図鑑「人体・保健」

    jintaizukan00.jpg

    これは私の家にある学習図鑑。
    1973年に学研(学習研究社)が発行した「原色学習ワイド図鑑」のNo.13「人体・保健」というとても古い図鑑です。
    昆虫、花、天体、歴史、産業など20にジャンル分けされた全21冊セットで(一冊は索引集)、当時小学生だった私に親が買ってくれた図鑑セットでした。

    21冊すべてキチンと保管していたんですが、十数年前に引越を機に処分してしまい、今残っているのはこの1冊だけ。
    なぜこの図鑑だけ捨てなかったのかというと、私が子供のころ一番よく読んでいたのがこの本だったからです。
    黄色く変色していたり、所々破れていたり、ページを止めてある糸がほつれていたりとかなりボロボロの状態。
    それだけ長期にわたり愛読していたということですが、反対に他の図鑑はいつまでも綺麗なままでした。(^^;)

    もっとも身近でありながらもっともわかっていないもの、それが人体。
    宇宙にも匹敵する謎を秘めた人体という不思議な物体を、人は誰もがひとつ持っているんですね。
    当時小学生だった私にとって、医学はとても面白い学習ジャンルでした。

    久々にこの図鑑を開いてみて、懐かしいやら古臭いやら。
    写真を撮ったので、一部を引用してご紹介します。

    jintaizukan01.jpg jintaizukan02.jpg

    左の画像は「皮膚」について書かれたページ。
    当時の私はこの写真の少年と同じくらいの歳でしたが、ここまで日焼けしたことはなかったですねぇ。
    右の画像は「交通事故の防止」について書かれたページ。
    自転車の二人乗りはしないようにと教えているのに二人乗りしている写真を載せているところが昭和らしいですね。
    シートベルトではなく安全ベルトと書かれていました。


    jintaizukan03.jpg jintaizukan04.jpg

    左の画像は「体力診断テスト」について書かれたページ。
    測定結果の平均値の表が載っていますが、現代の子供たちと比べてどうなんでしょう?
    右の画像は「インフルエンザの流行」について書かれたページ。
    風邪の予防として乾布摩擦を推奨しているところが昭和らしい。でも確かに効果はあると思います。
    それにしても凄いパンツはいてますね。(^^;)

    やはり40年前の本ということで、レトロな雰囲気がてんこ盛りでした。
    でも今の人体や保健の図鑑と比べても、基本的なことはそう大差ないと思います。


    興味深かったのは「老人問題」と題された項目。
    これは文章を引用しますが、次のようなことが書かれていました。

    『わが国では現在60歳以上の人口は約700万であるが、昭和70年には2倍の1500万人を超えると予想されている。また、現在65歳以上の人口の、全人口の中で占める割合は約7%であるが、昭和70年ころには12〜13%と、スウェーデンやイギリスと同様になるといわれている。』

    昭和は64年で終わって平成となったので、昭和70年とは平成7年、1995年を指しています。
    60歳以上の人口が700万人であった1973年当時、約20年後の1995年には1500万人になると予想していたわけです。
    実際はどうだったかというと、総務省統計局が発表したデータによると、1995年の65歳以上の人口は約1800万人でした。
    60歳以上ではなく65歳以上であっても、予想した数をかなり上回っていたんですね。

    ではそれからさらに20年が経った2015年(昨年)、日本の65歳以上の人口はどうなったかというと、なんと約3400万人です。
    いずれ私がそこに仲間入りする頃には、さらに増え、さらに問題視されていることでしょう。

    小学生の頃、この図鑑を買ってもらって食い入るように見ていたのがまるで昨日のことのよう。
    その頃すでに懸念されていた「老人問題」に、自分の親が、そして私がいずれ関わるようになる日がこんなに早くやってくるなんて。

    つまり何が言いたいのかというと・・・
    「人生はあっという間さ! 子供の頃、若い頃を大切にしなよ!」
    ってことです。( ̄Д ̄)ノ
    関連記事

    タグ: 日本  少年  少女 

    コメント

    Secret

    No title

    私も家に人体図鑑と昆虫図鑑だけが残ってますね。昆虫図鑑は小学生のころボロボロになるまで見ていましたが人体図鑑はあまり手を付けていませんでしたね。でも2年ほど前に国家試験の勉強のために使いましたがこのように

    http://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra224/users/8/6/4/0/zusiyuka-img600x450-1417183376muucpu447.jpg

    http://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/bi522/users/4/3/2/8/books_dream-img599x337-14441998796ekelg20579.jpg

    http://d.hatena.ne.jp/images/diary/a/annojo/2005-09-01.jpg

    子供の裸が載っているページが意外とありましたね。
    後図鑑の未来予想図って意外と当たるから侮れないんですよね。

    No title

    確かに中にはこういう図鑑に子供を使うのはどうかという声を聞きますね。「親の気が知れない」とか「子供がからかわれたらどうするか考えなかったのか」という意見がありました。最近の図鑑も体の名前のページは裸の子供ではなくイラストが主流になってますし、私もこういうのはわざわざ子供を使うよりイラストの方がいいんじゃないかと思っています。

    No title

    私は、実際のお子さんの裸体を元にして解説することは、素晴らしいことだと思います!
    写真の方がリアルで分かりやすく、親しみやすいと思います

    No title

    rukaさんはどう思うか、教えてください

    ケースバイケース

    人体図鑑に載っている図解は写真のほうが良いかイラストのほうが良いかってことですか?
    その図鑑がより詳しい知識を得るためのものであるなら、そりゃあ写真のほうが良いと思います。
    子供向けだったり入門編のようなものだったら、イラストのほうがとっつきやすいとは思いますが。

    ただ、小児医療の本はともかく、普通の人体図鑑は通常大人のボディで解説しているものです。
    しかし大人の裸体を載せてしまうと、子供には見せられないと思う親もいるでしょう。

    子供のボディなら子供にも見せられるので、和樹さんが紹介してくれた人体図鑑はそんな理由で大人の代わりに子供の写真を使っているのかもしれませんね。
    詳しいことはわからないので、あくまでも憶測ですが。(^-^)

    No title

    RUKAさん、ありがとうございます
    モデルの子たちを「可愛さ」としてみると、どうでしょうか?

    No title

    もちろん可愛いですよ。
    会話は長くなるので、このあとは掲示板でお話ししましょう。
    http://rukachas.bbs.fc2.com/
    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供の笑顔はこの世を平和にする至高の灯り。埼玉在住の子供大好きRUKA (♂)です。(RUKAはチェコ語で手を意味します)

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真を紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんなブログとしてお使いいただければ幸いです。
    コメントも気軽にどうぞ。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んで紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に、街で子供の笑顔写真を撮り続ける。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    リンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 America Asia Face 衣装 水着 CC-License イベント 彫像 日本 スポーツ 風呂 RUKA 伝統 ブロンズ像 絵画 ペイント Thong 音楽紹介 Africa 大理石像 Oceania OldPhoto 動画 彫刻 

    日別表示
    11 | 2016/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別表示
    最新の記事
    最新のコメント
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls