なんとなくのこだわり

    kodawari.jpg

    (´・Д・)『カテゴリ”子供画像”で、絵画と彫刻と写真を一緒にしているのはなぜ?』

    それが絵でも彫刻でも写真でも、子供の素晴らしさを伝えているという意味では同じだからです。
    美術館の作品を鑑賞するように子供写真を見て、子供を愛でるようにアート作品を見ようという気持ち。


    ( ゚д゚)『”水着”や”衣装”などのタグがあるのに、”裸”や”ヌード”というタグがないのはなぜ?』

    天使は裸がデフォルト(基本的な状態)だからです。
    つまりそれが本来の姿だから、あえてタグを付けなかったというわけ。


    ( ´Д`)『そのダグだけど、なんで Face と Water と Thong だけ英語で書いてんの?』

    その3つは日本語で書くと「顔」「水」「褌」と一文字になってしまうので、クリックしづらいかな〜と思って。
    ま、大した理由ではないです。


    (=゚ω゚)『RUKAさんが撮影した写真の下には"Copyright : RUKA"の文字があるのとないのがあるけど、なぜ?』

    私が人物や動物を撮った写真、私が加工した画像、そして複数の商品を組み合わせて撮った写真の下には私のコピーライトを記しています。
    物をただ撮影しただけの場合は記していません。


    ( ゚д゚)『海外のアーティスト名をカタカナで表記しているのはなんで?』

    アーティスト名が元の表記だと日本人には読みにくい名前が多いからです。
    作品と同時にその作者も紹介しているわけですから、私としては是非とも名前を覚えてほしいと思い、それでカタカナ表記にしています。


    ( ̄Д ̄)『じゃあなんで作品名はカタカナにしないの?』

    作品名の中にはすでに他の言語に翻訳されて伝わっているものもあり、それをカタカナ表記にすると原題からかけ離れてしまうことがあるからです。
    作品名はできるだけ流通名で記載したほうが良いだろうと、そのまま表記しています。


    (。・ω・。)『このブログは途中でタイトル変わったよね?』

    何度か変更しています。
    最初は2010年にアメブロで「笑顔の灯りブログ」という日記ブログを始めて、その後「チラシの余白」に変更。
    さらに「天使の姿に癒されて...」というタイトルに変えた後、2014年12月にアメブロを終了。

    その後FC2ブログを同じタイトルで始めて、2016年に「Angel Garden」に変えました。
    現在はドメインを取得しURLが「angelgardenjp.com」になっているので、今後は変えることはないと思います。


    (´ω`)『Flickrから画像を選ぶとき、こだわっていることはある?』

    天使たちを鑑賞するブログなので、できるだけ天使の姿に近い画像を選んでいます。
    しかしFlickrにある画像なら何でも貼り付けられるというわけではなく・・・

    ・ Flickrの規約に反しておらず...(著作権侵害や猥褻性がない)
    ・ Flickrにログインしていない人も見れて...(一般公開している)
    ・ SNSやブログでの共有を許可している...(シェア機能ON)

    この3つにすべて当てはまる画像から選んでいます。


    (˘・з・˘)『写真家の作品を紹介した記事に、画像のある記事とない記事(リンクのみ)があるのはなぜ?』

    引用の条件を満たせば著作者に断りなく画像を掲載することは可能ですし、複数のサイトで共有されている画像、フォーラム等で公開されていた画像は私も引用として使用しています。
    しかし著作者のサイトのみで公開されている画像はそこへ行って鑑賞するべきだと思うので、あえてリンクのみの記事としています。


    (´_ゝ`)『そもそもここ、何歳くらいの人を対象としてるんだ?』

    昔開いていたサイト「The Light of Smile」は下は幼稚園児から上はお年寄りまで集うサイトでしたが、ここ「Angel Garden」は小さな子供の面倒が見れるようになり、なおかつ美術にも興味を持つであろう「中学生以上」の方を対象としています。
    私が子育てと美術に興味を持ったのが中学生の頃だったので。


    ( ´▽`)『ここはだいたい何時ごろ更新してるの〜?』

    仕事から帰宅したあと夜中に2時間ほど画像鑑賞&記事の下書き。
    そして起床後のAM10時頃に投稿しています。
    更新に関してはとくにこだわりはありませんが、勤務時間の関係上、今のところはこのパターン。
    関連記事
    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia イベント CC-License 彫像 スポーツ 日本 風呂 絵画 RUKA 伝統 ペイント Thong ダンス 眠り OldPhoto Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    ベイヨー・ロンコネンの彫刻作品 2018/07/17
    ボウズが上手にポーズを決めた 2018/07/16
    寝相 2018/07/15
    小さな水着の天使たち 2018/07/14
    太陽と水と素肌と笑顔 2018/07/13
    玉取りゲーム? 2018/07/12
    体操開花 2018/07/11
    泥遊びのメリット 2018/07/10
    みだれ髪ダンス 2018/07/09
    ピッタリ収納 2018/07/08
    Strömkarlen 2018/07/07
    海色のキャンバス 2018/07/06
    熱中少年 2018/07/05
    お風呂でダンス 2018/07/04
    人間になれたら... 2018/07/03
    日別表示
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer