書籍「イメージの冒険 - 7 写真」

    image_no_bouken07_01.jpg

    私が所有している本のご紹介です。
    1978年から1982年まで、河出書房新社より「イメージの冒険」という書籍が刊行されていました。
    全7巻のシリーズで、それぞれイメージを掻き立てられるテーマを設け、多方面からわかりやすく解説している本でした。

    ○ イメージの冒険 - 1 「地図」 不思議な夢の旅
    ○ イメージの冒険 - 2 「絵本」 不思議の国一覧
    ○ イメージの冒険 - 3 「文字」 文字の謎と魅力
    ○ イメージの冒険 - 4 「少女」 謎とエロスの妖精
    ○ イメージの冒険 - 5 「神話」 始原の夢と戦慄
    ○ イメージの冒険 - 6 「イラストレーション」 線と色彩がうみだす、もうひとつの宇宙
    ○ イメージの冒険 - 7 「写真」 光をとらえる驚異

    当時の私はこの中から7巻の「写真」を買いました。
    定価は1,800円と決して安くはありませんが、様々な写真家の作品が掲載されていてとても為になったことを覚えています。

    篠山紀信、高梨豊、沢渡朔、浅井慎平らのインタビュー、写真術の誕生と歴史、現在の様々な写真技術、そして未来のデジタル製版についての考察など、じつに盛りだくさんな内容でした。

    未来の技術としてデジタル製版が紹介されているのに、この本にはデジタルカメラについての記述が全くありません。
    この頃は写真といえばフィルムカメラだったので、デジカメは想像もつかなかったのでしょう。

    しかしこの13年後にはCASIOから民生用のデジタルカメラQV-10が発売され、本格的にデジカメ時代が始まります。
    今では写真といえばデジタルが当たり前ですから、つくづくこの分野の変化の大きさを感じます。


    image_no_bouken07_02.jpg image_no_bouken07_03.jpg

    左は目次ページの一部で、右は沢渡朔氏のインタビュー記事。
    沢渡氏といえば1973年の写真集「少女アリス」の作者として有名ですが、当ブログでも過去に一度とりあげています。(該当記事)

    私も子供の頃に購入しましたが、こうして技術的な裏話などを知るとさらに感慨深いですね。


    image_no_bouken07_04.jpg lewis_carroll_hatch_evelyn.jpg

    「イメージの冒険 - 7」には、ルイス・キャロル(1832-1898)について書かれた記事もありました。
    左の画像がそのページで、右はキャロルが1879年に撮影した写真。
    ルイス・キャロルについては私も過去に記事にしていますので、そちらも併せてご覧ください。(該当記事)

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Hatch, Evelyn (Lewis Carroll, 29.07.1879).jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    この記事、誰が書いているのかと見てみれば、なんとあの日本が誇る劇作家、寺山修司氏ではないですか。
    しかも掲載されたのは寺山氏が亡くなるわずか半年前。

    キャロルの内面をえぐるように考察している寺山氏の文章は、写真を解説したこの本の中ではちょっと異質ですが、写真というものは技術的・歴史的な話にとどまらず、他のアートと同じく人間の精神の話にまで行き着くものなんでしょうね。

    「写真」の奥深さを感じることのできる一冊でした。
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀  OldPhoto  CC-License  RUKA 

    正直な天使

    img_1478

    裸でトランプしようと言い出したのがもし右の子なら、
    それはきっと作戦かもしれないね。
    天使くん、惑わされずに、冷静に。(^^;)

    img_1478
    Copyright : Brad Colin
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  少女  ♂♀ 

    みんな仲良し

    speelclub_14

    放射状の円になる15人の子供たち。
    大きなルーレットみたいだね。
    ガスコンロにも見えるけど。(´∀`)

    speelclub_14
    Copyright : Chiro Itegem
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  水着 

    Greased pole

    daniel-lezama_greased_pole.jpg

    メキシコの画家、ダニエル・レサマ(1968- )による2005年の作品「Greased pole」

    ポールの上に乗っている女性はなぜ動物の耳のカチューシャを付けているのか?
    飛び降りている少年はなぜ全身を青く塗っているのか?
    皿を持った男女はなぜパンツを下ろしているのか?
    いやそれ以前に、そもそもこれは何の絵なのか?

    画像検索してまとめてご覧になるとわかりますが、ダニエル・レサマの作品はリアルなのかフィクションなのか混乱させるところがあります。
    シュールと言うほど非現実的な光景ではなく、それでいて実際にはあり得ないと思えるような、とにかく不思議な雰囲気の作品ばかり。

    Googleの画像検索で「Daniel Lezama」を検索

    作者のダニエル・レサマは1968年生まれのメキシコの画家。
    メキシコシティにあるサン・カルロス・アカデミーで視覚芸術を学び、1995年に画家としてデビューしました。

    2000年に「ルフィーノ・タマヨ・ビエンナーレ」にて優勝し、これまでに20回以上の個展を開き、60以上のグループ展に参加しています。
    彼の作品はニューヨークのエル・ムセオ美術館、ロンドンやメキシコの近代美術館などで公的にコレクションされています。

    彼の絵に登場する人物の多くは太っており、それがコミカルでもあるのですが、全体に漂うテーマは至ってシリアス。
    生と死と性にまつわる精神を見える形で、言い換えればわかりやすい方法で訴えかけています。

    このようなテーマで群衆を描くことは、西洋絵画ではよくあることです。
    しかし彼の作品にはそういった絵に付き物の色気や妖艶さがほとんどありません。
    作品によっては猟奇的であったり狂気を感じさせますが、いわゆるホラーではなく、どこかの村の奇妙な儀式を見せられているような感覚があります。

    daniel-lezama_groom.jpg

    こちらは2004年の作品で、タイトルは「Groom」
    Groomとは新郎のこと。
    新郎にしては幼過ぎますが、結婚式の余興でしょうか?
    なぜか年配の女性たちに逆さ吊りにされています。

    楽器を演奏する者やとんがり帽をかぶる者、舞い散る紙吹雪などがパーティーの盛り上がりを示していますが、床に散らばったトウモロコシの皮は何を意味しているのでしょうか?

    一見すると虐待かと思ってしまうような絵ですが、少年の表情が冷静なだけに考えさせられる作品です。


    彼の作品集はAmazonでも購入できます。
    Daniel Lezama: Árboles De Tamoanchan (Amazon.co.jp)
    関連記事

    タグ: America  少年  ♂♀  イベント  絵画  ペイント 

    お姉ちゃんの世界

    DSCF0066(1)

    「ほら、ここに立つと女神像みたいでしょ?」
    「ああ〜!ボクの作ったお山がぁ〜!」

    DSCF0066(1)
    Copyright : Viktor Kreshchuk
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  水着  Water  笑顔 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。

    当ブログのトップページをシェアする場合は下のSNSボタンをご利用ください。

     

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 水着 Face イベント CC-License 彫像 スポーツ 日本 RUKA 風呂 絵画 伝統 ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 OldPhoto Oceania 動画 

    最新記事
    眩しい日 2018/01/21
    サム・ジンクスの彫刻作品 2018/01/20
    カラッと健康 2018/01/19
    海で凧揚げ 2018/01/18
    天使の水浴び 2018/01/17
    書籍「イメージの冒険 - 7 写真」 2018/01/16
    正直な天使 2018/01/15
    みんな仲良し 2018/01/14
    Greased pole 2018/01/13
    お姉ちゃんの世界 2018/01/12
    お披露目 2018/01/11
    踊れや踊れ! 2018/01/10
    ジャックス・デュバルの写真作品 2018/01/09
    愛の天使 2018/01/08
    天使の波紋 2018/01/07
    日別表示
    12 | 2018/01 | 02
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別表示
    おすすめリンク
    ユーザー掲示板
    Angelboys Fairygirls