Wバランス

    Untitled

    Y字バランスはひとりでやっても見事だけど、
    ふたりでやったら豪華さアップ!
    これはもうWバランスだね。

    Untitled
    Copyright : ryan schlenker
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  笑顔  水着  ダンス 

    ビューティー・パラダイス

    2011 08 15 Mare sol (3)

    美しい長女ちゃん、可愛い次女ちゃん、元気な三女ちゃん。
    幸せ運ぶ三姉妹。
    水辺はビューティー・パラダイス!

    2011 08 15 Mare sol (3)
    Copyright : sevetch
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  水着  笑顔 

    ベイヨー・ロンコネンの彫刻作品

    veijo_ronkkonen01.jpg
    画像出典:BIGSTOCK

    フィンランドの南カレリア州のパリッカラに存在する奇妙な彫刻庭園。
    この場所を訪れた人は、誰もが驚きの声を上げることでしょう。

    この画像だけでは驚きが伝わらないので、まずはGoogleの画像検索をご覧ください。
    Googleの画像検索で「Veijo Ronkkonen」を検索

    多くの人が「なんだこれは!?」と思ったのではないでしょうか。

    あまりにも奇抜で不気味な彫刻の数々。
    しかも森の中に数百体が設置されているという、彫刻庭園というよりもお化け屋敷か肝試し会場のよう。

    veijo_ronkkonen02.jpg

    彫像と言うべきか人形と言うべきか、大雑把な粘土細工にも見えるこれらの作品。
    一体一体がそれぞれ違うポーズをしており、塗装までされているので不気味さがさらに増しています。

    さらにこの庭園、スピーカーで森の中に効果音を流すなど、観客を楽しませる(怖がらせる)仕組みにも凝っているようです。

    作者はベイヨー・ロンコネン(1944-2010)というフィンランドの彫刻家。
    若いころ製紙工場で働いていた彼は、1961年に彫刻を作り始め、以後人生の大半を彫刻作りに費やします。

    16歳の時に最初の給料でリンゴの苗木10本と、コンクリートを購入した彼。
    ここから「家の周りに広大な森を作り、そこに自作の彫刻を設置する」という彼の壮大な計画が始まります。
    彼はその後50年間で約450体もの彫刻を作り上げ、この奇妙な彫刻庭園は完成したのでした。

    彼は家から出ることがあまりなく、他人ともコミュニケーションを取りたがらない人でした。
    死去する3年前の2007年には「フィンランディア賞」を受賞しましたが、授賞式には出席していません。

    彼は庭園を訪れる客と会うこともほとんどありませんでした。
    しかし庭園にはゲストブックが設置され、そこに書かれる客からのメッセージを読むことが彼の楽しみだったそうです。

    彼の死後、この彫刻庭園は親族によって売却されました。
    現在は別のオーナーによって運営され、毎年2〜3万人が訪れるパリッカラの人気観光スポットとなっています。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像 

    ボウズが上手にポーズを決めた

    IMAGE_213

    「イイ景色だなぁ、ここで写真を撮ろう!」
    「パパちょっと待って!かっこいいポーズ考えるから!」
    「その格好でか?」

    IMAGE_213
    Copyright : Сергей Пастушенко
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀ 

    小さな水着の天使たち

    swimwear_tanga00.jpg

    2ヶ月ほど前、1980年頃の男子用水着について考察したことがありました。(該当記事)
    しかし資料として引用したのがモデルの画像だったため、「ビキニはともかく、タンガやTバックを穿いている一般の子なんて本当にいたの?」と信じられない人もいるだろうと思います。

    もちろん通常の水着に比べれば利用者は少ないし、日本においてはゼロとまでは言いませんがまず見かけることは無かったはず。
    しかし海外では利用者はそれなりにいますし、とくにTバックは南米ではお馴染みの水着です。

    今回は「海やプールにはこんな天使たちもいたんだよ」ということで、小さな水着を使用している子供たちについて淡々と語っていきたいと思います。


    【男の子のタンガ (Tanga)】

    swimwear_tanga01.jpg swimwear_tanga02.jpg

    腰の部分が細いヒモ状になっているこのような水着を「タンガ」と言います。
    女性用のタンガとは形状が違い、前の部分が少し膨らんでおり、押さえるのではなく包み込むような感じ。

    タンガはスタイルの良い子ほど似合います。
    つまりタンガを穿きたがる子は、それだけ自分のスタイルの良さをわかっているってことですね。


    swimwear_tanga03.jpg swimwear_tanga04.jpg

    「友達は普通の海パンだけど、ボクはこういう水着がイイんだ!」と、こだわりを持つ子もいるでしょう。
    どっちが女の子にモテるかはともかく、自分の体形をアピールするのには適しています。

    水中での動きやすさもタンガのほうが上だと思いますが、脱げやすさも上なので、その点にはご用心。


    swimwear_tanga05.jpg swimwear_tanga06.jpg

    タンガはもともと小さい上に伸縮性があるので、体の大きさに関係なく穿けるという利点があります。
    つまり成長しても買い換える必要がないということ。
    1年生のときに穿いたタンガを5年生になってから穿くというのも無理ではないはず。

    ただしそれ以上の年齢だと中身が窮屈になるので、その場合は素直に大人用を買いましょう。


    swimwear_tanga07.jpg swimwear_tanga08.jpg

    タンガは腰の部分がヒモ状ですが、後ろはTバックではなく通常のビキニと同じ形です。
    お尻を出すのは恥ずかしいという子でも大丈夫。

    なにより腰に日焼けの線が残りにくいのが良いですね。


    日本では...

    日本ではタンガを穿く子はほとんどいませんが、祭りなどで六尺褌(ろくしゃくふんどし)を締める子はそれなりにいます。

    rokushaku_front.jpg swimwear_tanga09.jpg
    【日本の六尺褌とタンガ水着】(褌画像出典:Amazon.co.jp)

    ご覧のとおり、六尺褌とタンガは形がよく似ています。

    もちろん似ているのは前だけですし用途も違いますが、たとえば長野県の島立堀米の裸祭りや京都府の上賀茂神社の烏相撲で、六尺褌の子供たちが池に入って水浴びしているところを見ると、意外と日本の子供にもタンガ水着はすんなり受け入れられるんじゃないかな?という気もしてきます。


    男の子がタンガなら女の子はソング!
    というわけで、次は女の子に多いソング水着について。



    【女の子のソング (Thong)】

    swimwear_thong01.jpg swimwear_thong02.jpg

    日本ではその形からTバックと呼ばれている水着。
    大人用というイメージがありますが、海外では子供が穿いていることも珍しくはないようです。

    肌の健康(肌荒れや吹き出物の予防)や日焼け跡が目立たないなどの利点がありますが、やはり女の子としてはスタイルが綺麗に見えることが愛用している大きな理由でしょう。


    swimwear_thong03.jpg swimwear_thong04.jpg

    女の子がソングを穿いている場合、たいていその母親も愛用者だったりします。
    左の画像はブラジルの海岸だと思いますが、ソングの子は焼きあとにムラがなく健康的に見えますね。

    右の画像の家族は青・赤・黄と、親子三代でソング水着を穿きこなしています。


    swimwear_thong05.jpg swimwear_thong06.jpg

    ソングは幼児期に穿き始めたほうが慣れるのが早いですし、性格にも活発さが出てきます。
    これは子供山笠やサンバパレードにおいて、幼児の頃から参加している子のほうが堂々としているのと同じですね。

    そういう意味では、お尻は心を映すバロメーター、あるいは第二の顔と言えるかもしれません。


    swimwear_thong07.jpg swimwear_thong08.jpg

    小さなヒモ水着を着たがる子は、それだけ自分に自信を持っているのでしょう。

    健康面を考えると子供はできるだけ肌を多く出したほうが良いのですが、現代は天使が天使らしくいられる環境があまり多くないのが残念なところ。


    日本では...

    日本ではさらに壊滅的な状況ですが、幸いなことに日本には褌文化があるので、健康的にお尻を出せる機会が失われたわけではありません。
    たとえば福岡県の博多祇園山笠は、女の子が「締め込み」という褌を着用できる唯一の祭りです。(ただし3年生くらいまで)

    shimekomi.jpg swimwear_thong09.jpg
    【日本の締め込み褌とブラジルのソング水着】

    地球の反対側、日本とブラジル。
    どちらも健康的なTが似合います。

    しかし最近の子供相撲を例にとっても、褌を締めることに抵抗を感じる子が男女とも昔より多くなったことは確か。

    そこで思ったのですが、夏場に子供たちを水浴びさせている保育園、幼稚園、あるいはご家庭などで、もしスッポンポンでさせているのであれば、あえてタンガやソング水着を穿かせてみるというのはどうでしょう?

    幼い頃からタンガやソングに慣れていれば、いつか祭りや子供相撲で褌を締める必要が生じたときにあまり抵抗を感じないで済むでしょうし、お尻に格好悪い日焼け跡が残っている子も少ないはず。

    もしかしたら高学年になっても小さな水着を穿きこなすような、活発でスタイルの良い子になれるかもしれませんよ。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  Water  笑顔  水着  日本  衣装  伝統  Thong 

    太陽と水と素肌と笑顔

    IMG_8631

    なるほど!ペットボトルを使って野菜を栽培していて、
    そこに水をかけるついでに水浴びしているってわけだ。
    これは植物もキミたちも、どちらも元気に育ちそうだね!

    IMG_8631
    Copyright : eQuaid Research
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  笑顔  水着 

    玉取りゲーム?

    2017-17-5388
    2017-17-5386

    男の子のパンツに手を突っ込んでゴソゴソ・・・

    「なっ!何をするんですかっ!」

    2017-17-5385

    あ〜あ、みんな玉を取られてしまいました。
    ・・・ってそんなバカなーッ!

    これ、何やってんですか?( ゚д゚ )


    2017-17-5388 / 2017-17-5386
    2017-17-5385
    Copyright : Stichting Jeugdwerk Baarle
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  イベント 

    泥遊びのメリット

    doroasobi00.jpg

    皆さんは子供のころ泥遊びをしたことがありますか?

    「泥遊び」または「泥んこ遊び」とは、地面にある土を粘土のようにこねたり、形を作ったりと、無邪気さと創造力が存分に発揮される子供の遊びのひとつです。
    泥だらけになった姿が面白いので、互いに泥を付け合う、投げ合うといった遊び方もあります。(上の写真)


    野生の動物にとってはありふれた「土」という環境。
    我々が食べる野菜も果物も、土壌無くしてはシッカリとは育ちません。
    地球環境の保全は土の地面があればこそであり、我々人間は土の恩恵を多大に受けています。

    ところが人々の中には土との接触を嫌ったり、子供に泥遊びをしてほしくないと考える親も少なくありません。
    もちろん洗濯が大変だというのも理由でしょうが、洗濯が一苦労だった昔よりもさらに泥遊びをする子が減ったのは、衛生面を気にする親が増えたというのがひとつの要因だと思います。

    たしかに人によっては感染症になったり、傷口の炎症やかぶれが生じることもあります。
    しかし幼少期の泥遊びには良い面が多いのも事実です。
    今回は「子供の泥遊びのメリット」について考えてみましょう。


    泥遊びのメリット その1

    【免疫力の強化】

    doroasobi01.jpg

    たしかに土は決して清潔だとは言えません。
    しかしその多少の不潔さが、子供たちの免疫力を高めてくれるのです。
    土の中の微生物や菌が体内に入ることによって、成長期の子供たちはそれらに対する抵抗力・免疫力を身につけていきます。

    <衛生仮説>

    子供の頃にある程度の細菌にさらされていたほうが抵抗力がつく、という説を「衛生仮説」と言います。
    乳幼児期の環境が清潔すぎるとアレルギー疾患の罹患率が高くなるという説ですが、これらはアメリカのジョン・ホプキンス児童センターやドイツの医科学チームの研究結果により裏付けられています。

    もちろん土の中には悪さをする雑菌もいます。
    しかし子供には無菌状態で育つデメリットのほうが心配です。
    健康に害があると考えて泥遊びを敬遠している親がいるとしたら、それはかえって子供を健康から遠ざけているということになりますね。

    畑仕事をしている人は健康で長生きだと言われていますが、これは運動面だけではなく、普段から土に接していることで免疫力が高まっていると考えることもできるでしょう。



    泥遊びのメリット その2

    【創造性を育む】

    doroasobi02.jpg

    泥遊びは子供たち自身が遊び方を考え、実践して楽しむものです。
    溝を作って道路や水路のようにしたり、トンネルを掘ったり、山を作ったり、泥団子をこねたり。
    手先の器用な子なら美術作品のようなものも作れるかもしれませんね。

    <自然がくれた遊び道具>

    お家での粘土遊びであれば量に限りがありますが、天然の粘土、つまり土は大量にあり、しかも気に入らなければグチャグチャに壊しても良い、そのまま放っておいても良い、というほぼ制約なしの材料。
    子供たちは思う存分、想像力と創造力を発揮できます。

    また、泥遊びというのは意外と体力を使うものです。
    水を含んだ土は重く、思い描いたものを作るためにせっせと動き回ることもあるでしょう。
    夢中になって遊んでいるだけでもかなりの運動なので、体力づくりにも効果的です。



    泥遊びのメリット その3

    【ストレスの解消】

    doroasobi03.jpg

    ここまで読んで、「公園の砂遊びじゃダメなの?」と思った人もいるかもしれません。
    いいえダメではありません。
    公園の砂遊びでも同じメリットがあります。

    しかし水を含んだ土は砂よりも固まりやすく崩れにくいので、粘土遊びのようなことをするなら土が最適。
    それに公園の砂場では勝手に水を流したりはできませんからね。

    <セロトニン>

    沼地など水の多い場所では、全身を包むヌルヌル感を楽しむこともできます。
    ドロドロ、ネトネト、ヌルヌル、ビショビショ・・・水の量で様々に変化する泥の感触。
    これら手や体を通して得られる独自の感触や楽しさは、子供たちの精神面に良い影響を与えてくれます。

    人間は手触りの良いもの、楽しいものに触れると、脳内に「セロトニン」という物質が分泌されます。
    セロトニンは精神を安定させる作用があり、うつ病の予防やストレスの軽減に効果があると言われています。

    とはいえ「こんなに汚れたらお母さんに怒られる」と不安になるようではかえって逆効果ですので、泥遊びではどんなに汚れても良いとお子さんに言ってあげてください。



    泥遊びのメリット その4

    【友達とのふれあい】

    doroasobi04.jpg

    泥遊びはひとりでも遊べますが、何かを作るにしても泥まみれになってはしゃぐにしても、友達と一緒に遊べば楽しさは倍増し親密感も深まります。

    ときには作ったものを壊されたり、ケンカになることもあるかもしれません。
    でも肌に触れ合いながら同じ感触を味わっているのだという思いが一体感をさらに高め、互いに助け合える仲となるでしょう。
    泥遊びは友情を深めるのにも最適なのです。

    <泥遊びは世界共通>

    こういう遊びは川や沼などの水辺でしかできませんし、危険物(尖った石など)が無いかどうかのチェックも念入りにおこなう必要がありますが、世の中には「田んぼ」という人工的な泥の場があるわけですから、自治体などがたまには使っていない田んぼを子供たちに開放してあげてほしいですね。(地方ではたまにおこなわれているようです)

    日常生活では経験できない全身ヌルヌルは、大人でもはしゃぎたくなる楽しさです。
    実際に海外では、大勢で泥プールに入る「マッド・フェスティバル」なるイベントも催されています。


    2664961792.jpg

    Mud Fest 2008
    Copyright : Shawn Perez
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  America  少年  少女  Water  ♂♀  笑顔  OldPhoto  CC-License  イベント 

    みだれ髪ダンス



    ダンススクールの子供たちがクールなダンスを披露。
    長い髪を効果的に使って、歌舞伎の連獅子みたいだね。
    男の子がもうちょっと目立つとイイな。

    Elvana Gjata - Puthe - Dance Cover
    Copyright : Dreams House Dance Academy
    標準の YouTube ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  衣装  ダンス  動画 

    Strömkarlen

    ernst_josephson-stromkarlen.jpg

    スウェーデンの画家、エルンスト・ジョセフソン(1851-1906)による1884年の作品「Strömkarlen」

    水の流れる岩場で少年がバイオリンを弾いています。
    この少年はノッケンまたはネックという名で呼ばれる、ゲルマン神話・民話に登場する水の精霊です。
    主な物語は、バイオリンの音色で女性と子供を引き寄せて川や池で溺れさせようとする、というものですが、演奏を聴かせるだけで危害を加えないという話も残っているそうです。

    清流の音とバイオリンの二重奏とはたしかに優美。
    しかしこれがもし現代社会での出来事なら、女性と子供どころか、おまわりさんを引き寄せてしまうでしょう。
    そもそもバイオリンは水のかかる場所で使っても良いものなんでしょうか?

    とは言えこの作品は見事。
    水しぶきといい精霊のポーズといい、実際に音が聞こえてきそうなほどの臨場感。
    足下のハスの花も良いアクセントとなっています。

    作者のエルンスト・ジョセフソンはスウェーデンの画家。
    16歳のときに首都ストックホルムの国立美術学校、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツに入学しました。
    その後イタリア、フランス、オランダなどで本格的に美術を学んだ彼は「私はスウェーデンのレンブラントになるか、死ぬかのいずれかだ」とまで語っていたそうです。

    その言葉どおり、彼はその後大きな成功を収めました。
    1876年には国から王冠を授与され、1879年にもフランスのパリでその功績が認められています。

    彼の主な仕事は肖像画や民族絵画の制作でしたが、1884年のこの作品「Strömkarlen」は彼の名を一躍有名にしました。
    ところがこの絵はストックホルムの王立博物館から展示を拒絶されてしまいます。
    スウェーデン国王オスカー2世の孫であるエウシェン王子は、この博物館の決定に怒り、自らこの絵を買い取ったそうです。

    王子からも有望視された彼でしたが、37歳のときに精神分裂病を患い、ウプサラの病院に入院します。
    それからは幻覚や過食症、宗教的妄想に悩まされる日々を送り、絵のスタイルにも変化が現れました。
    発症後の彼の絵には、細かなパターンとドットを繰り返し使用する絵と、大胆で自信に満ちた描写の絵の2種類が見受けられるそうです。

    しかし彼の作品はパブロ・ピカソとアンリ・マティスにも影響を与えたと言われており、1896年にはベルリン国際美術展にて金メダルを獲得しています。
    その後はストックホルムに移りますが、1906年に妻と娘に看取られながら55歳の若さで亡くなりました。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Stromkarlen 1884.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀  絵画  CC-License 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に出向いたのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    ユーザー掲示板
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water ♂♀ 笑顔 America 衣装 水着 Face Asia イベント CC-License 彫像 スポーツ 日本 風呂 絵画 RUKA 伝統 ペイント Thong ダンス 眠り OldPhoto Africa 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    Wバランス 2018/07/22
    書籍「Boys will be Boys!」 2018/07/21
    ヒーローズ 2018/07/20
    散水エンジェル 2018/07/19
    ビューティー・パラダイス 2018/07/18
    ベイヨー・ロンコネンの彫刻作品 2018/07/17
    ボウズが上手にポーズを決めた 2018/07/16
    寝相 2018/07/15
    小さな水着の天使たち 2018/07/14
    太陽と水と素肌と笑顔 2018/07/13
    玉取りゲーム? 2018/07/12
    体操開花 2018/07/11
    泥遊びのメリット 2018/07/10
    みだれ髪ダンス 2018/07/09
    ピッタリ収納 2018/07/08
    日別表示
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別表示
    おすすめサイト
    Pro Photographer