シルエットクイズ

    【シルエットクイズ!彫像と人間】

    下に12枚のシルエット画像が並んでいます。
    これは彫像の姿と人間の姿をトレースしたものです。

    さて、どれが「彫像」で、どれが「人間」か、わかりますか?

    (注:スマホ版表示では画像のレイアウトが崩れるので、PC版表示で見ることをお勧めします)


    1silhouette01.jpg2silhouette02.jpg

    3 silhouette03.jpg  4silhouette04.jpg

    5silhouette05.jpg6silhouette06.jpg

    7silhouette07.jpg8silhouette08.jpg

    9silhouette09.jpg 10silhouette10.jpg

    11silhouette11.jpg12silhouette12.jpg


    答えは「続きを読む...」をクリック!

    続きを読む...

    関連記事

    タグ: America  Europa  少年  少女  ♂♀  彫像  OldPhoto  CC-License 

    Jeune garçon portant un flambeau

    abel_de_pujol-Jeune_garcon.jpg

    フランスの画家、アビル・デ・プジョル(Abel de Pujol/1785-1861)によるデッサン作品「Jeune garçon portant un flambeau」

    制作年は不明ですが、たぶん作者の美術学校時代の習作でしょう。
    美術の基本とも言うべき人物デッサン。
    その形がシッカリと描かれており、右腕の横に見られる薄い線からは腕の位置に悩んだ様子もうかがえますね。

    手に持っているのは松明(たいまつ)でしょうか?
    古代ギリシアのオリンピックをイメージしているのかもしれません。
    なんとなく顔が千原ジュニアに似ているような気もしますが、上半身の筋肉の発達具合は立派ですね。

    余談ですが、この頃の美術学校のヌードモデルは仕事として学校と契約していたのでしょうか?
    それとも教師が自分の子や知り合いのお子さんに謝礼を払ってモデルになってもらっていたのでしょうか?
    このへんの事はそのうちきちんと調べてみたいと思います。


    作者のアビル・デ・プジョルは、1785年にフランス北部の都市バランシエンヌで生まれました。
    アカデミーではジャック・フランソワ・モマルの生徒となり、卒業後はパリでジャック=ルイ・ダヴィッドの弟子となりました。

    1811年にはローマ賞を獲得し、その後はパリのルーブル宮殿の大階段の天井画、フォンテーヌブロー城のダイアンギャラリー、ブロンニャール宮殿の天井画を手掛けました。
    また、パリのブルボン宮殿やサンシュルピス教会の礼拝堂のフレスコ画も担当しています。

    彼は1814年にマリーという女性と結婚し、4人の息子をもうけます。
    息子はそれぞれ、歴史画家、名誉軍団の騎士、中等教育機関の教授、芸術省の事務局長となりました。

    プジョルは1861年に76歳で死去し、現在はバランシエンヌのサン・ロック墓地に埋葬されています。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  絵画 

    バングラウォッシュ

    Bath Time (15,000+ views!)

    井戸の前で体を洗うバングラデシュの男の子。
    ひとりで洗えるなんて偉いね。
    ゴツゴツした石には気を付けて。

    Bath Time (15,000+ views!)
    Copyright : Russell John
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少年  ♂♀  笑顔  Water 

    夏のリラクゼーション

    VID_20180727_132553

    小さな天使ちゃんはアイスを食べながらリラクゼーション。
    テレビでも見ているのかな?
    暑い夏の日はこうして過ごすのが一番だね。

    VID_20180727_132553
    Copyright : Silvia Perez Leiva
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀  動画 

    天使の仕草

    Untitled

    あらら、お漏らししちゃったのかな?
    キュッと引っ張ってるけど、
    チンチン君が悪いわけじゃあ、ないからね。(^o^)

    Untitled
    Copyright : YF Lin
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少年  ♂♀  笑顔 

    マルセイユの天使くん

    清晨馬賽海岸的邂逅。

    フランスのマルセイユの海岸。
    撮影者は早朝の散歩でこの天使と出会ったそうです。
    こんな素晴らしい光景が見られるなら、
    夏の早起きにはじゅうぶん価値がありますね。

    清晨馬賽海岸的邂逅。
    Copyright : shyguysdance
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  笑顔 

    白い犬と丁稚くん

    2071039575_0078e3e202_b.jpg

    Issen-Yosyoku in Gion District
    Copyright : Alvin Law
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    京都の某洋食屋さんの店先に設置されているコミカルな少年像。
    関連記事

    タグ: 日本  少年  ♂♀  彫像  CC-License 

    Liegendes Mädchen

    richard_muller-liegendes_madchen.jpg

    ドイツの画家、リチャード・ミュラー(Richard Müller/1874-1954)による1924年の作品「Liegendes Mädchen」

    裸の少女がベッドで横になっている絵ですね。
    髪には大きなリボンを付け、ゆったりとまるでテレビでも見ているかのような仕草。
    女の子でも夏の暖かい時期は裸で過ごしたくなることもあります。

    ナチスが台頭していた頃の作品で、当時このような作品は退廃芸術と非難されていました。
    冷静に考えれば裸婦像を非難することは女性に対する侮辱でもあるわけですが、この頃は生まれる時代を間違った作家がとても多かったことでしょう。

    作者のリチャード・ミュラーはボヘミアの街チェルニーシュで生まれました。
    1888年、彼はわずか14歳でマイセンの絵画学校に入学し、1890年にはまだ入学年齢ではないにも関わらず、何の経済的支援もなしに美術アカデミーに受け入れられました。
    1897にはローマ大賞も受賞しています。

    1933年、彼は35年間教授を務めたドレスデン美術アカデミーの学長となりました。
    しかし2年後、彼は彼の芸術傾向に反対する者により教授の資格を失ってしまいます。

    彼もまた、時代に恵まれなかった作家のひとりでしたが、近年は20世紀の重要な画家として再評価されつつあります。
    1954年に亡くなったリチャード・ミュラーは、現在ロシュヴィッツの墓地で静かに眠っています。
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀  眠り  絵画 

    エナウェネ・ナウェ族の少年たち

    129549732.jpg

    器用に組んだ橋の上を、これまた器用に歩く子供たち。
    南米ブラジルのマットグロッソ州の先住民、エナウェネ・ナウェ族。

    彼らから学べることはとても多い。

    Enawene-Nawe
    Copyright : Leo Wery
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: America  少年  Water  ♂♀  CC-License 

    天使を彩る!世界の祭り

    子供たちにアートを最も身近に感じてもらえるイベントといえば「ボディペインティング」
    何しろ自分自身がアート作品になるわけですから、楽しくアートを学ぶのには最適です。

    ボディペインティングやフェイスペインティングは欧米ではサマーキャンプのレクリエーションとしてもお馴染みですが、日本でも夏季保育のプログラムに取り入れている幼稚園もあるそうです。
    もっとも幼児の場合は絵の具を使った泥んこ遊びといった感じですし、本人もあまりアートを意識してはいないでしょうね。
    でもみんな笑顔になれる、心と体の健康にはとても良いイベントだと思います。

    ボディペインティングといえば近年はアートやパフォーマンスとして認知されていますが、じつは歴史的にはとても古く、宗教的な意味を持つものも少なくありません。
    たとえばアフリカ大陸のエチオピアの部族、スルマ族やムルシ族、スリ族などは体に独特のペインティングを施すことで知られています。

    26227031699.jpg
    エチオピアのムルシ族の子供たち
    Copyright : Rod Waddington
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    彼らのボディペイントは長い歴史の中で培われてきた伝統ですが、同じようにヨーロッパやアジアにも体に色を塗ったり模様を描いたりする伝統があり、それは主に「祭り」として執りおこなわれています。

    世界に点在する「天使たちがボディペインティングする祭り」
    そのいくつかを見ていきましょう。


    【天使を彩るイースター島の祭り - タパティ】

    bodypainting-chile_tapati01.jpg bodypainting-chile_tapati02.jpg

    南米チリ共和国のイースター島で年に一度、1月から2月にかけて約2週間開催されている「タパティ」という祭り。
    土を使って顔や体に色を塗り、独自の模様を描いています。
    Gストリング(いわゆるヒモパン)を着用し、頭と足にフサフサの飾りを付けています。

    左の写真では全身が土で茶褐色に染まっていますが、これはハケで塗ったのではなく、泥水の入った容器に浸かってそのあと乾かすという方法をとっています。
    そのせいか素焼きの人形のようにも見えますね。
    体に塗る土はすべて自然で安全なものを使用しているそうです。

    始まりが1970年代なのでさほど長い歴史ではありませんが、今では毎年たくさんの観光客が訪れる人気の伝統行事となっています。

    画像出典:Tapati Festival
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



    【天使を彩るインドの祭り - クンブ・メーラ】

    bodypainting-india_kumbh_mela01.jpg bodypainting-india_kumbh_mela02.jpg

    3年ごとに4か所の開催地を持ち回るかたちで毎年2月に開催されている、インドの祭り「クンブ・メーラ」
    ヒンドゥー教徒が集まって聖なる川で沐浴をおこなうという、ヒンドゥー教の大規模な宗教行事です。

    およそひと月半にわたる壮大な祭りであり、「世界最大の巡礼者集会」とも銘打たれました。
    開催地のそれぞれの川では、毎回数千万人もの人たちで沐浴がおこなわれます。

    参加者はビブーティと呼ばれる聖なる灰を全身に塗っており、そのため体が白くなっています。
    原料は石灰(せっかい)だそうで、肌荒れの原因になるので子供の肌に塗るのは正直お勧めできません・・・などと言うのは余計なお節介でしょうか。
    いちおうダジャレね... (^^;)

    画像出典:
    INDIA. Uttar Pradesh. Allahabad. The Kumbh Mela.
    Young Naga Sadhu, Shivratri, Bhavnath Mela



    【天使を彩る日本の祭り - すすつけ祭り】

    bodypainting-japan_susutsuke01.jpg bodypainting-japan_susutsuke02.jpg

    チリが茶色、インドが真っ白なら、日本は真っ黒になるお祭り。
    日本の奈良県橿原市で毎年5月におこなわれ、県の無形民俗文化財にも指定されている「すすつけ祭り」
    墨つけ祭りとも呼ばれています。

    小学校高学年以上の子が、ブリーフ姿の低学年の子を追い掛け、体に墨を塗り付けるという伝統行事。
    子供たちの全身が真っ黒になるほどその年の豊作が見込まれるそうで、みんな楽しく墨を付け合っています。
    白ブリーフがすっかり黒ブルマになってますね。(^^)

    昔は農家の家々から釜のススを集め、それを水と油で練りこんだ墨を使っていましたが、洗っても落ちにくいという不便があったせいか、現在は備長炭の粉を水で溶いたものを使っているそうです。

    画像出典:不明



    【天使を彩る中国の祭り - 阿细祭火】

    bodypainting-china_himatsuri01.jpg bodypainting-china_himatsuri02.jpg

    中国の雲南省彌勒県の紅万村では、毎年3月に「阿细祭火」という祭りがおこなわれています。
    この地に住むイ族という少数民族の神事で、大人も子供も体に円模様のボディペインティングを施し、焚き火の上を飛び越えたり踊ったりして火の神様を崇めます。

    全裸になるのになぜ寒い3月に開催しているのかと言うと、この祭りは「その昔、寒い日に火種を失って困っていた村人の前にムドンという男が現れ、三日三晩をかけて火を起こしてくれた」という英雄伝説に由来するそうです。
    ムドンが火を起こしたのが旧暦の2月3日、つまり現在の3月だったというわけです。

    カラフルな円模様はたぶん火の精を表しているのでしょう。
    大きな陰茎を持つ火の神様の像も登場するなど、子宝祈願、子孫繁栄を願った祭りでもあります。

    画像出典:【云南·弥勒】如痴似狂的弥勒阿细祭火节《二》



    【天使を彩る中国の祭り - 余莫拉格舍】

    bodypainting-china_yumolageshe01.jpg bodypainting-china_yumolageshe02.jpg

    こちらも中国の雲南省、イ族自治県の小さな村にて毎年6月末から7月初めにかけておこなわれている「余莫拉格舍」という祭り。
    下は7歳から上は12歳までの10人ほどの男の子たちが、ボディペインティングと被り物で動物のヒョウに扮します。
    この地ではヒョウは守り神のようなもので、人を病気にしたり作物を荒らしたりする悪霊を追い払ってくれる象徴として崇められているそうです。

    ヒョウになった男の子たちは村の家々を訪れ、悪霊を追い払うため家の中や屋根の上で太鼓のリズムで踊ります。
    そして見物人の前で「格闘ダンス」「闘鶏ダンス」「生殖ダンス」などの創作ダンスを披露するのですが、もしかしたら上の左側の写真が生殖ダンスでしょうか?

    パフォーマンスが最高潮に達すると、男の子たちは見物している女の子を追いかけて棒を突きつけるそうです。
    この祭りも単なる厄払いではなく、子孫繁栄の意味があるのでしょうね。

    画像出典:
    云南彝族傩舞“余莫拉格舍”
    這裡保存著最古老傳統的蒙面裸體舞



    【天使を彩るフランス?の祭り】

    bodypainting-contest01.jpg bodypainting-contest02.jpg

    詳細が不明なためイベント名がわかりません。
    ヨーロッパ(フランス?)の海岸でおこなわれたボディペイントのイベント。
    上で紹介した祭りと違い宗教色はほとんどありませんが、写真の男の子たちは体に悪魔の絵を描いています。

    祭りというよりも、どちらかというとリゾート地でのボディペインティング大会といった感じですね。

    画像出典:不明


    このように世界には、子供たちの体に何かを塗ったり模様を描いたりする祭りがたくさんあります。
    宗教色の強いものもあれば、芸術の表現としておこなわれるもの、単なるレクリエーションなど様々ありますが、どれもそれなりに歴史を重ねたイベントです。

    体に色を付ける、模様を描く、みんな違っているけれど、みんな同じ。
    人間の体は親から、神から、地球から授かった大切な宝物。
    子供たちはこのような祭りから、健康への感謝と労わりの心を学ぶのでしょう。


    関連記事:天使が走る!世界の祭り
    関連記事

    タグ: America  Europa  Asia  日本  少年  ♂♀  Thong  イベント  ペイント  ダンス 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログでは天使や子供をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:22年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    おすすめサイト
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 絵画 風呂 RUKA OldPhoto 伝統 ダンス ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 ProModel Oceania 造形比較 動画 

    最新記事
    露天風呂 2019/08/19
    安全地帯 2019/08/18
    シルエットクイズ 2019/08/17
    3日間お休みします 2019/08/13
    Jeune garçon portant un flambeau 2019/08/13
    バングラウォッシュ 2019/08/12
    夏のリラクゼーション 2019/08/11
    ウジェーヌ・デュリューの写真作品 2019/08/10
    天使の仕草 2019/08/09
    マルセイユの天使くん 2019/08/08
    日別表示
    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別表示
    アンケートと掲示板