天使のカタチ

    「日本人は欧米人に比べて腸が長い」という話を聞いたことがありますが、どうやらこれは根拠のないデマらしいですね。
    1995年に英国と日本の医師によって発表された研究データによると、腸の長さには人種による差がほとんど認められなかったそうです。
    また日本消化器内視鏡学会も、日本人とアメリカ人の大腸の長さに差異はみられずほぼ同等であると結論付けています。

    とは言え、日本人の小さな体に欧米人と同じ長さの腸が収まっているのであれば、それはそれで日本人の胴が長い(足が短い)理由でもあるのかな?という気もします。

    そこでなんとなく気になったのが「国によって子供の体形に差はあるのだろうか?」ということ。
    もちろん飽食気味な子と飢えている子では明らかに違いますが、普通に生活している子供の標準的な体形に、国による差異は認められるのだろうか?ということ。

    本来ならば各国の同じ年齢の子供を並べて比較すれば良いのでしょうが、そういうデータは無いので、ここでは各国の「彫像」を比べてみたいと思います。
    あくまでも体形を忠実に造形していることが前提ですが。

    できるだけ直立している作品を選んで、作者の国ごとに男女2枚ずつ並べました。
    神話の登場人物は作者とは国籍が一致しないので、ここでは除外しました。

    さて、国によって体形の違いはあるのでしょうか?


    【アメリカの子供たち】
    johnson_burt_fine_arts_lobby_1.jpg edward_berge_seaurchin.jpg
    「The High Note」 「Sea Urchin」


    【イギリスの子供たち】
    goscombe_john_joyance04.jpg mileham_anne01.jpg
    「Joyance」 「Anne of Buckinghamshire」


    【イタリアの子供たち】
    ugoguidi_sangiovannino.jpg messina_beatrice01.jpg
    「San Giovannino」 「Beatrice」


    【オランダの子供たち】
    kant_pod.jpg arne_durban_Staende_pike0.jpg
    「瓶を持つ少年」 「Stående pike」


    【スウェーデンの子供たち】
    boy_and_girl_statue_near_the_railway_station.jpg peter_linde_mimi02.jpg
    「寒空のふたり」 「Mimi」


    【ドイツの子供たち】
    robert_saake_stehende_knabenakt01.jpg preiss_girlwithbox01.jpg
    「Stehender Knabenakt」 「Girl with Box」


    【ノルウェーの子供たち】
    perung_boys.jpg per_ung_barn3big.jpg
    「Boys」


    【フランスの子供たち】
    gardet_tireur.jpg bofill_la_comparaison.jpg
    「安定した立ちポーズ」 「La comparaison」


    【ロシアの子供たち】
    olegklimov_boy02.jpg laveretsky_girlandboy.jpg
    「カエルを持つ少年」 「兄・父・爺」


    【日本の子供たち】
    hyogo_mukonoso_statue.jpg churyo_girl.jpg
    「武庫之荘駅前の少年像」 「佐藤忠良氏の少女像」

    う〜ん、多少の違いは個人差であって、国によって何か特徴があるわけではないみたいですね。
    たぶん実際の子供たちを比較しても同じでしょう。

    あえて言うなら、たくましいアメリカ、バランスのとれたイタリア、素朴なスウェーデン、滑らかなフランス、メリハリの少ない日本・・・といったところでしょうか。(^^;)

    でも今の日本の若者は昔の日本人よりもずっと背が高く、足も長いので、食事や生活習慣によっては日本人の多くがモデルのような体形になる時代が、いつかは来るのかもしれません。

    ただしボディスタイルと引き換えに健康が損なわれてしまっては良くないので、肉・魚・野菜をバランスよく摂取する長寿国ニッポンの食文化は、これからも引き継がれていってほしいですね。
    関連記事

    タグ: 日本  Asia  Europa  彫像  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 風呂 RUKA 絵画 伝統 ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 OldPhoto Oceania 動画 

    日別表示
    11 | 2017/12 | 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    月別表示
    最新記事
    国別アクセス
    Flag Counter
    おすすめリンク
    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls