Luco

    luco_charles_leplae_oudwijk_utrecht.jpg

    ベルギーの彫刻家、チャールズ・レプライ(1903-1961)による1944年の作品「Luco」
    オランダの都市ユトレヒトのEmmalaanという地区の公園広場に設置されているブロンズ像です。
    1944年に制作され、作者の没後1964年にこの場所に設置されました。

    美術館や彫刻広場のようにたくさんの彫像が並んでいる光景も見応えがありますが、広い場所にぽつんと置かれているのも味わい深いですね。
    その場所の目印となるだけでなく、風景と一体化した孤独感が物語性を感じさせます。

    作者のチャールズ・レプライは、ルーヴェン大学の農学部の教授であり植民地省の長官でもあるエドモンド・レプライの息子として生まれました。
    チャールズも学術的な分野へと進む道が用意されてはいましたが、彼は芸術家への道を選んだようです。

    アントワープ芸術アカデミーを卒業後しばらくは弁護士を務めていましたが、1929年にルーベンス財団から奨学金を得てフランスのパリに留学。
    1932年にはフリーアカデミー・オブ・ベルギー(ピカード財団)のメンバーとなり、ブリュッセルに定住しました。

    charles_leplae_medal.jpg

    彼は彫像だけでなくメダルの制作もおこなっており、1958年のブリュッセル国際展覧会ではこのようなメダルを発表しています。
    「より人間的な世界のために」と題されたこのメダル。
    図案が広場の彫像と同じなので、たぶん同じコンセプトによるものでしょう。


    charles_leplae_luco01.jpg charles_leplae_luco02.jpg

    悲しそうにうつむいたまま、住宅街でぽつんと立ち尽くす男の子。
    服を着ていたら現実にもありそうな光景ですね。
    もしそういう子を見かけたら、あなたならどうしますか?

    30年以上前の日本なら、きっと声をかけて事情を聞いて、家に招いて、食事でも与えて、その子の親御さんに電話をして話をして・・・とする方も多かったでしょう。
    もし親の厳しさによるものだとしたら、見ず知らずの相手であっても子育てについて真剣に語り合うでしょう。

    でも今はそういった善意も不審な行為とみなされる時代。
    その子には近付かず声もかけないという人がほとんどじゃないでしょうか。
    「子供は地域ぐるみで育てよう」その理念は変わっていないにしても、実践するのはなかなか難しい時代になってしまいましたね。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Luco Charles Leplae Oudwijk Utrecht.JPG
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    charles_leplae-luco_bw.jpg charles_leplae-luco_like.jpg

    チャールズ・レプライ作「Luco」と、それと同じポーズの人間との比較。
    (人体画像出典:Jeunes et Naturels)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  ♂♀  CC-License  OldPhoto 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:21年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ America 笑顔 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 RUKA 風呂 絵画 伝統 ペイント OldPhoto Thong ダンス 眠り Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    Prometheus und die Okeaniden 2018/10/20
    夏のひととき 2018/10/19
    上体反らし 2018/10/18
    虫刺され 2018/10/17
    ダビデという名の勇敢な少年 2018/10/16
    ピンクの傘 2018/10/15
    ポロっと優勝 2018/10/14
    天使たちの運動会【集団演舞編】 2018/10/13
    「The Light of Smile 笑顔の灯り」のURL変更 2018/10/12
    ネックレス職人 2018/10/12
    ボディアートと純粋少年 2018/10/11
    大海原と小天使 2018/10/10
    Boys with Turtles 2018/10/09
    お庭の天使 2018/10/08
    揚げパンボーイ 2018/10/07
    日別表示
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer