地球のアート

    Boys on river

    水辺で遊ぶタイの少年たち。
    キミたちはいつもの遊びをしているだけかもしれないけれど、
    キミたちの存在こそが、命こそが、地球が作り上げたアートなんだ。

    Boys on river
    Copyright : John Dale
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少年  Water  ♂♀  笑顔 

    セネガルの元気っ子

    Free expression

    アフリカはセネガル共和国の少年たち。
    砂まみれだからヒーローポーズなのかゾンビポーズなのかワカランね。
    でも元気さは伝わったよ。

    Free expression
    Copyright : Vincent Saadat Toutain
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Africa  少年  Water  ♂♀  笑顔 

    Peace

    edward_onslow_ford-peace.jpg

    イギリスの彫刻家、エドワード・オンスロー・フォード(Edward Onslow Ford/1852-1901)による1887年の作品「Peace」

    オリジナルは高さ約60cmの像で、1887年に王立アカデミーにて展示されました。
    その3年後に等身大のブロンズ像が制作され、現在その彫像はリバプールにある「ウォーカー・アート・ギャラリー」が所蔵しています。(上の写真)

    「平和」と題されたこの作品、少女が右手に椰子の枝、左手に鳩を持って立っています。
    彼女の足の下には兵士の武装品。
    戦いをやめて平和へ向かおうという願いが込められているんですね。

    平和の象徴として若者を描くことは多々ありますが、この作品は少女の柔らかな姿態に加え、張りのある植物や羽ばたく鳩をあしらうことで、万人に意図の伝わりやすい(わかりやすい)平和像となっています。

    世界にある平和像のほとんどは裸体像、または体の形がわかる薄着の姿をしています。
    それは裸であることが平和だという意味ではなく、人の精神を見える形で表現するのには裸体こそが最適だからです。
    そこから何を感じるかという受け手側の精神をも反映するのが、このような平和像というわけです。

    この作品はフォードが手掛けた最初の彫像のひとつでした。
    35歳のときの作品ですから、彫刻家としては遅咲きと言えるかもしれませんね。

    彼は1889年に美術品販売の店を開業します。
    人気アーティストの作品を一般大衆にも手頃な価格で提供するなど、英国の美術彫刻の普及にも貢献しました。

    詳しい経歴については過去の記事に書いてありますのでそちらをご覧ください。(該当記事)


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Edward Onslow Ford (1852-1901) - Peace (1887) front - Walker Art Gallery, Liverpool, May 2012 (7224847552).png
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀  彫像  CC-License 

    水辺の仲間たち

    DSC00309

    用水路で遊んでいるインドネシアの少年たち。
    今日も元気に、今日も楽しく!
    ヤンチャ過ぎて怪我しないようにね。

    DSC00309
    Copyright : UDIN
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少年  Water  ♂♀ 

    街の天使と警察官

    街の中に裸の子供がいて、そばに警察官がいる光景を想像してください。
    それは一体どんな状況だと思いますか?

    露出狂の少年が現れて警察官が駆けつけたのだと思った方、ちょっと心が汚れているかも。
    裸の子供を警察官が守っているのだと思った方、それはたぶん正解。

    見たことがある方も多いと思いますが、ちょっと古い、いやだいぶ古いこんな写真作品があります。

    london_hydepark-nakedboys1923.jpg london_hydepark-nakedboys1926.jpg

    警察官が裸の男の子たちを追いかけているシーン。

    場所はイギリス、ロンドンのウェストミンスター地区の西に位置する王立公園「ハイド・パーク」
    追いかけているのはウェストミンスターにある「キャノンロウ警察署」の警察官。(左は男性警察官、右は女性警察官)

    これらの写真は1923年と1926年、当時の新聞デイリー・グラフィック誌のカメラマンによって撮影されました。(撮影者名は不明)

    この子たちは裸になったことを怒られているのではなく、遊泳禁止の池で遊んでいたことを怒られているのでした。
    100年前の公園で子供が天使の姿になってはいけないなんて、あり得ませんからね。
    子供たちの安全を考えて叱っている、優しいお巡りさんだったというわけです。

    2枚ともまったく同じシチュエーションなのでドキュメンタリーなのか演出写真なのか判断に苦しみますが、遊泳禁止の池で遊ぶ子供たちも、それを見つけて叱りつける警察官も、どちらも当時の出来事だったことは確かでしょう。

    安全な親水公園であれば、お巡りさんも怒ることなく天使たちを眺めていたかもしれませんね。


    子供と警察官というテーマの作品は意外と多く、イギリスやアメリカ、カナダの古い写真にはよく見受けられます。

    toronto-police_officer_and_naked_boys1930.jpg

    こちらは1930年にカナダのトロントで撮影された写真。

    残念ながらこちらも撮影者が不明で、撮影場所も不明。
    報道写真なのか単なるスナップ写真なのか、子供たちはなぜ裸なのか、お巡りさんと何を話しているのか、すべて不明。

    しかし奥まった木々と細い小道。
    どんな状況なのだろうと考えさせられる、趣のある作品であることは確かです。


    さて、天使と警察官・・・現代ではどうでしょう?
    公園であっても、天使と警察官が一緒にいるというシチュエーションは極めて少なくなりました。
    当の子供たち自身が、街の中で天使になることがほとんど無いのですから。

    しかしあえて採り上げるとすれば、こんな光景もまた、天使と警察官というテーマに当てはまるのではないでしょうか。

    body_freedom2015.jpg
    body_freedom2016.jpg body_freedom2017.jpg

    これは2015年と2017年にアメリカのサンフランシスコの街でおこなわれた、裸体主義者たちによるデモ行進の様子。

    正当な手続きを踏んでおこなわれるデモはどのようなものでも禁止することはできません。
    この日はヌードに関する新しい法律に抗議する者たちが集まり、ジェーン・ワーナー・プラザからサンフランシスコ市庁舎までを裸でパレードしました。

    裸のパレードとは言っても、WNBRのような街ぐるみのイベントではないので華やかさはありませんが、30人ほどがヌードで列をなす光景はとてもインパクトがあり、人々への訴えとしては効果的ですね。

    参加者の中には11歳くらいの少年もおり、極めて珍しいとはいえ、これも街の中の天使と言えるでしょう。

    出典:Body Freedom Parade → September 2015
    Body Freedom Parade → Mai 2017


    アニメ映画「となりのトトロ」の冒頭には、主人公の姉妹が自転車に乗った人をお巡りさんだと勘違いして身を隠すシーンがあります。
    子供にとって警察官はちょっと怖いイメージがあるようです。

    しかしだからこそ頼もしいとも言えますし、街にお巡りさんがいるからこそ、子供たちは天使にもなれるし、このようなデモ行進も安全におこなえるのです。
    関連記事

    タグ: Europa  America  少年  ♂♀  笑顔  イベント  OldPhoto 

    愛情バスルーム

    20170725_165605

    4人で入れば窮屈だけど、そのぶん楽しさも4倍だぁ!
    おばあちゃん、水跳ねしてもそんなに怒らないで。
    天使たちにとってお風呂は小さな公園なのだから。

    20170725_165605
    Copyright : Kalina Kochendzhieva
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  風呂  動画 

    Hermaphroditus

    今回は作品をご紹介する前に、ある神の話をしたいと思います。

    ヘルマプロディートス(Hermaphrodītos)という神をご存知でしょうか?
    ギリシア神話に登場する神のひとりですが、なんと神話の世界でも大変珍しい、両性具有の神なのです。
    両性具有とは、ひとつの体に男性と女性の二つの性が混在していること。(どちらの性でもないという考え方もあります)

    ヘルマプロディートスはもともと男性でした・・・というより、絶世の美少年でした。
    父はオリュンポス十二神のヘルメース、母はアフロディーテという神界のサラブレッド。

    彼は15歳のとき、泉で水浴びしているときにサルマキスという名の精霊の女性に強姦されてしまいます。
    そのときサルマキスが彼とひとつになりたいと願ったため、ふたりの体が合体し、ヘルマプロディートスは両性具有者となったのでした。

    この物語は後の芸術家たちにインスピレーションを与え、ヘレニズム時代(紀元前3世紀から1世紀頃)には数体の彫像が制作されました。
    中でも取り分け有名なのが、パリのルーブル美術館が所蔵しているこの大理石像。

    sleeping_hermaphroditus.jpg hermafrodita.jpg

    紀元前2世紀頃に作られたとされる、眠れるヘルマプロディートスの像です。
    これはレプリカですが、オリジナルは1608年、ローマのサンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会の建設時に敷地内にて発見されました。
    あまりにも古い作品なので、作者が誰なのかはわかっていません。

    敷かれているマットレスの部分だけは、イタリアの彫刻家、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini/1598-1680)が1619年に制作し、追加したものです。

    ご覧のように背中側は女性らしい柔らかな姿をしていますが、その股間には男性の象徴であるペニスと陰嚢が付いています。
    しかも亀頭が半分顔を出しており、少し元気な状態であることがうかがえます。

    彼の(彼女の)名誉のために言っておきますと、これは決してエッチな夢を見ているからではありません。男性は膀胱に尿が溜まったり、布で擦れるだけでも勃起します。
    15歳であれば尚更、当たり前の生理現象と言えるでしょう。


    anasyromenos_statuette.jpg

    こちらは別な作者によるもので、キプロス島で発見されたヘルマプロディートスの像。
    体形は完全に女性でありながら、股間には立派な男性器が付いています。

    勃起状態であることや、スカートをめくって中身を見せるポーズ(アナシロメノスポーズと呼ばれています)であることから、宗教的な意味合い、もしくはジョーク的な作品だったのだろうと思います。


    「両性具有」という言葉も、外見的に、内臓機能的に、精神的に、遺伝子的にと、様々な定義を以って語られる言葉ですが、ヘルマプロディートスのように手術やホルモン投与などをおこなわずに男性器と女性器の両方を有している人は、現在世界に6人ほどいるそうです。

    これが幸せなのか不幸せなのかは当人のみぞ知ることだと思いますが、古代ギリシアの哲学者プラトンは、自身の文学作品「饗宴」の中でこのようなことを述べています。

    『人間は元々両性具有的な存在であったが、神がこれを切断し、男と女に分けた。
     人間は元の姿に戻ることを願い、そのため男女の恋愛が生まれた。
     両性具有は、人間の本来の理想形である。』


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Sleeping Hermaphroditus-Louvre.jpg
    File:Hermafrodita 2.JPG
    File:Anasyromenos statuette, Rome art market.JPG
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  彫像  眠り  CC-License 

    真夏のシャワー

    2011 H & T (252)

    小さな天使たちがお外でシャワー。
    これは楽しいね。
    ワンちゃんも一緒に浴びたがっているよ。

    2011 H & T (252)
    Copyright : patrias
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少女  ♂♀  風呂  笑顔 

    海辺で発見!

    DSC03428

    海辺ではときに珍しいものを発見することがあります。
    これはなんだろう?魚かな?

    最近の海水浴場では、天使を見かけること自体が大きな発見ですね。

    DSC03428
    Copyright : Федор Хилов
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀ 

    書籍「Zeig Mal!」

    zeig_mal00.jpg

    1974年にドイツで出版された、親子のための性教育読本「Zeig Mal!」
    子供たちに自然と湧き上がる性への好奇心、それに応えるために生まれた本です。

    タイトルの「Zeig Mal!」とは「見せて!」という意味。
    子供たちの素直な気持ちを端的に表している良いタイトルですね。

    著者は精神科医のヘルガ・フライシュハウアー・ハルト(Helga Fleischhauer Hardt)で、収録されている写真は写真家のウィル・マクブライド(Will McBride/1931-2015)が担当しています。

    この本は発売と同時に高い評価を得て、ドイツのプロテスタント教会や、ドイツと米国のアートディレクターズクラブ(ADC)などからたくさんの賞を受賞しました。
    翌年1975年には「Shaw Me!」というタイトルで英語版が発売されています。

    また、1990年にはエイズに関する記述を追加した第2版が出版されました。
    上の画像はその第2版の表紙です。


    この本は7つの言語に翻訳され、これまでに世界中で約100万部が販売されました。
    写真家、ウィル・マクブライドによる美しいモノクロ写真と優しさ溢れる文章によって、小さな子供にも理解しやすい構成となっています。


    zeig_mal03.jpg zeig_mal04.jpg
    「どうして男と女は違うの? どうしておへそがあるの?」
    子供たちに湧き上がる素朴な疑問。


    zeig_mal09.jpg zeig_mal12.jpg
    「ボクは赤ちゃんなんて嫌いだ!」
    下の子が生まれた時にこそ、家族の愛情が何よりも大切。


    zeig_mal43.jpg zeig_mal62.jpg
    「そうか、そうすると赤ちゃんができるのか」
    人間の性について正しく理解することで、子供たちは命の尊さを知るのです。


    zeig_mal70.jpg

    子供たちが自分が生まれた理由を知り、将来の性について学べる195ページの本。

    多くの評論家はこの本を高く評価しましたが、1990年代に入ると批判的な意見が高まり始め、米国の一部の州では所持が禁止されたこともありました。

    たしかに赤ん坊から大人まであらゆる世代のヌードが登場し、性教育書籍の中でも取り分け写真で学ぶことに重点をおいた作りになっていますが、収録されている写真はどれもとても美しく、決して猥褻と思わせるものではありません。

    実際に出版元のドイツでは連邦審査局によって「これは未成年者に有害なメディアではない」とされています。
    公立の図書館でなんの制限もなく閲覧できますし、古書としても流通しています。

    Amazon.deより
    Zeig Mal! Broschiert – 1. Januar 1983


    この本は初めて公開されたときに、マスメディアから様々なレビューを受けました。
    ロサンゼルス・タイムズは「美しく、優雅で魅力的でエレガント」と評し、ワシントンポスト誌は「美しく、攻撃的で、グロテスクで魅惑的」と表現しました。

    また、カリフォルニア州の医師であるラッセル・ローデ博士は、2005年にAmazonのレビューでこう語っています。

    『この本は母乳育児、思春期、思春期の変化、月経、性的解剖学、妊娠、自慰、避妊、性的行動障害、性病の問題を適切に掘り下げています。性教育のニーズを十分に満たしており、この入門書に匹敵する他の本を私は知りません。』
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  笑顔  OldPhoto 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ペイント Thong 眠り Africa ProModel Oceania 音楽紹介 造形比較 動画 

    最新記事
    追悼 ブラディク・シバノフ君 2019/10/20
    雑感... 2019/10/19
    地球のアート 2019/10/18
    リアルなブグロー作品 2019/10/17
    セネガルの元気っ子 2019/10/16
    Peace 2019/10/15
    水辺の仲間たち 2019/10/14
    黄昏どき 2019/10/13
    Tバック下着は健康に良さそう...という話 2019/10/12
    天使のいる風景 2019/10/11
    日別表示
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別表示
    アンケートと掲示板