私の部屋の癒しのお尻

    coffee_and_statue.jpg

    私の部屋にあるオーギュスト・モローのブロンズ像「Charmeur」(もちろんレプリカ)は、現在コーヒーテーブルの横に置いてあるので、毎朝コーヒーを淹れるときに自然とこの子のお尻に目が行きます。

    コーヒーの香りのリラックス効果と、お尻の形のリラックス効果。
    まぁ人によっては覚醒効果のほうが強い場合もあるでしょうが、以前も言ったとおり、人のお尻には人の心を和ませる力があるのは確かです。

    私の部屋にある置物のうち、とくに魅力的なお尻をしているのは次の4点。


    charmeur-buttocks.jpg

    まずはこの、コーヒーテーブルの横に置いてあるブロンズ像「Charmeur」のお尻。
    触れば硬いブロンズも、見ている分には癒し系。
    小さい男の子なのであまり美的な形とは言えませんが、コーヒーに入れるクリープのように部屋の雰囲気をまろやかにしてくれています。

    「Charmeur」に関する記事はこちら。
    Charmeur


    three_graces-buttocks.jpg

    お次は壁際に飾っている、2世紀頃に制作された三美神像・・・の置物のお尻。
    だいぶ前にネットショップで購入したんですが、最近ではあまり売られていないようです。
    一度地震で落ちて割れてしまいましたが(修復済み)ふくよかなお尻は今も幸せのオーラを放っています。

    「三美神」に関する記事はこちら。
    ブログ「RUKAの雑記ノート」より「ギリシャ神話の三美神」


    david-buttocks.jpg

    そしてこれは15世紀にイタリアの画家ドナテッロが制作したダビデ像・・・の置物のお尻。
    見た目はブロンズ風ですが素材はただのレジンです。
    男性像らしく小振りなお尻ですが、キュッと引き締まった凛々しさを感じさせます。

    「ドナテッロのダビデ像」に関する記事はこちら。
    ドナテッロのダビデ像


    source-buttocks.jpg

    最後は、19世紀のフランスの画家、アングルが描いた「泉」をモチーフとした置物のお尻。
    オリジナルは正面からの絵なのでこれは想像で創造されたものですが、体形が少し現代風な気がします。
    でも形が良いのは確かなので、癒し効果はじゅうぶんですね。

    「アングルの泉」に関する記事はこちら。
    ブログ「RUKAの雑記ノート」より「アングルの泉」


    私の部屋にある人形(ひとがた)の置物で、心を和ませてくれるお尻というと以上の4点。

    こういうものは日常にさりげなく存在していることが大切。
    例えば朝焼けや夕焼け、空に漂う雲、動植物の模様のように、日常の中の当たり前にこそ本当の美があるのではないでしょうか。

    子供のお尻に関しては、いくら絵画や彫像を飾ろうとも、本物の人間の美しさに敵うものはありません。
    小さな子供のいる家庭は日常にお尻が飛び交っているわけですから、どんな美術館よりも美的な空間であると言えるでしょう。

    Copyright : RUKA


    「天使の置物のお尻」については、メインブログに書いてありますのでそちらをご覧ください。

    関連記事
    「RUKAの雑記ノート」より
    「天使たちの癒しのお尻」
    「白天使と黒天使」
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  彫像  RUKA 

    スリーピングエンジェル

    sleeping_angels.jpg

    私が持っている天使の置物の中で、スリーピングエンジェルと呼ばれるもの。
    左のペアは高さ約85mm、右のペアは高さ約120mmで、それぞれ別の商品です。

    座っているので熟睡しているのではなく、うとうと居眠りしている状態ですね。
    日本のショップでは「居眠り天使」とも表記されています。
    検索すればすぐに見つかるので、欲しい方は買ってみてはいかがでしょう。

    天使の置物をあれこれ眺めているとわかるんですが、この商品のように無着色もしくは単色の場合、目を閉じているものが意外と多いんです。
    何故だと思いますか?
    瞳に色が付いていないと不気味に見えるからです。

    まぁ不気味は言い過ぎですが、要するに不自然に見えるってことです。
    だから立ちポーズであっても、目を閉じた表情のものが多いというわけ。

    とはいえ、目を閉じた顔も可愛らしいというところが、まさに天使や子供の魅力。

    例えば夜遅くに帰宅したとき、子供がすでに眠っていると寂しいものですが、近付いて寝顔を見るとその日の疲れが吹き飛ぶように感じるのは気のせいではないはず。

    天使や子供にはまだまだ、知られざる効能があるようです。


    sleeping_cat.jpg
    「ネコの寝顔も可愛いんだけどニャア」
    (私の妹が飼っているネコ)

    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 彫像  少年  少女  眠り  RUKA 

    Fischer Knabe

    heinrich_kummel-fischer_knabe.jpg

    ドイツの彫刻家、ハインリッヒ・クンメル(Heinrich Kümmel/1810-1855)による1840年の作品「Fischer Knabe」

    高さ約131cmの大理石像で、タイトルは日本語に訳すと「漁夫の少年」
    持っているのは漁の道具でしょうか?
    船を待っているのか、腰を下ろして退屈そうにしていますね。

    漁師(りょうし)は女性も含まれますが、漁夫(ぎょふ)と言った場合は男性のみを指します。
    この子は見てのとおり男性なので、漁夫と呼んだほうが良いでしょう。

    漁夫といっても本格的に漁をする年齢ではないでしょうし、裸なのも浅瀬で捕るからかもしれません。
    小魚のように小さな中心部からは12歳くらいであることがうかがえます。
    でも胸と腹の筋肉が発達しているところは、さすが漁師の子といった感じですね。

    この像の作者ハインリッヒ・クンメルは1810年にドイツの都市ハノーバーで生まれました。
    16歳から彫刻家アウグスト・ヘングストの指導を受け、その後ベルリンへと渡って芸術家として独立しました。

    1832年に最初の作品「善きサマリア人の救済」を制作した彼は、それ以降美術展などで高い評価を得ます。
    翌年にイタリアのローマへと渡り、彫刻家ベルテル・トーヴァルセン(Bertel Thorvaldsen/1770-1844)の指導のもと数々の彫像を発表しました。
    1842年には他の芸術家とともに「ハノーバー芸術家協会」を設立し、その後も数々の依頼を受けて銅像や大理石像を制作しています。

    しかし1855年、45歳のとき、彼は最後の作品となった「Penelope」を制作中に病気になり、作品の完成とともに亡くなってしまいました。
    彼のすべての作品は彼自身の遺言により、ハノーバー市庁舎の向かいにある博物館に譲渡されたそうです。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像 

    The Singer

    edward_onslow_ford-the_singer01.jpg edward_onslow_ford-the_singer02.jpg

    イギリスの彫刻家、エドワード・オンスロー・フォード(Edward Onslow Ford/1852-1901)による1889年の作品「The Singer」

    竪琴を脇に抱えた少女のブロンズ像。
    タイトルが「歌手」なので、歌を歌っているシーンでしょうね。
    「エジプトの歌手」という別名もあるので、エジプト人の少女だと思います。

    王様の前で歌を披露しているのでしょうか?
    菩薩のように斜め下を見つめる表情と半開きの口。
    顔も体もとてもリアルに作られています。 

    作者のエドワード・オンスロー・フォードは1852年生まれの彫刻家。
    ロンドンのイズリントンにて、実業家のエドワード・フォードとマーサ・リディアガードナーの息子として生まれました。

    ロンドンのブラックヒースで子供時代を過ごした彼は幼少期から芸術に興味を持っており、そのことに理解を示した母親が彼をアントワープの芸術アカデミーに入学させます。
    その後ミュンヘンに引っ越した彼は、彫刻家のマイケル・マグミュラー(Michael Wagmüller/1839-1881)のもとで彫刻を学びました。

    1983年にフランス国防長官の三番目の娘と結婚した彼は、再びブラックヒースに定住します。
    彼はロンドン証券取引所やギルドホール美術館、オックスフォード大学、インドのマイソール市やコルカタ市などからも依頼を受け、たくさんの記念碑を制作しました。

    フォードが手掛けたブロンズ像の中でとくに成功したと言われているのがこの「The Singer」です。
    物語的であり遊び心を散りばめた彼の作品は、後の若い彫刻家たちにとても良い影響を与えました。
    また、フォードは自分の作品の出版物を世に出した最初のイギリス人彫刻家でもありました。

    1901年12月23日、彼はセントジョンズウッドの道端で49歳の若さで亡くなりました。
    母親、妻、4人の息子と娘を残したまま、ロンドンのイーストフィンチリーの墓地に埋葬されたフォード。
    死因は肺炎だったそうです。


    画像出典:ketrin1407
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀  彫像  CC-License 

    段ボール箱で遊ぶ子供の像

    frankfurt_sculpture_1985_01.jpg

    ドイツの都市フランクフルトの街、Großen Scharrnstraßeの一角に設置してあるブロンズ像。

    段ボール箱を使って遊んでいる子供たちを再現した作品ですね。
    制作年は1985年だそうですが、タイトルは不明です。

    また、作者名も「P.F.」ということしかわかりませんでした。(台座にそう刻まれています)
    地元の作家からの寄贈かもしれませんね。

    この作品はノスタルジーの表現?
    左側の女の子は箱を頭にかぶり、ロボットの真似か?お化けの真似か?
    右側の男の子は何故か裸ですが、着るものがなかったわけではないでしょう。

    子供の無邪気さを表している作品ですが、私はどことなく寂しさを感じました。
    でも世代によってこの作品から受ける印象は違うのかもしれません。

    frankfurt_sculpture_1985_02.jpg

    公園で遊ぶ子供たちを遠巻きに眺めながら、段ボール箱の少年は何を思うのでしょうか。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  彫像 

    ジョルジュ・ゲラールの彫刻作品

    georges_guerard-unknown01.jpg georges_guerard-unknown02.jpg

    フランスの彫刻家、ジョルジュ・ゲラール(Georges Guérard/1909-1990)による彫刻作品。
    少女の立像で、タイトルと制作年が不明です。

    モデルポーズの定番とも言える頭の後ろで手を組むポーズですが、体重を中心からズラした体勢により、柔らかさや穏やかさが上手く表現されています。(専門用語でコントラポストと言います)
    人体デッサンの教材にもなりそうな作品ですね。
    材質は何でしょう?粘土でしょうか?

    作者のゲラールはパリ北部の郊外にあるサン=ドニにて、6人兄弟の末っ子として生まれました。
    しかし9歳の時に孤児となり、孤児院で暮らし始めます。

    やがて仕事を持った彼は、兄によって家を与えられ、屋根葺き職人となりました。
    彼は作業場にあった粘土などを使って、独学で彫刻技術を学んだそうです。

    17歳の時に彼の作品がパリのサロンで紹介され、彼は翌年に奨学金とライセンスを取得しました。
    その後パリの国立美術学校の試験を受け、見事合格。
    しかし彼の彫刻家としての人生は決して順風満帆ではなく、多くの苦労があったようです。

    彼は生涯にわたり、真実の美を追求し続けました。
    作品の特徴としては、ヘレニズム文化の影響を受けているような子供たちの像が多いこと。
    獲得した多くの賞が、彼の作品の素晴らしさを物語っています。


    画像出典:Truth in Beauty: Georges Guérard
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀  彫像 

    Apollo e Giacinto

    stefano_ricci-apollo_e_giacinto01.jpg

    イタリアの彫刻家、ステファノ・リッチ(Stefano Ricci/1765-1837)による彫刻作品「Apollo e Giacinto」

    イタリアのフィレンツェの史跡であるピッティ広場、そこのモダンアート・ギャラリーで展示されている高さ154cmの大理石像です。
    タイトルは「アポロとヒアシンス」という意味で、制作年は不明。

    アポロとはギリシア神話に登場する太陽神アポロンのこと。
    そしてヒアシンスとは、ギリシア神話に登場する絶世の美少年ヒアキントスのこと。

    アポロンの投げた円盤がヒアキントスの頭に当たり絶命するというギリシア神話の1シーンは、これまで多くの芸術家が作品としてきました。
    多くの作品が地面に倒れたヒアキントスを描いている中で、この作品は珍しく立像。
    たしかフランスの画家、ジャン・ブロック(Jean Broc/1771-1850)が描いた絵画も、抱き起こして立たせているシーンでしたね。

    そのせいかこの彫像はあまり悲しみを表現していないようにも見えます。
    物語を知らない人が見たら、酔っ払ってしまった後輩を抱きかかえて「しょうがねぇなぁ、今夜はオレんちに泊まっていけよ」と言っているシーンだと思ってしまうのではないでしょうか。
    なんで裸なんだという疑問はともかく。

    画像出典:Le Gallerie degli Uffizi - Apollo e Giacinto


    stefano_ricci-apollo_e_giacinto02.jpg

    作者のステファノ・リッチは18世紀の終わり頃から19世紀初頭にかけてイタリアのフィレンツェで活動していた、新古典主義の彫刻家。
    アカデミーで彫刻を学んだ後に数々の作品を発表し、1802年にはフィレンツェの美術アカデミーの教授となりました。
    彫刻家のロレンツォ・ネンチーニ(Lorenzo Nencini/1806-1854)も彼の生徒のひとりです。

    彼は彫刻家アントニオ・カノーヴァのスタイルに影響を受け、多くの記念碑的作品を作りました。
    中でも最も有名なのは、フィレンツェのサンタクローチェ教会に設置されているダンテ・アリギエーリの慰霊碑だそうです。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像 

    Bogenschießender Knabe

    fritz_best-bogenschie.jpg

    ドイツの画家兼彫刻家、フリッツ・ベスト(Fritz Best/1894-1980)による1933年の彫刻作品「Bogenschießender Knabe」

    地面に膝をついて弓を構えている少年を象った、高さ約30cmのブロンズ像です。
    斜め上を向いているということは、木の上の鳥を狙っているのでしょうか?
    矢が見当たらないので、放った瞬間かもしれませんね。

    芸術作品には少年と弓矢を組み合わせたものが少なくありません。
    写真では百数十年前から、彫刻に至っては紀元前の作品にもそのモチーフが見受けられます。

    神話が元であるのは言わずもがなですが、もともと狩猟の道具であった弓矢は構えた時の力強さ、矢の形が男性器に似ているなど、男らしさの象徴としては最適なのでしょう。

    この像はレプリカですが、オリジナルを忠実に再現していると思われます。
    神話の登場人物でもなく、たくましい戦士でもありませんが、放った矢の行き先をシッカリと見据えている様子は未来への希望を暗示させます。

    この像の作者、フリッツ・ベストはドイツのクロンベルク生まれの画家であり、彫刻家でもある人物。
    小さな農家の末っ子として生まれた彼は、少年期に彫刻家の見習いを3年間続け、その後応用芸術学校のカール・モール教授のもとで芸術を学びました。

    1921年からフランクフルトで修士課程の学生として技術を磨いた彼は、1930年に生まれ故郷のクロンベルクに戻り、自宅とスタジオを建てました。
    彼はこの家に亡くなるまで住んでいましたが、現在この家は「フリッツベスト美術館」という名の美術館になっています。

    彼は生前、この自宅を美術館にすることを条件に、家と土地、そして自身の作品をクロンベルク市に寄贈しました。
    フリッツベスト美術館では、人間や動物、花などをテーマとした彼の作品が多数展示されています。

    クロンベルク市は彼の功績を称え、1995年に旧市街の一角に彼の胸像を設置しました。


    fritz_best-bogenschie_bw.jpg fritz_best-bogenschie_like.jpg

    フリッツ・ベスト作「Bogenschießender Knabe」と、それと同じポーズの人間との比較。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  OldPhoto  造形比較 

    Der Bocksprung

    wilhelm_haverkamp-der_bocksprung01.jpg wilhelm_haverkamp-der_bocksprung02.jpg

    ドイツの彫刻家、ヴィルヘルム・ハーバーカンプ(Wilhelm Haverkamp/1864-1929)による1891年の作品「Der Bocksprung」

    タイトルのDer Bocksprungとは「馬跳び」という意味。
    以前も馬跳びしている彫像を紹介したことがありましたが、こちらは下になっているのが人間の子ではありません。
    上半身が人間で下半身が山羊のような姿をしている、半人半獣の男の子。
    その半獣の男の子と人間の男の子が馬跳びして遊んでいるという像ですね。

    人間と山羊の姿をしたキャラクターというと、ギリシア神話に登場する牧神「パン」、同じくギリシア神話の精霊「サテュロス」、ローマ神話に登場する牧神「ファウヌス」がいますが、これらはほぼ同一視されています。

    三者に共通しているのは、家畜や田畑、森などを守る神や精霊であるということと、非常に性欲が強く、子宝や多産のシンボルとされているところ。
    絵画や彫刻ではしばしば、巨大な陰茎をそそり立たせた姿で表現されています。

    この半獣の男の子はパン、サテュロス、ファウヌスの子供のときの姿なのかというと、それはちょっと違うような気がします。
    ではいったい何者かというと、たぶん「フォーン」ではないでしょうか?
    フォーンとはローマ神話に登場する豊穣を司る精霊で、ファウヌスの親類だと言われています。

    パンやサテュロスよりも美しく気品があり、性質はとてもおとなしく、他者に危害を加えたりはしません。
    耳と足が鹿に似ているそうで、なるほどたしかに耳が鹿っぽいですね。
    ショームというフルートを奏でるのがとても上手く、他の精霊たちを踊り手によく演奏会を開いているそうです。
    人間の子供とも仲良く遊ぶこの子は、フォーンで間違いないでしょう。

    この像の作者、ヴィルヘルム・ハーバーカンプはドイツの彫刻家。
    13歳から彫刻を学び始めた彼は、1883年に奨学金を得てプロイセン芸術アカデミーに入学し、1885年から彫刻家フリッツ・シャーパーの生徒となりました。

    1887年に学業を終え、パリやローマを訪れた彼は滞在中にいくつかの作品を発表します。
    その後ドイツに戻った彼は結婚し、1901年からロイヤル・アーツ&クラフト博物館の教育機関で教鞭をとりました。

    多くの大会でメダルや勲章を獲得した彼は1913年からプロイセン国家美術委員会のメンバーとなり、1924年に引退しました。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  スポーツ 

    アンノウン - 2

    ネットを辿りながら絵画や彫刻を鑑賞していると、たまにUnknown Artist、つまり作者不詳の作品を目にします。
    私が知らないということではなく、作者不詳として紹介されている作品。

    と、2年前の記事と同じ始まり方ですが・・・
    今回も同じく、ちょっと気になった「作者不詳のアート作品」をご紹介します。


    【絵画作品】

    french_painter-l’etude_de_dessin

    フランスのモンペリエにあるファーブル美術館が所蔵している19世紀の絵画。
    作者名と制作年が不明です。

    小さな彫像を見ながらデッサンの練習をしているふたりの少年。
    壁には手の形をしたオブジェが飾られており、美術の授業風景であることをうかがわせます。

    もしかしたらこの絵も同じ学校の生徒によるものかもしれませんね。
    あるいは美術教師の作品かも。


    【彫刻作品】

    thailand-unknown_artist.jpg

    タイのどこかの施設にあるブロンズ像だそうです。
    あまり写実的とは言えない造形ですが、商業施設のエントランスなどには似合いそうですね。

    肩に掛けた布、頭と足の装飾などは古いギリシア彫刻を思わせますが、視線を落とした優しい顔立ちや観音菩薩のような手付きからはどことなくアジアっぽさを感じさせます。

    それでいて突起した乳首や長い陰茎という独自の自己主張もあるようですし、もしかしたら古い彫刻をモチーフに作られた現代作品かもしれません。


    【写真作品】

    unknown_photographer.jpg

    かなり古い写真だと思いますが、これも作者不詳、詳細不明です。
    天使のような髪型をした少年が建物の壁に手をついて佇んでいます。
    演出なのかハッキリしませんが、ちょっと寂しそうにうなだれているのが気になります。

    コンクリートの無機質な空間に少年のなだらかな姿態が上手く溶け込んでおり、縦の柱が額縁のような効果を出しているところも面白いですね。

    堕天使を思わせる退廃的な雰囲気ですが、奥行きのある構図とともに奥深い意図を感じさせる作品です。


    関連記事:アンノウン - 1
    関連記事

    タグ: Europa  少年  絵画  彫像  OldPhoto 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 ProModel Oceania 造形比較 動画 

    最新記事
    夏の日光浴 2019/07/17
    私の部屋の癒しのお尻 2019/07/16
    公園で新体操 2019/07/15
    天使の鑑賞会 2019/07/14
    Church 2019/07/13
    脚上げ! 2019/07/12
    白鳥の少年 2019/07/11
    花の水着とサングラス 2019/07/10
    スリーピングエンジェル 2019/07/09
    オムツがあれば大丈夫 2019/07/08
    日別表示
    06 | 2019/07 | 08
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別表示
    アンケートと掲示板