映画「ウィロー」

    私が撮影した写真には子供の写真が多いのですが、私自身は赤ちゃんも含めて子供全般が好きです。 赤ちゃんのあどけない仕草や表情には、つい顔をほころばせてしまいます。

    赤ちゃんは大人に依存しなければ生きていけないので、元来大人の母性(父性)本能をくすぐるようにできているのですが、私が見た映画の中でそういう感覚を最も受けた子といえば、ジョージ・ルーカス製作の1988年のアメリカ映画「ウィロー」に出演した赤ちゃん。(女の子)

    今まで見てきた映画の中で最も愛らしい赤ちゃんは?と言われれば、私は迷わずこの子をあげるでしょう。
    顔の良さだけでなく表情やしぐさ、その他色々と総合してみての感想です。

    この子はまだハイハイもできないくらいの乳飲み子なんですが、あどけないながらも何でも知っているかのような表情には驚かされました。
    もちろん映画ですからあらかじめ様々な細工をして表情を引き出し、編集したのだと思いますが、それにしてもこの子の演技力(?)は見事なものです。

    最初見たときはそのあどけない顔が俳優のトム・ハンクスにも見えました。(^^;)
    でも中盤以降は本当に女の子らしい美しい表情を見せてくれて、そしてラストで大泣きするシーンを見ると「ああホントに赤ちゃんなんだなぁ」と改めて気付くような、そんな子です。

    YouTubeにこの子の登場シーンだけを繋いだ動画がありました。
    「Willow told entirely in Elora Danan closeups」

    物語はというと、ある国に魔女がおりまして、そこでは古くからの伝説で「腕に紋様のある子が産まれ魔女を滅ぼす」と語られてきました。

    ある日、まさにそれらしき子が産まれました。名前はエローラ。
    魔女は伝説を恐れ、すぐさま母親からエローラを奪い、魔術によって魂さえも永遠に葬り去ろうとします。

    しかし間一髪、エローラは母親たちによって河に流され難を逃れます。
    そしてある村へと流れ着き、農夫のウィローに拾われるのですが、種族の違うその村では災いの元とされてしまい、拾ったウィローがその子を元の国に返すはめになるのです。

    ところが旅の途中で出会った妖精に事の真相を聞き、この子が将来のプリンセスであることを知ったウィローは、魔女から守ろうと決心するのでした。
    同じく旅の途中で出会った野暮ったい男と共にスッタモンダの出来事があり、その男と魔女の娘との恋愛ドラマも織り交ぜながら話は進み、そしてクライマックスである魔女との対決シーンへ・・・。

    魔女のいる国の人間はダイキニと呼ばれる種族で、見た目は我々と同じですが、主人公のウィローが住む国の種族ネルウィンは、みな体がミニサイズ。
    当然、実際に体の小さな役者たちがそこの住民を演じているのですが、その中にウィローの子供役としてふたりの子が出てきます。
    物語の序盤とラストにしか出ませんが、この子たちも実に可愛いらしく、とても自然な笑顔で和ませてくれます。

    ジャンルとしてはアクションファンタジーといったところでしょうか。 西洋の妖精伝説と騎士道ものを合わせたような作りです。
    ルーカスフィルムにしては何となくB級っぽさを感じさせますが、モーションキャプチャーによる巨大怪獣との戦闘シーンや、当時本格的に使われ始めたモーフィング映像も見どころのひとつとなっています。

    しかしなんと言ってもこの映画の最大の見どころは、その表情豊かな小さな小さなプリンセスに違いありません。
    関連記事

    タグ: Europa  America  少年  少女  笑顔 

    コメント

    Secret

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供の笑顔はこの世を平和にする至高の灯り。埼玉在住の子供大好きRUKA (♂)です。(RUKAはチェコ語で手を意味します)

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真を紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんなブログとしてお使いいただければ幸いです。
    コメントも気軽にどうぞ。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んで紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に、街で子供の笑顔写真を撮り続ける。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    リンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 America Asia Face 衣装 水着 CC-License イベント 彫像 日本 スポーツ 風呂 RUKA 伝統 ブロンズ像 絵画 ペイント Thong 音楽紹介 Africa 大理石像 Oceania OldPhoto 動画 彫刻 

    日別表示
    11 | 2016/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別表示
    最新の記事
    最新のコメント
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls