Hippomène

    injalbert_hippomene01.jpg

    フランスの彫刻家、ジャン=アントワーヌ・アンジャルベール(1845-1933)による1886年の作品「Hippomène」
    リンゴを手に持って走っているところを表現した、躍動感のある彫像です。

    これはギリシア神話のワンシーン。
    あるところにアタランテという、走るのがとても速く、力持ちで、それでいてとても美人な娘がおりました。

    野生的な彼女に惚れて求婚する男は跡を絶ちません。
    あるとき、彼女は男たちにある条件を出しました。
    「徒競走で私に勝ったら結婚してあげる、だけど負けたら殺しますわよ」と。
    しかしどの男も彼女に勝つことはできず、殺されてしまうのでした。

    そんな中、彼女に恋をしたヒッポメネスという名の青年が名乗りをあげました。
    ヒッポメネスは美の女神アフロディーテから黄金のリンゴを3つ授かり、それを隠し持っていたのです。

    徒競走が始まると、ヒッポメネスはアタランテに追いつかれそうになるたびにリンゴを地面にポイッ!
    アタランテが黄金のリンゴに気を取られている隙に、ヒッポメネスは見事1位でゴール!
    こうしてヒッポメネスは憧れのアタランテと結婚できたのでした・・・というお話。

    この彫像はヒッポメネスが走りながら後ろを振り返っているシーンですね。

    作者のアンジャルベールは、フランスの町ベジエにて石工(石材を細工・加工する職人)の息子として生まれました。
    のちに彫刻家となり、1874年にフランス政府によるローマ賞を受賞。
    1889年に開催されたパリ万国博覧会では見事グランプリに輝いています。

    1915年以降はアカデミーの教師や指導員となり、多くの有名な彫刻家を輩出しました。

    injalbert_hippomene02.jpg injalbert_hippomene03.jpg

    この画像は、左がフランスのファイエホテル美術館にある「Hippomène」
    1934年にアンジャルベールの妻が寄贈したそうです。
    そして右は後から作られたと思われるもうひとつの「Hippomène」
    こちらは少し小さめのブロンズ像ですね。

    このふたつの彫像を見て、違いに気が付きませんか?
    そう、右の像は腰に布が掛かっているんです。
    走っているシーンでこの格好はあまりに不自然。

    しかしレプリカの中には、股間を隠すためにこのような不自然な改変を施したものが少なくありません。
    もちろん作者が初めからそのように作ったのなら何の問題もありませんが、後から隠されてしまった彫像も意外と多いのです。

    次回は、隠すことでかえって不自然になってしまった、そんな彫像について考えてみたいと思います。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    RUKAのTwitter
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia イベント CC-License 彫像 スポーツ 日本 風呂 絵画 RUKA 伝統 ペイント Thong ダンス 眠り OldPhoto Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    腹筋ガール 2018/05/21
    逆立ち飛び込み 2018/05/20
    ステファン・ザントマンの写真作品 2018/05/19
    レインボーブリッジ 2018/05/18
    汚れを落とそう 2018/05/17
    熱い石畳 2018/05/16
    Young Boy with a Teapot 2018/05/15
    遠心力 2018/05/15
    渚のヴィーナス 2018/05/14
    可愛いカメ君 2018/05/13
    斜めに隠すデザイン 2018/05/12
    シャンプーハット 2018/05/11
    お空に放水! 2018/05/10
    家路 2018/05/09
    書籍「The Boy a Photographic Essay」 2018/05/08
    日別表示
    01 | 2018/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -
    月別表示
    おすすめリンク
    ユーザー掲示板
    Angelboys Fairygirls