書籍「Chrysalides」

    mauro_bertoncello-chrysalides.jpg

    イタリアの写真家、マウロ・バートンチェロ(生没年不明)が1985年に出版した写真集「Chrysalides」
    まるで中世の遺跡に精霊たちが現れたかのような、非常に幻想的な作品です。

    Amazon.itより
    CHRYSALIDES: PHOTODREAMS Copertina rigida – 1985


    ChrysalidesとはChrysalis(クリサリス)の複数形で、サナギのこと。
    そう、蝶などが成虫になる前のあのサナギです。

    もう幼虫ではない・・・でもまだ成虫にはなれない・・・
    不安定で不確定な殻の中、静かに目覚めを待つサナギの少女たち。

    少女といっても小さな子供ではなく、思春期の少女たちです。
    具体的に言えば、胸が膨らんで隠毛が生える第二次性徴が現れてからの少女たち。

    しかしだからこそ、おとぎ話の精霊のような妖しげな雰囲気を醸しているのでしょう。

    mauro_bertoncello-chrysalides01.jpg

    mauro_bertoncello-chrysalides02.jpg mauro_bertoncello-chrysalides03.jpg

    硬く冷たい無機質な石畳と、霧のように漂う柔らかな少女たちとのコントラスト。
    ページをめくればそこに現れるのは夢うつつな幻想世界。

    ソフトフォーカス(フォギー?)気味な描写も、シャッター速度が追いついていない被写体のブレも、増感現像したかのような粗い粒状感も、すべて作者の思惑どおりであるかのような完成された世界観がそこにはあります。

    以前の記事でフランスの写真家ジェラール・マロの作品は彫刻的であると言いましたが(該当記事)、こちらのバートンチェロの作品はまさに絵画的と言えますね。
    モノクロ写真でありながら、その場の空気感まで伝わってくるようです。

    作者のマウロ・バートンチェロはイタリアのビエモンテ州北東部の都市、ノヴァーラ出身の写真家。
    詳細はほとんどわかりませんでしたが、肖像画や裸婦作品で有名な方だそうです。


    File:Mb-Chrysalides.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    タグ: Europa  少女  OldPhoto  CC-License  ♂♀ 

    天使の立ちション、クリエイション!

    creationcd_2.jpg
    Copyright : RUKA

    私の部屋に飾っている日本のバンド「クリエイション」のCD。
    以前Amazonで購入した時に一度紹介しましたね。(該当記事)

    今回も音楽ではなくジャケットの話なんですが、このジャケット写真を撮影した写真家が誰なのかがわかりました。
    なんとあの名作写真集「少女アリス」の作者、沢渡 朔さんでした。

    沢渡朔氏といえば「少女アリス」「海からきた少女」等の少女写真集から、アイドルや女優のヌード写真集、そして松任谷由美や南野陽子のレコードジャケットも手掛けるなど、様々な女性を撮影した日本を代表する写真家ですが、男の子を撮ったこともあったんですね。

    このアルバムが発売されたのは1975年ですが、モデルの扱いにおいては1973年の「少女アリス」の時とはまた違う苦労があったことと思います。
    少女アリスのサマンサちゃんは6歳でありながら非常に清楚な雰囲気を醸していましたが、このジャケットの男の子たちはいかにもヤンチャな庶民の子といった感じで、演技指導があったのかどうかさえも写真からは汲み取れません。

    床に立ちションする裸の男の子たち、バスにすし詰めの裸の男の子たち。
    1975年当時の感覚からしてもじつにシュールで、それでいてコミカルで微笑ましい光景。
    まさにクリエーション(創造)の名に相応しい作品ですね。
    こんな小さなCDではなく、当時のLPレコード(31cm四方)を飾って眺めたくなります。

    よく見たら立ちションしている真ん中の子と、バスのワンマン表示の下に写っている子、どちらも同じ子ですね。
    当時の男の子でこの髪型は珍しいなぁ。
    この子も今や50歳近いかと思うと、感慨深いものがあります。

    タグ: 日本  少年  ♂♀  OldPhoto  RUKA 

    書籍「Anatomie du dormeur」

    marot_anatomie01.jpg

    フランスの写真家、ジェラール・マロ(1946- )による1982年出版の写真集「Anatomie Du Dormeur」

    Amazon.frより
    Anatomie du dormeur Relié – 1982


    タイトルのAnatomie(アナトミー)とは解剖学という意味。
    タイトルだけを見ると医学書のようですが、実際は人間の形を学習するための人体写真集です。

    そのためか掲載している写真はどれもシンプルで、黒い背景に人体が浮かび上がっているモノクロ写真がほとんど。
    黒いスクリーンの前で撮影し、さらに後から背景を塗りつぶしたのだと思います。

    写真作品として見ると物足りませんが、人体彫刻やデッサン用のポーズ集としては重宝しそうですね。

    marot_anatomie02.jpg marot_anatomie03.jpg

    作者のジェラール・マロは1970年代から活動しているフランス人写真家。
    70年代から80年代にかけて数冊の写真集を発表しています。

    モデルは主に10代の少年たちですが、あまり躍動的な写真ではありません。
    横たわっていたり体を捻っていたり、そんなポーズと斜めからのライティングにより、まるで無機質なオブジェが転がっているような感覚さえあります。

    彼の作品はシンプルでありながら審美的であり、光と影のパターンを巧みに利用しています。
    強いコントラストで「造形」する彼の手法は、ある意味、彫刻的と言えるかもしれません。

    タグ: Europa  少年  ♂♀  OldPhoto  眠り 

    書籍「イメージの冒険 - 7 写真」

    image_no_bouken07_01.jpg

    私が所有している本のご紹介です。
    1978年から1982年まで、河出書房新社より「イメージの冒険」という書籍が刊行されていました。
    全7巻のシリーズで、それぞれイメージを掻き立てられるテーマを設け、多方面からわかりやすく解説している本でした。

    ○ イメージの冒険 - 1 「地図」 不思議な夢の旅
    ○ イメージの冒険 - 2 「絵本」 不思議の国一覧
    ○ イメージの冒険 - 3 「文字」 文字の謎と魅力
    ○ イメージの冒険 - 4 「少女」 謎とエロスの妖精
    ○ イメージの冒険 - 5 「神話」 始原の夢と戦慄
    ○ イメージの冒険 - 6 「イラストレーション」 線と色彩がうみだす、もうひとつの宇宙
    ○ イメージの冒険 - 7 「写真」 光をとらえる驚異

    当時の私はこの中から7巻の「写真」を買いました。
    定価は1,800円と決して安くはありませんが、様々な写真家の作品が掲載されていてとても為になったことを覚えています。

    篠山紀信、高梨豊、沢渡朔、浅井慎平らのインタビュー、写真術の誕生と歴史、現在の様々な写真技術、そして未来のデジタル製版についての考察など、じつに盛りだくさんな内容でした。

    未来の技術としてデジタル製版が紹介されているのに、この本にはデジタルカメラについての記述が全くありません。
    この頃は写真といえばフィルムカメラだったので、デジカメは想像もつかなかったのでしょう。

    しかしこの13年後にはCASIOから民生用のデジタルカメラQV-10が発売され、本格的にデジカメ時代が始まります。
    今では写真といえばデジタルが当たり前ですから、つくづくこの分野の変化の速さを感じますね。


    image_no_bouken07_02.jpg image_no_bouken07_03.jpg

    左は目次ページの一部で、右は沢渡朔氏のインタビュー記事。
    沢渡氏といえば1973年の写真集「少女アリス」の作者として有名ですが、当ブログでも過去に一度とりあげています。(該当記事)

    私も子供の頃に購入しましたが、こうして技術的な裏話などを知るとさらに感慨深いですね。


    image_no_bouken07_04.jpg lewis_carroll_hatch_evelyn.jpg

    「イメージの冒険 - 7」には、ルイス・キャロル(1832-1898)について書かれた記事もありました。
    左の画像がそのページで、右はキャロルが1879年に撮影した写真。
    ルイス・キャロルについては私も過去に記事にしていますので、そちらも併せてご覧ください。(該当記事)

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Hatch, Evelyn (Lewis Carroll, 29.07.1879).jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    この記事、誰が書いているのかと見てみれば、なんとあの日本が誇る劇作家、寺山修司氏ではないですか。
    しかも掲載されたのは寺山氏が亡くなるわずか半年前。

    キャロルの内面をえぐるように考察している寺山氏の文章は、写真を解説したこの本の中ではちょっと異質ですが、写真というものは技術的・歴史的な話にとどまらず、他のアートと同じく人間の精神の話にまで行き着くものなんでしょうね。

    「写真」の奥深さを感じることのできる一冊でした。

    タグ: Europa  少女  ♂♀  OldPhoto  CC-License  RUKA 

    ネグレポントの写真集

    negrepont_Mercredi_apres-midi.jpg

    フランスの写真家、ジャン・ピエール・ネグレポント(生没年不明)による写真作品。
    撮影は1980年頃で、当時のフランスの子供たちの生き生きとした姿が映し出されています。

    作者のネグレポントは1980年代にいくつかの作品を発表した写真家ですが、その経歴についてはあまり知られていません。

    しかし彼の作品は今も多くの人の目に触れ、その才能が高く評価されています。
    屋外で撮影されたモノクロ作品が多いようです。


    negrepont_les_enfants_de_papier01.jpg negrepont_les_enfants_de_papier02.jpg
    写真集「les enfants de papier(紙の子供たち)」(1980年)

    彼が最初に発表した写真集です。
    フランスの子供たちの非日常的な日常が、見るものに強い印象を与えます。

    この書籍は現在もAmazon等で購入できます。
    サンプルもいくつかご覧になれます。

    Amazon.frより
    Les Enfants de Papier Relié – 1984(1984年の再販版)


    negrepont_mercredi_apres-midi01.jpg negrepont_mercredi_apres-midi02.jpg
    写真集「mercredi aprés-midi(水曜日の午後)」(1983年)

    これは3年後に発表した作品。
    タイトルがなぜ「水曜日の午後」なのかは、この本の中でネグレポント自身が語っています。
    彼が子供たちを撮影した日が、水曜日の午後だったからです。

    フランスの小学校は毎週水曜日が休み。(現在は水曜は午前中だけ授業をおこなっている地域もあるそうです)
    もちろん土日も休みなので、子供たちは週休3日ということになりますね。

    大人も休みである土日よりも、子供だけが休みである水曜日のほうが子供たちは自由を満喫できるようで、空き地や河原には無邪気な子供たちの姿が溢れます。
    ネグレポントはその様子を「水曜日は魔法の日」という言葉で表現しています。

    Amazon.frより
    Mercredi après-midi Relié – 1983


    negrepont_devoirs_de_vacances01.jpg negrepont_devoirs_de_vacances02.jpg
    写真集「Devoirs de Vacances(休日の義務)」(1986年)

    さらに3年後の写真集のタイトルは「休日の義務」でした。
    フランスでは水曜日は魔法の日。
    子供たちにとっての義務とは、思い切り遊ぶこと、存分に楽しむこと、心から笑顔になること。

    その様子を未来永劫守るのは、もちろん大人たちの義務。

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  OldPhoto 

    お尻を見せるイベント

    shiridashikids01.jpg

    アメリカのカリフォルニア州、ロサンゼルス郊外の街ラグナニゲルでは、毎年7月の第2土曜日に「電車に向かってお尻を見せる」というイベントがおこなわれています。

    百聞は一見にしかず。
    詳しくはニュースサイトをご覧ください。

    【AFPBB News】(2010年7月12日の記事)
    「電車にお尻見せてストレス発散、米で毎年恒例のイベント」

    【Flickr - moonamtrak】(2009年の写真)
    https://www.flickr.com/photos/amtrakmoon/

    電車にお尻を見せる・・・となっていますが、正確には電車の乗客に対してお尻を見せているわけです。
    ペロンとお尻を出す行為には相手に対する侮辱の意味もあれば、単純に笑いを誘うという意味もありますが、このイベントは完全に後者ですね。

    2010年の段階で第31回ですから、今年は第38回でしょうか。
    大の大人が整列してお尻を出すなんて非常に馬鹿馬鹿しいイベントとも言えますが、ここまで長い歴史があると逆に立派ですね。
    2009年の写真を見ると、参加者の中には子供もいるようです。


    shiridashikids02.jpg shiridashikids03.jpg
    【駅のホームでお尻を出す子供たち】(この写真は上記のイベントではありません)

    相手に向かって自分のお尻を出すという行為は昔から子供がよくやることでした。
    外国映画にはヤンチャな子供がそうするシーンがよく登場しますし、日本でも自分で「おしりペンペン!」とやる、相手を小馬鹿にする仕草がありましたね。

    それをされた側が「このガキども!」と怒るかアハハと笑うかは状況にもよりますが、子供にとってみればさほど悪意のないちょっとしたおふざけです。

    shiridashikids04.jpg
    【これも剣士の戦法?】

    そこで思い出されるのがアニメ「クレヨンしんちゃん」に登場するあの仕草。
    しかし自分の子供が人前でお尻を出す子になっては大変とばかりに、テレビ局にクレームを入れる親もいます。
    その結果、最近のクレヨンしんちゃんではお尻を出すシーンがあまり登場しないそうです。

    子供が大人に向かってお尻を出すのは、相手が面食らうのが面白かったり、その状況が愉快で楽しいから。
    なのに一部の大人が下品だの卑猥だのとクレームをつけ、子供たちの無邪気さを削いでしまうのは憂えるべきことです。

    我々大人はもしこういう場面に出くわしたら、怒るのではなく、戸惑うのでもなく、良識を以て鑑賞するくらいの心の余裕を持ちたいですね。

    タグ: America  Europa  少年  イベント 

    書籍「Boyhood Australia」

    hugles_ba12.jpg

    イギリスの写真家、ジョージ・ヒューグル(生没年不明)による1992年の作品「Boyhood Australia」

    これは写真のタイトルではなく、写真が収められている書籍のタイトルです。
    古書として現在も販売されているかもしれませんが、詳しいことはわかりませんでした。

    タイトルが示すとおり、この本に登場するのはオーストラリアの子供たち。
    雄大な大自然を舞台に動物たちと戯れる、まるで天使が舞い降りたかのような光景。
    ソフトフォーカス気味に、幻想的な雰囲気を醸しています。

    hugles_ba15.jpg jhugles_ba14.jpg

    作者のヒューグルは幼い頃イギリスのロンドンで暮らしていましたが、第二次世界大戦の空襲により家族や友人を失うという悲劇に見舞われ、農村への避難を余儀なくされました。

    遠く離れた農村へとやってきた幼いヒューグル少年。
    ここでの新しい父母は、マイケルとピーターというふたりの息子がいる元学校教師でした。
    養父母は彼を快く受け入れ、3人の子供たちは大の仲良しになりました。

    彼にとって農村での暮らしは毎日が刺激的で、まるでエンターテインメントの世界。
    ウサギを追いかけたり、川で水浴びをしたり、イカダを作ったり釣りをしたりと自由を満喫。
    ロンドンで恐怖の体験をした後だけに、ここでの暮らしはまるで天国でした。

    衣類の配給が乏しい時代だったので、服を汚さないよう、天気の良い日はみな裸になって遊んでいました。
    裸のままテニスやサッカー、クリケットをすることもありました。
    元学校教師の母親は子供たちが裸で遊ぶことに寛容で、裸で過ごすことは健康に良いことだと子供たちに語っていたそうです。

    hugles_ba31.jpg hugles_ba37.jpg

    やがてヒューグルは大人になり、プロの写真家になりました。
    彼は子供と自然をテーマにした写真作品を通じて、子供時代の特別な記憶を取り戻そうとしたのです。
    彼の作品には、かつて農村で体験した天国のような光景が広がっています。

    大自然と動物と子供たち・・・これらはアートにおいても実生活においても素晴らしい組み合わせであることに間違いはありませんが、彼にはそれ以上に特別な思いがあったのです。

    hugles_ba45.jpg

    写真集の前書きで彼はこう語っています。

    『ここに写る子供たちは飢えや戦争を知りません。世界中の子供たちが自分の両親に「飢えとは何?戦争とは何?」と尋ねることを私は願っています。子供がいない世界、それは人類の終わり...』

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  OldPhoto 

    菓子「子宝ちんこすこう」

    世界中の天使をご紹介しているこのブログ。
    天使といえば裸ん坊・・・ということで、今回とりあげるのは裸ん坊のパッケージ絵が可愛い沖縄のお菓子。
    もともとマンガ風な絵は載せない方針でいましたが、これは商品の紹介ということで・・・(^^;)

    chinkosukou.jpg

    琉球時代から続く沖縄伝統のお菓子といえば「ちんすこう」
    そのちんすこうをキノコのような形にして、子宝(子授け)をテーマにしたのがこの商品。
    沖縄の菓子メーカー「珍品堂」が2006年から製造販売しているお菓子「子宝ちんこすこう」

    子宝祈願のお菓子は昔から、たとえば愛知県の田縣神社や神奈川県の金山神社などでも売られていますが、これは一般向けの商品にしたってところが凄いですね。
    沖縄を訪れる修学旅行生にも人気で、小さな子供へのお土産としてもウケが良いそうです。

    この人気、マスコットのちんすこ坊や(という名前らしい)によるところが大きいんじゃないかとは思いますが、沖縄は実際に出生率第1位の県なので、子宝祈願としてもしっかりあやかれる商品となっています。

    私も高校時代、修学旅行は沖縄でした。
    帰りの土産はやっぱりちんすこうだったような記憶があります。
    ちんすこう自体もう何年も食べていないので、先日この商品を沖縄のネットショップで注文してみました。
    買ったのは「プレーン」と「南国チョコ味」と「南国マンゴー味」の3品。(上の写真)

    箱は260mm × 100mm × 35mmとかなり大きく、印刷もシッカリしていました。
    「掘りたて紅いも味」と「ほっこり抹茶味」も欲しかったんですが、残念ながら売り切れていて買えずじまい。
    こちらが買えなかった2品のパッケージ画像。

    chinkosukou_beniimo.jpg chinkosukou_matcha.jpg

    抹茶味を食べてみたかったんですが、まぁしょうがない、そのうちまた注文するかも。
    っていうか、ちんすこう自体はこっちでも売ってるんですけどね。(^^;)

    chinkosukou2.jpg chinkotowaza.jpg

    中身はひとつひとつ袋に包まれていて、袋にもちんすこ坊やが描かれていました。(左の写真、プレーンは15個入りで他は12個入り)
    味は美味しかったですよ。
    プレーンは普通のちんすこうで、チョコ味とマンゴー味は紅茶に合うクッキーって感じでした。

    それとオマケとして、1箱に1枚ずつ「ちんことわざカルタ」が入っていました。(右の写真)
    金運とか健康運と書かれているのでおみくじ的な意味もあるのかな?
    でも内容は小学生レベルというか、ヒジョ〜に脱力系でした。(^◇^;)

    それにしても、このての商品に子供のキャラを採用したことは画期的ですね。
    でも子授けや子孫繁栄のお祭りにも子供たちが稚児として参加しているわけですから、健康的な子作りを当の子供が願うのは至極当然なことかもしれません。
    ちんすこ坊やも日本の少子化を嘆いているそうです。

    あそうそう、ちんすこ坊やのお爺ちゃんである「子宝仙人」が公式ツイッターでこんなことを言っていました。


    お爺ちゃんリッパ!(モザイクのところじゃなくて、言ってることがね)
    そのとおり!
    でも人前で出して良いのは小さな子供と彫像だけですぞ。
    お爺ちゃんは自重しましょう。(だからモザイクなのね)

    沖縄名物「子宝ちんこすこう」
    将来ちんすこ坊やのような元気で可愛い男の子を産みたい!という方は願掛けとして買ってみてはいかが?


    子宝ちんこすこう 公式サイト
    http://chinkosukou.com
    ちんすこ坊やのツイッター
    https://twitter.com/chinkosukou

    タグ: 日本  少年  ♂♀  絵画  RUKA 

    書籍「天使の名画」

    book_tenshi-no-meiga.jpg

    私が紙の本を買うなんて何年振りでしょうか。
    ネットで見かけてずっと気になっていた1冊の本、このたび思い切って買ってみました。
    思い切るほど高い本じゃないですけどね。(^^;)
    本体価格2,000円ナリ。

    2015年に青幻舎から発行された『「天使」の名画』というタイトルの本。
    私の好きな天使や天使っぽい神々の絵画がてんこ盛りで、著者は美術評論家の平松洋さん。

    青幻舎のサイトから紹介文を引用しますと・・・

    ----------------------------------------------------------
    神話から聖書まで「天使」図像の変遷をたどる
    ダ・ヴィンチ、マネ、モローなど77作家の厳選の名画106点掲載!

    著者は『絶世の美女』『猫の西洋絵画』など斬新な絵画論で人気の平松洋。
    本書は、著者独自の視点により、これまでの天使本では語られることのなかった天使画の魅力を説き明かします。
    「天使」はいかに描かれるようになったのか。
    その変遷を学び、名画の美しさに酔いしれる、癒やしのビジュアルブックです。
    ----------------------------------------------------------

    ・・・だそうです。(`・ω・´)

    表紙にウィリアム・アドルフ・ブグローのクピドを持ってくるなんてシャレてるというか、商売上手というか。
    教会の壁画に描かれているようなコロコロ天使よりも、こういう思春期の天使のほうが目を引きますからね。

    写真を撮ってご紹介・・・と思ったんですが、オフィシャルサイトで10枚もの写真が掲載されているので、そちらを見てもらったほうが良いですね。

    「青幻舎のサイトより『「天使」の名画』の紹介ページ」
    http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-474-5

    私と同じ天使好きの方には超オススメ!
    是非どうぞ。□_(´▽`)

    タグ: Europa  少年  絵画  RUKA 

    エレン・ブルックスさんの写真作品(リンク)

    天使のような子供たちを撮影した写真家、今回はエレン・ブルックスさん(1946- )をご紹介。

    1960年代後半と70年代はロサンゼルスに拠点を置き、1982年からはニューヨークで活動しているアメリカの女性写真家です。
    著作権の関係で画像は掲載できませんので、作品はオフィシャルサイトでご覧ください。

    【Ellen Brooks: Selected Work】
    http://ellenbrooks.net

    子供たちをテーマにした作品はメニューのARCHIVE → Adolescents 1975–2011でご覧になれます。

    展覧会の会場でしょうか、子供たちの素朴なポートレイト写真が大きく引き伸ばされて壁に貼られています。
    小さな写真をタイル状に張り巡らした作品もありますね。
    デッサン画のようにシンプルで、それでいて何かを訴えかけるのような真剣な眼差し。
    考えさせるところがまさにアートですね。

    エレン・ブルックスさんは1968年と1971年に、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で学士号と美術修士号を授与されています。
    現在は布のオブジェやテクスチャーのような作品を手掛けていますが、初期の作品は一貫して人体を扱っていました。

    上記のページは1975年から2011年にかけておこなわれたヌードポートレイトの展示の様子で、70年代後半から80年代にかけてはTableauxと題したシリーズでミニチュアフィギュアも手掛けています。

    彼女の作品はニューヨーク近代美術館(MoMA)、ホイットニー美術館、ロサンゼルス現代美術館、フランスのポンピドゥーセンター、イギリスのJ・ポール・ゲティ美術館等で展示されています。


    Googleの画像検索で「Ellen Brooks」を検索
    Ellen BrooksVintage Photographs from the '70s

    タグ: America  少年  少女  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:21年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ America 笑顔 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 RUKA 風呂 絵画 伝統 ペイント OldPhoto Thong ダンス 眠り Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    上体反らし 2018/10/18
    虫刺され 2018/10/17
    ダビデという名の勇敢な少年 2018/10/16
    ピンクの傘 2018/10/15
    ポロっと優勝 2018/10/14
    天使たちの運動会【集団演舞編】 2018/10/13
    「The Light of Smile 笑顔の灯り」のURL変更 2018/10/12
    ネックレス職人 2018/10/12
    ボディアートと純粋少年 2018/10/11
    大海原と小天使 2018/10/10
    Boys with Turtles 2018/10/09
    お庭の天使 2018/10/08
    揚げパンボーイ 2018/10/07
    The Bathers 2018/10/06
    おませさん 2018/10/05
    日別表示
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer