ヴィルヘルム・フォン・プリュショーの写真作品

    pluschow_untitled.jpg

    ドイツの写真家、ヴィルヘルム・フォン・プリュショー(1852-1930)による1890年頃の写真作品。

    王様の前でひざまずく少年・・・というか、全員少年ですね。
    コスチュームや装飾、ポーズなどに古代ローマを思わせる演出が成されていますが、どことなく文化祭的な雰囲気でもあります。

    こんな演出の写真をどこかで見たことがあるような・・・?
    それもそのはず、作者のプリュショーは以前紹介したヴィルヘルム・フォン・グレーデンの従兄弟(いとこ)なのです。(該当記事)
    作風がグレーデンと非常に似通っているため、しばしばグレーデンの作品と混同されることがあるそうです。

    pluschow_timbrato.jpg pluschow_1637.jpg
    File:Plüschow, Wilhelm von (1852-1930) - n. 2445 timbrato.jpg
    File:Plüschow, Wilhelm von (1852-1930) - n. 1637.jpg

    プリュショーはグレーデンと同じく、森林監督官を務める父親のもとに7人兄弟の長男として生まれました。
    父親は同国の君主シュヴェリーン大公の長男の庶子(妾の子)で、大公の甥であるフリードリヒ・フランツ2世の宮廷に使える官僚でした。

    そのような家柄に生まれていながら何故?と思ってしまいますが、プリュショーは1870年頃に名前をヴィルヘルムからグリエルモに変え、イタリアのローマに渡ってワインの販売業で生計を立てていました。
    しかしその後突然プロのヌード写真家に転身し、ナポリへと移り住んで数々の作品を発表します。

    「グリエルモ・プリュショー」の名で発表した作品はグレーデンと同じく古代ギリシア・ローマをイメージさせるものでした。
    しかしグレーデンほどの写真技術を修得してはいなかったのか、たんにモデルを配置して撮っただけの作品が多いようです。

    pluschow_innocence.jpg stratz_pluschow_dkdk.jpg
    File:Plüschow, Wilhelm von (1852-1930) - Innocence.jpg
    File:Stratz - Körper des Kindes 04.jpg

    プリュショーは当時も今も、グレーデンほどの高評価はされていません。
    理由は、モデルのポーズや構図、照明の扱い等がグレーデンのそれよりも見劣りがするというのがひとつ。
    もうひとつは、彼には逮捕歴があるからです。
    1902年に未成年のモデルと関係を持った罪により8ヶ月間の投獄生活を送っています。

    しかし人間の姿を学術的に記録するという意味においては貴重な存在だったようで、ドイツの産婦人科医、カール・ハインリヒ・シュトラッツ(1858-1924)が出版したいくつかの書籍においては、プリュショーの写真が資料として使われています。(該当記事)

    また、モデルのひとりであったヴィンチェンツォ・ガルディという少年は、後にプリュショーの意志を継ぐかのように写真家となり、プリュショーの作品の所有者となったそうです。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    Catalogue of Wilhelm von Plüschow's pictures
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  衣装  OldPhoto  CC-License  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    おすすめリンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 風呂 RUKA 伝統 絵画 ペイント Thong 音楽紹介 眠り Africa Oceania OldPhoto 動画 

    日別表示
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別表示
    最新記事
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls