Cupid Rekindling the Torch of Hymen

    george-rennie_cupid-hymen01.jpg

    この作品は前に一度紹介したことがありましたが、作者についての説明がまだだったので改めてご紹介。

    スコットランドの彫刻家、ジョージ・レニー(1802-1860)による1831年の作品「Cupid Rekindling the torch of Hymen」
    ロンドンの「ヴィクトリア&アルバート美術館」が所蔵している大理石像です。

    タイトルは直訳すると「ヒュメンのトーチを再燃させるクピド」という意味。
    向かって左のトーチを持っているのが婚姻の神ヒュメンで、右にいるのが愛の神クピドです。

    ヒュメンもクピドもどちらも神でありながら少年の姿で表現されることが多いですね。
    婚姻や愛を司る神は純潔であるというイメージからこうなったのでしょうが、現代人から見るとちょっと奇妙にも思えます。

    この彫像では身を委ねるようなクピドや、ヒュメンがクピドの腰に手を回していることなどから、互いに気の置けない仲であることがわかりますね。
    ヒュメンは他人の婚姻を司り、クピドは他人の恋愛を司り、気がつけばどちらも独り者。
    たまにはふたりで慰め合うこともあるのでしょう。

    ちなみにタイトルにある「kindling」とは点火や燃焼という意味ですが、気持ちを掻き立てるという意味もあるので、トーチの火と心の火をかけているのかもしれませんね。

    george-rennie_cupid-hymen02.jpg george-rennie_cupid-hymen03.jpg

    作者のジョージ・レニーは1802年、スコットランドのイースト・ロージアンで生まれました。
    父は農業学者であり叔父は土木技術者でしたが、彼は幼少期から芸術に興味を持ち、若くしてイタリアのローマに渡り彫刻を学びます。

    母国に戻った後も彫刻家として活動し、1828年から1837年まで王立芸術アカデミーやサフォーク・ストリート・ギャラリーにて作品を発表しています。

    1841年、彼はイギリスのサフォーク州の州都、イプスウィッチの議会議員となりました。
    主な功績としては、農業に関する法律の制定やデザイン学校のための議会委員会の設立など。

    議員としてのキャリアは6年ほどでしたが、彼は1847年12月15日にフォークランド諸島の知事に就任します。
    1855年にイギリスに戻り、1860年3月22日に病気のためロンドンでその生涯を終えました。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:George Rennie Cupid Rekindling the Torch of Hymen at the V and A 2008.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  CC-License 

    Lupercalia

    dressler_lupercalia01.jpg

    イギリスの彫刻家、コンラッド・ドレスラー(1856-1940)による1907年の作品「Lupercalia」
    イギリスのリバプールにある「ウォーカー・アート・ギャラリー」で展示されているブロンズ像です。

    少年が笑みを浮かべながらムチを振るっています。
    表情を見る限りはとても楽しそうですね。
    この像が何を意味しているのかは後述するとして、まずは作者の紹介から。

    作者のコンラッド・ドレスラーはロンドン生まれの彫刻家。
    ロンドンの国立美術大学「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート」にて彫刻を学び、1894年にイギリスのバーケンヘッドにDella Robbia Potteryというセラミック工場を設立。
    その後は建築用タイルや壁パネルの製造会社、Medmenham Potteryを設立しました。

    イギリスの陶器産業に貢献した人物ですが、この彫像を含めいくつかのブロンズ作品も残しています。

    dressler_lupercalia03.jpg dressler_lupercalia04.jpg

    画像出典:ketrin1407
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    さて、ここで唐突に「バレンタイン・デー」の話を・・・。

    日本ではバレンタイン・デーは女性が男性にチョコレートを贈る日ということで知られていますが、これは単にチョコメーカーの広告戦略から始まったに過ぎません。
    本来のバレンタイン・デーは、キリスト教の司祭であるウァレンティヌス(バレンタイン)が処刑された日とされています。

    古代ローマ帝国の皇帝クラウディウス2世は、兵士の士気が下がるのを理由に兵士の結婚を禁じていました。
    しかし司祭であるウァレンティヌスは兵士のために秘密裏に結婚式を執りおこない、そのため捕らえられ処刑されてしまったのでした。
    ウァレンティヌスは当時ローマ市内で毎年おこなわれていた祭り「ルペルカリア祭」に捧げる生贄とされました。

    兵士の結婚のために殉教したウァレンティヌス司祭のこのエピソードから、彼が処刑された2月14日(ルペルカリア祭の前日)を男女の愛の誓いの日とし、バレンタイン・デーと呼ばれるようになったと言われています。

    この話がこの彫像とどう関係あるのかと言いますと、このムチを振るっている少年の姿こそ、ウァレンティヌス司祭が生贄として捧げられた「ルペルカリア祭」の様子を表したものなのです。
    タイトルもズバリ「Lupercalia」(ルペルカリア)となっていますね。


    ではその「ルペルカリア祭」とはどんな祭りだったのでしょうか?
    ルペルカリア祭は古代ローマ時代の牧歌的な年次祭であり、ローマ神話の神「ファウヌス」を崇める祭りでした。
    ファウヌスはギリシア神話の神「パン」に相当する農牧の神です。

    ファウヌス(パン)は山羊のような半人半獣の姿をしており、山羊が多産のシンボルであったことから、陰茎をそそり立たせた性豪の神としても有名です。

    pea_ung-pan01.jpg pea_ung-pan02.jpg
    【街に設置されたパンの彫像と子供たち】
    Copyright : Ole Morten Eyra


    ルペルカリア祭は古代ローマで毎年2月15日におこなわれていた男女の祭りで、狼の祭典とも言われていました。
    裸体の神事青年たちが村の中を走り回りながら、群衆の女性たちに向かってヤギの皮でできたムチを振るうというものでした。
    ただし暴力的なものではなく、柔らかいヤギの皮ですから当たったとしてもそんなに痛くはなかったのでしょう。

    裸でムチを振るう役は下層階級の者はできず、都市部の上層階級の男性がおこなっていました。
    そのためか女性たちは打ってもらいたくて自ら背中を剥き出しにしていたそうです。

    豊作と多産を祈願する祭りなので、日本で言えば神社でよくある五穀豊穣・子宝祈願の祭りに近いですね。
    こちらではさすがに観客に鞭打つことはありませんが、水をかけたり墨を塗ったりする祭りはあるので、日本とローマの神話はどこか似ているところがあるのかもしれません。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  笑顔  ♂♀  彫像  CC-License 

    Kindliche Neckerei

    paul_aichele_-_kindliche_neckerei.jpg

    ドイツの彫刻家、ポール・アイシェル(1859-1910)による1899年の作品「Kindliche Neckerei」
    タイトルは「幼いからかい」という意味。

    幼いとは言っても10歳以上だとは思いますが、男の子が植物を振り上げて女の子をからかっています。
    女の子もさほど嫌がっている様子ではなく、ふたりは普段から仲の良い幼馴染なんでしょうね。

    作者のポール・アイシェルはドイツの都市、マルクドルフで生まれました。
    1875年から1877年にかけてシュツットガルトの芸術学校に通い、1880年まではベルリン大学の美術学科に通っていたことはわかっていますが、それ以外のことはほとんど知られていません。

    無名ではありませんが、生い立ちについては謎多き作家のようです。
    作品は主にブロンズ像ですが、公園の石像なども手掛けています。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Paul Aichele - Kindliche Neckerei.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀  彫像  CC-License 

    美を学ぶこと・美であること

    school_children_in_louvre.jpg
    【ルーブル美術館にて、彫像を鑑賞する子供たち】

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:School children in Louvre.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    学校での理科の実験の授業が年々減り続けている...という話を聞いたことがあります。
    子供たちは実験に興味があるのに、学校側は他の教科に時間を割いて、結果的に「子供の理科離れ」という言葉で語られています。

