Cupid at The Masked Ball

    stuck_maskedball.jpg

    ドイツの画家、フランツ・フォン・シュトゥック(1862-1928)の1887年の作品「Cupid at The Masked Ball」

    英語に疎い私は「Masked Ballってなんだ? 玉を隠す? たしかに隠れてるけど・・・」と思ってしまいましたが、なんのことはない「仮面舞踏会」のことだったんですね。
    つまり「仮面舞踏会のキューピッド」というタイトル。

    いくら仮面を付けても背中の翼と持っている矢でキューピッドだということがバレバレですが、この子どうして仮面舞踏会なんかに現れたんでしょう?

    仮面舞踏会といえば、当時の上流階級の人々が楽しんでいた娯楽のひとつ。
    このキューピッド君はその華やかさに魅せられ、神様に内緒で参加してしまったのでしょうか?
    仮面舞踏会より仮装大会のほうが似合ってますね。(^^)

    作者のシュトゥックは、1862年にドイツのテッテンヴァイスで粉屋の息子として生まれました。
    1872年にミュンヘンに移住し、貧しいながらも1882年からミュンヘンの美術工芸アカデミーで学んだ彼は、アルノルト・ベックリンらの影響を受けながらその才能を確実に伸ばしていきます。

    1889年、パリ万国博覧会に出展した絵が金賞を受賞すると、彼は一躍脚光を浴びるようになり、ドイツ画壇の中心人物となりました。
    1892年には仲間とともに保守的な芸術家協会からの独立を目指した組織「ミュンヘン分離派」を創立し、ミュンヘン美術院の教授として迎えられます。

    その後も1893年のシカゴ万国博覧会と1900年のパリ万国博覧会でメダルを獲得するなど、芸術家としての地位と名声を確固たるものとしました。
    アメリカ人女性と結婚し、自らが設計した豪邸に住み、社交界での交流も積極的におこなうなど、貴族さながらの生活ぶりから「芸術家のプリンス」と呼ばれていたそうです。

    貧しい粉屋の息子がドイツ社交界の中心人物にまで出世したのは、彼の作品が高く評価された、それだけが理由なのでしょうか?
    もしかしたら、まだ生活が苦しかった頃に描いたこのキューピッドの絵が、華やかな舞踏会からずっと手招きしてくれていたのかもしれません。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  絵画  衣装  イベント 

    暖かな視線

    (...) My great happiness..

    暖かな、日差しの中で夢うつつ。
    光の輪っかをたずさえた、天使の視線が心地よい。

    (...) My great happiness..
    Copyright : Thiago Silva
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  Face 

    トライアスロン

    Triatlón Real Casino Club Náutico 2014

    トライアスロン大会に出場する少年たち。
    青い空と青い海に、青いウェアが似合ってるね。
    明るい日差しにさわやか笑顔が似合ってるね。

    Triatlón Real Casino Club Náutico 2014
    Copyright : Sands Beach Active Lanzarote
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  水着  笑顔  スポーツ 

    イモムシケーキ

    the birthday girl

    3歳のお誕生日おめでとう・・・ってなんでイモムシ〜!!! ヽ(◎o◎;)ノ
    でもよく見たらお洋服のイラストもイモムシだね。
    イモムシが好きなのかな?
    キミもいつか綺麗な蝶になるんだね。

    the birthday girl
    Copyright : Hana
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少女  Face  笑顔  イベント 

    寒い日

    gacho01.jpg gacho02.jpg

    公園の池のそばでしゃがんでいたら、ガチョウ君が近寄ってきました。
    やあガチョウ君、今日はちょっと寒い日だね。

    「エサない?」

    エサくれってか?
    エサは持ってないなぁ〜!


    gacho03.jpg

    「エサくれ〜っ!!!」

    だからエサはないんだってば!
    カロリーメイトじゃダメ?


    noraneko.jpg

    ベンチのそばにはノラ猫くんもいました。
    この子もお腹空いてるのかな〜と思ったら、意外とそうでもない。

    なんとベンチの下に、キャットフードの入ったお皿が・・・。
    どうやら近所の誰かがたまにエサやりに来ているみたいです。(それが良いかどうかという問題はありますが)

    でもエサはあってもやっぱり寒い!
    ここじゃあ丸くなれるコタツもないね。

    もうすぐ暖かな春が来る。
    頑張れ動物たち!(^o^)/

    Copyright : RUKA

    追記・・・
    ガチョウ君がご機嫌斜めだった理由がわかりました。
    彼はガチョウ(グース)ではなく白鳥(スワン)だったみたいです。
    いや〜、すわんすわん。f^_^;)
    関連記事

    タグ: 日本  Water  RUKA 

    もしもしカメよ

    animal communication

    「もしもしこちらカメやけど、ウサギどないしたん?」
     「ウサギさん寝坊しちゃったんだって。代わりにボクと走る?」
    「ああ、かめへんよ」

    animal communication
    Copyright : Corina H.
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年 

    悪戯された彫像

    volland_weberwiese01.jpg volland_weberwiese02.jpg
    volland_weberwiese03.jpg volland_weberwiese04.jpg

    芸術教育にも携わったドイツの彫刻家、ウォルター・フォラント(1898-1980)による、アヒルを抱きかかえた少年の彫像。
    首都ベルリンのヴェベーヴィス駅の近く、マルヒルスキー通りにある公園に設置されています。

    この彫像、ご覧のとおり体のあちこちにスプレーやマーカーでイタズラ書きされています。
    いったい誰がこんなことをしたんでしょうか?

    現在は修復されたのか、それとも未だにこの状態なのかわかりませんが、塗料を落とす作業はブロンズ像にとってかなり負担になるので、もしいたちごっこならいっそのこと撤去してしまったほうが良いのかもしれません。
    人の姿を大切にしない人がいるうちは。

    日本でも公共物を汚したり壊したりする者は後を絶ちませんが、やめてほしいですね。
    「人や物を大切にしない人間は誰からも大切にされない」ということが身に染みてわかる頃にはもう遅いというのに。

    心なしか少年もアヒルもうなだれて悲しんでいるように見えます。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  ブロンズ像  ペイント 

    あやしあやされ

    Hello Kitty III

    「あはは、ネコちゃん喜んでる〜♪」
    「ニャア〜・・・ふう、人間の子供を喜ばせるのも疲れるにゃあ...」

    Hello Kitty III
    Copyright : Martin
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  笑顔 

    好きな色

    Picknick im Grünen

    性別によって色を決め付けてはいけない、
    というのがジェンダーフリーの精神にはありますが、
    男の子が青系、女の子が赤系を好む傾向にあるのも事実。

    Picknick im Grünen
    Copyright : Das Frankfurter Trio
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女 

    愛の歌

    Music in the Amazon

    「キミのために作った音楽だよ、演奏するね」
    ピーヒャラピーヒャラ〜♪ 「どう?」
    「あゴメン、聞いてなかった!」

    Music in the Amazon
    Copyright : David Lazar
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  少女  衣装  ペイント 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    子供の笑顔はこの世を平和にする至高の灯り。埼玉在住の子供大好きRUKA (♂)です。(RUKAはチェコ語で手を意味します)

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真を紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんなブログとしてお使いいただければ幸いです。
    コメントも気軽にどうぞ。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んで紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に、街で子供の笑顔写真を撮り続ける。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    リンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 America Asia Face 衣装 水着 CC-License イベント 彫像 日本 スポーツ 風呂 RUKA 伝統 ブロンズ像 絵画 ペイント Thong 音楽紹介 Africa 大理石像 Oceania OldPhoto 動画 彫刻 

    日別表示
    01 | 2016/02 | 03
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 - - - - -
    月別表示
    最新の記事
    最新のコメント
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls