甥っ子の自転車

    oijitensha.jpg

    数年前のこと、甥っ子が「新しい自転車が欲しい」と言うので買ってあげることにしました。
    一緒に近所の自転車屋へ行き、好きな自転車を選ばせました。

    すると甥は自分とはまったくサイズが合わない大きめの自転車を指差し、これが欲しいと言い出しました。
    またがってみると、サドルを一番低くしてもつま先立ちになってしまいます。
    私も店の主人も「体に合ったものじゃないと危ないよ」と忠告しているのに、甥はがんとして譲りません。
    その隣には同じデザインで丁度良いサイズのがあるのに、この大きさじゃなきゃイヤだとゴネる甥っ子。

    「仕方ない、成長期なのでこれから体も大きくなるだろう」と、その自転車を買ってあげました。
    値段は3万円弱でしたが、私にとっては思い切った大サービスでした。

    甥はこの自転車が気に入ったようで、私と何回か近場にサイクリングにも行きました。
    止まるたびにコケそうになって「あと10cm背が高くなれば丁度いいな、でもそんなのあっという間だな」なんて思いながら。

    数ヶ月後「あの自転車、今も大事に乗ってるかい?」と何気なく話しを出してみたら、なんと・・・

    「ああ、あれリサイクルに売って別なの買った」だって。(−_−;)

    まぁ買ってあげたものにその後どうこう言うつもりはありませんが、せめて2年は使ってほしかったなぁ。
    大きくて乗りにくかったのなら成長するまでとっておけば良いことだし。

    リサイクル店が繁盛しているこのご時世、家の中の物が目まぐるしく入れ替わる家は多いんでしょうね。
    でも子供たちには、自分が選んだ物は大切にして末永く使う、ということも心得てほしいなと思いました。


    撮影と著作
    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: 日本  Asia  少年  RUKA 

    コメント

    Secret

    No title

    せっかく叔父さんが買ってくれた自転車を売って別のを買ってるなんて、
    甥っ子さん無神経というか、たくましいというか(笑)
    大きめの自転車を選んだのはちょっと背伸びしたかったのかな?

    思い出の品があるというのはいいことですよね。
    なくても、このように写真に収めておけばいつでも思い出せますね。
    子供の写真はなにげない日常のものほど価値があると思います。
    特別なイベントのものもいいのですが。

    Re: No title

    おそらく友達に見栄を張りたくて大きめのを選んだんでしょうけど、やっぱり乗りにくかったのと、その後もっと欲しいのが見つかったんでしょう。
    でも小学生が自分でリサイクルに売れるわけはないので、こういうのは親の性格というか、考え方の違いでしょうね。
    いちおう半年以上は乗ってたみたいですが。


    >子供の写真はなにげない日常のものほど価値があると思います。

    そういう何気無い写真を親は毎日のように撮れるわけで、ある意味うらやましいですね。
    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供の笑顔はこの世を平和にする至高の灯り。埼玉在住の子供大好きRUKA (♂)です。(RUKAはチェコ語で手を意味します)

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真を紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんなブログとしてお使いいただければ幸いです。
    コメントも気軽にどうぞ。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んで紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に、街で子供の笑顔写真を撮り続ける。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    リンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 America Asia Face 衣装 水着 CC-License イベント 彫像 日本 スポーツ 風呂 RUKA 伝統 ブロンズ像 絵画 ペイント Thong 音楽紹介 Africa 大理石像 Oceania OldPhoto 動画 彫刻 

    日別表示
    11 | 2016/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別表示
    最新の記事
    最新のコメント
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls