アルバムジャケットの天使たち

    「ジャケ買い」という言葉を知っていますか?
    魚屋に行って「あら、今日はシャケが安いのね!」ってそういうことではない。
    (゚O゚)\(- -;

    レコードやCDなどの音楽ディスクを店で見たときに、ジャケットの絵柄に魅せられて、中身の音楽に関係なく買ってしまうこと、それがジャケ買い。
    元々はレコード盤が全盛の頃にできた言葉ですが、現在でも使われています。

    レコード盤はアルバムだと大きさが30cm四方もあるので、部屋に飾る人も多く、それだけでインテリア性十分でした。
    ジャケットの良し悪しが売り上げにも影響していたってことですね。

    ところがその後CD(コンパクトディスク)が主流になると、ジャケットのインパクトもコンパクトに。
    そしてさらに時代が進み、今ではジャケット自体が存在しないダウンロード販売が主流となっており、音楽とパッケージは完全に分離してしまいました。
    昔は音楽家と写真家(または画家)のコラボという意味で、ジャケット選びも楽しかったんですけどね。

    さて、数あるミュージックディスクの中で、ジャケットのデザインに裸の子供を使ったものがどれだけあるか思い出しながら探してみました。
    もちろん一部しか見つかりませんでしたが、このスレッドではそれらをご紹介します。

    知ってるの、ありますか?(^ω^)_◎

    1972年に結成された日本のロックバンド「クリエイション」のアルバムには裸の男の子の写真が使われていました。
    Googleの画像検索で「creation 1975」を検索

    狭い廊下のようなところで6歳くらいの裸の男の子たちが集まっています。
    右端の子はなんとオシッコしてますね。
    当時のレコードだけでなく、現在売られているCDのジャケットにも同じ写真が使われています。

    同じくクリエイションの1977年のアルバム「ピュア・エレクトリック・ソウル」はこんなジャケットでした。
    Googleの画像検索で「creation pure electric soul」を検索

    バスの中に裸の幼児がすし詰め状態という、アートなのかなんなのかよくわからない写真。
    右端の太った子が苦しそうにしてますが、いったい何人くらい乗っているのかな?
    こちらも当時のレコードと現在のCD共に同じ写真が使われています。

    私もこの画像を見つけたとき、思わずジャケ買いしたくなっちゃいました。(^^)
    CDはジャケットが小さいのが残念ですけどね。
    ------------------------------
    ここだけ後日追記・・・
    この記事を書いた2ヶ月後に私も買ってみました。(^^)
    該当記事
    ------------------------------


    さて、裸の子供が描かれたアルバムジャケットというと、もっとも有名なのはこれかもしれません。
    1987年に結成されたアメリカのロックバンド「ニルヴァーナ」の1991年のアルバム「ネヴァーマインド」のジャケット。
    Googleの画像検索で「nirvana nevermind」を検索

    赤ちゃんが水中を泳いでいて、目の前をお札がユラユラ。 まるで赤ちゃんを釣ろうとしているようなシーン。
    もちろんお札と釣り針はあとから合成されたものです。

    この赤ちゃんの見事なシンボルは当時も話題になったものですが、赤ちゃんだけに悪い印象は持たれなかったようです。


    そしてもうひとつ、裸の子供で有名なジャケットというとおそらくこれでしょう。
    1972年にデビューしたドイツのロックバンド「スコーピオンズ」の1976年のアルバム「ヴァージンキラー」のジャケット。
    Googleの画像検索で「scorpions virgin killer」を検索

    これは悪い意味で有名になったジャケットでした。
    足を開いた少女の股間に、衝撃を意味するガラスのヒビが重ねられ、アルバムタイトルがバージンキラー(処女殺し)ですからねぇ。
    案の定、多くの国で発禁となったり、ジャケットが差し替えられたりしました。

    ところが当時の日本では当初あまり問題視されず、一定期間このジャケットで販売が続けられていました。
    当時小学生だった私もレコード店でこのジャケットを目撃し、思わず固まってしまいました。(*'ω'*)

    結局その後日本でも発禁となり、ジャケットが差し替えられ再発売されました。 現在売られているCDにはメンバーの写真が使われています。
    今となってはこのジャケット、中古レコード店でもほとんど見かけることはないでしょう。


    物議を醸したといえば、このジャケットもそうでした。
    イギリスのバンド「ブラインド・フェイス」の1969年のアルバム「スーパー・ジャイアンツ」のジャケット。
    Googleの画像検索で「blindfaith super giants」を検索

    上半身裸の10代の少女が、金属製の飛行機模型を持っているという写真。
    この飛行機が男性器を連想させるという抗議があり、ジャケットの差し替えを余儀なくされました。

    有名な写真家によって撮影され、この少女も両親の同意のうえでモデルになったにもかかわらず、世間では「この子はメンバーの隠し子だ」とか「奴隷のように扱われている」とか、ありもしない噂が流れていたそうです。
    こういうのはクレームを付ける理由について、つくづく考えさせられますね。


    次はイギリスのロックバンド「レッド・ツェッペリン」の1973年のアルバム「聖なる館」のジャケット。
    Googleの画像検索で「led zeppelin houses of the holy」を検索

    ちょっとイラストチックですが、奇妙な岩場を裸の子供たちが登っているという写真。
    イギリスのデザイングループ「ヒプノシス」が手掛けたジャケットでした。
    これも多少の批判はあったようですが、発禁や差し替えにはならず、体の部分を帯やタイトルで覆うようにして発売されたそうです。

    空の色が加工されているのでイラストにも見えますが、じつはこれ、イギリス北部の海岸に実在する岩場で、幼い子供たち(姉と弟?)に実際に登ってもらい、それを撮影した写真を使って作られました。


    最後はアメリカのロックバンド「ヴァン・ヘイレン」の1995年のアルバム「バランス」のジャケット。
    Googleの画像検索で「vanhalen balance」を検索

    幼い男の子の写真を合成して結合双生児のようにした、ちょっと悪趣味なデザイン。
    手を挙げている写真は、男の子に「ライオンキングのように吠えて」と指示を出して撮ったそうです。

    上で紹介したスコーピオンズの「ヴァージンキラー」は、多くの国で発禁となる中「日本では一定期間販売されていた」と書きましたが、このヴァン・ヘイレンのアルバムはまったく逆で、なんと日本だけ問題視され、別ジャケットでの発売となりました。
    Googleの画像検索で「vanhalen balance japan」を検索

    これが日本版のジャケット。
    合成する前の写真で、単なるポートレイトになってますね。

    裸の描写には寛容だった当時の日本も、結合児という倫理的な面でクレームが来そうな描写は受け入れ難かったってことでしょう。
    日本だけジャケットが違うので、ファンはガッカリしたんじゃないかな。
    でも部屋に飾るならこっちのほうがイイかも。

    以上、天使と同じ姿の子供の写真を使っているアルバムジャケットのご紹介でした。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女 

    コメント

    Secret

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供の笑顔はこの世を平和にする至高の灯り。埼玉在住の子供大好きRUKA (♂)です。(RUKAはチェコ語で手を意味します)

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真を紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんなブログとしてお使いいただければ幸いです。
    コメントも気軽にどうぞ。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んで紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に、街で子供の笑顔写真を撮り続ける。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    リンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 America Asia 衣装 Face 水着 イベント CC-License 彫像 日本 スポーツ 風呂 RUKA 伝統 ブロンズ像 絵画 ペイント Thong 音楽紹介 Africa 大理石像 Oceania OldPhoto 動画 彫刻 

    日別表示
    11 | 2016/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    月別表示
    最新の記事
    最新のコメント
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls