Cupid Rekindling the Torch of Hymen

    george-rennie_cupid-hymen01.jpg

    この作品は前に一度紹介したことがありましたが、作者についての説明がまだだったので改めてご紹介。

    スコットランドの彫刻家、ジョージ・レニー(1802-1860)による1831年の作品「Cupid Rekindling the torch of Hymen」
    ロンドンの「ヴィクトリア&アルバート美術館」が所蔵している大理石像です。

    タイトルは直訳すると「ヒュメンのトーチを再燃させるクピド」という意味。
    向かって左のトーチを持っているのが婚姻の神ヒュメンで、右にいるのが愛の神クピドです。

    ヒュメンもクピドもどちらも神でありながら少年の姿で表現されることが多いですね。
    婚姻や愛を司る神は純潔であるというイメージからこうなったのでしょうが、現代人から見るとちょっと奇妙にも思えます。

    この彫像では身を委ねるようなクピドや、ヒュメンがクピドの腰に手を回していることなどから、互いに気の置けない仲であることがわかりますね。
    ヒュメンは他人の婚姻を司り、クピドは他人の恋愛を司り、気がつけばどちらも独り者。
    たまにはふたりで慰め合うこともあるのでしょう。

    ちなみにタイトルにある「kindling」とは点火や燃焼という意味ですが、気持ちを掻き立てるという意味もあるので、トーチの火と心の火をかけているのかもしれませんね。

    george-rennie_cupid-hymen02.jpg george-rennie_cupid-hymen03.jpg

    作者のジョージ・レニーは1802年、スコットランドのイースト・ロージアンで生まれました。
    父は農業学者であり叔父は土木技術者でしたが、彼は幼少期から芸術に興味を持ち、若くしてイタリアのローマに渡り彫刻を学びます。

    母国に戻った後も彫刻家として活動し、1828年から1837年まで王立芸術アカデミーやサフォーク・ストリート・ギャラリーにて作品を発表しています。

    1841年、彼はイギリスのサフォーク州の州都、イプスウィッチの議会議員となりました。
    主な功績としては、農業に関する法律の制定やデザイン学校のための議会委員会の設立など。

    議員としてのキャリアは6年ほどでしたが、彼は1847年12月15日にフォークランド諸島の知事に就任します。
    1855年にイギリスに戻り、1860年3月22日に病気のためロンドンでその生涯を終えました。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:George Rennie Cupid Rekindling the Torch of Hymen at the V and A 2008.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  CC-License 

    Lupercalia

    dressler_lupercalia01.jpg

    イギリスの彫刻家、コンラッド・ドレスラー(1856-1940)による1907年の作品「Lupercalia」
    イギリスのリバプールにある「ウォーカー・アート・ギャラリー」で展示されているブロンズ像です。

    少年が笑みを浮かべながらムチを振るっています。
    表情を見る限りはとても楽しそうですね。
    この像が何を意味しているのかは後述するとして、まずは作者の紹介から。

    作者のコンラッド・ドレスラーはロンドン生まれの彫刻家。
    ロンドンの国立美術大学「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート」にて彫刻を学び、1894年にイギリスのバーケンヘッドにDella Robbia Potteryというセラミック工場を設立。
    その後は建築用タイルや壁パネルの製造会社、Medmenham Potteryを設立しました。

    イギリスの陶器産業に貢献した人物ですが、この彫像を含めいくつかのブロンズ作品も残しています。

    dressler_lupercalia03.jpg dressler_lupercalia04.jpg

    画像出典:ketrin1407
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    さて、ここで唐突に「バレンタイン・デー」の話を・・・。

    日本ではバレンタイン・デーは女性が男性にチョコレートを贈る日ということで知られていますが、これは単にチョコメーカーの広告戦略から始まったに過ぎません。
    本来のバレンタイン・デーは、キリスト教の司祭であるウァレンティヌス(バレンタイン)が処刑された日とされています。

    古代ローマ帝国の皇帝クラウディウス2世は、兵士の士気が下がるのを理由に兵士の結婚を禁じていました。
    しかし司祭であるウァレンティヌスは兵士のために秘密裏に結婚式を執りおこない、そのため捕らえられ処刑されてしまったのでした。
    ウァレンティヌスは当時ローマ市内で毎年おこなわれていた祭り「ルペルカリア祭」に捧げる生贄とされました。

    兵士の結婚のために殉教したウァレンティヌス司祭のこのエピソードから、彼が処刑された2月14日(ルペルカリア祭の前日)を男女の愛の誓いの日とし、バレンタイン・デーと呼ばれるようになったと言われています。

    この話がこの彫像とどう関係あるのかと言いますと、このムチを振るっている少年の姿こそ、ウァレンティヌス司祭が生贄として捧げられた「ルペルカリア祭」の様子を表したものなのです。
    タイトルもズバリ「Lupercalia」(ルペルカリア)となっていますね。


    ではその「ルペルカリア祭」とはどんな祭りだったのでしょうか?
    ルペルカリア祭は古代ローマ時代の牧歌的な年次祭であり、ローマ神話の神「ファウヌス」を崇める祭りでした。
    ファウヌスはギリシア神話の神「パン」に相当する農牧の神です。

    ファウヌス(パン)は山羊のような半人半獣の姿をしており、山羊が多産のシンボルであったことから、陰茎をそそり立たせた性豪の神としても有名です。

    pea_ung-pan01.jpg pea_ung-pan02.jpg
    【街に設置されたパンの彫像と子供たち】
    Copyright : Ole Morten Eyra


    ルペルカリア祭は古代ローマで毎年2月15日におこなわれていた男女の祭りで、狼の祭典とも言われていました。
    裸体の神事青年たちが村の中を走り回りながら、群衆の女性たちに向かってヤギの皮でできたムチを振るうというものでした。
    ただし暴力的なものではなく、柔らかいヤギの皮ですから当たったとしてもそんなに痛くはなかったのでしょう。

    裸でムチを振るう役は下層階級の者はできず、都市部の上層階級の男性がおこなっていました。
    そのためか女性たちは打ってもらいたくて自ら背中を剥き出しにしていたそうです。

    豊作と多産を祈願する祭りなので、日本で言えば神社でよくある五穀豊穣・子宝祈願の祭りに近いですね。
    こちらではさすがに観客に鞭打つことはありませんが、水をかけたり墨を塗ったりする祭りはあるので、日本とローマの神話はどこか似ているところがあるのかもしれません。

    タグ: Europa  少年  少女  笑顔  ♂♀  彫像  CC-License 

    Le Livre de la Jungle

    joubert_le_livre_de_la_jungle01.jpg

    フランスのイラストレーター、ピエール・ジュベール(1910-2002)による1989年の作品「Le Livre de la Jungle」
    ジャングルブックの主人公モーグリを描いた作品です。

    当ブログでは過去何回か「ジャングルブック」に関連した作品をご紹介してきました。
    ジャングルブックとは、イギリスの作家ラドヤード・キップリング(1865-1936)が1894年に出版した小説で、インドのジャングルを舞台に狼に育てられた少年モーグリが活躍する物語。

    joubert_le_livre_de_la_jungle02.jpg joubert_le_livre_de_la_jungle03.jpg

    余談ですが、日本では「狼に育てられた少年」「狼に変身する少年」「狼が来たぞと嘘をついた羊飼いの少年(イソップ童話)」のいずれもオオカミ少年と呼ぶことがあるので混乱しがちです。
    日本のシニア世代にはテレビアニメ「狼少年ケン」を思い出す人も多いと思いますが、これもジャングルブックがモチーフとなっていた可能性はありますね。(ジャングルブックはインド、狼少年ケンはアフリカという違いはありますが)

    さて本家のジャングルブックですが、これまでに様々なアーティストによりモーグリ少年を題材とした絵画、イラストレーション、アニメーション、ビデオ映像、実写映画が作られました。
    中でも現在も多くの人を魅了し続けている作品がこのピエール・ジュベールのイラストです。

    ジュベールは最近の映画のようにモーグリを作り変えることなく、原作のイメージをそのままに伝えています。
    狼に育てられたインドの少年、モーグリを最も正確に伝えているのがジュベールのイラストではないでしょうか。
    ちょっとイケメン過ぎる気もしますが。(^^)

    joubert-photo.jpg

    作者のジュベールは1910年にフランスのパリで生まれました。
    1924年からパリの芸術学校に通い、1927年から1934年までフランスの新聞「L'Illustration」誌でイラストの仕事に従事。

    その後は宗教的、歴史的な絵を描いていましたが、15歳からボーイスカウトの活動をしていたためスカウト関連の書籍のイラストも多く手掛け、その分野の第一人者となりました。

    彼は77年にもわたるキャリアの中で数千点もの作品を生み出しています。
    そのほとんどは希望に満ちた少年の冒険を描いたものであり、これらはフランスのボーイスカウトの発展にも繋がりました。

    後世の漫画家やイラストレーターに大きな影響を与えたフランスの画家、ピエール・ジュベール。
    フランスのラ・ロシェルにて、2002年に91歳で亡くなりました。

    タグ: Europa  Asia  少年  ♂♀  絵画 

    Kindliche Neckerei

    paul_aichele_-_kindliche_neckerei.jpg

    ドイツの彫刻家、ポール・アイシェル(1859-1910)による1899年の作品「Kindliche Neckerei」
    タイトルは「幼いからかい」という意味。

    幼いとは言っても10歳以上だとは思いますが、男の子が植物を振り上げて女の子をからかっています。
    女の子もさほど嫌がっている様子ではなく、ふたりは普段から仲の良い幼馴染なんでしょうね。

    作者のポール・アイシェルはドイツの都市、マルクドルフで生まれました。
    1875年から1877年にかけてシュツットガルトの芸術学校に通い、1880年まではベルリン大学の美術学科に通っていたことはわかっていますが、それ以外のことはほとんど知られていません。

    無名ではありませんが、生い立ちについては謎多き作家のようです。
    作品は主にブロンズ像ですが、公園の石像なども手掛けています。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Paul Aichele - Kindliche Neckerei.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  彫像  CC-License 

    Przed lustrem

    kempinski_przed-lustrem.jpg

    ポーランドの画家、マチェイ・ケンピンスキー(生年不明- )による作品「Przed lustrem」
    日本語訳は「鏡の前で」

    作者のケンピンスキーについては詳しい情報が得られませんでした。
    彼の作品を掲載しているサイトは多いのですが、ほとんどがPinterestだったので画像以外の情報がほとんどありません。
    オフィシャルサイトを見てわかったことは次のとおり。

    マチェイ・ケンピンスキーは風景画や肖像画を描くポーランドの画家。
    作品に象徴的な意味を込め、色彩と造形に注意を払いながらある種の緊張を表現しています。
    彼はポーランドの画家協会とグラフィックデザイナー協会のメンバーであり、協会主催の展覧会で作品を発表しています。

    オフィシャルサイトのギャラリーを見てみますと、写実的な作品もあれば抽象的な作品もあり、またシンプルなイラスト風の作品もあり、作者の多彩な才能が伺えます。

    本人が絵に象徴的な意味を込めていると語っているとおり、確かに考えさせられる作品が多いですね。
    大胆なタッチで描かれたその絵は、まるで遠くから実際の光景を眺めているような錯覚さえ覚えます。
    顔を描いていない作品が多いことも、見ている者の想像力を刺激します。

    この作品にはどんな意味があるのでしょう?
    ちょっと薄暗い部屋の中、少年が大きな鏡に自分の姿を映しています。
    コンプレックスがあるのか、それとも逆にウットリしているのか。

    男の子は成長期に一度くらいは自分の体にときめく時期があるものです。
    まさに芽吹く時ですが、他人がこの芽を摘むことはできません。
    生きている証しを人への優しさに繋げてほしいですね。


    【MACIEJ KEMPIŃSKI - MALARSTWO】
    http://maciejkempinski.pl

    タグ: Europa  少年  絵画 

    En moders syn

    willumsen_en-moders.jpg

    デンマークの画家、ジェンス・フェルディナンド・ウィルムセン(1863-1958)による1910年の作品「En moders syn」

    タイトルは「母親の視線」という意味。
    宇宙空間のような水の中のような風景と、そこに漂うふたりの男の子。
    110年も前の作品とは思えないほど幻想的な絵ですね。

    たぶん兄弟だと思いますが、母親の視線ということで子宮の中のイメージもあるのでしょうか?
    しっかり握られた手と唇に当てた指、どんな意味が込められているのかと想像力を掻き立てられます。

    作者のウィルムセンはデンマークのコペンハーゲン生まれ。
    初めはラウリッツ・タクセン(1853-1927)とペデラー・セヴェリン・クリエール(1851-1909)のもとで学んでいましたが、次第に象徴主義(サンボリスム)の影響を受けていきました。

    象徴主義とは人間の内面や夢、神秘性などを象徴的に表現しようとするもので、文学上の象徴主義と関連して名づけられました。
    ウィルムセンのこの絵も人間の神秘性を表現したものなんですね。
    なるほどたしかに神秘的であり、ふたりの男の子が神々しくも見えます。

    彼は絵画以外にも彫刻、建築、写真に興味を持ち、1928年の彫刻作品はデンマークの文化遺産「Danish Culture Canon」にも登録されています。
    また1947年にはスウェーデンから「オイゲン皇太子勲章」を授与されました。

    デンマークのフレデリクサントにある「JFウィルムセン博物館」では、彼の多くの作品が展示されています。

    タグ: Europa  少年  ♂♀  絵画 

    Boyhood Australia

    hugles_ba12.jpg

    イギリスの写真家、ジョージ・ヒューグル(生没年不明)による写真作品「Boyhood Australia」

    これは写真のタイトルではなく、写真が収められていた書籍のタイトルです。
    古書として現在も販売されているかもしれませんが、出版元や発行年など詳しいことはわかりませんでした。

    タイトルが示すとおり、登場するのはオーストラリアの子供たち。
    雄大な大自然を舞台に動物たちと戯れる、まるで天使が舞い降りたかのような光景。
    ソフトフォーカス気味で幻想的な雰囲気を醸しています。

    hugles_ba15.jpg jhugles_ba14.jpg

    作者のヒューグルは幼い頃イギリスのロンドンで暮らしていましたが、第二次世界大戦の空襲により家族や友人を失うという悲劇に見舞われ、農村への避難を余儀なくされました。

    遠く離れた農村へとやってきた幼いヒューグル少年。
    ここでの新しい父母は、マイケルとピーターというふたりの息子がいる元学校教師でした。
    家族は彼を快く受け入れ、3人の子供たちは大の仲良しになりました。

    彼にとって農村での暮らしは毎日が刺激的で、まるでエンターテインメントの世界。
    ウサギを追いかけたり、川で水浴びをしたり、イカダを作ったり釣りをしたりと自由を満喫。
    ロンドンで恐怖の体験をした後だけに、ここでの暮らしはまるで天国でした。

    衣類の配給が乏しい時代だったので、服を汚さないよう、天気の良い日はみな裸になって遊んでいました。
    裸のままテニスやサッカー、クリケットもしました。
    元学校教師の母親は子供たちが裸で遊ぶことに寛容で、裸で過ごすことは健康に良いことだと子供たちに語っていたそうです。

    hugles_ba31.jpg hugles_ba37.jpg

    やがてヒューグルは大人になり、プロの写真家になりました。
    彼は自然と子供をテーマとした写真を通じて、子供時代の特別な記憶を取り戻そうとしました。
    彼の作品には、かつて農村で体験した天国のような光景が広がっています。

    大自然と動物と子供たち・・・これらは作品においても実生活においても素晴らしい組み合わせであることに間違いはありませんが、彼には特別な思いがあったのです。

    hugles_ba45.jpg

    写真集の前書きで彼はこう語っています。

    『ここに写る子供たちは飢えや戦争を知りません。世界中の子供たちが自分の両親に「飢えとは何?戦争とは何?」と尋ねることを私は願っています。子供がいない世界、それは人類の終わり...』

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  OldPhoto 

    Pojken med guldgåsen

    luterkort_pojkenmed01.jpg

    スウェーデンの彫刻家、エイナー・ルーテルコート(1905-1981)による1951年の作品「Pojken med guldgåsen」
    タイトルは「金のガチョウと少年」という意味。

    頭部が大きく、体形は完全に幼児ですね。
    棒を手に持ち、その棒の先には風呂敷のような袋をぶら下げています。

    しかし目立つのはその袋ではなく、もう少し下のほうにある袋。
    立派ですねぇ。(^^;)


    作者のルーテルコートは1905年に首都のストックホルムで生まれました。
    1926年からストックホルムの王立芸術アカデミーで彫刻を学び、その後はパリの国立高等美術学校、ローマの美術大学、ミュンヘンの美術アカデミーを卒業しています。

    1930年代からはスウェーデンの有名な陶器メーカー「ウプサラ・エケビー」で働き、その後ストックホルムに自身のワークショップを開きました。
    彼はスウェーデンの女優、イングリッド・ルーテルコート(1910-2011)の最初の夫でもあります。

    luterkort_pojkenmed02.jpg

    この作品はスウェーデンの都市エレブルーにある「スベアパーク」という公園に設置されているブロンズ像で、高さは約80cm、重さは約60kg。
    愛と温もりを求めて金の山羊を探すという、ハンス・クリスチャン・アンデルセン原作の童話が基となっているそうです。

    この画像ではタイトルのとおり、袋の中にガチョウがいるのがわかりますね。
    金のガチョウというか金がダッチョウというか、とにかく幼いながらも立派な少年の彫像でした。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Gossen med guldgåsen, Varberg.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  CC-License 

    Uli im Leonardo da Vinci Kreis

    will_mcbride-uli_im_leonardo_da_vinci_kreis.jpg

    アメリカ生まれのドイツの写真家、ウィル・マクブライド(1931-2015)による1978年の作品「Uli im Leonardo da Vinci Kreis」
    日本語に訳すと「レオナルド・ダ・ヴィンチ・サークルの中のウリ」となります。
    ウリとはこの子の名前です。

    「レオナルド・ダ・ヴィンチ・サークル」とは、イタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)が描いた線画「ウィトルウィウス的人体図」のこと。

    da_vinci_vitruve_luc_viatour_20171031113011b3c.jpg

    これが「ウィトルウィウス的人体図」
    古代ローマの建築家であったウィトルウィウスの著書「建築論」を基にした、ダ・ヴィンチが1487年頃に書いた手稿です。
    手足を大きく広げた男性の姿が描かれており、周りを囲む真円と正方形に指先が内接しているという構図になっています。

    ダ・ヴィンチと言えば有名な絵画「モナ・リザ」の作者ですが、絵画以外にも音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学など、様々な分野に顕著な業績を残したことで知られています。

    「ウィトルウィウス的人体図」は解剖学や生理学に長けたダ・ヴィンチならではの作品であり、この図は後世の人体デザインに大きな影響を与えました。
    現代では医学に関するシンボルとして多く用いられています。

    マクブライドの作品はこの図をモチーフとしたもので、それはタイトルからも明白。
    場所はアトリエだと思いますが、大きな板に黒い布を貼って円と四角を描き、少年に乗ってもらったんですね。
    たぶん足の下にでも小さな足場があるのでしょう。


    作者のウィル・マクブライドはドイツの報道・芸術写真家。
    アメリカのミズーリ州の都市、セントルイスで生まれた彼は子供時代をイリノイ州のシカゴで過ごし、その後バーモント州のバーモント大学に通い、1953年にニューヨーク州のシラキュース大学を卒業しました。
    1953年から1955年にかけて米軍の仕事でドイツに滞在し、1955年にドイツのベルリンに移住。

    ベルリンに移住した後、彼は写真家としてドイツの文化を記録し続けます。
    遺跡や都市の景観、ベルリンの壁の建設など。
    しかし最も重要なテーマとしたのは、葛藤と貧困の中で自由を求める若者のライフスタイルの記録でした。
    彼はドイツの住人として街に、そして人に溶け込み、ドキュメンタリースタイルの写真を撮り続けました。

    彼の作品は人体をテーマとしたものが多く、1974年にドイツで発行された子供向け性教育写真集「Zeig Mal!」(英語版タイトル"Show Me!")にも彼の作品が使われています。
    2000年以降はイタリアのボローニャ、ドイツのベルリン、ミュンヘン、フランクフルト等で個展が開かれ、2004年にはドイツ写真協会よりエリック・サロモン賞を授与されました。

    数々の賞を受賞し、その地位を不動ものとした写真家ウィル・マクブライド。
    2015年1月にドイツのベルリンにて84歳で亡くなりました。


    ところで一番上の写真を見て気付いたことですが、左足の指先がちょっとイビツになっていませんか?
    怪我でもしているのかと思いましたが、他の写真を見てみると・・・

    will_mcbride_uli-hager.jpg
    「Uli Hager with Wall Drawing」(写真集「40 Jahre Fotografie」より)

    この写真では足の指が綺麗に写っています。
    ということは最初の写真は足場の一部が同化して見えているだけなのか、現像上の不備か、それとも複製時の修正ミスか?(その可能性が高いかな?)
    いずれにしても画像上の不備のようですね。

    この写真では壁に体の輪郭が描かれ、各部位のサイズが記されています。
    ウィトルウィウス的人体図のモチーフといい、体をトレースした壁画といい、写真家ウィル・マクブライドの感性には芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチと似たものを感じます。

    表現の仕方は違っても、彼らの芸術魂を支えていたのは人間への深い愛情だったのでしょう。


    【Will McBride】
    http://www.will-mcbride-art.com

    Googleの画像検索で「will mcbride」を検索

    彼の作品集はAmazonでも購入できます。(ただし海外ですが)
    Will McBride: 40 Jahre Fotografie (Amazon.com.mx)

    タグ: Europa  少年  ♂♀  絵画  OldPhoto 

    ダリウス・スキテック氏の絵画作品

    dariusz_01.jpg dariusz_02.jpg

    当ブログではいつも心を癒せる作品をご紹介していますが、今回は趣向を変えてちょっと不気味な作品をご紹介。
    ポーランドが生んだ新進気鋭の画家、ダリウス・スキテック(1980- )によるホラータッチの絵画。

    子供をメインとした絵ではありますが、ご覧のように不気味なモンスターが描かれています。
    濃い色彩と濃い画風。悪夢のような風景にたたずむ少年少女たち。
    子供の頃に見たら怖くてトイレに行けなくなるような絵ですね。

    作者のダリウス・スキテックはポーランド西部の都市、ポズナン生まれのアーティスト。
    アングラ的な作品のせいか作者についての情報はほとんど得られなかったんですが、その作品からは真摯なメッセージを感じます。

    いわゆるシュールレアリスムであり、ホラーでグロテスクな要素を直接的に散りばめているかなりアクの強い絵です。
    子供とホラーというと「子供にとっては...」という捉え方と「子供というものは...」という捉え方の二つがありますが、彼の絵はその両方を同時に表現しているようにも思えます。

    dariusz_03.jpg dariusz_04.jpg

    私にとって子供は天使のイメージですが、人によっては悪魔だったりゴブリン(小鬼)だったりと、不気味なイメージを持つ人も少なくはないのでしょう。
    昔から小説や映画等ではよくあるモチーフですね。
    エクソシストのリーガンちゃん然り、呪怨の俊雄くん然り、チャイルドプレイのチャッキーさん然り。(最後のは人形ですけど...)

    しかし子供が醸す「何を考えているかわからない」という不気味さでいえば、私が真っ先に思いつくのは1976年のスペイン映画「ザ・チャイルド」(原題:Who Can Kill a Child?)

    スペインのとある孤島を舞台に、子供たちが突如大人を惨殺し始めるというストーリーの映画ですが、ゾンビのようなスプラッターではなく、オカルトでもなく、子供たちは終始可愛らしい子供のまま。
    だからこそ恐ろしい。

    同じようなストーリーでスティーブン・キング原作の「チルドレン・オブ・ザ・コーン」というアメリカ映画もありますが、ザ・チャイルドのほうが不気味さが抜きん出ているように思います。(子役の可愛さも)
    機会があればぜひご覧ください。

    スキテックの絵画も子供をホラー的に描くことはなく、子供は可愛い子供として描かれています。
    ヌードであることは無防備の状態であると同時に偽りのなさでもあり、グロテスクな怪物と絡めて描くことで子供特有の内面性がより色濃く反映されています。

    芸術におけるホラーというジャンルは非常に誤解されやすいものですが、それは人間の体についても同じ。
    こちらに向かって微笑みかける裸の子供たちと、おどろおどろしい怪物たちの様相に何を感じるか、それはある意味、子供たちが大人に対して持つ印象なのかもしれません。


    【Dariusz Skitek】
    http://dariuszskitek.blogspot.jp

    タグ: Europa  少年  少女  笑顔  ♂♀  絵画 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 水着 Face CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 風呂 RUKA 絵画 伝統 ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 OldPhoto Oceania 動画 

    日別表示
    11 | 2017/12 | 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    月別表示
    最新記事
    国別アクセス
    Flag Counter
    おすすめリンク
    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls