モデルと計測

    thorvaldsen_museum_1910.jpg

    これは珍しい写真・・・というより珍しいイベントを撮影した写真と言うべきでしょうか。
    デンマークの首都コペンハーゲンにある「トーヴァルセン美術館」で1910年におこなわれた展覧会の様子です。
    見てのとおり、彫刻作品と人間を一緒に並べて展示しています。

    トーヴァルセン美術館はデンマークを代表する彫刻家、ベルテル・トーヴァルセン(1770-1844)の作品が収められている美術館。
    そこでおこなわれた100周年記念のイベントらしいんですが、作者の没年は1844年だし、これらの作品が作られたのは1820年頃だし、この美術館がオープンしたのは1848年だし、何についての100周年なのかはわかりませんでした。

    しかしいかにも北欧らしい、大らかな展覧会ですね。
    人間を彫像に見立てるイベントは今でもたまにおこなわれていますが、美術館でヌードの少年を展示するというのは極めて珍しいんじゃないでしょうか。

    彫刻作品も人間もどちらも芸術である!という考えであればこその試みと言えますが、もし今同じことをしたらおそらく批判が殺到するでしょうね。たとえその子が楽しんでいたとしても。

    作品が作られた19世紀ではなく、21世紀となった現代でもなく、アートが一般に浸透し始めた20世紀初頭だからこそ実現できたイベントという気もします。

    この展覧会に来た人たちは、彫像と人間、どちらをより深く鑑賞したのでしょうか?
    裸のガキなど見てもつまらん!という人も多かったとは思いますが、巨匠の作品がどこまで正確に作り込んでいるかを確認するには、実際に比べてみるのが一番。

    これはそのための展覧会でもあったのでしょう。
    その証拠にこの展覧会のタイトルは「モデルと計測」だったそうです。
    ちなみに左の作品は過去に一度紹介しています。(該当記事)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  OldPhoto  衣装  ♂♀ 

    Brothers showering under the porch...

    cornell_capa_brothers_showering.jpg

    アメリカの写真家、コーネル・キャパ(1918-2008)による1946年の作品「Brothers showering under the porch at their vacation home」

    LIFE(ライフ)という雑誌を知っていますか?
    1936年から2007年までアメリカで発行されていた、世界的に有名な報道写真誌です。
    フォトジャーナリズムと呼ばれる、写真を主体とした報道の在り方。その普及における先駆的な雑誌でした。
    第二次世界大戦前から戦後の復興期、テレビの本格普及前までが黄金期でしたが、厳しい経営事情を背景に2007年4月20日号を最後に廃刊となりました。

    コーネル・キャパはLIFE誌の黄金期に表紙写真を手掛けたカメラマンのひとりです。
    この写真は幼い兄弟が別荘の洗い場でシャワーを浴びているシーン。
    1946年撮影ですから、第二次世界大戦が終わった翌年ですね。
    顔は見えませんがほのぼのとしていて、終戦後のアメリカの雰囲気をよく表しています。

    キャパという名前を聞いて「ロバート・キャパ」を思い出した方は写真家に詳しい方でしょう。
    コーネル・キャパは、あの知る人ぞ知る有名な報道写真家、ロバート・キャパの弟なのです。
    ちなみに日本に「CAPA」というカメラ雑誌がありますが、これもロバート・キャパにちなんで付けられた誌名です。

    弟のコーネル・キャパは1918年、ハンガリーのブタペストで生まれました。
    18歳の時にフランスのパリに移住し、兄のロバートとともに報道写真家の仕事を開始します。
    1937年にはニューヨークへ移住してLIFE誌の現像所で働き、アメリカ空軍への従軍を終えた1946年からはLIFE誌専属の写真家となり、数々の表紙写真を撮影しました。

    1954年に兄のロバートが北ベトナムで地雷により死亡してからは、兄が設立に関わった国際的な写真家グループ「マグナム・フォト」に加わり、ソビエト連邦やイスラエル、アメリカの政治家などを取材しました。

    晩年は兄の写真集の前書きを執筆するなど、兄の功績と名誉を人々に伝えることに努めていましたが、2008年5月、90歳の時にニューヨークで亡くなりました。


    現在LIFE誌は膨大な写真アーカイブのうち20%ほどをフリーで公開しています。
    今後徐々にデジタル化を進め、最終的には保管写真のすべてを公開する予定だそうです。

    アメリカの偉大な報道写真雑誌「LIFE」の誌面を飾った素晴らしい報道写真の数々。
    興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか。

    「LIFE 写真アーカイブページ」
    http://time.com/photography/life/
    関連記事

    タグ: America  少年  Water  OldPhoto 

    モデル君は背中で語る - 2

    以前書いた記事「モデル君は背中で語る」の続きです。(該当記事)

    今回は後ろ姿を描画した絵画と写真作品をご紹介します。
    彫像は必ずしも背中側が主題とは限らないので除外しました。

    それにしても人の背中というのは不思議なものですね。
    「背中で泣く」とか「背中が笑っている」という言葉がありますが、意識せず感情が表れていることがあります。
    自分からは見えにくい部位だからこそ、隠しきれないのかもしれませんね。

    まずは絵画作品から。

    torjay_miracles.jpg ivanov_st-nu-boy.jpg

    左はハンガリーの画家、トルジェイ・バルター(1964- )による2009年の作品「The first miracles」
    右はロシアの画家、アレクサンドル・アンドレイビッチ・イワノフ(1806-1858)による1830年の作品「A Nude Boy Standing」

    庭で遊ぶモデル君と壁際でポーズをとるモデル君。
    どっちの背中が楽しそう?


    colstee_boy-look-sea.jpg ht_boys-bath-sea.jpg

    左はオランダの画家、ペーター・コルスティ(1960- )による2006年の作品「Boy looking over the Sea」
    右はイギリスの画家、H・Tによる作品「Boys bathing in the Sea」

    海をクールに見つめる少年と海に入って遊ぶ少年。
    背中は口ほどにものを言う?


    rohlfs_back.jpg stott_sumday.jpg

    左はドイツの画家、クリスチャン・ロールフス(1849-1938)による1905年の作品「Männlicher Rückenakt」
    右はイギリスの画家、ウィリアム・ストット(1857-1900)による作品「Study of A Summer's Day」

    どちらもアトリエでのモデル君ですが、ちょっとお疲れ気味。
    背中にそれが表れてる?


    hofman_untitled.jpg simberg_garland_of_life.jpg

    左はポーランドの画家、ワラスティミル・ホフマン(1881-1970)による作品。(タイトル不明)
    右はフィンランドの画家、ヒューゴ・シンベリ(1873-1917)による1905年の作品「Garland of Life」

    天使の翼も後ろ姿があってこそ絵になる構図ですね。
    少年の背中は愛らしくもあり、たくましくもあり。


    次は写真作品。

    holland_day_boy_standing.jpg george_hugles_boyhood_australia.jpg

    左はアメリカの写真家、フレッド・ホーランド・デイ(1864-1933)による1896年の作品「Boy standing, playing pipe in the woods」
    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Boy standing, playing pipe in the woods 1896-1897.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    右はオーストラリアの写真家、ジョージ・ハグレスによる作品。
    どちらも森の中で精霊のようにたたずむモデル君。
    顔が見えにくい後ろ姿ゆえに、イメージが膨らみます。


    maxwell_justin_and_leo.jpg simberg_lauri-railo.jpg

    左はアメリカの写真家、ロバート・マックスウェルによる作品「Justin and Leonardo」
    右はフィンランドの画家、ヒューゴ・シンベリ(1873-1917)による1905年の作品。
    上の絵画で一番最後のシンベリの作品、その制作のために撮影された写真です。

    モデル君はときに道具を持たなくてはならないので大変です。
    左の子が抱えてるのは犬かな?


    ken_heyman01.jpg ken_heyman02.jpg

    アメリカの写真家、ケン・ヘイマン(1930- )による1961年の作品。

    モデルは当時の映画「Lord of the Flies(蠅の王)」に出演した子役たち。
    撮影のために島で集団生活した子供たちの様子は、1964年発行の書籍「The Boy a Photographic Essay」に収められています。(現在もAmazon等で購入できます)


    jacques_duval.jpg gloeden_gallo.jpg

    左はドイツの写真家、ジャックス・デュヴァルによる作品。
    右はドイツの写真家、ヴィルヘルム・フォン・グレーデン(1856-1931)による1900年頃の作品。
    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Gloeden, Wilhelm von (1856-1931) - n. 0228 - 20c - Gallo p. 20.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    ちょっと重心をずらした斜めのポーズが草木のある風景に溶け込んでいます。
    野性味を醸し出すには後ろからのショットのほうが良さそうですね。


    絵や写真は彫像とは違い、回り込んで別角度から見ることができません。
    作者が後ろ姿を表現すれば、それがそのまま作品の構図となります。

    なぜ後ろ姿なのか? なぜ背中からなのか?
    表情が見えないながらも、その小さな背中が語りかけてきます。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  絵画  OldPhoto  CC-License 

    Motu Girl

    francis_rickman_barton_motu_girl.jpg

    イギリスの写真家、キャプテン・フランシス・リックマン・バートン(1865-1947)による1907年の作品「Motu Girl」
    パプアニューギニアの少女をモデルとした作品です。

    名前の頭にキャプテンとあるのは、彼が英国軍の将校だからです。
    1899年から1908年にかけてニューギニアに駐屯していた、軍人であり写真家でもある男性。
    1904年に現地の管理者に就任し、シエラレオネとバルバドスで軍隊の隊長を務めました。

    駐屯時にイギリスの人類学者チャールズ・セリグマンと出会って共に現地調査をおこない、1910年発行のセリグマンの著書「ニューギニアのメラネシア人」にも自らが撮影した写真を寄稿しています。

    彼が撮影した、体に幾何学模様のペイントを施した女性たちの写真は現在「大英博物館」が所蔵し、ロンドンのNPO法人である「ロイヤル・アンソロジー・インスティテュート」のコレクションにも1500枚以上の写真が収められています。

    この写真はバートンの作品の中で最も有名なものですが、この子は彼の正規モデルで、マングローブの生い茂る場所を選んで撮影したそうです。
    ということは演出した写真なんですね。
    といってもここで生活している地元の少女でしょうから、人類学的にはドキュメンタリーかな。

    この地域の人々の特徴である、ボディに施された幾何学模様のペイント。
    原文には「Tattoo」とあるので入れ墨かもしれません。
    関連記事

    タグ: Oceania  少女  伝統  ペイント  Water  ♂♀  OldPhoto 

    キャロルの愛したアリス・リデル

    alice_liddel_beggar_girl.jpg

    ご存じですか?と聞くのもおかしなほどに有名な童話「不思議の国のアリス」
    数学者でオックスフォード大学の教授でもあるチャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(1832-1898)が、ルイス・キャロルというペンネームで1865年に出版した童話です。

    ウサギを追いかけて野原の穴に入っていった少女アリスが、不思議の国で体験する奇想天外な物語。
    体の大きさが変化する薬とケーキ、カエルや魚の顔をした人たち、荒っぽく皿を割りまくる料理女、ニヤニヤして顔だけになるチェシャ猫、気の変な帽子屋、泣き虫のウミガメ、怒ってすぐに首をはねたがるトランプの女王などなど・・・そのストーリーはナンセンスとユーモアに溢れ、作家キャロルとしての文才と数学者ドジソンとしての緻密な思考力を感じさせます。

    もともとドジソンは歩き方がぎくしゃくしていたり、どもる癖があったために内気な性格で、大学の仲間や生徒たちからは気難しいつまらない人間だと見られていました。
    しかし無類の子供好きだった彼は、普段から知り合いの子供たちの前で人形を動かしたり手品をしたり、お話を聞かせて喜ばせる一面も見せており、その時ばかりはどもりの癖も影をひそめたといいます。

    そんな彼が子供たちの中でもとりわけ強い愛情をそそいだのが、同大学の学園長の次女である10歳の少女でした。
    少女の名はアリス・プレザンス・リデル(1852-1934)。
    そう、不思議の国のアリスという物語は、ドジソンがこの子のために作ったお話だったのです。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Alice Liddel - Beggar Girl.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    three_liddell_sisters.jpg

    一番上の写真はドジソンが撮影した6歳のときのアリス・リデル。
    そしてこちらの写真は同じくドジソンが撮影した学園長の三人娘。(1860年)
    左端の子が次女のアリスですね。


    1862年7月4日、テムズ川のほとりで初めてアリスに語られた不思議な物語は、その後ふたりが出会うたびにふくらんでいきました。
    アリスはドジソン先生というさえない独身男の語る物語にワクワクと胸を躍らせたでしょうし、ドジソンはアリスを喜ばせたいとの一心で空想力を大いに働かせたに違いありません。

    この物語はのちにドジソン自身が挿し絵を描いて一冊の本にし、その年のクリスマスにアリスにプレゼントしたのですが、それが知り合いの目にもふれ愛読されるうちに絶賛され、そして後の1865年、ジョン・テニエルという風刺画家の見事な挿し絵を添え、正式に刊行されたというわけです。
    最初の1冊目はアリス自身に、2冊目はビクトリア女王に贈られたそうです。

    john-tenniel_alice.jpg

    物語のセリフとテニエルによる挿し絵が、まさにアリスという少女の印象を世に決定付けました。
    金色の長い髪、エプロンドレス、ちょっと蓮っ葉でおしゃべり、大人びた口調、ちょっとのことでは動じない性格。
    一見しただけでもドジソンが愛したアリス・リデルとはかけ離れたキャラクターのようにも思えます。(実際のアリスは黒髪)
    これはもう一人のアリスを形作ることにより、感情移入しながらもアリス・リデルという少女のイメージを壊したくなかった、そんな気持ちの表れなのかもしれません。

    ドジソンのアリスへの想いはまさに「惚れる」という感覚でしたが、それは滑稽とも思えるほどプラトニックなものでした。
    当のアリスはそんなドジソンの想いなど知る由もなく、時には突き放したりわがままを言ったりしながら、子供ながらにどもりの独身男を振りまわしていました。
    後にドジソンからの求婚をキッパリと断ることからも、この愛は単なる一方通行で終わったようです。

    当時のアリス・リデルの心の内については、年老いた彼女自身が回想するという設定の1985年のイギリス映画「ドリームチャイルド」で見てとれます。

    YouTubeより
    「Dreamchild (1985) - Video Trailer」
    https://youtu.be/o8JvMdfNOrg

    数字の世界に生きながらも少女を空想の世界へといざなったドジソンは、もしかしたら究極のロマンチストだったのかもしれません。
    後生の子供たちに素晴らしい物語を残してくれた彼の言葉として、本の冒頭に次のような序詩が添えられています。(日本語訳)

    『アリス、この子供らしいお話をお受け。そしてやさしい手で置くがいい、子供の夢が思い出の神秘の絆につながっているあの場所に。巡礼がかぶるしおれた花の花かずらが、はるかな国でつつまれたように...』
    関連記事

    タグ: Europa  少女  衣装  OldPhoto  絵画  動画  CC-License 

    The Pool

    robert_riggs_the_pool.jpg

    アメリカの画家、ロバート・リッグス(1896-1970)による1933年の作品「The Pool」

    学校の授業でしょうか?
    たくさんの少年たちがプールに飛びこんだりベンチで日光浴したりとくつろいでいます。
    水着を着ていないのでまるで川遊びのような光景ですが、昔の学校にはこういった全裸のプール授業もあったんでしょうか?
    それとも多少ユーモアを交えた作品なのかな?

    作者のロバート・リッグスは19世紀末にアメリカのイリノイ州の都市、ディケーターで生まれました。
    若い頃は地元のミリキン大学で学んでいましたが、1915年にニューヨークの美術学校「アート・スチューデンツ・リーグ」に移り、卒業後はフィラデルフィアの広告会社に勤務。
    第一次世界大戦中はフランスの赤十字社に勤め、終戦後はアメリカに戻って雑誌のイラストレーターとして働きました。

    彼の作品の多くは1930年代に描かれ、ボクシングやサーカスをテーマとしたものが多いようです。
    1939年に国立デザインアカデミーのメンバーとなり、1961年から1963年まではフィラデルフィアの美術学校で講師を勤めました。

    ニューヨーク・アート・ディレクターズクラブの優秀賞を10年連続で受賞するなど、優れた功績を残したロバート・リッグス。
    彼の作品はニューヨークのメトロポリタン美術館、フィラデルフィア美術館、米国議会図書館の常設コレクションに収蔵されています。

    雑誌のイラストレーターということで、彼の作品は実際の出来事を描いたものなのか想像上のものなのか、見ただけでは判断しにくいですね。
    この作品はどうなんでしょうか?

    ・・・と思って調べてみたら、このような写真が見つかりました。

    elisofon_junior_swimming_pool.jpg boys_swimming_kallbad.jpg

    左はアメリカの写真家、エリオット・エリソフォン(1911-1973)による1930年の作品で、右は作者不詳ですがスウェーデンのヨーテボリで20世紀初頭に撮影された写真です。(パブリックドメイン)

    どちらもリッグスの絵との共通点がありますね。
    学校の授業または水泳教室のようであり、水着をつけておらず、そして少年のみであるということ。
    リッグスが描いた「The Pool」は想像上の絵ではなく、当時としてはよくある光景だったんですね。

    現代の子供たちの中には同性の前でも裸になれず、修学旅行で風呂に入ることをためらう子もいるそうです。
    でももしそれが自分の体を恥じているためだとしたら悲しいですね。

    いつの時代の子供たちも、人間に生まれたことを誇りとし、自分の姿に自信を持ってほしいと思います。
    関連記事

    タグ: America  Europa  少年  Water  絵画  OldPhoto  ♂♀  CC-License 

    L'acquaiolo

    vincenzo_gemito_acquaiolo01.jpg

    イタリアの芸術家、ヴィンチェンツォ・ジェミート(1852-1929)による1881年の作品「L'acquaiolo」
    水瓶(みずがめ)を持った少年が小さな壺を前に差し出している、そんなブロンズ像。

    タイトルの「L'acquaiolo」とは、簡単に言えば「水売り」です。
    かつて存在した商売で、露店を出して通行人に水を売っていた人たちのこと。

    家の商売に駆り出されたのか、それとも子供だけで小遣い稼ぎでもやっているのか、いずれにしてもこんな少年に「美味しい水だよ、飲んでかない?」ってニコニコ笑顔で言われたら、思わず手にとって飲んじゃいますよね。
    ぼったくりだったらどうしよう。σ^_^;

    上の写真はイタリアの国立近代美術館にある実物ですが、レプリカもいくつか作られており、このような像もありました。

    vincenzo_gemito_acquaiolo02.jpg vincenzo_gemito_acquaiolo03.jpg
    vincenzo_gemito_acquaiolo04.jpg vincenzo_gemito_acquaiolo05.jpg

    オリジナルにそっくりなものもあれば、ブロンズの腐食の色合いを出しているものもあります。
    さらにメッキなのか塗装なのか、金色や銀色をしているものもありました。
    ボディがゴールドやシルバーだと、なんだかロボットみたいですね。


    作者のヴィンチェンツォ・ジェミートは1852年にイタリアのナポリで生まれました。
    しかし貧しい家庭だったため、母親は出産の翌日、彼を孤児院へ置いてきてしまいます。
    2週間後、彼は子供を失ったばかりの若い夫婦に養子としてもらわれていきました。

    職人である父親の仕事を手伝いながら育ったジェミートは、持ち前の手先の器用さもあり、10歳にして芸術家エマニュエル・カギアーノ(1837-1905)の弟子となります。
    12歳でナポリ美術学校に入学し、夜間はドメニコ・マッジョーレ・アカデミーにも通っていました。

    わずか16歳のときの作品「The Player」はナポリで展示されるや大絶賛を浴びます。
    当時のイタリア国王、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世はその作品を大変気に入り、購入してカポディモンテ博物館に寄贈したそうです。
    まさにイタリア美術界の神童ともいえる若者でした。

    1877年にはパリに渡り、サロンやギャラリーで様々な作品を発表。
    フランスの人々からも高い評価を得ていましたが、結婚後に妻が若くして亡くなると、彼は生まれ故郷のナポリに戻ります。
    その後再婚しますが、晩年は精神的な病に苦しみ、長期にわたり病院で過ごしたそうです。

    類い稀なる才能を持ち、人々から絶賛されていた天才芸術家でしたが、その生い立ちと晩年は決して明るいものではなかったんですね。


    さて、最初にヴィンチェンツォ・ジェミートを「彫刻家」と言わず「芸術家」と言ったのには訳があります。
    彼は彫刻だけでなく絵も描いていました。つまり画家でもありました。
    緻密な人物デッサンを数多く残しており、彫像の造形とも合わせて、リアルさへのあくなき探究心を感じさせます。

    giovinetto_con_arco.jpg studio_per_giovanetto_con_arco.jpg

    これは彼が描いたデッサン画で、1908年の作品「Giovinetto con arco」
    弓を引く男の子の絵ですが、翼を描いていないところを見るとキューピッドではないようですね。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Gemito, Vincenzo (1852-1929) - Giovinetto con arco -1908-09-.jpg
    File:Gemito, Vincenzo (1852-1929) - Studio per giovanetto con arco -1908-09-.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン

    この作品、じつはそっくりな写真が存在します。

    giovinetto_con_arco_photo.jpg

    詳細は不明ですが、おそらく絵の制作のために撮影したものでしょう。
    場所は自宅の工房でしょうか? 壁にはダビデ像の写真も飾られています。

    まさにイタリアが誇る偉大な芸術家。
    この子も立派なモデル君。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  笑顔  彫像  絵画  OldPhoto  CC-License  ♂♀ 

    エドワード・マイブリッジの学術写真

    muybridge_nude_boy_jumping.jpg

    イギリス出身のアメリカの写真家、エドワード・マイブリッジ(1830-1904)による1884年の・・・これは作品と言って良いのでしょうか、学術的な記録写真です。

    人間の動きの形態を記録するために連続撮影したもので、二人の少年がモデルとなっています。
    顔も体形もよく似ているのでおそらく双子だと思いますが、発育を見るかぎり14歳くらいでしょうか。

    作者のマイブリッジはイギリスで生まれて二十歳でアメリカに移住した、写真研究の先駆的な写真家です。
    主に動物の走る様子を連続撮影した写真家として知られており、この少年たちの写真は「馬跳び」「歩き」「走り」の3種類が存在しています。

    muybridge_two_nude_boys_walking.jpg muybridge_two_nude_boys_running.jpg

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    Category:Nude boy jumping over a boy's back
    Category:Two nude boys walking
    Category:Two nude boys running
    ライセンス:パブリックドメイン


    ひと言で連続撮影とは言っても、当時は写真を連続で撮影するのは非常に困難であり、ましてや秒数コマの連写などは到底無理な時代でした。
    しかしマイブリッジは5年の歳月と5,000ドルを費やし、それを可能にします。

    きっかけは1872年、元カリフォルニア州知事のリーランド・スタンフォードからの撮影依頼でした。

    「馬は走っているとき、4本の脚すべてが地面を離れる瞬間があるのか?ないのか?」
    元知事はこのことで友人と賭けをしており(元知事はあると主張していました)それを証明するためにマイブリッジに写真による判定を依頼したのでした。

    しかし高速で移動する馬の一瞬を捉えるには、大口径のレンズと高感度の感光材料が必要です。
    当時は露光に数秒間かかるのが当たり前でしたので、まずは感光材料の開発が大前提。

    彼は独自に研究をおこない高感度の感光材を開発し、電気技師のジョン・アイザクスとも協力して専用の写真装置を製作します。
    そして1877年、彼は走る馬の一瞬を捉えたみごとな写真を発表しました。
    この写真により、この議論は「ある」という結論で終止符が打たれたのでした。

    翌年の1878年にはこの装置を12台並べ、疾走する馬の連続撮影にも成功します。
    それまで主流だったゴムやスプリングのシャッターを電気式のものに改良することで、なんと1/1000秒〜1/6000秒もの高速シャッターが得られたそうです。

    これらの写真はゾエトロープと呼ばれる「回転のぞき絵」の装置と組み合わせることで動く映像として楽しむことができ、人々から喝采を浴びました。
    発明王トーマス・エジソンはこれに大いに触発され、のちに撮影機「キネトグラフ」と再生機「キネトスコープ」を発明しています。

    これがその後、映像をスクリーンに投影することができる「シネマトグラフ」の発明につながり、この世に「映画」が誕生したというわけです。

    muybridge_jumping_boy.jpg

    この写真は同じくエドワード・マイブリッジによるもので、連続のショットを一枚の写真に感光させたものです。
    運動力学ではお馴染みの写真ですね。


    今でこそ誰でも簡単に連写や動画撮影を楽しめる時代になりましたが、カメラが登場して間もない頃は、物の動きを記録・分析することは大変な労力が必要でした。
    しかしマイブリッジの功績によりそれが可能になると、様々な分野の研究にも拍車がかかりました。

    その最たるものが映画でしたが、それ以外にも上の写真のような運動力学や医学への応用であったり、また美術の世界でも動物の走る姿を正確に描画できるようになりました。

    彼の作品を収録した本は日本の書店でも購入できます。
    アニメーターが作画の参考にすることもあるそうですよ。


    【訂正】
    上の記事で、最後の写真を「同じくエドワード・マイブリッジによる...」とご紹介しましたが、すみません間違っておりました。
    最後の写真はアメリカの写真家、トマス・エイキンズ(1844-1916)によるものでした。
    訂正いたします。
    関連記事

    タグ: America  少年  OldPhoto  CC-License  ♂♀ 

    Trois jeunes filles à la pêche

    recknagel_trois_jeunes.jpg

    フランスの写真家、S.レクナゲルによる1880年の作品「Trois jeunes filles à la pêche」

    女の子が3人並んでいて、先っぽに糸を付けた棒を持っているという写真。
    タイトルは「釣りをする3人の女の子」という意味ですが、スタジオでの演出でしょうね。

    たまたま置いてあった小道具を持たせたのか、それとも雲の上で釣りをする天使というイメージがあったのか、いずれにしてもセピアの色調と相まって、140年前の写真というだけで感慨深いものがあります。

    作者については詳細が全く不明で人物像がハッキリしませんでした。
    しかし19世紀にモデルを使ってスタジオ撮りするくらいですから、そこそこ著名な写真家だったのでしょう。

    同じような子を3人並べたことで面白い画作りにはなっていますね。
    ちょっとうつむき加減なのが残念ですが、アンティークなポストカードとして見るとデザイン的には悪くないんじゃないでしょうか。
    関連記事

    タグ: Europa  少女  OldPhoto  ♂♀ 

    ヴィルヘルム・フォン・プリュショーの写真作品

    pluschow_untitled.jpg

    ドイツの写真家、ヴィルヘルム・フォン・プリュショー(1852-1930)による1890年頃の写真作品。

    王様の前でひざまずく少年・・・というか、全員少年ですね。
    コスチュームや装飾、ポーズなどに古代ローマを思わせる演出が成されていますが、どことなく文化祭的な雰囲気でもあります。

    こんな演出の写真をどこかで見たことがあるような・・・?
    それもそのはず、作者のプリュショーは以前紹介したヴィルヘルム・フォン・グレーデンの従兄弟(いとこ)なのです。(該当記事)
    作風がグレーデンと非常に似通っているため、しばしばグレーデンの作品と混同されることがあるそうです。

    pluschow_timbrato.jpg pluschow_1637.jpg
    File:Plüschow, Wilhelm von (1852-1930) - n. 2445 timbrato.jpg
    File:Plüschow, Wilhelm von (1852-1930) - n. 1637.jpg

    プリュショーはグレーデンと同じく、森林監督官を務める父親のもとに7人兄弟の長男として生まれました。
    父親は同国の君主シュヴェリーン大公の長男の庶子(妾の子)で、大公の甥であるフリードリヒ・フランツ2世の宮廷に使える官僚でした。

    そのような家柄に生まれていながら何故?と思ってしまいますが、プリュショーは1870年頃に名前をヴィルヘルムからグリエルモに変え、イタリアのローマに渡ってワインの販売業で生計を立てていました。
    しかしその後突然プロのヌード写真家に転身し、ナポリへと移り住んで数々の作品を発表します。

    「グリエルモ・プリュショー」の名で発表した作品はグレーデンと同じく古代ギリシア・ローマをイメージさせるものでした。
    しかしグレーデンほどの写真技術を修得してはいなかったのか、たんにモデルを配置して撮っただけの作品が多いようです。

    pluschow_innocence.jpg stratz_pluschow_dkdk.jpg
    File:Plüschow, Wilhelm von (1852-1930) - Innocence.jpg
    File:Stratz - Körper des Kindes 04.jpg

    プリュショーは当時も今も、グレーデンほどの高評価はされていません。
    理由は、モデルのポーズや構図、照明の扱い等がグレーデンのそれよりも見劣りがするというのがひとつ。
    もうひとつは、彼には逮捕歴があるからです。
    1902年に未成年のモデルと関係を持った罪により8ヶ月間の投獄生活を送っています。

    しかし人間の姿を学術的に記録するという意味においては貴重な存在だったようで、ドイツの産婦人科医、カール・ハインリヒ・シュトラッツ(1858-1924)が出版したいくつかの書籍においては、プリュショーの写真が資料として使われています。(該当記事)

    また、モデルのひとりであったヴィンチェンツォ・ガルディという少年は、後にプリュショーの意志を継ぐかのように写真家となり、プリュショーの作品の所有者となったそうです。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    Catalogue of Wilhelm von Plüschow's pictures
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  衣装  OldPhoto  CC-License  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    おすすめリンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 風呂 RUKA 伝統 絵画 ペイント Thong 音楽紹介 眠り Africa Oceania OldPhoto 動画 

    日別表示
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別表示
    最新記事
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls