みだれ髪ダンス



    ダンススクールの子供たちがクールなダンスを披露。
    長い髪を効果的に使って、歌舞伎の連獅子みたいだね。
    男の子がもうちょっと目立つとイイな。

    Elvana Gjata - Puthe - Dance Cover
    Copyright : Dreams House Dance Academy
    標準の YouTube ライセンス

    タグ: Europa  少年  少女  衣装  ダンス  動画 

    Strömkarlen

    ernst_josephson-stromkarlen.jpg

    スウェーデンの画家、エルンスト・ジョセフソン(1851-1906)による1884年の作品「Strömkarlen」

    水の流れる岩場で少年がバイオリンを弾いています。
    この少年はノッケンまたはネックという名で呼ばれる、ゲルマン神話・民話に登場する水の精霊です。
    主な物語は、バイオリンの音色で女性と子供を引き寄せて川や池で溺れさせようとする、というものですが、演奏を聴かせるだけで危害を加えないという話も残っているそうです。

    清流の音とバイオリンの二重奏とはたしかに優美。
    しかしこれがもし現代社会での出来事なら、女性と子供どころか、おまわりさんを引き寄せてしまうでしょう。
    そもそもバイオリンは水のかかる場所で使っても良いものなんでしょうか?

    とは言えこの作品は見事。
    水しぶきといい精霊のポーズといい、実際に音が聞こえてきそうなほどの臨場感。
    足下のハスの花も良いアクセントとなっています。

    作者のエルンスト・ジョセフソンはスウェーデンの画家。
    16歳のときに首都ストックホルムの国立美術学校、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツに入学しました。
    その後イタリア、フランス、オランダなどで本格的に美術を学んだ彼は「私はスウェーデンのレンブラントになるか、死ぬかのいずれかだ」とまで語っていたそうです。

    その言葉どおり、彼はその後大きな成功を収めました。
    1876年には国から王冠を授与され、1879年にもフランスのパリでその功績が認められています。

    彼の主な仕事は肖像画や民族絵画の制作でしたが、1884年のこの作品「Strömkarlen」は彼の名を一躍有名にしました。
    ところがこの絵はストックホルムの王立博物館から展示を拒絶されてしまいます。
    スウェーデン国王オスカー2世の孫であるエウシェン王子は、この博物館の決定に怒り、自らこの絵を買い取ったそうです。

    王子からも有望視された彼でしたが、37歳のときに精神分裂病を患い、ウプサラの病院に入院します。
    それからは幻覚や過食症、宗教的妄想に悩まされる日々を送り、絵のスタイルにも変化が現れました。
    発症後の彼の絵には、細かなパターンとドットを繰り返し使用する絵と、大胆で自信に満ちた描写の絵の2種類が見受けられるそうです。

    しかし彼の作品はパブロ・ピカソとアンリ・マティスにも影響を与えたと言われており、1896年にはベルリン国際美術展にて金メダルを獲得しています。
    その後はストックホルムに移りますが、1906年に妻と娘に看取られながら55歳の若さで亡くなりました。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Stromkarlen 1884.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  絵画  CC-License 

    人間になれたら...

    george_rennie-hymen.jpg george_rennie-hymen_like.jpg

    以前の記事で、絵画の中の人物が本物の人間になって現れたら・・・と考えてみたことがありましたが(該当記事)、イメージを掴みやすいのは絵画よりもむしろ彫像のほうでしょう。
    もともと彫像は駅前や公園にも設置され、街の風景にすっかり溶け込んでいますから。

    彫像が勝手に動き出したらそれこそホラーですが、数十年前までは夏になると、動く芸術作品があちらこちらの水辺で見られたものです。
    公園の池でも、動かぬ芸術作品のそばで動く芸術作品がはしゃぎまわる光景は珍しくありませんでした。

    今回は「もし彫像が本物の人間になったら・・・」というテーマで、同じポーズをしている画像を並べてみました。

    上の画像はスコットランドの彫刻家、ジョージ・レニー(1802-1860)による1831年の大理石像「Cupid Rekindling the Torch of Hymen」

    ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で展示されている、婚姻の神ヒュメンの像です。
    いつもライトで照らされているとはいえ、もし人間になれたら暖かい太陽の下で水浴びしたいでしょうね。


    beni_ferenczy-kisfius_diszkut.jpg beni_ferenczy-kisfius_diszkut_like.jpg

    ハンガリーの彫刻家、ベニ・フェレンツィ(1890-1967)によるブロンズ像「Kisfiús díszkút」

    首都ブタペストのベルヴァーロシュという街の通りに設置されているこの像は、うつむき加減でどことなく寂しげ。
    もし人間になって自由に歩けたら、少しは笑顔になれるでしょうか?
    潮風を気にすることなく、広い海岸を歩かせてあげたいですね。


    街にある彫像がなぜ裸なのか、考えてみたことがありますか?
    現代社会の中で我々がつい忘れがちな、生命への敬い、自然からの恩恵、そして人間であることの意味。
    それらを無意識のうちに理解させてくれるのが、真の姿、すなわち心の鏡としての彫像たち。


    joseph_bosio-hyacinth.jpg joseph_bosio-hyacinth_like.jpg

    フランスの彫刻家、フランソワ・ジョゼフ・ボジオ(1768-1845)による1817年の大理石像「Hyacinth」
    右はフランスの写真家、ジェラール・マロ(1946- )による1982年の写真作品。

    ルーブル美術館で展示されている横たわるヒアキントスの像。
    頭に円盤が当たって倒れ込んだシーンですが、その美しい姿態はたくさんの人を感動させています。
    もし命を吹き込まれたら、さらに多くの人を魅了することでしょう。


    henri_koenig-adolescent.jpg henri_koenig-adolescent_like.jpg

    スイスの彫刻家、アンリ・ケーニッヒ(1896-1983)による1975年のブロンズ像「Adolescent」
    右はフランスの写真家、ジャックス・デュバル(生没年不明)による1985年の写真作品。

    ジュネーブのヴォルテール博物館の前で、腰に手を当てて立っているスタイルの良い男の子の像。
    もし人間になったら、この場所で交通安全運動でもしてもらいましょうか。
    えっ?わき見運転が増えそう?


    charles_ray_the_new_beetle.jpg charles_ray_the_new_beetle_like.jpg

    アメリカの彫刻家、チャールズ・レイ(1953- )による2006年の彫刻作品「The New Beetle」

    車のオモチャで遊ぶ彫像の男の子も、浜辺で弁当箱のようなものを開ける人間の男の子も、どちらもくつろいでいることに違いはありません。
    違うのは、かたわらに家族がいるか否か。


    siegfried_krepp_1970.jpg siegfried_krepp_1970_like.jpg

    ドイツの彫刻家、ジークフリード・クレープ(1930-2013)による1970年のブロンズ像。

    住宅街の公園に設置されているこの彫像は、人間になっても逆立ちを続けるのでしょうか?
    雨の日も、風の日も、来る日も、来る日も・・・。


    人形が人間になるという話で最も有名なのは、イタリアの作家、カルロ・コッローディ作の童話「ピノッキオの冒険」
    ピノキオの名でも知られ、多くの映画やアニメーションが作られました。

    「人間になれたピノキオは幸せだったのだろうか?」という疑問は今でも論じられることです。

    街の彫像は人間になれたらはたして幸せなのでしょうか?
    美術館の彫像はすぐにでも外に出たいと思うかもしれません。
    駅前の彫像はもっと静かな場所に行きたいと思うかもしれません。

    しかし彫像たちはきっと、動きたいとは思っても人間になりたいとは思わないでしょう。
    何故なら彼らは、自分たちに課せられた大切な役割を知っているのだから。

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  OldPhoto 

    Badende gutter. Sommerdag

    hans_heyerdahl-badende_gutter_sommerdag.jpg

    ノルウェーの画家、ハンス・ヘイエルダール(1857-1913)による1886年の作品「Badende gutter. Sommerdag」

    海岸の岩場で水に飛び込んで遊ぶ子供たち。
    手前の子はちょっと恥ずかしそうな仕草ですが、そこは無邪気な天使たち、すぐに翼を広げてはしゃぎ出すでしょう。

    タイトルは日本語に訳すと「入浴する少年たち・夏の日」となります。
    なかなか風情のあるタイトルですね。
    たしかに岩場に腰掛けてこんな情景を一日中眺めていられたら、日々のストレスも解消できるはず。

    現代は子供に対してイライラしたりムラムラしたり、いずれにしても感情を高ぶらせる人が多くなりました。
    つまり子供のいる光景に落ち着いた風情を感じる人が少なくなったように思います。
    これも日常から天使の姿が遠ざかってしまったひとつの弊害と言えるかもしれません。


    作者のハンス・ヘイエルダールはスウェーデン生まれのノルウェーの画家。
    1857年にスウェーデンのダーラナ県で生まれ、2歳の時に家族とノルウェーのドラメンに移り住みました。

    1873年にクリスチャニア(現在のオスロ)の美術工芸学校に入学し、画家のペダー・カペレン・サーマン(1839-1919)のもとで美術を学びました。
    その後は1877年までドイツの「ミュンヘン美術院」で学び、1878年から1882年まではフランスのパリに在住。
    パリのサロンで3位のメダルを獲得した彼はその後も精力的に制作を続け、1881年の作品ではグランプリを獲得しています。

    その後ノルウェーに戻ってクリスチャニアに定住した彼は、仲間とともに私立の絵画学校を設立しました。
    彼の描いた肖像画や風景画、北欧の歴史をモチーフとした作品は高い評価を得て、彼はノルウェーにおける写実主義画家の第一人者となりました。


    写実主義とは、現実主義とも言いますが、現実の光景を客観的にありのままに捉えようとする主義のこと。
    つまり写真で言えば、演出やエフェクトを施さない記録写真のようなものです。
    この少年たちの絵も、その時たしかにそこには海があり、船が浮かび、裸の少年たちがいて、そしてそれを見つめるひとりの画家がいたわけです。

    裸の子供が遊んでいる、その光景に風情があるのではなく、それが当たり前の環境があってこその風情。
    人々が忘れてしまったかつての情緒を、古い絵画はそれとなく教えてくれています。

    タグ: Europa  少年  Water  絵画 

    Narcisse

    jean_pierre_cortot_narcisse01.jpg

    フランスの彫刻家、ジャン=ピエール・コルト(1787-1843)による1818年の作品「Narcisse」
    フランスのアンジェ美術館で展示されている大理石像です。

    英語ではNarcissusと書く、ギリシア神話に登場するナルキッソスという名の美少年。
    泉に映った自分の姿を見て自分に恋をしてしまった少年で、自己愛を意味する「ナルシスト」の語源でもあります。

    泉の片隅に座り込み、自分の姿を眺めているナルキッソス君。
    自己中だったり自分の能力を過信するいわゆる「うぬぼれ」の人ならごまんといますが、自分自身に恋をするというのはやはり特殊な感情なのでしょう。

    しかしナルキッソス君がそうなったのにはワケがありました。
    ある日、エコーという名の森の精霊が彼に恋をします。
    しかし彼はその求愛を冷たくあしらい、エコーを見捨てました。
    それを知った神メネシスは怒り、ナルキッソスに他人を愛せなくなる呪いをかけたのでした。

    メネシスによって泉へと呼び寄せられたナルキッソスは、水を飲もうと水面に近づき、そこに映る美少年(自分自身)に恋をしてしまいます。
    そしてそこからいっときも離れることができなくなり、やがてやせ細って死んでしまいました。

    ナルキッソスの亡き骸のあとにはスイセンの花が咲いたと言われています。
    スイセンを英語でNarcissus(ナルシスまたはナーシサス)と言うのはそのためです。

    jean_pierre_cortot_narcisse02.jpg

    1枚目の画像も構図的にはなかなか良いのですが、やはりこの作品の良さは足のほうから眺めてこそだと思います。
    顔だけでなく体全体が美しい子ですね。

    この像の作者であるジャン=ピエール・コルトはフランスの首都パリ生まれの彫刻家。
    13歳のときに彫刻家のチャールズ・アントワーヌ・ブリドンの講座に出席し、その後は彫刻家のもとで働きながら古代彫像の制作などに携わりました。

    1809年にパリのエコール・デ・ボザールにて彼の作品がグランプリを受賞。
    その後はイタリアのローマに移住し、その頃同じくローマに滞在していた画家のジャン・オーギュスト・ドミニク・アングルの友人となりました。

    1819年、パリに戻った彼はサロンにてこのナルキッソスの大理石像を発表します。
    この像は人々から高い評価を得て、彼の名声を確実に高めました。
    その後1840年まで作品を発表し続け、その間1825年にはサロンの所長に選出され、さらにエコール・デ・ボザールの教授となりました。

    ジャン=ピエール・コルトは18世紀後半のフランス芸術とグレコローマンの伝統を継承した、新古典主義の流れを汲む彫刻家でした。
    生涯にわたりロマンチックな表現を貫き、数々の名作を残した彼は、1843年に55歳の若さでこの世を去りました。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:AngersMBA 14.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    YouTubeより
    「平沢 進 - ナーシサス次元から来た人」


    ♪ 香れよ胸の水仙 尽きる命をなだめて
     吹けよ街に 一陣の風 眠る我が子が癒えるまで...

    ライブ映像はこちら

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  彫像  CC-License  音楽紹介 

    写真家の清岡純子さんと女神のようなモデル

    ingres_la_source-trace.jpg kiyookamodel-trace.jpg

    いきなりですが問題です。
    上の線画のうち、左の画像はある有名な美術作品の人物をトレースしたものです。
    その作品とはいったい何でしょう?

    解答もいきなりですが・・・
    答えはフランスの画家、ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル(1780-1867)の1856年の作品「泉」でした。(原題:La Source)

    元の絵を知っている人には簡単な問題でしたね。

    jean_auguste_dominique_ingres_-_the_spring.jpg
    アングル作「泉」
    File:Jean Auguste Dominique Ingres - The Spring - Google Art Project 2.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン


    では上の線画のうち、右側の画像は何をトレースしたものかわかりますか?

    「ヴィーナスの誕生かな?」「ギリシア神話の三美神のひとり?」「このふくよかさはルネサンス期の宗教画かもしれない」・・・と、多くの人が西洋絵画だと思ってしまうでしょう。

    じつはこれ、日本の写真家、清岡純子さん(1921-1991)の1981年の写真作品から、そこに写るモデルをトレースしたものです。
    残念ながら元の画像は掲載できませんが、西洋絵画の裸婦像に非常に近い体形をしていることがわかると思います。


    私は中学生のときに美術科で初めてアングルの「泉」を知り、その均整のとれた美しい姿に感動を覚えました。
    多感な時期でしたが性的な感情ではなく、純粋に人間の形に感動したのでした。

    アングルの「泉」の女性は人間ではなく泉を擬人化したもの、つまり簡単に言えば泉の精霊です。
    女神や天使の姿もそうですが、作者は架空の存在に自分の理想を当てはめ、ああでもないこうでもないと試行錯誤しながら美を追求していくわけです。
    アングルは「泉」を描き上げるのになんと36年を要しています。
    私はそんな、理想の美を追い求める作者の姿勢にも共感し、美術がさらに好きになりました。

    2年後の高校生のとき、私は地元の駅前にある大きな書店の美術図書コーナーに立ち寄りました。
    そして目の前の棚から何気なく一冊の写真集を手に取ったとき、私はアングルの「泉」を見たとき以上の衝撃を受けました。
    何しろそこに写るモデルの女性が、まるでアングルの「泉」から抜け出てきたかのような姿をしていたからです。

    それは単にヌードだからということではなく、身体の形、縦横の比率、適度なふくよかさ、優しい表情に至るまで何から何までそっくりでした。
    そのモデルは当時の私よりも4歳ほど年下の少女でしたが、私はそのモデルに女神様のような神々しさを感じました。

    続きを読む...

    タグ: Europa  日本  少女  Water  ♂♀  絵画  CC-License 

    J.L.デルモンテの彫刻作品

    j_l_delmonte_unknown.jpg

    ベルギーの彫刻家、J.L.デルモンテ(生没年不明)による、水をかぶる少年のブロンズ像。
    場所は公園の休憩所でしょうか?
    こういう涼しげな像を見ながら1日をのんびり過ごすのも良さそうですね。

    この彫像、下が池になっており、バケツのところから水が出るようになっています。
    この子は罰を受けているわけでも荒行をしているわけでも、アイス・バケツ・チャレンジをしているわけでもありません。
    たぶん川などで沐浴しているシーンでしょう。

    各地の公園には噴水彫刻が設置されていることがありますが、このように本体に常に水が掛かる構造のものは少ない気がします。
    いくらブロンズでも常に濡れていたら腐食しやすいですから。
    水垢も付きやすいので日々の手入れは大変でしょうが、訪れる者にとっては非常に見応えのある像だと思います。

    また、少女ではなく少年であるところもよく考えられています。
    何故かって、男性なら風呂で湯をかぶったときにわかると思いますが、勝手に小便小僧になってしまうんですよね。(^^)
    そんな水の動きの面白さもこの像の魅力といったところでしょうか。

    bucketshowerboy.jpg unknown_fountain_sculpture.jpg

    同じ姿の人間と彫像。
    「ちょいとそこの少年くん、バイトしないかい? 水をかぶるだけの簡単な仕事さ!」
    もしこんなことを言われても、実際にやるのは超大変。
    1時間もやっていたら手足はふやけ、体は冷えきり、確実に風邪をひいてしまいます。

    やはりこういうことはブロンズ像にまかせたほうが良いみたいですね。

    作者のJ.L.デルモンテに関しては情報がまったく得られませんでした。
    検索してもトマトケチャップばかり見つかります。(T_T)

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  彫像  OldPhoto 

    動く子供を素描で表現

    nicolas_galerie01-1.jpg

    当ブログで過去に何度も登場した言葉「デッサン」
    日本の自動車メーカー?いやそれはニッサン。中年の男性?いやそれはオッサン。
    などと冗談を言っている場合ではなく、今回はデッサンの話。

    デッサン(Dessin)という言葉はフランス語。
    英語ではドローイング(Drawing)、日本語では素描(そびょう)といって、主に鉛筆や木炭、パステル、コンテなどを用いて物体の形状や明暗などを平面に描画する技法、およびその作品のことです。

    輪郭線によって対象の視覚的特徴をつかむことを目的とした、人物画では基礎中の基礎とも言えるものです。

    nicolas_galerie01-2.jpg nicolas_galerie01-3.jpg

    いつ頃の作品かは不明ですが、これはフランスの「Galerie du nu」という書籍に掲載されたデッサン画。
    子供をモデルとした単色のスケッチ、いわゆる人体デッサンです。

    描いたのはニコラさんという方らしいのですが、詳しいことはわかりませんでした。
    子供モデルのデッサン画の例として引用いたしました。

    nicolas_galerie02-1.jpg nicolas_galerie02-2.jpg

    デッサンは古代から様々な用途でおこなわれ、ルネサンス時代には絵画、彫刻、建築の試作にも用いられるようになりました。
    絵画を制作するときの下絵であったり、基礎練習であることには間違いないのですが、現代では彩画と共にデッサン画もひとつの作品として成り立っています。

    用いる道具で一般的なのは鉛筆と木炭。
    鉛筆は様々な硬度のものを使用しますが、硬すぎる鉛筆はあまり使いません。
    木炭の場合はデッサン用の木炭を使います。
    このニコラさんの絵はたぶん鉛筆を使用しているのでしょう。

    nicolas_galerie03-1.jpg nicolas_galerie03-2.jpg

    通常デッサンは単色の線画で描かれ、背景を省略することが多いですね。
    そういう意味ではモノクロの肖像写真に近いと言えますが、色彩を排除している分、形状がより色濃く反映されます。

    見た目が正確でないことを「デッサンが狂っている」などと言いますが、意図的にデフォルメした抽象画の場合はこれには当たりません。
    しかしだからといって抽象画の画家にはデッサン能力が必要ないのかというとそうではなく、有名な画家の多くが若い頃にデッサンの勉強に勤しんでいたように、画家にとってはとても大切な基礎のひとつです。

    nicolas_galerie04-1.jpg nicolas_galerie04-2.jpg

    美術学校などではモデルを用意してデッサンの授業をおこなうことがあります。
    そのとき単なる立ちポーズが多いのは、モデルへの負担を考えるとある意味仕方がないことだと思います。
    しかし子供の場合は子供らしい様々なポーズを描いてみたくもなりますね。

    そのため動きのあるポーズの場合は写真を模写することもあります。
    これらの作品も一部は写真を模写したのだろうと思います。
    写真の模写をデッサンと言うのか?というと、まぁ正確には違うんですが、子供がモデルの場合そのほうが良いのかもしれません。

    ネコと人間の子供は、絵画のモデルにはちょっと不向きなようです。(^-^)

    タグ: Europa  少年  ♂♀  笑顔  絵画 

    Partridge Boys in Alabamas

    cunningham-partridge_boys_in_alabamas.jpg

    アメリカの写真家、イモージン・カニンガム(1883-1976)による1924年の作品「Partridge Boys in Alabamas」

    自分の子供が海辺で遊んでいるところを撮影したものだと思いますが、演出したようでもありドキュメンタリーのようでもある不思議な画作りですね。
    喜怒哀楽のどれでもない、いやむしろ全てを含んでいるかのような深さを感じさせます。

    作者のイモージン・カニンガムはアメリカの有名な女性写真家。
    ポートレイト、花のクローズアップ、ヌードなどのシリーズで知られています。

    オレゴン州のポートランドにて10人の子のうち5番目の子として生まれた彼女は、ワシントン州のシアトルで育ちました。
    1901年にワシントン大学に入学し写真化学を学んだ彼女は、そこでアメリカの女性写真家、ガートルード・ケーゼビアの作品に出会い、大いに魅了され、このことが写真家を志すきっかけとなりました。

    1907年にワシントン大学を卒業し、写真化学の学位を取得。
    その後ドイツに留学し、1910年にはシアトルに写真スタジオを開いています。

    数々の秀逸な作品を発表し、1913年にブルックリン美術館にて作品を展示。
    1914年にはニューヨークの国際絵画写真展にも出展しています。

    1968年に美術学博士として名誉博士号を与えられ、2004年に国際写真博物館にて殿堂入りを果たしています。
    彼女の3人の子供のうちのひとりも、後に写真家となったそうです。

    cunningham-twins_with_mirror01.jpg cunningham-twins_with_mirror02.jpg

    こちらの写真は1923年に撮影された「Twins with Mirror」という作品。
    彼女の子供であろう双子の少年が床に置かれた鏡を見ているシーンです。
    日常の切り取りでありながら、美しくも不思議な雰囲気を醸しています。

    どの写真も100年前の撮影とは思えないほど状態が良く、天使の姿を明確に伝えています。
    たった100年では人の姿はそうは変わらないのだと教えてくれています。

    しかし、人の心は不変だとは言い切れません。
    100年前と今とでは天使の心は変わったのか、変わっていないのか・・・。
    彼女の作品を鑑賞し、そんなことを考えさせられました。

    タグ: America  少年  ♂♀  Water  OldPhoto 

    Stehender Knabe

    peterich_stehender_knabe01.jpg peterich_stehender_knabe02.jpg

    ドイツの彫刻家、パウル・ペテリッヒ(1864-1937)による1909年の作品「Stehender Knabe」
    ベルリンの旧国立美術館にて展示されている大理石像です。

    タイトルは「立っている少年」という、そのままの意味。
    地毛なのかカツラなのか、バッハのような髪型をした少年が頭の上で手を組んでたたずんでいます。
    美術館の少し高い位置に設置されているので人々は下から見上げることになり、そのため容姿の美しさがより強調されています。

    作者のパウル・ペテリッヒは1864年、ドイツの都市バート・シュヴァルタウで生まれました。
    1881年に高校を卒業し、父親の工房で彫刻関係の仕事をしながらリューベック商業学校へと通います。
    1884年に国から奨学金を受け、ハンブルグ美術大学とベルリン・アートアカデミーに入学し、ドイツの彫刻家、フリッツ・シャーパーの弟子となりました。

    各地の記念碑のデザインを手掛け、1899年にイタリアに渡り結婚。
    その後ドイツのラステード地区にて教授の職に就きます。
    1907年からは妻と5人の子供とともに再びイタリアのフィレンツェ近郊に移り住み、数々の大理石像や記念碑を制作して国内外から高い評価を得ました。

    彼は1914年から1922年までドイツのドレスデンに住み、その後1927年までイタリアのカプリ島に住んでいました。
    ドイツとイタリアを行き来する人生だったんですね。
    彼はオランダ南西部の都市ハーグにて、1937年にその生涯を終えました。

    彼の作品の大部分は石や金属を使った胸像でしたが、現在その多くは所在不明となっています。
    一部は博物館や公共の場のモニュメントとして使われていますが、金属を使った多くの作品は第二次世界大戦中に溶かされてしまったそうです。
    現在彼の出身地であるバート・シュヴァルタウの博物館には、彼の貴重な作品が保存されています。

    peterich_traumender_knabe.jpg

    1909年に制作されたこの少年像ですが、こちらの資料ではタイトルが「Träumender Knabe」となっています。
    意味は「夢見る少年」
    もしかしたら製作時のタイトルはこれだったのかもしれません。

    うつむき加減で目を閉じているので、こちらのタイトルのほうがシックリきますね。
    夢見る少年であり、我々に夢を見せてくれる少年でもあります。

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia イベント CC-License 彫像 スポーツ 日本 風呂 絵画 RUKA 伝統 ペイント ダンス Thong 眠り OldPhoto Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    ボウズが上手にポーズを決めた 2018/07/16
    寝相 2018/07/15
    小さな水着の天使たち 2018/07/14
    太陽と水と素肌と笑顔 2018/07/13
    玉取りゲーム? 2018/07/12
    体操開花 2018/07/11
    泥遊びのメリット 2018/07/10
    みだれ髪ダンス 2018/07/09
    ピッタリ収納 2018/07/08
    Strömkarlen 2018/07/07
    海色のキャンバス 2018/07/06
    熱中少年 2018/07/05
    お風呂でダンス 2018/07/04
    人間になれたら... 2018/07/03
    エンジェル鑑賞 2018/07/02
    日別表示
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer