砂浜で凧揚げ

    Fien and her Kite

    浜辺での凧揚げは楽しい〜!
    でもまぶしい〜!
    足下にも尖ったものがあるから、気をつけようね。

    Fien and her Kite
    Copyright : Eelze Hellemans
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  水着 

    狙い定めて

    Изображение 131_!

    上に向かって矢を引く少年。
    木の実を狙っているのでしょうか?
    うまく枝を狙わないと、矢を一本損することになるよ。

    Изображение 131_!
    Copyright : Petrov Ivan
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  スポーツ 

    サンドランナー

    8065928144.jpg

    砂の上を軽やかに走る3歳の天使くん。
    砂と同化して見失ってしまいそうだけど、
    パパとママはキミの羽音をいつも聞いているよ。

    sand runner
    Copyright : muskva
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  CC-License 

    God's Gift

    christiane_vleugels_gods_gift.jpg

    ベルギーの画家、クリスチャン・ヴェルゲル(1963- )による絵画作品「God's Gift」

    制作年はわからなかったんですが、そんなに古い作品には見えませんね。
    翼の上のほうに宇宙の銀河のような、あるいは生き物の細胞のような物体があります。
    タイトルが「神様の贈り物」ですから、生命の尊厳を表している作品なのでしょう。

    モデルは作者の娘さんでしょうか?
    あまりに大きく不釣り合いな翼ですが、その澄ました表情には女神の貫禄さえ感じます。
    一見CGのようにも見える鮮やかな油彩画は、その比喩的な表現と相まって幻想的な雰囲気を醸してます。

    作者のヴェルゲルは現在ベルギーのアントワープを拠点に活動している女性アーティスト。
    12歳で美術に関心を持った彼女は、その後まっすぐにアートの道を歩み続けました。

    やがて国立美術学校に入学し、そして卒業しますが、絵で生計を立てていくには相当な苦労があったようです。
    しかし彼女は後に、この頃の苦労がより良い創作物を生み出す原動力になったのだと語っています。

    写真と見紛うほどリアルな、それでいて幻想的な雰囲気の漂う彼女の油彩画は、今も世界中の人々を魅了し続けています。


    【Christiane Vleugels】
    http://www.christianevleugels.com
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀  絵画 

    お風呂でフィッシング

    petruv zdar

    お風呂の中で釣りの練習?
    おや?今チラリと小魚が見えたような・・・

    「ふんっ、どうせボクのは小魚ですよ〜」

    petruv zdar
    Copyright : Douge2009
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  風呂  笑顔 

    おやつのリンゴ

    Untitled

    天使ちゃん、リンゴはフォークで刺して持ったほうがイイよ。
    そのほうが荷物が1つ減るからね。
    さぁ転ばないように、テーブルまでもう少しだ!

    Untitled
    Copyright : Mangael
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  ♂♀ 

    ジョージ・ヒューグルの写真作品

    george_hugles01.jpg

    イギリスの写真家、ジョージ・ヒューグル(生没年不明)撮影による写真作品。
    オーストラリアの大自然を舞台に、少年たちの姿を幻想的に捉えています。

    この写真家、海外の美術系サイトでは名前のスペルがGeorge Huglesと記載されており、Huglesはヒューグルまたはハグルスとしか読めないので当ブログではカタカナで「ヒューグル」と表記しました。

    ところがGoogleブックスの書籍データではGeorge Hughes(HuglesではなくHughes)と記載されており、この場合はジョージ・ヒューズと読みます。

    おそらくどちらかの表記が間違っているのだと思いますが、正解がわかるまでは当ブログではヒューグルと表記したいと思います。
    正しい名前がわかりしだい更新いたします。

    george_hugles02.jpg george_hugles03.jpg

    ジョージ・ヒューグルはイギリスの首都ロンドン生まれの写真家。

    幼い頃、第二次世界大戦により家族を失うという悲劇に見舞われますが、疎開先での素朴な生活と、元教師である養父母の教えにより人間愛を育み、やがて子供と自然を表現する写真家となりました。

    詳しい説明は過去の記事をご覧ください。(該当記事)

    george_hugles04.jpg george_hugles05.jpg

    彼の作品はソフトフォーカスを多用し、まるで森に迷い込んだ者が天使や妖精の姿を目撃したかのような、そんな幻想的な雰囲気を醸しています。

    柔らかな光に包まれながら音楽を奏でる、水辺に憩う小さな天使たち。
    こんな光景はきっと十日間くらい山の中をさまよった後に、薄れゆく意識の中でのみ見えるものなのかもしれません。

    彼の作品には、ただ子供をソフトフォーカス気味に撮っただけではない、何か魂の表現のようなものを感じます。
    それは戦争という地獄から疎開先での天国のような日々まで、人間の苦楽を幅広く見つめてきた彼の人生観ともリンクしているからでしょう。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  OldPhoto 

    まぶしい天使

    Itálie 041

    「太陽がまぶしいよぉ〜!
     あそうだ、水着を脱いで顔に乗せればイイんだ!」

    キミのアイデアは素晴らしいね。
    お姉ちゃんもやってみたら?(^,^)

    Itálie 041
    Copyright : Jaroslav Egermaier
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  ♂♀  水着  眠り 

    色々なポーズの小便小僧

    mannekenpis_brussel.jpg

    これはベルギーの首都、ブリュッセルの街にある有名な彫像「Manneken Pis」
    彫刻家のジェローム・デュケノワ(1570-1641)が1619年に制作した噴水彫刻で、日本では「小便小僧」の名で知られています。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Manneken Pis Brussel.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    「ジュリアンという男の子が爆弾の火をオシッコで消して町を救った」という伝承とともに有名になった作品ですが、この像が世界中の人々から慕われているのはその武勇伝だけでなく、やはり見た目の愛らしさからでしょう。
    男の子がオシッコをしている姿はユーモラスであり、可愛らしいものです。

    片方の手で水の出口をつまみ、もう片手の手を腰に当てて膝を少し曲げているというポーズ。
    さすが世界中の小便小僧の基本形。
    堂々としたポーズに貫禄さえ感じます。

    この形の小便小僧をはじめとして、世界にはオシッコをする少年をモチーフとした噴水彫刻がたくさんあります。
    しかし中にはちょっと変わったポーズの小便小僧も存在するようです。
    今回はそれらを見ていきましょう。


    mannekenpis_japan04.jpg

    まずは日本から。
    徳島県三好市の渓谷、祖谷渓(いやだに・いやけい)には、断崖絶壁に立つこんな小便小僧がいます。(水は出ません)

    かつて村の子供たちがここに立って度胸試しをしたという逸話にちなんで作られたそうで、ベルギーの小便小僧とはまったく関係がないようです。
    手を腰の後ろに当てているので、ちょっとお爺さんぽいポーズですね。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Peeing Boy Iya Valley.JPG
    ライセンス:パブリックドメイン



    3578156970.jpg

    場所は中国だと思いますが、トイレのショールームでしょうか?
    ポーズ自体はベルギーの小便小僧と似ていますが、違うのは体が金色なところと、上に向けているところ。
    この子の場合、トイレを汚さないようにすることは爆弾の火を消すよりも難しそう。

    画像出典:Julien Naked
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



    mannekenpis03.jpg

    ドイツの都市、デュースブルクのとある公園にはこんなポーズの小便小僧がいます。
    服をたくし上げ、両足を大きく開き、自分のモノをシッカリ見つめながらの放尿。
    実際の幼児のオシッコポーズに近いのはこちらのほうだと思います。

    画像出典:"Manneken Pis" Brunnen in Duisburg - 3



    manneken_pis_berlin.jpg

    ドイツのベルリンにある某動物園の敷地内にはこんな変わった小便小僧が。
    右手の子ガメから水がピューッ! 左手の子ガメから水がピューッ!
    そして真ん中のカメからもピューッ!というトリプル噴水。
    カメのお母さん怒ってますよ。



    5624792118.jpg

    スコットランドの島、アラン島にある某ホテルの敷地内にいる小便小僧くん。
    最初見たときは女の子かと思いましたが、荒削りながらもちゃんと棒と玉が付いています。
    はしゃぎながら出しているようにも見えて、小便小僧の場合は躍動感がありすぎるのも違和感ありですね。

    画像出典:Camp water feature (_K5_0930)
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス



    manneken_pis_zagreb.jpg

    クロアチアの都市、ザグレブの某公園にいる貫禄のある小便小僧。
    「諸君!見たまえこの放尿を!」
    と言わんばかりの堂々たるポーズと厳つい表情。
    ユーモラスですが、あまり可愛い像ではないような・・・。



    boy_and_frog_fountain_kansascity.jpg

    アメリカの都市、カンザスシティの街の一角にはこんな小便小僧がいます。
    両手を上にあげた男の子がカエルにオシッコをかけている・・・のかと思ったらそうではない!
    カエルが口から水を出して、男の子の股間に当てているんですね。
    これは小便小僧なのか?・・・っていうかその前に、なんじゃこのプレイは!

    画像出典:Boy and Frog Fountain



    jean_marianne_bremers-dieske.jpg

    オランダの都市、スヘルトーヘンボスの街にいる小便小僧。
    川でオシッコをしていた男の子が敵の兵士を発見して町の人に危険を知らせた、という15世紀の話をもとにした彫像だそうです。
    座った姿勢の小便小僧は珍しいですね。
    水に勢いはありませんが、幼児にしてはあまりに立派なので思わず手を合わせたくなるかも。



    franz_kafka_museum_prague.jpg

    チェコ共和国のフランツ・カフカ・ミュージアムの広場にはこんな小便小僧・・・いや、小便おじさんがいます。
    大人が向かい合ってオシッコしているという、ちょっと近づき難いような作品。(^^;)
    ちなみに池はチェコの国の形になっているそうです。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Franz Kafka Museum Prague.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン



    national_theatre_prague.jpg

    今回紹介した中で一番奇妙な作品かもしれません。
    2002年、チェコ共和国のプラハ国民劇場の外壁にお目見えした、高さ10メートルもの巨大噴水彫刻。
    股間からランダムな間隔で発射されるそうで、通行人からの評判はどうだったんでしょうかねぇ?

    もはや小僧ではないし、もしかしたら小便でもないのかもしれません。
    なんとも言えない哀愁を感じる作品です。(そうでもないか)

    画像出典:Národ sobě navždy


    以上、ちょっと変わったポーズの小便小僧いろいろでした。
    関連記事

    タグ: America  Europa  Asia  日本  少年  ♂♀  Water  彫像  CC-License 

    お風呂のオモチャ

    Untitled

    お姉ちゃんと妹、今日は初めて一緒にお風呂に入りました。
    これからはオモチャもふたりで仲良く使おうね。
    それは何?・・・キノコ?

    Untitled
    Copyright : G C
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  風呂 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:21年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に子供の笑顔写真を撮り始める。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    RUKAのアルバム
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ America 笑顔 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 RUKA 風呂 絵画 伝統 ペイント OldPhoto Thong ダンス 眠り Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    上体反らし 2018/10/18
    虫刺され 2018/10/17
    ダビデという名の勇敢な少年 2018/10/16
    ピンクの傘 2018/10/15
    ポロっと優勝 2018/10/14
    天使たちの運動会【集団演舞編】 2018/10/13
    「The Light of Smile 笑顔の灯り」のURL変更 2018/10/12
    ネックレス職人 2018/10/12
    ボディアートと純粋少年 2018/10/11
    大海原と小天使 2018/10/10
    Boys with Turtles 2018/10/09
    お風呂上がり 2018/10/08
    揚げパンボーイ 2018/10/07
    The Bathers 2018/10/06
    おませさん 2018/10/05
    日別表示
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer