今週のピックアップ【彫像】

    edward_berge_seaurchin.jpg

    Sea Urchin (1924)
    Edward Berge (1876-1924)


    関連記事:Sea Urchin


    ------------------------------
    過去に掲載した彫像の中から気になる作品をピックアップ。
    作品と作者については上の関連記事をご覧ください。
    関連記事

    タグ: America  少女  ♂♀  彫像  Water 

    彫像と遊ぶ子供たち

    2919066820_cfbbb0f091_o.jpg

    「子供たちはもっと美術鑑賞するべきだ!」というのは昔から言われていることですが、ただ見るだけではなく彫刻やオブジェなどに触れて遊ぶ経験ももっとしたほうが良いのでは、と私は思っています。

    世界各地の公園には、触れたり乗ったりしても良い彫像が設置されていることが多いですね。
    最もお馴染みなのは児童公園にある動物の形をした遊具でしょう。

    遊園地の乗り物と違って動かないので子供たちの中にはつまらないと感じる子もいるでしょうが、是非ともその形と感触から自分の感性を大いに磨いてほしいと思います。

    Adam and Eve
    Copyright : Luca Pedrotti
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    statue_playground01.jpg statue_playground02.jpg
    statue_playground03.jpg statue_playground04.jpg
    噴水広場にある様々な形の彫刻作品

    親水公園に設置されている彫像の中には、子供たちが上に乗ることを想定して作られている物が少なくありません。

    夏の日差しの中、子供たちは彫像と一体化し、周りの大人たちからはその情景すべてが美術作品のように見えます。
    微笑ましいと同時に、まさに動くアートといった感動的な場面でもありますね。

    ただし注意すべきは、鑑賞用の彫像では遊んではいけないということ。

    彫像が設置されている大通り、公園、彫刻庭園などは数多くありますが、鑑賞を目的とした場所ではもちろん作品に乗ることは許されません。


    statue_and_boy01.jpg statue_and_boy02.jpg
    statue_and_boy03.jpg

    ギリシア神話に登場する牧神「パン」の彫像によじ登る少年。
    撮影のためでしょうか?それとも普段からこうして遊んでいるのでしょうか?

    こちらは遊具にはとても見えませんが、腕や足が折れているところを見ると長いあいだ放っておかれた彫像かもしれませんね。
    元々3人が寄り集まっているシーンだけに少年の姿も違和感なく溶け込んでいます。
    モノクロ写真であればさらに自然な光景に見えたでしょう。

    しかしこのような彫像は遊具ではないので、決して登ってはいけません。
    放置されているものであればなおさら危険です。
    良い子のみなさんは絶対にやめましょうね。


    とは言え、公園にある彫像と親しむのはとても良いことです。
    テーマを学び、形にときめき、感触を楽しみ、怪我のないように遊びましょう。


    Statue  Richmond Park - Kids Playing

    キミたち、何か面白いものでも見つけたかい?

    Statue Richmond Park - Kids Playing
    Copyright : Juliet
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  Water  笑顔  水着  CC-License  彫像  子育て 

    水辺のエンジェル

    aiuto!

    おや?ダンスしているみたいなポーズだね。
    そりゃあ川は踊りたくなるくらい楽しいよね!
    でも転ばないように気を付けて。

    aiuto!
    Copyright : Camallo
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  笑顔  水着 

    小児マッサージ

    health_massage01.jpg

    マッサージとは、肌を手でこすったり押したりして刺激する、血液循環やリンパ循環の改善を目的とした療法です。

    元々はフランスで生まれた手技療法(マサージュ)を指しますが、アジアにもタイ式マッサージがあり、日本にも古くから中国より伝来した指圧や按摩がありますね。

    マッサージというと心身の緊張をほぐすためにおこなう一種のリラクゼーションというイメージがありますが、病気の治療としてのマッサージも古くからおこなわれており、それは小児医療でも同様です。

    いわゆる医療マッサージ、病気や怪我などで障害を持った子供たちの心身改善を目的としたマッサージですが、私は専門家ではないので、ここでは具体的な治療内容には言及しません。
    あくまでも画像をもとに、子供のためにこんなマッサージがおこなわれている、と紹介するに留めたいと思います。

    ちなみに医療行為としてマッサージを施すには、あん摩マッサージ指圧師、医師、看護師などの資格を有していることが必要です。


    health_massage02.jpg health_massage03.jpg

    どちらかと言えば、男の子には父親が、女の子には母親がマッサージするのが良いでしょう。
    これはべつに変な意味ではなく、体の仕組みや感覚を理解している同性のほうが優しいマッサージができるのではないかということです。

    西洋では子供の健康のために親がマッサージを施すことは珍しくありませんが、近年日本でもおこなう人が多くなっているのが、乳児とのスキンシップである「ベビーマッサージ」です。
    これについては当ブログでも過去に記事にしていますので、そちらも合わせてお読みください。(該当記事)


    health_massage04.jpg health_massage05.jpg

    小児マッサージに使うものとしては、オイルとクリームのどちらが良いのか?
    その子の肌質や体質とも関係してくるので一概には言えませんが、この写真ではどちらでもなく、粉のようなものを振り撒いています。

    左側は男の子、右側は女の子ですが、どちらも日焼けをした後の処置に見えますね。
    昔で言う天花粉のようなものでしょうか?
    この場合は肌のケアであって、按摩やマッサージのようなことはあまりしないのかもしれません。


    health_massage06.jpg

    このお姉さんは少年の体に灰色の液体を塗りつけています。
    何を溶いた液体なのか画像からはわかりませんが、肌のケアを目的としたものだと思います。
    オイルマッサージのように手で塗り広げるので、これもマッサージのひとつと言えますね。

    背中側が終わったら仰向けになって塗ってもらうのでしょうか?
    お姉さん、くれぐれも塗り残しの無いようにお願いします。


    関連記事:DVD「はじめてのベビーマッサージ」
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  寝姿  ボディペイント  健康 

    美しき人魚たち

    IMG_4239 159

    フランスのスイミングクラブの子供たち。
    おや?Tバック水着の子もいますね。
    泳ぎを習うだけじゃない。
    美しさのアピールも欠かさないところはさすが!(*゚▽゚*)

    IMG_4239 159
    Copyright : Paillade Natation
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  水着  スポーツ 

    集団天使の記録写真

    children_shower_old.jpg
    1970〜1980年代の小学校のシャワールーム

    ジャーナリストがデモ行進の集団を撮影・・・
    動物カメラマンが野生動物の集団を撮影・・・
    気象衛星ひまわりが積乱雲の集団を撮影・・・

    被写体が大勢集まっている光景は、それだけで画面に迫力が出て、見応えがあるものです。

    ところが今や、どんな写真家でも無断で撮影してはいけない集団があります。
    それは「天使の集団」
    風呂、サウナ、シャワー室などに裸の子供たちが大勢いる光景です。

    幼稚園や小学校、スポーツクラブ等の活動記録の写真には、子供たちが運動の後にシャワーで汗を流しているシーンが見受けられます。

    これを撮影できるのは親、または記録を任された学校の先生や写真家ぐらいのもの。
    親の場合は子供の成長記録、先生の場合は学校生活(またはクラブ活動)の記録ですね。

    まさに、関係者しか撮影できない「天使の集団」と言えるでしょう。


    sune_jonsson_-_skolbad_i_bastun_1956.jpg

    この写真はスウェーデンの写真家、スネ・ジョンソン(Sune Jonsson/1930-2009)が1956年に撮影した「Skolbad i bastun」という写真作品。
    小学校に備えられたサウナの中での子供たちの記念撮影です。

    スネ・ジョンソンは写真家であると同時にドキュメンタリー映画の製作者でもあり、テレビ局と協力してスウェーデンの小さな農場や鉱山などを撮影していました。
    この写真もそのときの記録の一部かもしれませんね。


    cooling_off_1932_getty_images.jpg

    この写真は1932年8月13日にドイツの孤児院の前で撮影されたものです。
    孤児たちが夏の暑さをしのぐため、プールに入って遊んでいます。

    撮影者は不明ですが、この時代ですから通りがかりのスナップということはなく、この孤児院が写真家に記録を依頼したのだと思います。
    プールというよりも用水池でしょうか?
    水が貴重だった時代の貴重な一枚と言えるでしょう。

    画像出典:Cooling Off
    Copyright : Fox Photos/Getty Images


    hovedoya_oslo_1915.jpg

    この写真はノルウェーのオスロ沖にある「Hovedøya」という島で1915年に撮影されたものです。
    大勢の男の子たちがカメラに向かって笑顔を振りまいています。

    撮影者は不明ですが、この子たちが通っている学校の行事である可能性がありますね。
    海や川を利用した、真夏の水泳大会でしょうか?
    現在この写真のオリジナルはノルウェーのオスロ美術館が所蔵しています。


    では、上の写真が撮影されてから100年後の未来、つまり現代の天使の集団を見てみましょう。

    children_sauna.jpg children_pool.jpg
    children_shower01.jpg children_shower02.jpg

    たぶん学校の先生やスポーツクラブのコーチが撮影したのであろう、現代の天使たちの集合写真。
    そこに写るのは100年前と同じ、健康的な姿と屈託のない笑顔。

    心を開き、腹を割って話せる場所。
    日本では古くから銭湯がその役割を担っていましたが、ヨーロッパではサウナでしょうか?
    シャワールームも同じようなものですね。

    友達と一緒なら楽しいし、エンジェルスタイルであればもっと楽しい。
    いつの時代も、天使が集まるところには幸せがあります。

    これからさらに100年後も、同じ光景が残っている世の中であってほしいですね。


    関連記事:シャワールーム
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  Water  笑顔  風呂  OldPhoto  健康 

    天使と海

    石老人的裸体女孩

    天使と海はお友だち。
    青いお空もお友だち。
    元気な姿が似合います。

    石老人的裸体女孩
    Copyright : xiu xiu
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少女  ♂♀  Water  笑顔 

    シンメトリー

    symmetry_photo_art01.jpg

    シンメトリー(Symmetry)とは「対称性」のこと。

    左右が相称の状態であることを意味し、左右対称、左右均整とも言います。
    調和のとれた安定した形であるため、芸術では建築や装飾品などの分野でよく使われる技法です。

    絵画や写真の場合、多くは画面上に物が左右対称に配置されている状態をそう呼びます。
    簡単に言えば、画面を真ん中から左右に分けた時に、左側と右側が鏡に写したような状態になっていること。

    左右に同じ形のものがあっても必ずしもシンメトリーとなるわけではありません。
    あくまでも鏡に映したように相称となっているものを言います。


    symmetry_photo_art02.jpg symmetry_photo_art03.jpg
    シンメトリーな人物写真の例

    シンメトリーの構図は同じ模様を並べるのと同様、画面に安定感やバランス、整った美しさを与えます。
    しかし作品として魅力があるかというと意見が分かれそうですね。
    とくに絵画や写真では、左右のバランスよりも全体の構図(コンポジション)のバランスが重要です。

    人間の体は目、耳、乳、手足が左右にひとつずつあり、鼻、口、へそや性器がちょうど真ん中にあるため左右対象であると思いがちですが、実際には内臓はもとより外見もぴったり左右対象というわけではありません。
    顔の左右どちらか半分を反転させて作った完全にシンメトリーな顔写真を見ると、なんとなく違和感を感じるのはそのためです。

    シンメトリーではないものを「アシンメトリー」(Asymmetry)と言います。
    建築物や工業デザインではお馴染みのシンメトリーですが、生き物などの自然物をテーマとした場合はアシンメトリー(非対称)のほうが素材の持つ美しさがより表現できるように思います。


    symmetry_photo_art04.jpg symmetry_photo_art05.jpg
    symmetry_photo_art06.jpg symmetry_photo_art07.jpg

    人物写真の中にはこのように似ている人物を左右に配置し、シンメトリーの面白さを狙ったものがありますが、どこか記号的であることも否めません。

    しかし人間の体を使ったひとつのデザインと考えると、こういう作品が芸術を馴染みあるものにしてくれているのだという気もします。
    組体操のピラミッドや扇などもシンメトリーアートのひとつと言えるでしょうね。

    この人体写真、よくよく見ると心理テスト法の「ロールシャッハ・テスト」に使用するインク染みの絵に似ていませんか?
    インク染みの代わりにこれらの写真を使って「何に見えますか?」という心理テストをしたら面白いかもしれません。
    私はたぶん「幸せを運ぶ天使に見える」と答えるでしょう。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  Water  水着  ポーズ 

    元気な天使君

    Campaments LL/D 2015 AEG Fent Camí

    河原で女の子たちと遊ぶ天使君。
    おやおや、元気だね〜!
    でもそうなっちゃったときはしばらく座っていたほうがいいよ。

    Campaments LL
    Copyright : LLOPS i DAINES AEiG FENT CAMÍ
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  水着  Water 

    泥遊び・砂遊び

    aamar_chelabala.jpg

    3日前、新型コロナウイルスに関連して『お外へ行きたい天使たち』と題した記事を書きました。(該当記事)

    そのとき「ソーシャル・ディスタンスの実践のために子供同士の触れ合いが減るのはひとつの懸念である」という話をしました。
    子供同士の距離が遠ざかることにより、子供たちが人の温もり(命の感触)を経験する機会が減ってしまうのではないか、ということです。

    とは言え、ソーシャル・ディスタンスは新型コロナウイルスが終息するまでの対策なので延々と続くことではないでしょう。
    むしろ私が重要視しているのは、もうひとつの懸念。
    それは子育てに関することですが、人々の衛生観念や清潔志向が高まるが故の、子供の世界からの「泥遊び・砂遊び」の減少です。

    ウイルスと細菌は違うのですが、細菌にも人間に害をなすものは多いので、清潔でいることは健康維持にとても大切です。
    しかし今回のコロナ騒ぎで衛生関連商品が品薄になったことからもわかるように、汚れに対して嫌悪感・・・というよりも過剰な危機感を持ってしまう人が増え、その結果「泥遊びなんてさせられない!」と考える親が増えてしまうのではないかという懸念です。

    じつは免疫の観点からは、幼少期の泥遊びがとても大切であることはわかっています。
    1989年に唱えられた、乳幼児期に細菌やウイルスと接触する機会が少ないとその後のアレルギー疾患率が高くなる、という説(衛生仮説)は現在も非常に有力です。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:~aamar chelabala~.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    【全身泥まみれ】

    muddy_boy01.jpg muddy_girl01.jpg

    子供の免疫力の強化には泥遊びは最適。全身泥まみれもたまには良いものです。
    もちろん人に害をなす強い細菌やウイルスが含まれていないことが条件ですが、通常の庭先であれば問題はないでしょう。


    【仲良く汚し合い】

    muddy_boy02.jpg muddy_girl02.jpg

    自分を気兼ねなく汚せるという行為は子供たちの心にも良い効果をもたらします。
    互いに泥を付け合い、汚れることを楽しみましょう。


    【泥はプロテクター】

    muddy_boy03.jpg muddy_girl03.jpg

    砂は乾くとパラパラと落とせますが、泥は乾くと層を成し、コーティングしたようになります。
    こうすることで真夏の強い日差しから皮膚を守り、また体温の上昇を防ぐ効果もあります。


    【組んず解れつ】

    muddy_boy04.jpg muddy_girl04.jpg

    友達との泥遊びは取っ組み合いが面白い。
    世界には泥んこレスリングのイベントが多々あり、日本でもテレビで「ぬるぬる大相撲」が放送されていましたね。


    【ニッコリ笑顔】

    muddy_boy05.jpg muddy_girl05.jpg

    泥遊びを楽しんだ後は、ニッコリ笑顔で記念撮影。
    付いた泥はしっかりと落としましょう。


    情操教育の観点からも、屋外で自然と戯れることは心の発育に有効です。
    泥遊びの大切さに関しては、過去に『泥遊びのメリット』という記事を書いていますので、興味のある方はそちらもご覧ください。(該当記事)

    衛生的であることはとても良いことですが、子供の泥遊びに関しては親御さんは必要以上に神経質にならないよう心掛けてほしいと思います。


    関連記事:泥遊びのメリット
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  Water  笑顔  水着  ボディペイント  健康  子育て 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:23年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    アンケートと掲示板


    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 ♂♀ Water 笑顔 America 水着 寝姿 衣装 Asia Face CC-License 彫像 イベント スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ボディペイント Thong ProModel Africa Oceania 音楽紹介 造形比較 スタジオ 動画 書籍 ポーズ 子育て 健康 

    最新記事
    今週のピックアップ【彫像】 2020/07/06
    天使がいる日常 - 1 2020/07/05
    ひとり遊びの水遊び 2020/07/04
    彫像と遊ぶ子供たち 2020/07/03
    After Bath 2020/07/02
    水辺のエンジェル 2020/07/01
    Boy with Butterfly 2020/06/30
    毎日更新復活のお知らせ 2020/06/29
    海外からのメール 2020/06/27
    小児マッサージ 2020/06/26
    日別表示
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別表示