天使が走る!世界の祭り

    絵画に描かれている天使の多くは優雅で品のある佇まいをしています。
    走っているなど、躍動感のある天使の絵はあまり見かけません。

    それと同じように、私たちは日常生活において「走る天使」をあまり見たことがありません。(裸で走る子ってことです)

    しかし日本を含め世界には、天使たちが元気に走りまわる、そんなお祭りがちゃんと存在します。
    そのいくつかを見ていきましょう。


    【天使が走る日本の祭り】

    runningangels_japan-yamakasa.jpg runningangels_japan-unknown.jpg

    天使たちが走る祭りというと、日本では何と言っても「博多祇園山笠」でしょうね。(左の画像)
    福岡県で毎年7月におこなわれている、770年以上の歴史を誇る伝統の祭り。
    水法被と締め込み姿なので厳密にはエンジェルスタイルではないんですが、まぁお尻だけはエンジェルということで。(^^)

    画像出典:山笠があるけん博多たい!~追い山ならし~

    右側の画像は山笠ではありません。
    出典も詳細も不明ですが、たぶん日本でのイベントだろうと思います。
    観客が冬服なので、寒い時期に撮影された写真ですね。



    【天使が走るスペインの祭り】

    runningangels_spain-sopelako01.jpg runningangels_spain-sopelako02.jpg

    天使が走るイベントといえば、以前もご紹介しましたが、スペインのバスク州ビスカヤ県のソペラにて毎年7月におこなわれている「Sopelako lasterketa nudista」

    海岸沿いの5kmの道程を走る裸のマラソン大会です。
    天使の祭りというよりは大人にまざって参加しているといった感じですが、完走した子供たちにはメダルが授与されます。

    Copyright : Bizkaie! - Sopelako Lasterketa Nudista Patxi Ros Saria
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    Copyright : Thonyo_Nudeyev
    ライセンス:パブリックドメイン(画像はトリミングしています)



    【天使が走るカナダの祭り】

    4694055057_5870375b66_o.jpg 4694689364_7e35cd9711_o.jpg

    これも以前ご紹介しましたが、アメリカやヨーロッパ等で毎年6月におこなわれている「World Naked Bike Ride」
    裸で自転車に乗って大通りを走るイベントです。

    石油依存への抗議として2004年に始まったこの催しも、今や世界20カ国70都市で開催される大イベントとなりました。(この写真はカナダの大会)
    もちろん子供も参加できますし、全裸でなくてもOKです。

    Copyright : Bare Oaks
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



    【天使が走る中国のイベント】

    runningangels_china-artevent01.jpg runningangels_china-artevent02.jpg

    パンダのようなメイクをした天使たちが大勢で走っていますが、これは祭りではなく、中国のある芸術家が2010年8月におこなったイベントだそうです。

    参加したのは6歳から12歳までの男児27人。
    黄河の川沿いでおこなわれ、みんな泥だらけですが、この元気さが微笑ましいですね。

    出典:27名男孩黄河滩上裸奔引争议 赵半狄作秀太过分



    【天使が走るフィリピンの祭り】

    runningangels_philippine-pagibang01.jpg
    runningangels_philippine-pagibang02.jpg runningangels_philippine-pagibang03.jpg

    フィリピンのヌエバエシハ県サンノゼ市で毎年4月におこなわれている「Pagibang Damara」という祭り。
    この祭りではHubad Tumakboと呼ばれる徒競走がおこなわれます。

    胸と背中にゼッケンを書いた子供たちが街の中を駆け抜ける、まさに天使の運動会。
    どういう意図で始まったイベントかはわかりませんが、皆同じところに白線を描いているので、これにも何か意味があるのでしょう。

    出典:Pagibang Damara


    美術作品ではあまり見ることのない「走る天使たち」ですが、こうして何処かの国では、天使たちが元気に走るイベントが毎年盛大におこなわれています。

    このような祭りの日本と海外の違いはなんでしょう?
    フンドシか全裸かといった違いはもちろんですが、興味深いのは開催時期の違いですね。
    海外の裸祭りはほとんどが暖かい時期に開催されていますが、日本の裸祭りは寒い冬におこなわれるものが少なくありません。

    これは健康に対する考え方の違いによるところが大きいのではないでしょうか。
    海外では太陽の日差しの下で開放的になることが健康であると考え、子供たちにもそれを与えています。
    日本では寒さに身をさらすことが心身の清めや鍛錬に繋がるという考え方で、教育や育成の意味もあります。

    どちらにしても、子供たちが進んでおこなうのなら微笑ましいことですね。
    絵画でよく見る優雅な天使も素敵ですが、力強く駆けている天使はそれ以上に素晴らしいものです。
    関連記事

    タグ: 日本  Asia  Europa  America  ♂♀  イベント  スポーツ  伝統  Thong  CC-License 

    音声認識人形「おしゃべりみーちゃん」

    makun_and_michan.jpg
    Copyright : RUKA

    私の家には可愛いおしゃべり人形が2体います。
    「まーくん」という男の子人形と「みーちゃん」という女の子人形。
    人形といっても、見た目やさわり心地は柔らかなぬいぐるみです。

    じつはこれ、高齢者向けの商品で、私が数年前にオフクロに買ってあげたもの。
    そんなものを何故このブログで紹介するのかと言いますと、この人形、意外にも子供好きには堪らない魅力を秘めているからです。

    まーくんはすでに製造・販売が終了しているので、ここではみーちゃんの話をします。

    商品名は「おしゃべりみーちゃん」
    株式会社パートナーズが開発・製造・販売している、会話ができる音声認識人形。

    音声認識で会話というと最近流行りのスマートスピーカーを想像してしまいますが、そこは期待しないでください。
    価格はGoogle HomeやAmazon Echoとあまり変わらないとはいえ、これはあくまでもオモチャ。
    認識してくれる言葉は15個ほどしかありませんし、それも決められたとおりに言わないと反応しません。

    でもみーちゃんの魅力はそこじゃあないんです。
    みーちゃんの魅力は、とにかく「リアル」であるところ。

    え?ちっともリアルに見えない?
    そりゃあそうです、リアルなのは「声」と「話し方」なんですから。

    この人形が発する声は、実際に録音された4歳の女の子の声。
    プリセットされた音声とはいえ、歌声あり、独り言あり、助言あり、こちらへの語りかけありとバラエティに富んでいて、その数なんと800以上!

    声優でもない、役者でもない、正真正銘4歳の女の子のおしゃべりです。
    家の中に4歳児の舌足らずなおしゃべりが響き渡るんですから、子供好きならこれだけでもう目尻下がりっぱなし。(´∀`)

    リアルだからこそ癒される、というところは当ブログのコンセプトとも一致しますね。
    子供好きだけど子供がいない、そんな方に「おしゃべりみーちゃん」はお薦めです。

    【パートナーズ - おしゃべりみーちゃん】


    YouTubeより

    ドランクドラゴンのバカ売れ研究所【公式】
    関連記事

    タグ: 日本  少年  少女  笑顔  RUKA  動画 

    謹賀新年

    omochi_gohanzumou.jpg
    Copyright : RUKA

    あけましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願いいたします。

    2019年1月1日
    RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  RUKA 

    今年も有難う来年も宜しく

    marutaburanko.jpg

    今年一年も芸術家たちの素晴らしい作品に心打たれ、
    子供たちの爽やかな笑顔に心洗われる日々でした。
    来年はさらに良い年であってほしいですね。

    今年もお世話になりました。
    来年も宜しくお願い致します。


    撮影と著作
    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  少女  笑顔  RUKA 

    書籍「Julien de 5 à 9 ans」

    marco_mattiuzzi-julien01.jpg

    イタリアの写真家、マルコ・マッティウッツィ(Marco Mattiuzzi/生没年不明)の写真集「Julien de 5 à 9 ans」
    発行年はわかりませんでしたが、写っている物から察するに1970〜1980年代ではないかと思います。

    タイトルは訳すと「5歳から9歳までのジュリアン」となり、ようするに自分の子供の成長記録ですね。
    親にとって子供は最も身近な被写体であり、自分の子供をモデルに作品作りをしている写真家は少なくありません。

    今回は作者についての情報がまったく得られなかったので、家族写真について思うことを語ってみたいと思います。

    marco_mattiuzzi-julien03.jpg marco_mattiuzzi-julien04.jpg
    【裸で遊ぶジュリアン君】

    子供の写真を最も多く撮影する人は言うまでもなく「親」であり、多くの家庭のアルバムには子供の日常が記録されています。

    日常の記録であれば、その中には裸のシーンも含まれるものです。
    朝の着替え、夏場のプール、入浴やお風呂上がりに裸ではしゃいだときなど、子供は肌をあらわにすることが日に何度もあるからです。

    marco_mattiuzzi-julien05.jpg marco_mattiuzzi-julien06.jpg
    【パパの書斎にて】

    もちろん着衣の写真が一番多いのですが、それは布で隠れている状態でもあり、純粋な子供の記録とは言えません。
    言うなればせっかくの綺麗な花を包装紙で覆って撮影するようなものです。
    だから子供のいる多くの家庭では、「ありのままの成長記録」として裸の写真も残すわけです。

    ただし子供がある程度大きくなったときに、子供自身が幼い頃の裸の写真を嫌がるのであれば、親はそれを処分(削除)しなくてはなりません。
    人物写真は被写体の意思が何よりも尊重されるべきだからです。


    ruka_oikko2sai.jpg
    Copyright : RUKA

    これは私の甥っ子4号君がまだ赤ちゃんや幼児だった頃の写真。
    この子の親や私が撮った写真には、お風呂上がりに裸のまま遊ぶシーンもありました。

    4号君が中学生になったとき、私はその子にこう言いました。
    「小さい頃の裸の写真、もしおまえが嫌だったら全部処分するからね」
    すると甥はこう応えました。
    「ダメだよ、ちゃんととっといてよ!大事な思い出なんだから!」

    愛情ゆえの健全な写真であるのなら、そして家族が互いに良い関係にあるのなら、子供は幼い頃の裸の写真を嫌ったりはしないものです。

    全国のパパさんママさん、お子さんへの愛情あふれる良い写真を残してあげましょう。
    関連記事

    タグ: Europa  日本  少年  ♂♀  笑顔  OldPhoto  RUKA 

    DVD「FOREST OF ANGEL Vol.12 ケイスケ君」

    keisuke_foa12.jpg

    久しぶりに懐かしいDVDを部屋の奥から引っ張り出してきました。
    2010年8月に発売された「FOREST OF ANGEL Vol.12 ケイスケ君」というDVD。
    発売から8年、購入して7年が経つのに未だに感想を述べていなかったので、ここで簡単に紹介してみたいと思います。

    このDVDは当時10歳で小学5年生だった子役のケイスケ君のイメージビデオで、定価は3,990円でした。
    少女モデルのイメージビデオが男性の下心に媚びるようなものが多いのに対して、その点はさすが少年モデル。
    子供の可愛らしさや美しさを鑑賞できる、女性も安心して見ることができるビデオ作品となっています。

    まずはケイスケ君がバランスボールで遊ぶシーンから始まりました。
    遊ぶといってもただ上に乗ったり座ったりしているだけですけどね。
    バランスボールの後はフラフープ。
    これはけっこう上手ですね。学校でもやったことあるのかな?

    次のシーンでは緑色の海パン姿でカメラマンの指示どおりにポーズ。
    写真撮影には慣れているケイスケ君も動画撮影となるとちょっと動きがぎこちない。
    表情もポーズもしばらくのあいだ固定してしまって、間が持たないといった感じ。

    次のシーンはオーバーオール姿で登場し、ベッドの上でトランポリンのように跳ねています。
    その次はボーイスカウトの格好をして、オモチャのバットで野球ゴッコ&縄跳び。
    靴まで履いているので、できれば外で撮影してほしかったですね。

    次はソファーに座って、ぬいぐるみに抱きついたりキスをしたり。
    しかしこれもカメラマンの指示どおりに動いているというのが映像からハッキリわかります。
    ケイスケ君は自分から動きまわるタイプのモデルではないので、やはり役者に向いていたということかもしれません。

    最後のシーンではArenaの水着を穿き、スタッフとキャッチボールをしたりラジオ体操をしたり。
    ケイスケ君は体形が華奢なのでそれほどビキニが似合うわけではないんですが、肌が綺麗なのでインテリア的な美しさがあります。

    このDVDは最初から最後まで現場の音声は一切入っておらず、軽快なBGMが流れているのみ。
    すべて室内で撮影され、用意されたグッズもバランスボールやフープやぬいぐるみ程度なので、動画作品としては非常に簡素です。
    イマイチ盛り上がりに欠ける印象があり、私がすぐにレビューを書かなかったのもそのためかもしれません。

    しかし特筆すべきところもあります。
    前半に出てくる、窓ガラス越しに外を眺めるシーン。
    ほとんどが顔のアップですが、これはもう永久保存版と言っても良いほどの美しさでした。
    服も女の子っぽいものばかりなので、彼を知らない人は女の子だと思うんじゃないでしょうか。


    関連記事
    DVD「すきっぷぼーいず ケイスケ君! 8歳」
    DVD「すきっぷぼーいず ケイスケ君! 小学3年生」
    DVD「Opus Preciaus Vol.8 ケイスケ君 Active Ver.」
    DVD「Opus Preciaus Vol.9 ケイスケ君 Cool Ver.」
    DVD「セント・ラファエル Vol.09 ケイスケ」
    DVD「セント・ラファエル Vol.10 ケイスケ」
    関連記事

    タグ: 日本  少年  水着  衣装  スポーツ  ProModel 

    広告の天使たち

    昔のレコードやCDのジャケットには、天使の姿、つまり裸の子供が写っているものが多々ありました。
    これについては過去に記事にしていますのでそちらをご覧ください。(該当記事 1) (該当記事 2)

    同じように、昔はテレビCMや雑誌広告に天使の姿が登場することは決して珍しくありませんでした。
    シャンプーやボディソープ、お風呂用オモチャのCMがお風呂シーンなのは当然ですが、裸とは無縁の商品であっても、無邪気、無垢、可愛らしさの象徴として登場することもありました。

    今回はそんな、エンジェルスタイルの子供の写真を使った古い広告をいくつかご紹介したいと思います。

    ほとんどが面白画像等を集めたサイトや掲示板にあったものですが、一部を除いて出典(元々の出所)がわかりません。
    あくまでも資料として紹介していますが、ここでの掲載に問題がある場合は削除しますのでご連絡ください。

    では新しいほうから順番に見ていきましょう。


    magazine_beauty_2003_04.jpg

    これは広告ではなく雑誌の表紙ですが、「beauty」という女性向けファッション誌の2003年4月号。
    文字から察するにたぶんロシアの雑誌だと思います。
    4月から肌を出したモデルを登場させるなんて、あちらの女性誌は大胆ですね。

    手前の女の子もモデルのお姉さんに負けず劣らずの美人ちゃん。
    この子もプロのモデルでしょうか?

    子供に大人と同じ化粧を施したり着飾ったりしてミニ大人を作るという、いわゆる実年齢と見た目のギャップの妙を狙った広告は昔からありました。
    日本でも一時期、大人びた子供が持て囃された時期がありましたね。



    ad_tirol_marukin1985.jpg

    松尾製菓「めざせまるきん もなかチョコ」の1985年の雑誌広告。
    キーホルダー付き金運まねき電卓、略して「金卓」が当たるそうです。

    書かれている文章からして小学生向け漫画雑誌の誌面だと思いますが、読者が子供だから裸もギャグにできたんでしょうね。
    「キンタク」と略しているのも、一文字違いの何かと掛けているんでしょう。

    一見単純なスナップに見えますが、持っている金卓の「金」の字がちゃんとこちらを向いていて、男の子の表情も良く、股間もシッカリ隠れている。
    撮影にはそれなりに時間がかかったんじゃないでしょうか。



    nvsh_baas_in_eigen_broek1980.jpg

    オランダの性的改革協会「NVSH」が1980年に発表した広告。
    NVSHは1946年にオランダで設立された、個人の性的解放と社会における性的条件の改善を目的としている組織だそうです。
    1960年代からは避妊具や避妊薬の品質および利用を向上させてきた功績があります。

    大人の性活動を支援する団体がなぜこんな広告を?と思いましたが、彼らは子供たちに性的な問題を考えるよう促す啓蒙活動もおこなっているんだとか。

    なるほど、この画像を最初に見たとき性教育ビデオのパッケージかと思いましたが、あながち見当違いではなかったんですね。
    なお、この広告(ポスター?)はオランダのアムステルダム国立図書館にもあるそうです。



    ad_gyunyusekken1979.jpg

    牛乳石鹸「ベビー石鹸・キューピーシャンプー」の1979年の雑誌広告。
    赤ちゃん用の商品なので母子が登場するのは当然としても、ママが西洋系で赤ちゃんがアジア系に見えるところはイメージ優先といった感じですね。

    赤ちゃんの足の間から股間が見えちゃってますが、これはべつに狙ったわけではなく、あえて隠す必要はないと判断したのだと思います。
    そういう時代でしたし、母親をターゲットとした広告ですからね。

    結果的には、デリケートな部分にも優しい商品であるとアピールできたのではないでしょうか。



    ad_elefanten_schuhe1974.jpg

    ドイツの靴メーカー「Elefanten Schuhe」の1974年の広告。
    太めちゃん、普通ちゃん、細めちゃんが靴だけを履いて立っています。

    その下の文章は訳すと『エレファンテンT3シューズは3種類の幅でご利用いただけます。子供の足は幅が違うからです。』となります。
    なんとこれ、子供靴だったんですね。
    体の太さと足の幅が比例するかどうかはわかりませんが、サイズの選択肢が多いのは良いことです。

    ところでこの子たち、なぜエンジェルスタイルなんでしょうか?
    そりゃあ服の宣伝でもなく帽子の宣伝でもなく、靴の宣伝だからでしょう。



    magazine_folk_report1970_11.jpg

    雑誌「folk report うたうたうた」の1970年冬の号の表紙。
    質素なデザインですが、写真はたぶん海外のナチュリストの子たちでしょう。
    この頃のフォークソングにありがちな「自由と平和」のイメージを象徴しているような写真ですね。

    調べてみたら、この本は1971年に大阪府警からワイセツと判断されたことがあったそうです。
    「この写真が?」と思ったらどうやらこの表紙は関係なく、中に掲載されていたジョン・レノンとオノ・ヨーコの全裸写真が違法とされたようです。

    当時は子供を猥褻物と見なす風潮はほとんどありませんでしたが、大人の下の毛には厳しかった時代でした。



    konkordia_gromitz.jpg
    (画像出典:Amazon.de)

    130年以上の歴史があるドイツの合唱団「コンコルディア」のレコード「Klingende Grüße Aus Grömitz」
    発売年がどこにも載っていなかったんですが、たぶん1960年代だと思います。(違っていたらスミマセン)

    以前の記事「アルバムジャケットの天使たち」にこれを含めなかったのは、アルバムではなかったから。
    シングル盤やドーナツ盤と言われていた小さめのレコードです。

    タイトルにあるGrömitz(グレーミッツ)とは、古くから知られているドイツのリゾート地のひとつ。
    ジャケットは表紙が船の上で歌っている合唱団の写真で、裏表紙がこの海岸の兄妹の写真です。
    収録されている曲とこの子たちには何の関係もありませんが、自由を満喫できるリゾート地だとアピールするのには最適な写真ですね。



    ad_cocomalt1934.jpg
    (画像出典:Cocomalt Ad Full of Naked Children (Nov, 1934)

    ドイツで販売されていた「ココモルト」という健康飲料の1934年の広告。
    ゴーグルをした裸の子供が寝そべっている写真が使われていますが、これは人工光を浴びているところ。
    この頃は戦争による日光浴不足のため、子供たちのビタミンD欠乏が懸念されていました。

    この商品はビタミンDを配合したチョコレート風味の粉末で、水に溶いて1日3回飲むだけでビタミンD不足を補ってくれるというものでした。
    当時の親子にとっては有難い商品だったのでしょう。

    それにしても、天使たちが外で自由に遊べなかったなんて、悲しい時代ですね。
    現代も別な理由で太陽の下から天使の姿が消えつつありますが、これも悲しいことですね。
    関連記事

    タグ: 日本  Europa  Water  少年  少女  ♂♀  笑顔  衣装  眠り  OldPhoto 

    ヤマカサマン

    run!

    福岡県福岡市の祭り「博多祇園山笠」の少年たち。

    前々から思っていたんですが、山笠の格好ってアメコミのヒーローっぽくないですか?
    水法被を着ているので上半身が大きく見えて、逆に下半身は締まっていて。
    もちろんこの子たちみたいにスタイルが良ければですけどね。

    run!
    Copyright : Junko Hiramatsu
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: 日本  少年  衣装  伝統  イベント  Thong 

    流れのままに

    2780263601.jpg

    泳ぐことだけが夏じゃあない。
    水の流れと雲の流れ、
    時の流れに身をゆだねるも良し。

    Hiyoshi Taisha, Otsu, Shiga, Japan / 大津・日吉大社
    Copyright : S. H.
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: 日本  少年  Water  水着  眠り  CC-License 

    ピンクの傘

    pink_no_kasa.jpg

    10月だというのに日差しが強いね。
    「だいじょうぶ、キティちゃんのカサがあるもん♪」
    用意がイイなぁ。


    撮影と著作
    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  少女  笑顔  イベント  RUKA 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:21年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA 伝統 OldPhoto ペイント ダンス Thong 眠り Africa 音楽紹介 ProModel Oceania 動画 造形比較 

    最新記事
    腰パンボーイ 2019/02/17
    In2Triの子供用トライスーツ 2019/02/16
    こけし? 2019/02/15
    波の子守唄 2019/02/14
    消えたFlickr写真 2019/02/13
    贈り物 2019/02/13
    Millennium 2019/02/12
    ラオスの水辺少年 2019/02/11
    美から学べるもの 2019/02/10
    サッカー少年の体形 2019/02/09
    日別表示
    01 | 2019/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer