平沢さんの音楽と子供たち

    この記事はかつて「The Light of Smile 笑顔の灯り」に掲載していた記事の再掲載です。
    --------------------------------------------------------------------

    【平沢さんの音楽と子供たち】

    「パパやママや先生友達が、よってたかって知らん顔で、おまえを襲って踏んづける...」
    これは平沢 進さん率いる P-MODEL の1979年の曲「子供たちどうも」の一節。

    1979年、社会問題やマスコミ批判などを適度に織りまぜた独特な歌詞と、テクノとロックを融合したようなサウンドでデビューしたP-MODEL。
    全体としては子供をテーマにした曲は少ないのですが、1980年の2枚目のアルバム「LANDSALE」では、子供あるいは子供心を歌った曲がならんでいました。
    LANDSALEはランドセルと読みますが、子供が背負うあのランドセル(Ransel)と「売国」とをかけたシャレです。しかし歌詞はとてもシリアスでした。

    このアルバムに収録されている「リトルボーイ」という曲では「♪ママの愛は使いきれない...(中略)...パパの夢は隠しきれない...」と歌われています。
    その結果ボウヤがどうなったかは、まぁCDを買って聴いていただくとして、とにかくこの頃すでに児童虐待やいじめや教育問題について扱っていた先見性には驚きました。
    改めて聴いてみて「ああ、この歌で歌われている子供たちが大人になり、今、子育てをしているんだなぁ」と思うと、昨今のニュースと照らし合わせてみて何か奥深いものを感じさせられます。

    平沢さんの楽曲はソロアルバム発表以降、それまでのP-MODELとはまるで違う曲調になりましたが、そのメッセージ性の強さは変わっていません。
    平沢さんは現代のミュージシャンには珍しく、いわゆる二人称的な恋愛を歌わない人です。
    当時、愛だの恋だの、あなたが好きだのという、口先ばかりの愛の歌が溢れている状況に嫌気がさしていた私には、平沢さんの壮大な愛の歌はとても新鮮でした。
    たとえばアルバム「AURORA」に収録された「Love Song」という曲は、戦地に住む子供たちについて歌われたものです。愛とは本来こういうものを指すべきです。

    最近、身勝手な若者たちによる事件や事例をよく聞きますが、恋人の間だけにしか成立しないような歌ばかりを子供の頃から聴いているのでは、他人の幸せを視野に入れない大人になってしまうのもうなずけます。
    二人称的な狭い範囲のラブソングは、芸能界にとってはいわゆる売れる歌なのでしょうが、決して子供たちの心を広く育てる歌にはなり得ません。

    かの宮沢賢治は「世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」と言っています。
    人間に本当に必要な音楽とは、平沢さんが作るような音楽なのですね。
    関連記事
    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事(お読みください)
    国別アクセス数
    Flag Counter
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    おすすめリンク
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 風呂 RUKA 伝統 絵画 ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 Oceania OldPhoto 動画 

    日別表示
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別表示
    最新記事
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls

    アンケート