ヴィルヘルム・フォン・グレーデン男爵の写真作品

    gloeden_amore_e_arte.jpg

    ドイツの写真家、ヴィルヘルム・フォン・グレーデン男爵(1856-1931)による1900年頃の写真作品。
    舞台はイタリアのシチリア島です。

    File:Gloeden, Wilhelm von (1856-1931) - n. 0154 - da - Amore e arte, p. 78.jpg

    この島の住民は裸で生活していたの? いいえ、そんなわけはありません。
    これらは古代ギリシア・ローマをイメージした演出をほどこした作品です。
    この頃は写真を使ったポストカード(絵葉書)が全盛の頃でもあったので、いくつかはポストカードとして売られていたものかもしれません。

    gloeden_bacchino.jpg gloeden_the_boys_of_taormina.jpg
    File:Gloeden, Wilhelm von (1856-1931) - n. 2252 - Bacchino.jpg
    File:Gloeden, Wilhelm von (1856-1931) - n. 2067 - da - The boys of Taormina, p. 31.jpg

    作者のグレーデンは「男爵」という爵位が付いていることからわかるように貴族の出身です。
    かつて北ドイツに存在した公国、メクレンブルク=シュヴェリーンに森林監督官として仕える下級貴族出身の官僚の息子として生まれました。

    彼は10代の頃にドイツの都市ロストックで芸術史を学んだ後、1876年から2年間ワイマール・サクソン・グランデュカル美術学校で勉学に励みました。
    しかしその後不幸にも肺結核を患い、療養のためバルト海のリゾートにある療養所に移り住みます。

    彼は健康のためにと、1877年にイタリアへと旅立ちました。
    いくつかの地に滞在したのち、やがてシチリアの都市タオルミーナに落ち着きます。
    第一次世界大戦中に3年間、外国人としての抑留を避けるためにシチリアを離れることを余儀なくされましたが、それ以外は亡くなるまでずっとタオルミーナに住み続けたそうです。

    彼の作品の大部分は1890年から1910年にかけてタオルミーナで撮影されたもので、1893年にイギリスで出版された書籍により広く知られることとなります。
    彼はタオルミーナに初めての写真スタジオを設立し、1897年のカイロを初め、1898年にベルリン、1902年にフィラデルフィア、その後もブダペスト、ニース、ローマ等、各国で展覧会を開きました。

    gloeden_ragazzo_con_tenia.jpg gloeden_auch_ich_in_arkadien.jpg
    File:Gloeden, Wilhelm von (1856-1931) - n. 0253 - 1902-05 - Ragazzo con tenia - Twelvetrees p. 48.jpg
    File:Gloeden, Wilhelm von (1856-1931) - n. 0113 - da - Auch ich in Arkadien, p. 138.jpg

    グレーデンの作品の多くは10歳から二十歳の男性をモデルにしており、古代ギリシアやローマをイメージして作られています。(女性モデルの場合もあります)
    花輪やアンフォラなどの小道具を巧みに使った、イタリアの絵画や彫刻を思わせる牧歌的な作品が特徴です。
    1933年に警察によってネガが押収されたこともありましたが、彼の作品にはポルノは一切含まれていなかったそうです。

    優美な構図とフィルターや照明の使い方、モデルにほどこしたボディメイクアップ技術などが注目され、近年になって再評価されている写真家のひとりです。
    また彼はイタリアの観光普及に貢献した風景写真の作者としても、そして1908年に起きたメッシーナ地震の被害を記録した写真家としても知られています。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    Catalogue of Wilhelm von Gloeden's pictures
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少年  OldPhoto  CC-License  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 風呂 RUKA 絵画 伝統 ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 OldPhoto Oceania 動画 

    日別表示
    12 | 2017/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別表示
    最新記事
    国別アクセス
    Flag Counter
    おすすめリンク
    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls