The Slave Market

    boulanger-the_slave_market.jpg

    フランスの画家、ギュスターヴ・ブーランジェ(1824-1888)による1882年の作品「The Slave Market」
    日本語でのタイトルは直訳の「奴隷市場」

    当ブログでこの作品を紹介することに関しては正直迷いました。
    子供が描かれているとはいえ、テーマが重過ぎるからです。
    しかしこの作品から何か大切なことも学べるだろうと、採り上げてみました。

    この絵は古代ローマ時代におこなれていた奴隷市場、つまり人身売買の様子です。
    奴隷とは、人間としての名誉、権利、自由を認められず、他人の所有物として取り扱われる人のこと。
    程度の差はあれ、古代にはこのような奴隷制度が世界中に存在したと言われています。

    ステージの一番左にいるのは5,6歳の裸の男児で、隣では体格の良い青年が腕組みをして立ち、その前には体を隠すようにうずくまっている女性がいます。
    真ん中の黒人女性は怯えるような仕草をしており、その隣には半透明の衣をまとい胸をさらしている大柄な女性。
    一番右には10歳くらいの少女が立ち、その前では衣装をはだけた女性がしゃがみ込んでいます。

    これから彼らを商品としたセリ(競売)が始まります。
    ステージに腰掛けて昼食をとっている黄色い服の男性は競売人です。

    買う側は上流階級の人間だと思いますが、農業や荷運びなどの重労働、家事、その他、何に従事させるかによって競る対象も変わるのでしょう。
    幼い子供がどのような仕事をするのかは想像の域を出ませんが、女性のうちの二人が自ら服をはだけているのも、悲しいかな生きるすべなのかもしれません。


    この絵の作者、ギュスターヴ・ブーランジェは植民地出身者の両親から生まれ、14歳で孤児となりました。
    1846年、22歳のときにパリのエコール・デ・ボザールに入学し美術を学び始めます。
    1849年にローマ賞を受賞し、1882年には芸術アカデミーのメンバーとなり、1885年からはアカデミー・ジュリアンの教授となりました。

    彼は主に東洋の文化を描く東洋画家でしたが、実際にイタリア、ギリシャ、北アフリカ等を訪れ、歴史的・文化的に正しい絵を描くよう心掛けたそうです。
    そのため古代ローマ時代の奴隷制度を描いたこの作品も、史実とそう大きくは違っていないと思われます。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Boulanger-gustave-clarence-rudolphe-french-1824-1888-the-slave-market.png
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  イベント  絵画  CC-License 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Angelboys Fairygirls

    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia イベント CC-License 彫像 スポーツ 日本 風呂 絵画 RUKA 伝統 ペイント ダンス Thong 眠り OldPhoto Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    小さなバレリーナ 2018/06/21
    男たちの冒険 2018/06/20
    書籍「Images Souvenirs」 2018/06/19
    クジラの魅力・子供の魅力 2018/06/18
    天使の兄妹 2018/06/17
    J.L.デルモンテの彫刻作品 2018/06/16
    LANG-AYフェスティバル 2018/06/15
    天使の集会 2018/06/14
    牛追い祭りの少年 2018/06/13
    スマホ版表示の制約 2018/06/12
    動く子供を素描で表現 2018/06/12
    冒険バスルーム 2018/06/11
    しゅっぱ〜つ! 2018/06/10
    Partridge Boys in Alabamas 2018/06/09
    天使ちゃんはフォトグラファー 2018/06/08
    日別表示
    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    月別表示
    おすすめサイト 1
    [画像関連]
    おすすめサイト 2
    [Pro Photographer]