名探偵

    Scan-150207-0016

    「ワタシは名探偵!今日こそ犯人の正体を暴いてみせるわ!
     さぁ行くわよ!」

    「その前に服着ろワン...」

    Scan-150207-0016
    Copyright : Oleg Green
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  CC-License 

    The Dragonfly

    nellie_joshua_dragonfly.jpg

    イギリスの女流画家、ネリー・ジョシュア(1877-1960)による1905年の作品「The Dragonfly」

    タイトルのDragonfly(ドラゴンフライ)とはトンボのこと。
    描かれているのは妖精ですが、羽の形状からイメージしてこのタイトルを付けたんでしょうね。
    妖精といえば背中に蝶の羽を持つものが一般的ですが、トンボのような羽の妖精もファンタジックな絵ではよく見かけます。

    さてそのトンボですが、西洋では昔は不吉な虫と考えられていたそうです。
    ドラゴンや妖精を邪悪な生き物とみなした物語もあるので、関連性があるのかもしれません。
    日本ではトンボは季節の風物詩でもあり、どちらかというと好まれている虫ですね。

    ちなみにトンボという名の語源については・・・
    飛ぶ棒 → トンボウ → トンボと変化したという説があります。

    この絵の作者、ネリー・ジョシュアはロンドンのハムステッド生まれの女性。
    インテリアの要素を取り入れた人物画を描く画家で、妹のジョーン・ジョシュアも芸術家でした。

    1890年代にロンドンのヘザーリー美術学校で絵画を学び、その後は王立アカデミーや女性アーティスト協会にて作品を発表。
    ファンタジックな作風で知られており、この「The Dragonfly」もその頃の作品です。


    さて、このトンボのような妖精、男の子でしょうか?女の子でしょうか?
    え?語源が「飛ぶ棒」だから男の子?
    なるほどっ!山田くん座布団ぜんぶ持ってって!( `・ω・´)/

    でもそのとおり、正解は男の子。
    この絵には「Fairy Boy」というもうひとつのタイトルが付いていました。


    画像出典:Sofi
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  絵画  CC-License 

    指揮者

    guitar player, palolem

    「お姉さん、音楽を聴かせて!」
    「いいわよ、あなたは歌う?」
    「ボクはタクトを振るよ!」

    guitar player, palolem
    Copyright : nevil zaveri
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少年  水着  Water  CC-License 

    ウォーターポロ

    Fwd: Crónica benjamín waterpolo

    スペインのウォーターポロ(水球)チームの男の子たち。
    みんなカッコイイね! 芸能事務所に所属してたりして。
    ウォーターポロだけに、太田プロ・・・なんちて...
       _, ,_
     ( ‘д‘) パーン!
      ⊂彡☆))Д´)

    Fwd: Crónica benjamín waterpolo
    Copyright : Club Natacion Jerez DKV
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  水着  スポーツ  イベント  CC-License 

    ヤノマミのちびっこハンター

    Yanomami indians, Amazon, Brazil

    ブラジルのアマゾンに住むヤノマミ族の子供たち。
    キミたちは狩人かい?
    今日の獲物は何かな?

    Yanomami indians, Amazon, Brazil
    Copyright : Dung Nguyen
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  伝統  CC-License 

    幸せの重さ

    DSC_0176

    あらあら、3人も乗ったらおばあちゃん潰れちゃうよ。(^^)
    でもこれが幸せの重さ。
    成長の証。

    DSC_0176
    Copyright : Rafael Antonio
    ライセンス:パブリックドメイン
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少女  笑顔  CC-License 

    Bath Time

    meyer_1908_bathtime.jpg

    デンマークの画家、カール・ウィルヘルム・マイヤー(1870-1938)による1908年の作品「Bath Time」

    作者のマイヤーはデンマークの都市、オールボー生まれ。
    コペンハーゲンの美術学校で絵を学び、画家としてのキャリアをスタートさせました。
    第一次世界大戦に影響を受けた作品はあまり成功しませんでしたが、終戦後に描いた肖像画や風景画は広く認められ、庶民の生活を描いたその作風からいつしか付いたニックネームは「貧しい者の画家」

    たしかに彼の作品群を見てみますと、薄明かり差し込む部屋に親がいて子がいるという、ごく普通の庶民の暮らしを描いた作品が多いようです。
    この絵は当時では当たり前だった、部屋の中での沐浴シーンですね。

    真ん中で存在感のある後ろ姿を見せているのはこの家の長男でしょうか。
    次はボクの番だと言わんばかりに服を脱いでスタンバイ。

    次男はそんなお兄ちゃんを見ながら笑っていますし、末っ子はひとりで水遊び。
    お母さんは長男の自己主張など意に介さず、黙々と娘の髪を結っています。

    どこにでもある庶民のワンシーンであるがゆえに、そこに漂う「幸福感」のようなものを感じます。
    貧しさとは無いことではなく失うことである、そんなふうに思わせてくれる作品です。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Carl Vilhelm Meyer - Lordagrengoring (ca.1908).jpg
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  Water  風呂  笑顔  絵画  CC-License 

    見上げればそこに...

    michelangelo_david.jpg

    イタリアのフィレンツェにある有名な彫像、ミケランジェロ作の「ダビデ像」
    (イタリア/アカデミア美術館)

    ダビデ像はこのように、下から仰ぎ見るように撮影された写真がとても多いですね。
    それもそのはず、なんとこの像は高さが5メートル以上もあるのです。
    近付いて見ようとすれば当然、上を見上げての鑑賞となります。

    orlovsky_paris03.jpg
    美術館で彫像を見上げる子供たち(ロシア/トレチャコフ美術館)

    等身大であっても、公共の彫像は見やすいように高い位置に設置されていることがあり、そのせいで男性像の場合は真ん中の「実」が目立ってしまいがち。

    しかしその実が生命の出発点であることを考えると、まるで神社の賽銭箱の上にある鈴のように有難いものに思えてくるから不思議です。(そーでもない?)


    etienne_david.jpg

    フランスの彫刻家、ジャン・ポール・エティエンヌ(1801-1835)による1834年の作品「David with the head of Goliath」
    (スイス/シャポニエールの公園)


    adolescent_sans_date.jpg

    スイスの彫刻家、アンリ・ケーニッヒ(1896-1983)による1975年の作品「Adolescent sans date」
    (スイス/ボルテール博物館前)


    jeune_gaulois_or_au_gui_lan_neuf.jpg

    フランスの彫刻家、ジャン=バティスト・Baujault(1828-1899)による1875年の作品「Jeune Gaulois or Au gui l'an neuf」
    (フランス/オルセー美術館)


    millenium.jpg

    ロシアの彫刻家、エフゲニー・ロタノフ(1940-2010)による1989年の作品「Millenium」
    (ロシア/サンクトペテルブルクの街)


    dubois_narcisse.jpg

    フランスの彫刻家、ポール・デュボア(1829-1905)による1867年の作品「Narcisse」
    (フランス/ルーブル美術館)


    renvall_kotkan_pojat.jpg

    フィンランドの彫刻家、エッシー・レンバール(1911-1979)による1950年の作品「Kotkan pojat」
    (フィンランド/コトカの町)


    giambologna_mercury.jpg

    イタリアの彫刻家、ジャン・ボローニャ(1529-1608)による16世紀の作品「Mercury」
    (イングランド/バーミンガム美術館)


    emil_wolf_schlossbruecke.jpg

    ドイツの彫刻家、エミール・ウォルフ(1802-1879)による作品。タイトルは不明。
    (ドイツ/ベルリンのシュロス橋)


    見慣れた彫像も真下から鑑賞するとまた違った風格が感じられますね。
    でもいくら有難くても、お賽銭投げたり柏手打っちゃあいけませんよ。(^人^)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  ブロンズ像  大理石像  CC-License 

    A Boy in the Bath-House

    ivanov_Boy_in_bath_marble.jpg

    ロシアの彫刻家、セルゲイ・イワノフ(1828-1903)による1858年の作品「A Boy in the Bath-House」
    バスハウスとは共同浴場のことなので、日本風に言えば「銭湯の少年」ですね。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Boy in bath by S.I.Ivanov (1858, Tretyakov gallery) 01 by shakko.jpg
    Copyright : Shakko
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    体を洗っている少年の彫像。
    大理石像とブロンズ像の2種類があるようで、上の画像がモスクワのトレチャコフ美術館にある大理石像、下の画像がカザフスタン共和国のカステエフ州立美術館にあるブロンズ像です。

    水に濡れた髪の毛や手の仕草がじつに上手く造形されており、とくにブロンズ像は光沢がある分、本当に水をかぶっているかのような質感があります。

    ivanov_boy_in_the_bath_01.jpg ivanov_boy_in_the_bath_02.jpg

    作者のセルゲイ・イワノフは若い頃モスクワの芸術学校で絵画と彫刻と建築を学びました。
    この彫像の制作により晴れてアカデミー会員となり、恩師の死後は同じ学校で教師を勤めています。

    彼の経歴についてはこれ以上のことはまったくわからず、ネットで検索しても同姓同名の政治家や自転車競技の選手が見つかるだけでした。
    世界的に有名な彫刻家というわけではないのかもしれません。

    とはいえ、この作品はじつに見事。
    少年らしからぬ艶かしいポーズも、体を洗うという仕草があってこそ。
    とくに背中からお尻にかけての曲線は女神像にも匹敵する美しさです。

    ただひとつ残念なのは、股間に葉っぱが被せられているところ。
    アダムとエバのイチジクの葉とは違い、浴場で体を洗っている場面なのでかなり不自然。

    見えていて当然なものを意図的に隠した場合、作品が伝えるべき本来の意味を歪ませてしまうことがあります。
    もし股間に葉っぱを貼り付けた少年が銭湯に入ってきたら、そりゃあ変ですよね。
    水をかけても何故取れないのか?などという疑問はそれこそ美的ではないし、見る人によっては「はっぱ隊」のようなコミカルさを感じてしまうかもしれません。

    それはきっと作者にとっても美術館にとっても、不本意なことなのだろうと思います。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  彫像  大理石像  ブロンズ像  CC-License 

    ヴィルヘルム・フォン・プリュショーの写真作品

    pluschow_untitled.jpg

    ドイツの写真家、ヴィルヘルム・フォン・プリュショー(1852-1930)による1890年頃の写真作品。

    王様の前でひざまずく少年・・・というか、全員少年ですね。
    コスチュームや装飾、ポーズなどに古代ローマを思わせる演出が成されていますが、どことなく文化祭的な雰囲気でもあります。

    こんな演出の写真をどこかで見たことがあるような・・・?
    それもそのはず、作者のプリュショーは以前紹介したヴィルヘルム・フォン・グレーデンの従兄弟(いとこ)なのです。(該当記事)
    作風がグレーデンと非常に似通っているため、しばしばグレーデンの作品と混同されることがあるそうです。

    pluschow_timbrato.jpg pluschow_1637.jpg
    File:Plüschow, Wilhelm von (1852-1930) - n. 2445 timbrato.jpg
    File:Plüschow, Wilhelm von (1852-1930) - n. 1637.jpg

    プリュショーはグレーデンと同じく、森林監督官を務める父親のもとに7人兄弟の長男として生まれました。
    父親は同国の君主シュヴェリーン大公の長男の庶子(妾の子)で、大公の甥であるフリードリヒ・フランツ2世の宮廷に使える官僚でした。

    そのような家柄に生まれていながら何故?と思ってしまいますが、プリュショーは1870年頃に名前をヴィルヘルムからグリエルモに変え、イタリアのローマに渡ってワインの販売業で生計を立てていました。
    しかしその後突然プロのヌード写真家に転身し、ナポリへと移り住んで数々の作品を発表します。

    「グリエルモ・プリュショー」の名で発表した作品はグレーデンと同じく古代ギリシア・ローマをイメージさせるものでした。
    しかしグレーデンほどの写真技術を修得してはいなかったのか、たんにモデルを配置して撮っただけの作品が多いようです。

    pluschow_innocence.jpg stratz_pluschow_dkdk.jpg
    File:Plüschow, Wilhelm von (1852-1930) - Innocence.jpg
    File:Stratz - Körper des Kindes 04.jpg

    プリュショーは当時も今も、グレーデンほどの高評価はされていません。
    理由は、モデルのポーズや構図、照明の扱い等がグレーデンのそれよりも見劣りがするというのがひとつ。
    もうひとつは、彼には逮捕歴があるからです。
    1902年に未成年のモデルと関係を持った罪により8ヶ月間の投獄生活を送っています。

    しかし人間の姿を学術的に記録するという意味においては貴重な存在だったようで、ドイツの産婦人科医、カール・ハインリヒ・シュトラッツ(1858-1924)が出版したいくつかの書籍においては、プリュショーの写真が資料として使われています。(該当記事)

    また、モデルのひとりであったヴィンチェンツォ・ガルディという少年は、後にプリュショーの意志を継ぐかのように写真家となり、プリュショーの作品の所有者となったそうです。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    Catalogue of Wilhelm von Plüschow's pictures
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  衣装  OldPhoto  CC-License 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭での成長記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に、街で子供の笑顔写真を撮り続ける。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    おすすめリンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 America Asia 衣装 Face 水着 イベント CC-License 彫像 日本 スポーツ 風呂 RUKA 伝統 ブロンズ像 絵画 Thong ペイント 音楽紹介 Africa 大理石像 Oceania OldPhoto 動画 

    日別表示
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別表示
    最新記事
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls