラディク君が事故死したことを知らせる内容だったのです。


    vladik_kart.jpg vladik_car.jpg
    【車好きなブラディク君】

    思えば、ブラディク君の写真は車に乗っているシーンが多いのが特徴でした。
    遊園地でカートに乗る姿、ゲームセンターでドライビングゲームをしている姿もありました。
    ひと目で「この子は車が好きなんだなぁ」とわかるほどでした。
    ただ、まだ子供なので運転免許を持っていないため、本物の車の運転席にいるのはどれも停まっているときでした。

    しかし私が真っ先に思ったのは、免許を取ったらくれぐれも安全運転でいてほしいということ。
    過去の画像からブラディク君が車好きなことはじゅうぶんわかっていたので、そんな思いがよぎりました。

    ところがその思いもむなしく、彼は交通事故により18歳という若さで天国へと旅立ちました。
    私も当時はかなりショックでしたが、癒される写真をたくさん残してくれたブラディク君には感謝の言葉しかありません。

    訃報からしばらくのあいだは、お墓への献花が絶えなかったそうです。
    葬儀の後でブラディク君のご両親がファンに対して言葉を述べていました。
    それは感謝の言葉と共に、各地からファンが献花に来るので驚いたという内容だったそうです。
    ご両親は自分の息子が世界中から愛されていたことを、亡くなってから知ったんですね。

    YouTubeにはファンが作った追悼の動画がたくさんアップされ、それは今でも続いています。


    Vladik Shibanov R.I.P.
    Copyright : 0Baleke 0Elekeb

    父親が買ってあげた車での事故ということで、父親のショックは相当なものだったろうと思います。
    本人も自分が事故を起こすなんて思いもしないわけですから、自動車事故は本当に恐ろしいですね。

    車を運転する方は、くれぐれも安全運転を心掛けてください。
    私の甥っ子も車が好きでよく運転しているので、注意するようにと、ときどき語りかけています。


    10月20日、今日はブラディク君の命日です。
    哀悼の意を込め、ブラディク君の在りし日の姿をここでいくつかご紹介したいと思います。
    皆さんも彼のことを、心の片隅にでも留めておいてください。

    続きを読む...

    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  笑顔  水着  動画 

    Tバック下着は健康に良さそう...という話

    私は数年前の夏、お尻にニキビのような吹き出物ができたことがありました。
    その頃の私は休日にほぼ1日中イスに座っていたので、たぶんそれが原因でしょう。

    肌を健康に保つには、通気性を良くして汗などで蒸れないことが大切。
    そのへんに関しては赤ん坊も大人も変わりませんね。

    私はそのとき、少しでも通気性を良くしようと、生まれて初めてTバック下着を買ってみました。

    もちろん男性用ですし、アダルトグッズのような如何わしい商品ではありません。
    B.V.D.ブランドの一般向け下着です。(日本ではフジボウアパレルが製造販売)

    bvd_underwear_thong_front.jpg bvd_underwear_thong_back.jpg
    (画像出典:Amazon.co.jp)

    私が買ったのはこれ。
    Amazonで600円ほどでした。

    素材は綿95%、ポリウレタン5%で、サラッとした柔らかな履き心地。
    Tバックである以外は通常のブリーフと変わらない形なので、普段ブリーフを穿いている方は違和感なく使用できると思います。

    下着をこれに変えてからお尻の吹き出物がすっかり治りました。
    心なしか肌の状態も良くなったような気がします。

    といってもここ数年は使ってないんですけどね。
    ただ、汗をかきやすい夏場には、たまに思い出したように穿くことがあります。

    Tバック=アダルト商品だと勘違いしている人もいますが、一般的な下着のひとつですし、なにも他人に見せるわけではないので、お尻の健康が気になる方は買ってみてはいかがでしょうか。


    thong_boy01.jpg thong_boy02.jpg
    thong_girl01.jpg thong_girl02.jpg
    【Tバック(Thong)を着用する子供たち】

    ところで、Tバック下着に子供用はあるのでしょうか?
    Tバックは英語ではThongなので、Kids Thongで検索。

    Googleの画像検索で「Kids Thong」を検索

    ちゃんと子供用もあるんですね。
    と言っても、店で売られているのはほとんどが女の子用。
    Tバックは女性用下着としてポピュラーな形だからでしょう。

    しかし男の子でもお尻がかぶれたり吹き出物ができるという子は、Tバックのほうが良いかもしれません。
    子供用だと男女の違いは絵柄程度でしょうから、無地なら兼用できるんじゃないでしょうか。


    japanese_boys_loincloth01.jpg japanese_boys_loincloth02.jpg
    【フンドシは元祖Tバック】

    考えてみれば、昔の日本では男の子はみなTバックでした。
    そう、日本のトラディショナル・アンダーウェア「フンドシ」
    男子生徒の水着としてフンドシを採用していた学校もありました。
    伝統として続けられていたのはもちろんですが、健康的であるというのもその理由でしょう。

    実際にフンドシでどれだけ健康になるのかはわかりませんが、たとえば相撲力士のお尻を見ると意外と肌が綺麗なことに気付かされます。
    もしかしたら人間の肌は、布が常に当たっているのは良くないのかもしれません。

    ちなみに、私が数年前Tバック下着を常用したときに感じた効果は次のとおり。

    1・・・お尻の肌が綺麗になり、吹き出物ができにくくなった。
    2・・・風邪をひきにくくなった。
    3・・・朝の目覚めが良くなった。(穿き慣れていないと逆に熟睡できなくなることもあります)
    4・・・昼間にボ〜ッとすることが少なくなった。(祭りの褌と同じく、気持ちの引き締め効果かも)
    関連記事

    タグ: Europa  日本  少年  少女  Water  水着  伝統  Thong 

    天使のいる風景

    DSC04752

    まるでポスターのような美しい風景。
    このTバック君もプロのモデルのように美しいね。
    天使がいれば、風景はさらに映える!

    DSC04752
    Copyright : V.Genry - Life with a photo
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  水着  Thong 

    水着がわりの下着

    067

    下着で水遊びすると、肌にピッタリ張り付いてしまう。
    まぁ、体形に自信のある子はそれでもイイかもね。

    067
    Copyright : ALEX smith
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  水着 

    ペイントショット

    Have some of this !

    ボディペイント用の絵の具でしょうか?
    絵を描くのもイイけど、こうして掛け合うのも楽しいね。
    赤、青、緑、黄色・・・白は無いのかな?

    Have some of this !
    Copyright : Chantelle & Family
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  笑顔  ペイント  水着 

    三人娘

    DSC_1031

    細めちゃん、ぽっちゃりちゃん、標準ちゃん。
    女の子って3人組だと大抵このパターンですよね。

    私の妹も友達と3人集まるとこんな感じだったし、
    キャンディーズもそうだったし・・・って話が古いか!(^^;)

    DSC_1031
    Copyright : Лагерь Бригантина
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  水着 

    グッドムーニング!

    相手に向かって自分のお尻を出す「ムーニング」にはもともと侮辱や抗議の意味がありましたが、場所によっては毎年イベントも開催されており、今ではムーニングはジョークやユーモアの表現としておこなわれています。(該当記事)

    自分のお尻を他人に見せるという行為には賛否両論あると思いますが、子供の場合は茶目っ気な仕草と捉えて良いのではないでしょうか。
    もしかしたらそんな彫像も存在するのかもしれませんね。

    ・・・と思って調べてみたら、ベルギーの街にありました。

    luc_verlee-den_deugniet.jpg

    これはベルギー北部の都市アントワープの某所に設置されている、ムーニングする少年の像。
    ベルギーの彫刻家リュック・ヴェリー(Luc Verlee/1939- )の作品で、1976年に作者によって街に寄贈されました。

    街の中にこのような像が何の意味もなく置かれているわけはないので、この彫像にも何らかの意味、あるいは物語があるのでしょう。
    これまでに数回盗難に遭っているため、今は警察がしっかり見張っているそうです。

    ちなみにアントワープは名作物語「フランダースの犬」に登場する教会「聖母大聖堂」があることでも有名です。

    画像出典:Den Deugniet


    自分で自分のパンツを下げてお尻を出し、それを人に見せるという行為がムーニングなわけですが、では子供はどんなときにムーニングするのでしょう?
    例えばこんな理由がありますね。

    ● 怪我や炎症などお尻に痛みや痒みが生じて、人に診てもらいたいとき。
    ● 夏に日焼けをして、その焼け具合を人に見てもらいたいとき。
    ● 人を笑わせたり楽しい雰囲気にしようとしておどけた(ふざけた)とき。

    この場合はどれも子供の気持ちを汲んであげることが大切。
    お尻の調子がおかしいときは本人は不安なわけですから、真剣に対処しましょう。
    日焼けを見せているときは自慢の気持ちもあるでしょうから、良く焼けたねと褒めてあげましょう。
    遊びでお尻を出すのは子供なりのジョークですから、楽しく笑ってあげましょう。


    suntan_kids01.jpg suntan_kids02.jpg
    【日焼け具合を見せる子供たち】

    子供たちは自分の日焼けを人に見せるときにパンツを少し下ろします。
    焼けていない箇所を出すことで、どれくらい日焼けしたかがわかりやすくなります。

    コントラストをハッキリさせたかったら厚手のパンツを穿くことが肝心。
    でも太陽の光は全身で浴びたほうが健康に良いので、できれば子供たちはエンジェルスタイルで日光浴してほしいですね。

    昔は日本でも夏休み後に日焼け自慢をしている子がいましたが、今は日焼け自体を避ける風潮があります。
    たしかに焼き過ぎにはご用心。


    kathleen_carney-boys_will_be_boys.jpg
    【おどけてムーニングする男の子】
    画像出典:Boys will be boys.

    子供がお尻を出す理由として最も多いのがこれでしょう、単なるおふざけ。
    お尻を出すと笑いが起き、雰囲気が和む、盛り上がる。
    でもこれをするのはほとんどが男の子ですけどね。

    海外のカートゥーンや日本の漫画には、昔から男の子がお尻を出すギャグシーンがありました。
    シンプソンズのバートは他人をからかうためにやっているのでしょうし、クレヨンしんちゃんのしんのすけはその行動を面白がっているのでしょう。
    現実にも、子供の頃に人を笑わせるためにお尻を出したという人は、男性には結構いるんじゃないでしょうか。

    mooningboy01.jpg mooningboy02.jpg
    【ジーンズを下げてふざける男の子】

    写っているゲーム機や壁紙の模様からすると1970年代でしょうか。
    この頃のジーンズはもともと股上が浅いほうでしたが、下げると腰パンになってさらにヤンチャさが強調されますね。
    この場合はムーニングと言ってもハーフムーン(半月)かな?

    その昔お笑いで、裁判官が「判決(半ケツ)を言い渡す!」と言って自分のお尻を半分出すというギャグがありました。(本物の裁判官がやっていたわけじゃあないですよ)
    またお笑い芸人の中には、パンツを下げてお尻を見せながらドタバタを演じる人もいます。
    嫌がる人に無理やり見せるわけではないので、少なくとも現代でもお笑いの一部ではあるようです。

    昔の漫画やアニメ、テレビドラマ等でよく見られた子供がお尻を出すシーンは、最近は下品だと抗議があるせいかほとんど放映されなくなりました。
    たしかに中には下品な表現のものもあるでしょうが、見る側が真面目であれば、子供の尻出しは決して下品ではないのです。
    子供が笑顔でお尻を出せる、家庭ではそんな雰囲気を作ってあげることも大切ではないでしょうか。

    今回は子供が自らお尻を出す理由と、子供の気持ちを汲んで対応することが大切であるというお話でした。


    関連記事:
    お尻を見せるイベント
    天使のお尻
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  Water  笑顔  水着  彫像  OldPhoto 

    絵の具まみれの楽しさまみれ

    Kamp 2015 Ribbels

    キャンプでのレクリエーション。
    これは何をやっているのかな?
    男の子がいないから思いっきり騒げるね。

    Kamp 2015 Ribbels
    Copyright : Chiromeisjes Elzestraat
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  水着  イベント 

    花の水着とサングラス

    IMG_1585

    お嬢ちゃん、サングラスしたままだと顔にサングラスの跡が残っちゃうよ。
    「それもそうね、じゃあサングラス取ろうかしら」
    水着を着たままだと水着の線も残っちゃうよ。
    「それもそうね、じゃあ水着も脱ごうかしら・・・ってなるかボケーッ!!!」

    IMG_1585
    Copyright : macapltda
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  水着  眠り 

    真冬の天使

    IMG_4942

    寒い真冬に水着とは驚いた!
    雪の上で裸足とは驚いた!
    寒くないってことはないよねぇ?
    ここで泳いだらもっとビックリだ!

    IMG_4942
    Copyright : Jakub Novak
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  笑顔  水着 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ペイント Thong 眠り Africa ProModel Oceania 音楽紹介 造形比較 動画 

    最新記事
    追悼 ブラディク・シバノフ君 2019/10/20
    雑感... 2019/10/19
    地球のアート 2019/10/18
    リアルなブグロー作品 2019/10/17
    セネガルの元気っ子 2019/10/16
    Peace 2019/10/15
    水辺の仲間たち 2019/10/14
    黄昏どき 2019/10/13
    Tバック下着は健康に良さそう...という話 2019/10/12
    天使のいる風景 2019/10/11
    日別表示
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別表示
    アンケートと掲示板