RUKAの公園レポート 2

    この記事はかつて「The Light of Smile 笑顔の灯り」に掲載していた記事の再掲載です。
    公園レポート Part1
    --------------------------------------------------------------------

    【某公園 その2】
    水のない池・滑り台・チェーンが細めのブランコ・登り遊具と木の枝・半円状のうんてい・コンクリートの斜面・木登り・ゴミ箱の種類...

    report_k02_01.jpg
    芝生はなく、木々の生い茂る空き地といった感じの公園です。
    小さな公園ですが、木陰でのんびりするには良いところ。
    道路からいったん階段を降りたところにあるので、公園の半分ほどは壁で囲まれています。
    男の子たちがその壁にボールをぶつけて遊んでいました。


    report_k02_02.jpg
    ここは夏場は池ですが、夏が終わると水を抜いてこのような状態になります。
    浅い池ですが、水があるとないでは子供たちの行動も変わってきます。
    右のほうに壁が見えますね。


    report_k02_03.jpg
    ここの壁は高さが2メートルほどもあるのですが、右上の草の茂っている部分が広場の地面になるので、当然遊びの延長で飛び下りてしまうことも考えられます。
    自分からおこなうことではあっても、下がコンクリートむき出しなので思わぬケガにつながるかもしれません。
    水を抜いたときはそのへんの配慮も必要かと思います


    report_k02_04.jpg
    公園の奥には遊具広場があります。
    ここの遊具は比較的新しいらしく、どれも綺麗な状態でした。
    遊具と遊具の間隔が十分に開いているのは評価できますね。


    report_k02_05.jpg
    滑り台の終端の高さは約10cmで、これなら小さい子が尻餅をついても大丈夫。
    手すりの高さは15cmでした。


    report_k02_06.jpg
    ブランコも新しく綺麗でしたが、若干チェーンが細く感じられました。
    チェーンが細いと、たとえ強度的には十分でも、揺らした勢いで手の皮などを挟みやすくなります。
    手で持つところに何かカバーをしたり、その部分だけチェーンの形状を変えるなどの配慮があると良いですね。


    report_k02_07.jpg
    ここによじ登って遊ぶオブジェが2つ設置されていますが、隣の木の枝がこの遊具のところまで来てしまっています。
    遊具に登った子は当然木の枝に手を伸ばすでしょうし、引っ張ったりぶら下がったりしたがるかもしれません。
    危ないだけでなく木を傷めることにもなるので、適切な枝切りが必要です。(後日、市役所に改善を提案しました)


    report_k02_08.jpg
    よく見かける半円状のうんていが3つ列んでいます。
    上で足を滑らせて落ちても頭が胸が挟まることのないよう、バーには適度な間隔がありますが、ランドセルなどを背負っている状態では首が絞まる可能性も出てきます。(実際に他所でそのような死亡事故がありました)
    「ランドセルを背負ったまま乗らないように」と注意を促す看板をそばに立ててはどうでしょう。(後日、市役所に改善を提案しました)


    report_k02_09.jpg
    コンクリートでできた斜面では子供たちが段ボール滑りをしていました。
    下の砂場で遊んでいる子がいましたが、ここの砂場は広いので接触する危険性は感じられませんでした。
    やはり滑り台の下は広くとるのが基本ですね。


    report_k02_10.jpg
    園内にあるたくさんの木は、思わず木登りをしたくなるような形状をしています。
    ここは木登りは禁止しているのかもしれませんが、腕に自信のある子ならこういう冒険もたまにはしてほしいですね。
    木々や植物に関しては良く手入れされているといった印象を受けました。


    report_k02_11.jpg
    公園ではよく見かけるクズ入れですが、フタ付きの分別ボックスにしたほうが衛生面では良いのではないでしょうか。
    でも中身が見えるということも公園のセキュリティのひとつなのかな。


    report_k02_12.jpg
    公園とは関係ありませんが、近くの道端にはこんな沸き水(?)の井戸がありました。
    当然の事ながらこの水は飲めません。


    report_k02_00.jpg
    公園内の水は飲めます。
    みんなで大切に使いましょう。

    Copyright : RUKA
    関連記事

    タグ: Asia  日本  少年  少女  Water  RUKA 

    コメント

    Secret

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供の笑顔はこの世を平和にする至高の灯り。埼玉在住の子供大好きRUKA (♂)です。(RUKAはチェコ語で手を意味します)

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真を紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんなブログとしてお使いいただければ幸いです。
    コメントも気軽にどうぞ。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んで紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に、街で子供の笑顔写真を撮り続ける。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    リンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 America Asia Face 衣装 水着 CC-License イベント 彫像 日本 スポーツ 風呂 RUKA 伝統 ブロンズ像 絵画 ペイント Thong 音楽紹介 Africa 大理石像 Oceania OldPhoto 動画 彫刻 

    日別表示
    11 | 2016/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別表示
    最新の記事
    最新のコメント
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls