Standing Nude Ephebe With Shield and Staff

    witkamp-standing_nude_ephebe.jpg

    オランダの画家、エルンスト・ヴィトカンプ(1854-1897)による1877年の作品「Standing Nude Ephebe With Shield and Staff」

    タイトルは日本語に訳すと「盾と杖を持つ、立っている裸のエフェベ」となります。
    エフェベとは青年という意味もありますが、古代ギリシアにて軍事訓練を受けていた17〜18歳くらいの男性のこと。
    この絵は17歳にしては体の中心部が幼く見えますが、古い絵画や彫刻ではよくあることです。

    作者のエルンスト・ヴィトカンプはオランダの首都アムステルダム生まれの画家。
    地元の美術学校で絵を学んだ後、ベルギー、フランス、ドイツを旅して技術を磨き、1882年には若いアーティストに与えられる賞、Willink van Collen賞を受賞しています。

    彼はアムステルダムのビジュアルアーティスト団体、Society Arti et Amicitiaeの役員であり、フォーダー博物館の責任者でもありました。
    しかし残念なことに、43歳の若さでこの世を去っています。


    さて彼が描いたこのエフェベの絵、最初に見たときはちゃぶ台を立てているのかと思いましたが(んなわけない!)盾だったんですね。
    右手に持っている杖も武器として使用するものだそうです。

    古代ギリシアの国々、とくに「スパルタ」と呼ばれる都市国家では、屈強な兵士を育てるために日夜厳しい軍事訓練がおこなわれていました。

    スパルタの少年は7歳になると強制的に親元から離され、軍の施設で規律の厳しい集団生活を課せられます。
    軍事訓練は下着姿に裸足でおこなわれ、これはスパルタの法律家リュクルゴスが「裸足で訓練をおこなえばより強靭な足となり、速く走れるようになる」と考えたからだそうです。

    食事は必要最小限の量しか与えず、これもリュクルゴスが「空腹に慣れさせれば戦闘時に欠食しても長時間持ち堪えられるようになる」と考えたからです。
    また従順にさせるため、反抗的な子や規律を破った子には鞭打ちなどの懲罰を与えていました。

    12歳になると下着を制限され、全裸での生活を基本とされます。
    幼い子が下着姿なのは粗相(そそう)をするからかもしれませんが、12歳から裸にさせるのにはどんな理由があるのでしょうか?逃走させないため?
    祭りのときはみな裸で踊らされたそうです。

    成長期に十分な栄養を与えず、思春期に裸で生活させるというのは少年たちの人格を無視した酷い話ですが、それだけ戦闘に特化した国だったということでしょうか。
    上の絵を見て17歳にしては幼く見えると言いましたが、もしかしたら当時のスパルタの少年はこの過酷な生活のため、実際に発育が遅かったのかもしれませんね。

    スパルタの軍事訓練はあまりの厳しさで有名になり、その名は現代も「スパルタ教育」という言葉で残っています。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  絵画 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    RUKAのTwitter
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia イベント CC-License 彫像 スポーツ 日本 風呂 絵画 RUKA 伝統 ペイント Thong ダンス 眠り OldPhoto Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    1970年〜1980年の男子用水着 2018/05/26
    70年代エンジェル 2018/05/26
    パレードの華 2018/05/25
    パナマの小さなミュージシャン 2018/05/24
    赤いポートレイト 2018/05/23
    リディ・ファン・マウリク・ブロークマンの彫刻作品 2018/05/22
    腹筋ガール 2018/05/21
    逆立ち飛び込み 2018/05/20
    ステファン・ザントマンの写真作品 2018/05/19
    レインボーブリッジ 2018/05/18
    汚れを落とそう 2018/05/17
    熱い石畳 2018/05/16
    Young Boy with a Teapot 2018/05/15
    遠心力 2018/05/15
    渚のヴィーナス 2018/05/14
    日別表示
    04 | 2018/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別表示
    おすすめリンク
    ユーザー掲示板
    Angelboys Fairygirls