Kindliche Neckerei

    paul_aichele_-_kindliche_neckerei.jpg

    ドイツの彫刻家、ポール・アイシェル(1859-1910)による1899年の作品「Kindliche Neckerei」
    タイトルは「幼いからかい」という意味。

    幼いとは言っても10歳以上だとは思いますが、男の子が植物を振り上げて女の子をからかっています。
    女の子もさほど嫌がっている様子ではなく、ふたりは普段から仲の良い幼馴染なんでしょうね。

    作者のポール・アイシェルはドイツの都市、マルクドルフで生まれました。
    1875年から1877年にかけてシュツットガルトの芸術学校に通い、1880年まではベルリン大学の美術学科に通っていたことはわかっていますが、それ以外のことはほとんど知られていません。

    無名ではありませんが、生い立ちについては謎多き作家のようです。
    作品は主にブロンズ像ですが、公園の石像なども手掛けています。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Paul Aichele - Kindliche Neckerei.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  彫像  CC-License 

    Przed lustrem

    kempinski_przed-lustrem.jpg

    ポーランドの画家、マチェイ・ケンピンスキー(生年不明- )による作品「Przed lustrem」
    日本語訳は「鏡の前で」

    作者のケンピンスキーについては詳しい情報が得られませんでした。
    彼の作品を掲載しているサイトは多いのですが、ほとんどがPinterestだったので画像以外の情報がほとんどありません。
    オフィシャルサイトを見てわかったことは次のとおり。

    マチェイ・ケンピンスキーは風景画や肖像画を描くポーランドの画家。
    作品に象徴的な意味を込め、色彩と造形に注意を払いながらある種の緊張を表現しています。
    彼はポーランドの画家協会とグラフィックデザイナー協会のメンバーであり、協会主催の展覧会で作品を発表しています。

    オフィシャルサイトのギャラリーを見てみますと、写実的な作品もあれば抽象的な作品もあり、またシンプルなイラスト風の作品もあり、作者の多彩な才能が伺えます。

    本人が絵に象徴的な意味を込めていると語っているとおり、確かに考えさせられる作品が多いですね。
    大胆なタッチで描かれたその絵は、まるで遠くから実際の光景を眺めているような錯覚さえ覚えます。
    顔を描いていない作品が多いことも、見ている者の想像力を刺激します。

    この作品にはどんな意味があるのでしょう?
    ちょっと薄暗い部屋の中、少年が大きな鏡に自分の姿を映しています。
    コンプレックスがあるのか、それとも逆にウットリしているのか。

    男の子は成長期に一度くらいは自分の体にときめく時期があるものです。
    まさに芽吹く時ですが、他人がこの芽を摘むことはできません。
    生きている証しを人への優しさに繋げてほしいですね。


    【MACIEJ KEMPIŃSKI - MALARSTWO】
    http://maciejkempinski.pl

    タグ: Europa  少年  絵画 

    En moders syn

    willumsen_en-moders.jpg

    デンマークの画家、ジェンス・フェルディナンド・ウィルムセン(1863-1958)による1910年の作品「En moders syn」

    タイトルは「母親の視線」という意味。
    宇宙空間のような水の中のような風景と、そこに漂うふたりの男の子。
    110年も前の作品とは思えないほど幻想的な絵ですね。

    たぶん兄弟だと思いますが、母親の視線ということで子宮の中のイメージもあるのでしょうか?
    しっかり握られた手と唇に当てた指、どんな意味が込められているのかと想像力を掻き立てられます。

    作者のウィルムセンはデンマークのコペンハーゲン生まれ。
    初めはラウリッツ・タクセン(1853-1927)とペデラー・セヴェリン・クリエール(1851-1909)のもとで学んでいましたが、次第に象徴主義(サンボリスム)の影響を受けていきました。

    象徴主義とは人間の内面や夢、神秘性などを象徴的に表現しようとするもので、文学上の象徴主義と関連して名づけられました。
    ウィルムセンのこの絵も人間の神秘性を表現したものなんですね。
    なるほどたしかに神秘的であり、ふたりの男の子が神々しくも見えます。

    彼は絵画以外にも彫刻、建築、写真に興味を持ち、1928年の彫刻作品はデンマークの文化遺産「Danish Culture Canon」にも登録されています。
    また1947年にはスウェーデンから「オイゲン皇太子勲章」を授与されました。

    デンマークのフレデリクサントにある「JFウィルムセン博物館」では、彼の多くの作品が展示されています。

    タグ: Europa  少年  ♂♀  絵画 

    Boyhood Australia

    hugles_ba12.jpg

    イギリスの写真家、ジョージ・ヒューグル(生没年不明)による写真作品「Boyhood Australia」

    これは写真のタイトルではなく、写真が収められていた書籍のタイトルです。
    古書として現在も販売されているかもしれませんが、出版元や発行年など詳しいことはわかりませんでした。

    タイトルが示すとおり、登場するのはオーストラリアの子供たち。
    雄大な大自然を舞台に動物たちと戯れる、まるで天使が舞い降りたかのような光景。
    ソフトフォーカス気味で幻想的な雰囲気を醸しています。

    hugles_ba15.jpg jhugles_ba14.jpg

    作者のヒューグルは幼い頃イギリスのロンドンで暮らしていましたが、第二次世界大戦の空襲により家族や友人を失うという悲劇に見舞われ、農村への避難を余儀なくされました。

    遠く離れた農村へとやってきた幼いヒューグル少年。
    ここでの新しい父母は、マイケルとピーターというふたりの息子がいる元学校教師でした。
    家族は彼を快く受け入れ、3人の子供たちは大の仲良しになりました。

    彼にとって農村での暮らしは毎日が刺激的で、まるでエンターテインメントの世界。
    ウサギを追いかけたり、川で水浴びをしたり、イカダを作ったり釣りをしたりと自由を満喫。
    ロンドンで恐怖の体験をした後だけに、ここでの暮らしはまるで天国でした。

    衣類の配給が乏しい時代だったので、服を汚さないよう、天気の良い日はみな裸になって遊んでいました。
    裸のままテニスやサッカー、クリケットもしました。
    元学校教師の母親は子供たちが裸で遊ぶことに寛容で、裸で過ごすことは健康に良いことだと子供たちに語っていたそうです。

    hugles_ba31.jpg hugles_ba37.jpg

    やがてヒューグルは大人になり、プロの写真家になりました。
    彼は自然と子供をテーマとした写真を通じて、子供時代の特別な記憶を取り戻そうとしました。
    彼の作品には、かつて農村で体験した天国のような光景が広がっています。

    大自然と動物と子供たち・・・これらは作品においても実生活においても素晴らしい組み合わせであることに間違いはありませんが、彼には特別な思いがあったのです。

    hugles_ba45.jpg

    写真集の前書きで彼はこう語っています。

    『ここに写る子供たちは飢えや戦争を知りません。世界中の子供たちが自分の両親に「飢えとは何?戦争とは何?」と尋ねることを私は願っています。子供がいない世界、それは人類の終わり...』

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  OldPhoto 

    Pojken med guldgåsen

    luterkort_pojkenmed01.jpg

    スウェーデンの彫刻家、エイナー・ルーテルコート(1905-1981)による1951年の作品「Pojken med guldgåsen」
    タイトルは「金のガチョウと少年」という意味。

    頭部が大きく、体形は完全に幼児ですね。
    棒を手に持ち、その棒の先には風呂敷のような袋をぶら下げています。

    しかし目立つのはその袋ではなく、もう少し下のほうにある袋。
    立派ですねぇ。(^^;)


    作者のルーテルコートは1905年に首都のストックホルムで生まれました。
    1926年からストックホルムの王立芸術アカデミーで彫刻を学び、その後はパリの国立高等美術学校、ローマの美術大学、ミュンヘンの美術アカデミーを卒業しています。

    1930年代からはスウェーデンの有名な陶器メーカー「ウプサラ・エケビー」で働き、その後ストックホルムに自身のワークショップを開きました。
    彼はスウェーデンの女優、イングリッド・ルーテルコート(1910-2011)の最初の夫でもあります。

    luterkort_pojkenmed02.jpg

    この作品はスウェーデンの都市エレブルーにある「スベアパーク」という公園に設置されているブロンズ像で、高さは約80cm、重さは約60kg。
    愛と温もりを求めて金の山羊を探すという、ハンス・クリスチャン・アンデルセン原作の童話が基となっているそうです。

    この画像ではタイトルのとおり、袋の中にガチョウがいるのがわかりますね。
    金のガチョウというか金がダッチョウというか、とにかく幼いながらも立派な少年の彫像でした。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Gossen med guldgåsen, Varberg.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  CC-License 

    Uli im Leonardo da Vinci Kreis

    will_mcbride-uli_im_leonardo_da_vinci_kreis.jpg

    アメリカ生まれのドイツの写真家、ウィル・マクブライド(1931-2015)による1978年の作品「Uli im Leonardo da Vinci Kreis」
    日本語に訳すと「レオナルド・ダ・ヴィンチ・サークルの中のウリ」となります。
    ウリとはこの子の名前です。

    「レオナルド・ダ・ヴィンチ・サークル」とは、イタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)が描いた線画「ウィトルウィウス的人体図」のこと。

    da_vinci_vitruve_luc_viatour_20171031113011b3c.jpg

    これが「ウィトルウィウス的人体図」
    古代ローマの建築家であったウィトルウィウスの著書「建築論」を基にした、ダ・ヴィンチが1487年頃に書いた手稿です。
    手足を大きく広げた男性の姿が描かれており、周りを囲む真円と正方形に指先が内接しているという構図になっています。

    ダ・ヴィンチと言えば有名な絵画「モナ・リザ」の作者ですが、絵画以外にも音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学など、様々な分野に顕著な業績を残したことで知られています。

    「ウィトルウィウス的人体図」は解剖学や生理学に長けたダ・ヴィンチならではの作品であり、この図は後世の人体デザインに大きな影響を与えました。
    現代では医学に関するシンボルとして多く用いられています。

    マクブライドの作品はこの図をモチーフとしたもので、それはタイトルからも明白。
    場所はアトリエだと思いますが、大きな板に黒い布を貼って円と四角を描き、少年に乗ってもらったんですね。
    たぶん足の下にでも小さな足場があるのでしょう。


    作者のウィル・マクブライドはドイツの報道・芸術写真家。
    アメリカのミズーリ州の都市、セントルイスで生まれた彼は子供時代をイリノイ州のシカゴで過ごし、その後バーモント州のバーモント大学に通い、1953年にニューヨーク州のシラキュース大学を卒業しました。
    1953年から1955年にかけて米軍の仕事でドイツに滞在し、1955年にドイツのベルリンに移住。

    ベルリンに移住した後、彼は写真家としてドイツの文化を記録し続けます。
    遺跡や都市の景観、ベルリンの壁の建設など。
    しかし最も重要なテーマとしたのは、葛藤と貧困の中で自由を求める若者のライフスタイルの記録でした。
    彼はドイツの住人として街に、そして人に溶け込み、ドキュメンタリースタイルの写真を撮り続けました。

    彼の作品は人体をテーマとしたものが多く、1974年にドイツで発行された子供向け性教育写真集「Zeig Mal!」(英語版タイトル"Show Me!")にも彼の作品が使われています。
    2000年以降はイタリアのボローニャ、ドイツのベルリン、ミュンヘン、フランクフルト等で個展が開かれ、2004年にはドイツ写真協会よりエリック・サロモン賞を授与されました。

    数々の賞を受賞し、その地位を不動ものとした写真家ウィル・マクブライド。
    2015年1月にドイツのベルリンにて84歳で亡くなりました。


    ところで一番上の写真を見て気付いたことですが、左足の指先がちょっとイビツになっていませんか?
    怪我でもしているのかと思いましたが、他の写真を見てみると・・・

    will_mcbride_uli-hager.jpg
    「Uli Hager with Wall Drawing」(写真集「40 Jahre Fotografie」より)

    この写真では足の指が綺麗に写っています。
    ということは最初の写真は足場の一部が同化して見えているだけなのか、現像上の不備か、それとも複製時の修正ミスか?(その可能性が高いかな?)
    いずれにしても画像上の不備のようですね。

    この写真では壁に体の輪郭が描かれ、各部位のサイズが記されています。
    ウィトルウィウス的人体図のモチーフといい、体をトレースした壁画といい、写真家ウィル・マクブライドの感性には芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチと似たものを感じます。

    表現の仕方は違っても、彼らの芸術魂を支えていたのは人間への深い愛情だったのでしょう。


    【Will McBride】
    http://www.will-mcbride-art.com

    Googleの画像検索で「will mcbride」を検索

    彼の作品集はAmazonでも購入できます。
    Will McBride: 40 Jahre Fotografie (Amazon.com.mx)

    タグ: Europa  少年  ♂♀  絵画  OldPhoto 

    ダリウス・スキテックの絵画作品

    dariusz_01.jpg dariusz_02.jpg

    当ブログではいつも心を癒せる作品をご紹介していますが、今回は趣向を変えてちょっと不気味な作品をご紹介。
    ポーランドが生んだ新進気鋭の画家、ダリウス・スキテック(1980- )によるホラータッチの絵画。

    子供をメインとした絵ではありますが、ご覧のように不気味なモンスターが描かれています。
    濃い色彩と濃い画風。悪夢のような風景にたたずむ少年少女たち。
    子供の頃に見たら怖くてトイレに行けなくなるような絵ですね。

    作者のダリウス・スキテックはポーランド西部の都市、ポズナン生まれのアーティスト。
    アングラ的な作品のせいか作者についての情報はほとんど得られなかったんですが、その作品からは真摯なメッセージを感じます。

    いわゆるシュールレアリスムであり、ホラーでグロテスクな要素を直接的に散りばめているかなりアクの強い絵です。
    子供とホラーというと「子供にとっては...」という捉え方と「子供というものは...」という捉え方の二つがありますが、彼の絵はその両方を同時に表現しているようにも思えます。

    dariusz_03.jpg dariusz_04.jpg

    私にとって子供は天使のイメージですが、人によっては悪魔だったりゴブリン(小鬼)だったりと、不気味なイメージを持つ人も少なくはないのでしょう。
    昔から小説や映画等ではよくあるモチーフですね。
    エクソシストのリーガンちゃん然り、呪怨の俊雄くん然り、チャイルドプレイのチャッキーさん然り。(最後のは人形ですけど...)

    しかし子供が醸す「何を考えているかわからない」という不気味さでいえば、私が真っ先に思いつくのは1976年のスペイン映画「ザ・チャイルド」(原題:Who Can Kill a Child?)

    スペインのとある孤島を舞台に、子供たちが突如大人を惨殺し始めるというストーリーの映画ですが、ゾンビのようなスプラッターではなく、オカルトでもなく、子供たちは終始可愛らしい子供のまま。
    だからこそ恐ろしい。

    同じようなストーリーでスティーブン・キング原作の「チルドレン・オブ・ザ・コーン」というアメリカ映画もありますが、ザ・チャイルドのほうが不気味さが抜きん出ているように思います。(子役の可愛さも)
    機会があればぜひご覧ください。

    スキテックの絵画も子供をホラー的に描くことはなく、子供は可愛い子供として描かれています。
    ヌードであることは無防備の状態であると同時に偽りのなさでもあり、グロテスクな怪物と絡めて描くことで子供特有の内面性がより色濃く反映されています。

    芸術におけるホラーというジャンルは非常に誤解されやすいものですが、それは人間の体についても同じ。
    こちらに向かって微笑みかける裸の子供たちと、おどろおどろしい怪物たちの様相に何を感じるか、それはある意味、子供たちが大人に対して持つ印象なのかもしれません。


    【Dariusz Skitek】
    http://dariuszskitek.blogspot.jp

    タグ: Europa  少年  少女  笑顔  ♂♀  絵画 

    Felix

    dimbleby_felix01.jpg dimbleby_felix02.jpg

    スコットランドの彫刻家、ニコラス・ディンブルビー(1946- )による作品「Felix」
    タイトルはフェリックスまたはフィリックスと読みますが、この少年の名前かな?

    広いフィールドに置かれた男の子のブロンズ像。
    右手の掌を下に向けた、何か意味がありそうなポーズをしています。
    羊飼いであれば、牧羊犬に「待て」と指示しているようにも見えますね。

    作者のディンブルビーはスコットランドの首都、エディンバラ生まれ。
    1760年に創設された歴史のある大学「エディンバラ・カレッジ・オブ・アート」で1968年から彫刻を学び始めました。
    その後ファインアートの分野で学位を取得し、数々の作品を発表しています。

    彼の彫刻作品のほとんどは粘土で原型を作ることから始まります。
    石を彫刻したように見える作品も、実際には石粉、樹脂、ガラス繊維等を使用しているそうです。

    また彼は「私の作品は常に比喩的なものだ」と語っています。
    ということはこの作品もただの少年像ではなく、何か深い意味があるのでしょう。


    【Nicholas Dimbleby】
    http://www.nicholasdimbleby.co.uk

    タグ: Europa  少年  彫像  ♂♀ 

    着信アリ

    mamakaramail.jpg

    ポロンポロン♪
    「あ、お母さんからメッセージだ!」
    なにっ!急用か!?
    「ううん、今おいしいもの食べてるよ...だって」
    なんじゃそりゃ!


    撮影と著作
    Copyright : RUKA

    タグ: Asia  日本  少年  RUKA 

    Mowgli and Bagheera

    detmold_mowgli_and_bagheera01.jpg

    イギリスの画家、エドワード・ジュリアス・デトモルト(1883-1957)と、チャールズ・モーリス・デトモルト(1883-1908)のふたりによる1908年の作品「Mowgli and Bagheera」(モーグリとバギーラ)

    アニメーションや映画にもなった有名な小説「ジャングルブック」の登場人物を描いたものです。
    絵画というよりも緻密なイラストレーションですね。

    作者のエドワードとチャールズは双子の画家。
    生まれた頃は父親が病気がちなため、彼らは叔父である英国の医師、エドワード・バートン・シュルダム博士と共に暮らしていました。

    エドワードもチャールズも幼い頃から自然や芸術に興味を示し、とくに動物の描写に優れた才能を発揮します。
    伝統的な日本画やアール・ヌーヴォー運動の影響を受けた彼らの作品は他の画家からも賞賛を受け、わずか13歳で描いた水彩画が王立芸術アカデミーとロイヤル・インスティテュートに展示されたほどでした。

    ふたりはその後、水彩エッチングと銅板によるカラー印刷機を使い、自宅で印刷物を作成する技術を習得しました。
    1898年には動植物を描いた作品集を発行し、1899年に出版された書籍「Pictures From Birdland」ではカラーイラストの制作を担当しました。
    彼らが描く動物の絵はその正確さと緻密さで動物学者からも一目置かれ、1900年にはロンドンの美術協会のギャラリーにも展示されました。

    画家としてもイラストレーターとしても成功を収めた彼らでしたが、1908年のある日、チャールズがクロロホルムを吸引して死亡してしまいます。(自殺?)
    その後はエドワードがひとりで制作を続け、1909年には「イソップの寓話」、1911年と1915年には小説「青い鳥」でお馴染みのモーリス・メーテルリンクの書籍に携わり、1919年と1921年には自然や昆虫を描いた作品集を出版。

    その後もエドワードは精力的に作品作りを続け、20世紀における非常に才能のあるイギリス人画家となりました。
    晩年は完全に引退して静かな余生を送っていましたが、1957年7月、彼は自分の胸に向かって銃を撃ち、自らの人生を終えました。

    鋭い洞察力と緻密な描写力を併せ持つ双子の画家、エドワード・ジュリアス・デトモルトとチャールズ・モーリス・デトモルト。
    小説や図鑑のイラストレーションで絶賛された彼らでしたが、ふたりとも不穏な死を遂げたことは非常に残念です。

    detmold_mowgli_and_bagheera02.jpg detmold_the_jungle_book.jpg

    このジャングルブックを描いた作品は1908年制作なので、ふたりで共同作業した最後の作品ということになりますね。
    ジャングルブックといえば数々の画家が描き、漫画やアニメにもなりましたが、主人公のモーグリは画家によって全裸のキャラと半裸のキャラとに分かれます。

    Googleの画像検索で「jungle book mowgli illustration」を検索

    フランスの有名なイラストレーター、ピエール・ジュベールが描いたモーグリも全裸の少年でしたが、1967年のディズニーアニメのモーグリはインド式フンドシのランゴータを締めていて、1989年の日本のアニメのモーグリは腰に黄色い布を巻いていました。

    ところが2016年に公開された、実写とCGを組み合わせたアメリカ映画では、なんとショートパンツのような形に変わっていました。(デザインはランゴータっぽいんですが、形は完全に短パン)

    原作の小説のモーグリはもちろん全裸です。
    時代が変われば読み手が受けるイメージもそりゃあ変わるでしょうが、動物に育てられた野生児がパンツをはきますか?

    現代に合わせて不自然な改変を施してしまうと、人間という生き物に対する人々の考え方も、より不自然な方向に行ってしまうような気がしてなりません。

    タグ: Europa  Asia  少年  絵画  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。

    当ブログのトップページをシェアする場合は下のSNSボタンをご利用ください。

     

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 水着 Face イベント CC-License 彫像 スポーツ 日本 RUKA 風呂 絵画 伝統 ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 OldPhoto Oceania 動画 

    最新記事
    海で凧揚げ 2018/01/18
    天使の水浴び 2018/01/17
    書籍「イメージの冒険 - 7 写真」 2018/01/16
    正直な天使 2018/01/15
    みんな仲良し 2018/01/14
    Greased pole 2018/01/13
    お姉ちゃんの世界 2018/01/12
    お披露目 2018/01/11
    踊れや踊れ! 2018/01/10
    ジャックス・デュバルの写真作品 2018/01/09
    愛の天使 2018/01/08
    天使の波紋 2018/01/07
    Niño andando con zapatillas / Encarnación 2018/01/06
    ハンモックの了解 2018/01/05
    新鮮イキイキ! 2018/01/04
    日別表示
    12 | 2018/01 | 02
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別表示
    おすすめリンク
    ユーザー掲示板
    Angelboys Fairygirls