私の部屋の癒しのお尻

    coffee_and_statue.jpg

    私の部屋にあるオーギュスト・モローのブロンズ像「Charmeur」(もちろんレプリカ)は、現在コーヒーテーブルの横に置いてあるので、毎朝コーヒーを淹れるときに自然とこの子のお尻に目が行きます。

    コーヒーの香りのリラックス効果と、お尻の形のリラックス効果。
    まぁ人によっては覚醒効果のほうが強い場合もあるでしょうが、以前も言ったとおり、人のお尻には人の心を和ませる力があるのは確かです。

    私の部屋にある置物のうち、とくに魅力的なお尻をしているのは次の4点。


    charmeur-buttocks.jpg

    まずはこの、コーヒーテーブルの横に置いてあるブロンズ像「Charmeur」のお尻。
    触れば硬いブロンズも、見ている分には癒し系。
    小さい男の子なのであまり美的な形とは言えませんが、コーヒーに入れるクリープのように部屋の雰囲気をまろやかにしてくれています。

    「Charmeur」に関する記事はこちら。
    Charmeur


    three_graces-buttocks.jpg

    お次は壁際に飾っている、2世紀頃に制作された三美神像・・・の置物のお尻。
    だいぶ前にネットショップで購入したんですが、最近ではあまり売られていないようです。
    一度地震で落ちて割れてしまいましたが(修復済み)ふくよかなお尻は今も幸せのオーラを放っています。

    「三美神」に関する記事はこちら。
    ブログ「RUKAの雑記ノート」より「ギリシャ神話の三美神」


    david-buttocks.jpg

    そしてこれは15世紀にイタリアの画家ドナテッロが制作したダビデ像・・・の置物のお尻。
    見た目はブロンズ風ですが素材はただのレジンです。
    男性像らしく小振りなお尻ですが、キュッと引き締まった凛々しさを感じさせます。

    「ドナテッロのダビデ像」に関する記事はこちら。
    ドナテッロのダビデ像


    source-buttocks.jpg

    最後は、19世紀のフランスの画家、アングルが描いた「泉」をモチーフとした置物のお尻。
    オリジナルは正面からの絵なのでこれは想像で創造されたものですが、体形が少し現代風な気がします。
    でも形が良いのは確かなので、癒し効果はじゅうぶんですね。

    「アングルの泉」に関する記事はこちら。
    ブログ「RUKAの雑記ノート」より「アングルの泉」


    私の部屋にある人形(ひとがた)の置物で、心を和ませてくれるお尻というと以上の4点。

    こういうものは日常にさりげなく存在していることが大切。
    例えば朝焼けや夕焼け、空に漂う雲、動植物の模様のように、日常の中の当たり前にこそ本当の美があるのではないでしょうか。

    子供のお尻に関しては、いくら絵画や彫像を飾ろうとも、本物の人間の美しさに敵うものはありません。
    小さな子供のいる家庭は日常にお尻が飛び交っているわけですから、どんな美術館よりも美的な空間であると言えるでしょう。

    Copyright : RUKA


    「天使の置物のお尻」については、メインブログに書いてありますのでそちらをご覧ください。

    関連記事
    「RUKAの雑記ノート」より
    「天使たちの癒しのお尻」
    「白天使と黒天使」
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  彫像  RUKA 

    公園で新体操

    Разминка

    新体操のこん棒の演技を公園でやるとは、これは斬新!
    通行人も思わず見入ってしまうね。
    花たちが嫉妬しているよ。

    Разминка
    Copyright : Иван Севастополь
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  スポーツ  ダンス 

    脚上げ!

    IMG_0227

    おっ!カメラに向かってサービスかい?
    それとも体の柔らかさを自慢しているのかい?

    ・・・たんに歩幅がデカイだけかい?

    IMG_0227
    Copyright : KSA Roodkapjes Oostmalle
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  スポーツ 

    花の水着とサングラス

    IMG_1585

    お嬢ちゃん、サングラスしたままだと顔にサングラスの跡が残っちゃうよ。
    「それもそうね、じゃあサングラス取ろうかしら」
    水着を着たままだと水着の線も残っちゃうよ。
    「それもそうね、じゃあ水着も脱ごうかしら・・・ってなるかボケーッ!!!」

    IMG_1585
    Copyright : macapltda
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  水着  眠り 

    スリーピングエンジェル

    sleeping_angels.jpg

    私が持っている天使の置物の中で、スリーピングエンジェルと呼ばれるもの。
    左のペアは高さ約85mm、右のペアは高さ約120mmで、それぞれ別の商品です。

    座っているので熟睡しているのではなく、うとうと居眠りしている状態ですね。
    日本のショップでは「居眠り天使」とも表記されています。
    検索すればすぐに見つかるので、欲しい方は買ってみてはいかがでしょう。

    天使の置物をあれこれ眺めているとわかるんですが、この商品のように無着色もしくは単色の場合、目を閉じているものが意外と多いんです。
    何故だと思いますか?
    瞳に色が付いていないと不気味に見えるからです。

    まぁ不気味は言い過ぎですが、要するに不自然に見えるってことです。
    だから立ちポーズであっても、目を閉じた表情のものが多いというわけ。

    とはいえ、目を閉じた顔も可愛らしいというところが、まさに天使や子供の魅力。

    例えば夜遅くに帰宅したとき、子供がすでに眠っていると寂しいものですが、近付いて寝顔を見るとその日の疲れが吹き飛ぶように感じるのは気のせいではないはず。

    天使や子供にはまだまだ、知られざる効能があるようです。


    sleeping_cat.jpg
    「ネコの寝顔も可愛いんだけどニャア」
    (私の妹が飼っているネコ)

    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 彫像  少年  少女  眠り  RUKA 

    広告の天使たち - 2

    無邪気、無垢、可愛らしさの象徴である天使の姿。
    昔はそんな天使の姿、つまり裸の子供が登場する広告がたくさんありました。
    前回の記事の続きとなりますが、見ていきましょう。

    前回は新しい順でしたが、今回は年代の古い順です。


    ad_nivea_massage_oil1929.jpg

    ドイツのバイヤスドルフ社が販売する「ニベア マッサージオイル」の1929年の広告。
    ニベアブランドの製品は日本では合弁会社であるニベア花王が製造販売していますが、マッサージオイルは見たことがないですね。
    サンオイルみたいなものでしょうか?

    広告には裸でじゃれ合う子供たちの写真と「スポーツ用」という言葉が書かれています。
    スポーツした後にこのオイルでマッサージするのか、このオイルを塗ってからスポーツするのか、どちらにしても健康的。



    ad_summer_cump_flying_cloud1960.jpg

    アメリカのバーモント州の街、プリマスでおこなわれていたサマーキャンプ「Flying Cloud」の1960年の広告。
    男の子がインディアン(ネイティブアメリカン)に扮していますが、実際に参加した子の写真でしょう。

    日本では子供が褌を締めるのは夏祭り、会陽、相撲大会といくつかありますが、アメリカの子が褌を体験するのはこういったサマーキャンプくらいでしょうか?
    「フライング・クラウド」とは空飛ぶ雲という意味ですから、タイトルからして楽しそうですね。



    ad_orwo_film1980.jpg

    ドイツの写真フィルムメーカー「ORWO」(オルヴォ)が1980年代に出した写真フィルムの広告。
    CHROMと書かれているのでポジフィルム、いわゆるリバーサルフィルムですね。

    日本でも昔から写真フィルムの広告には赤ちゃんや幼い子供がよく登場していました。
    それは家族写真という需要があるからですが、それだけではなく、子供の肌の美しさをいかに再現するかというのはフィルムの性能の見せ所でもあるからです。
    その点この広告は、上手くファミリー層にアピールしていますね。



    ad_roche_rivotril1981.jpg

    スイスの製薬会社エフ・ホフマン・ラ・ロシュが発売した抗てんかん剤「リボトリール」の1981年の日本での広告。
    裸の女の子が岩の上に座っていて、背景が稲妻というよくわからないデザイン。

    脳の病気である癲癇(てんかん)に年齢性別は関係ないので、なぜ子供の写真を使ったのかはわかりませんが、安心な状態へと向かうというイメージなのかもしれません。
    それにしても稲妻は意味不明ですが。
    医療系の広告にヌードが登場するのは珍しいことではありません。



    ad_camilla_jessel_book1985.jpg

    アメリカの女流写真家、カミラ・イェッセル(Camilla Jessel/1937- )が1985年に出版した書籍「Catching the moment」の宣伝用ポスター。
    これは縦60cmのポスターですが、本の表紙にも同じ写真が使われていました。

    タイトルは日本語に訳すと「瞬間を捉える - あなたの子を撮影しよう」
    ファミリー向けの写真教本ですね。
    子供がじっとしているところしか撮ったことがない親御さんも多いと思いますが、こういう教本で動きのある写真を学んでみるのも良いでしょう。



    ad_inkjet_paper1999.jpg

    メーカー不明ですが、1999年にドイツで販売されていたプリント用紙「PRINT ME!」のパッケージ。
    1平方メートルあたり163gということで、少し厚めの写真用紙ですね。

    パッケージに印刷されているのは海を見つめる幼い兄妹。
    なぜ水平線が斜めなんだ?という疑問はさておき、商品パッケージに天使の姿を使ったことは褒め称えるべきでしょう。
    写真フィルム同様、子供の肌はプリント用紙の性能アピールにも最適です。



    ad_novomes_poster2001.jpg

    ブルガリアの首都ソフィアの某食肉加工会社が2001年に発表した宣伝用ポスター。
    夕暮れの砂場?で裸の幼児が遊んでいて、周りにソーセージ等の食肉が散らばっているという奇妙なデザイン。

    合成写真であることは一目瞭然ですが、手持ちの写真を適当に組み合わせたように見えますし、食肉の広告に裸の子というのはちょっと冒険が過ぎましたね。
    ちなみにこの子はオーナーの5歳の息子さんだそうです。


    関連記事:広告の天使たち - 1
    関連記事

    タグ: America  Europa  少年  少女  ♂♀  笑顔  スポーツ  Thong  OldPhoto 

    赤ちゃんポーズ

    Untitled

    赤ちゃんのいる家庭ではお馴染みの赤ちゃんポーズ。
    オムツかぶれを防ぐために、拭いた後はこうして乾かしましょう。
    はい、ママもこっち向いて〜!

    Untitled
    Copyright : Andrii Chekorskyi
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀ 

    体操トレーニング

    IMG_1422

    体操少女たちのトレーニング風景。
    技の練習も大切だけれど、基礎体力の向上はもっと大切。
    心も体も引き締めよう!

    IMG_1422
    Copyright : HVG Himmelev-Veddelev Gymnastikforening
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  衣装  スポーツ 

    天使の楽園

    CF-5

    夏の公園は天使の楽園。
    彫刻だけでなく、噴水だけでなく、
    天使がいるからこそ街が潤う。

    CF-5
    Copyright : Anatoly-V
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  笑顔  水着 

    噴水と天使たち

    Enjoying the water

    涼しい楽しい気持ち良い!
    夏の噴水に笑い声がこだまする。
    噴水広場は芸術広場でもあるのです。

    Enjoying the water
    Copyright : eduvalero
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  Water  笑顔  水着 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 ProModel Oceania 造形比較 動画 

    最新記事
    夏の日光浴 2019/07/17
    私の部屋の癒しのお尻 2019/07/16
    公園で新体操 2019/07/15
    天使の鑑賞会 2019/07/14
    Church 2019/07/13
    脚上げ! 2019/07/12
    白鳥の少年 2019/07/11
    花の水着とサングラス 2019/07/10
    スリーピングエンジェル 2019/07/09
    オムツがあれば大丈夫 2019/07/08
    日別表示
    06 | 2019/07 | 08
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別表示
    アンケートと掲示板