    しかしそれ以上に深刻なのが美術の授業。
    近年は小学校の図画工作や中学校の美術の授業数がどんどんと削られています。
    学校が心を育てる場でもあるなら美術という教科はとても大切なのに、大人はそれを重要視していないという有様。

    学校で美術を学ぶ意味とはなんでしょうか?
    学ぶというと堅苦しさがありますが、要するに興味を持つことの意味です。

    絵を上手に描けるようになるため?
     いや、将来それを仕事にするのでなければ必要ないことです。
    芸術の深さを理解するため?
     いや、そんな哲学的なこと、社会ではなんの役にも立ちません。
    モノ作りの楽しさを覚えるため?
     いや、それは美術科以外でも得られることです。

    ではなんなのか?
    私は美術を学ぶ意味とは「人間を知り、人間を好きになること」だと思っています。

    私が子供の頃から美術作品を好きなのは、人間が誰しもひとつだけ持っている「心の器」を表現しているからです。
    人を知ることは己を知ることであり、それは思いやりを育むためにも必要なこと。
    たとえ風景画や静物画であっても、作者の生い立ちや作品への思いから人間のなんたるかを知ることはできます。

    orlovsky_paris03.jpg
    【トレチャコフ美術館にて、裸体像を鑑賞する子供たち】

    人の体を「誰もが持っている心の器」と言いましたが、これを素晴らしいものと感じるか嫌らしいものと感じるかは人それぞれです。
    しかし子供たちは初めから偏った見方をするべきではなく、その判断を己の感覚に委ねるためのひとつが美術の授業なのだと私は思います。

    子供たちは美術作品の裸体像から人間を学び、自分を学びます。
    自分の体が親によって(または神によって、地球によって)作られた作品であることを知り、とても大切なものなのだと理解します。

    子供たちは自分の体を大切にしているからこそ、それを使って喜びを表現するのです。
    これこそまさに、命の芸術と言えるでしょう。

    では子供たちがその「心の器」を披露するのはどんなときでしょう?


    【水辺で遊ぶとき...】

    oldphoto_waterboys.jpg

    近年ではこういった光景もだいぶ少なくなりましたが、ふた昔ほど前までは都会の親水公園でも子供たちは裸になって遊んでいました。(国によっては現在もお馴染みの光景ですね)
    この写真は背景にビルが見えるので住宅街でしょうか。
    子供たちは大人に見られても気にしない、大人たちは裸の子供を気にも留めない、そんな大らかさが昔の人々にはありました。


    【診察や身体検査のとき...】

    body_measurement01.jpg body_measurement02.jpg

    この写真はいつ頃のものかは不明ですが、戦前の子供の身体検査はおもに全裸でおこなわれていました。
    ただし学校での身体測定は男女共に下着を穿いていました。
    昭和も半ばになると男子はブリーフのみ、女子は下着の上下でしたが、今は男女とも体操着の上下でしょうか?
    肌が隠れていると身体の異常に気付くのも遅れてしまいます。


    【データを取るとき...】

    measurements_1937.jpg

    1937年頃、当時の米国農務省と大学が協力し、医学的見地から子供の服を作成してそれを国民が簡単に購入できるようにするためのプロジェクトを立ち上げました。
    この写真はそのプロジェクトに関連し、人体測定学の教授が子供の体形を計測しているときの様子です。
    このような学術的な人体データも、正確に取るためには裸でおこなう必要があります。


    【芸術作品のモデルになるとき...】

    antoine_bourdelle.jpg

    これは1907年に撮影された、フランスの彫刻家アリスティド・マイヨール(1861-1944)の彫像制作風景。
    粘土でブロンズ像の原型を作っているところですが、人体に忠実な作品を作ろうとすればやはりモデルの存在は欠かすことができません。
    これは画家の場合も同じですね。


    【役者として演技をするとき...】

    movie_shoot.jpg

    これは映画かテレビドラマの撮影シーンでしょうか?
    子役といえど、物語によっては裸で演技しなければならない場合もありますね。
    裸での演技に関しては、日本の子役よりも海外の子役のほうが堂々としている印象があります。
    もっとも近年では自粛が進み、表現の幅がどんどんと狭くなっているのですが。


    美を学び、人の美を知り、自分の美を社会の文化に役立てる。
    私がそうであったように、子供たちにとって美術という教科は道徳心を学ぶための教科でもあります。
    「子供の美術離れ」「美術教育の危機」と言われて久しい現代ですが、美術の授業はあまり減らさないでほしいものですね。
    関連記事

    タグ: America  Europa  少年  少女  Water  ♂♀  彫像  OldPhoto  CC-License 

    Pojken med guldgåsen

    luterkort_pojkenmed01.jpg

    スウェーデンの彫刻家、エイナー・ルーテルコート(1905-1981)による1951年の作品「Pojken med guldgåsen」
    タイトルは「金のガチョウと少年」という意味。

    頭部が大きく、体形は完全に幼児ですね。
    棒を手に持ち、その棒の先には風呂敷のような袋をぶら下げています。

    しかし目立つのはその袋ではなく、もう少し下のほうにある袋。
    立派ですねぇ。(^^;)


    作者のルーテルコートは1905年に首都のストックホルムで生まれました。
    1926年からストックホルムの王立芸術アカデミーで彫刻を学び、その後はパリの国立高等美術学校、ローマの美術大学、ミュンヘンの美術アカデミーを卒業しています。

    1930年代からはスウェーデンの有名な陶器メーカー「ウプサラ・エケビー」で働き、その後ストックホルムに自身のワークショップを開きました。
    彼はスウェーデンの女優、イングリッド・ルーテルコート(1910-2011)の最初の夫でもあります。

    luterkort_pojkenmed02.jpg

    この作品はスウェーデンの都市エレブルーにある「スベアパーク」という公園に設置されているブロンズ像で、高さは約80cm、重さは約60kg。
    愛と温もりを求めて金の山羊を探すという、ハンス・クリスチャン・アンデルセン原作の童話が基となっているそうです。

    この画像ではタイトルのとおり、袋の中にガチョウがいるのがわかりますね。
    金のガチョウというか金がダッチョウというか、とにかく幼いながらも立派な少年の彫像でした。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Gossen med guldgåsen, Varberg.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  CC-License 

    シャワールーム

    duschraum_des_kindergartens.jpg

    学校のプールには、体に付いた塩素を洗い流すためのシャワーが備えられています。
    また学校によっては屋内にシャワー室が完備されたところもあり、部活動のあとに汚れを洗い流すこともできます。

    上の写真はドイツのノイシュタット地区にある幼稚園でのシャワーの様子。
    撮影は1987年。
    水泳キャップをかぶっているのでプールのときのシャワーですね。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Bundesarchiv Bild 183-1987-0609-302, Köritz, Duschraum des Kindergartens.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    シャワーとは水や湯を広範囲に分散して噴出させる機能、またはそれを利用した設備のことですが、16世紀のヨーロッパの浴場に備えられたのが最初だそうです。
    初期のシャワーはパイプに等間隔に穴を開けたものでした。

    日本では水道の普及自体が20世紀になってからですし、もともと入浴習慣のある日本人にはシャワーはあまり馴染みのあるものではありませんでした。
    私が幼い頃、昭和40年代まではシャワーのある家はかなり少なかったはずです。

    学校のシャワールームに関しても西洋のほうが歴史が古く、西洋では20世紀初頭にはすでに多くの学校が備えていました。

    lifemagazine_1941.jpg douche_apres_le_sport1930.jpg

    左の写真は1941年のLIFE誌に掲載された、アメリカの学校でのシャワーの様子。
    日本でいうと中学校でしょうか?
    運動の後にここで汗を洗い流すのが彼らの日課だったのでしょうね。

    右の写真はフランスの学校のシャワールームで、1930年の撮影。
    こちらは小学校かな?
    仕切りは隠すためではなく、たんに水跳ね防止でしょう。


    schoolboys_sweden1903.jpg hot_weather_delights1908.jpg

    こちらの写真はさらに古く、左は1903年のスウェーデンの子供たち。
    シャワールームでタライに入って体を洗っています。
    ある程度こうして洗ってから、最後に頭上のシャワーで洗い流すのでしょう。
    水の節約のためかな?

    右の写真は1908年のアメリカのシャワールーム。
    シャワーヘッドの付いた設備が20世紀初頭にすでにあったというのが驚きですね。

    boys_in_the_shower.jpg

    最後はロシア、1906年のサンクトペテルブルクの子供たち。
    これは当時の住宅事情を解消するために作られた、アパートを利用した共同のシャワールームだそうです。
    奥にいる大人が服を着ているので、これは撮影用のポーズかな?

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Boys in the shower in a house of cheap apartments.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン


    上でも述べたとおり私が子供の頃はシャワーのある家が少なく、シャワーと言えばプールにあるものという認識でしたが、今では日本でも浴室にシャワーがあるのが当たり前になりました。
    私も忙しい時はシャワーで済ませています。

    しかしやはり日本人、シャワーでは汚れは取れても疲れは取れません。
    とくに寒い季節は、湯船にゆったりと浸かりたいものですね。♨︎( ´▽`)
    関連記事

    タグ: America  Europa  少年  Water  CC-License  OldPhoto  ♂♀ 

    アメリカの古い公営プール

    boys_at_the_city_pool_in_nyc1908_1.jpg

    以前の記事で、アメリカの画家ロバート・リッグスが1933年に描いた「The Pool」という作品を紹介し、「昔の学校には全裸のプール授業もあったのだろうか?」と考えてみたことがありました。(該当記事)
    そのときは同じ様な光景の写真が見つかったため、当時としてはごく普通の事なのだとわかりました。

    私が最初に学校のプールだと思った理由は、リッグスの絵にもその当時撮影された写真にも、同年代の子ばかりが写っていたからです。
    場所が学校ではなかったとしても、授業や水泳教室のひとつではあったのだろうと思います。

    boys_at_the_city_pool_in_nyc1905.jpg boys_at_the_city_pool_in_nyc1906.jpg

    今回も同じくアメリカのプールの写真ですが、なんと撮影されたのはさらに古い、1900年代初頭です。
    一番上の写真は1908年、上の2枚が1905年と1906年、下の写真が1908年。
    しかもこのプール、アメリカのニューヨークの公営プールというのだからオドロキ。

    子供だけではなく大人もいるので、たしかに公営のプールなんでしょうね。
    大人は水着を着用しているので、裸になって良いのは子供たちだけのようです。
    公営プールでスッポンポンというのは、今では考えられないことですが。

    boys_at_the_city_pool_in_nyc1908_2.jpg

    画像出典:George Lane
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    ここで当時のプールについて調べてみました。

    西洋でプールがいつ頃誕生したのかは定かではありませんが、オリンピックの水泳競技で最初にプールが使われたのは1908年のロンドン大会からだそうです。(それまでは河川や海、人工湖が使われていました)

    日本で最古のプールとされているのは1803年に完成した会津藩の藩校、日新館の水練場だそうです。
    作りはプールというよりは池ですが、水泳のために作られたものですから日本最古のプールと言えますね。

    また、日本で最初の温水プールは1917年に東京のYMCAに開設されました。
    この温水プール、当時は水質維持のため水着の着用が禁止され、全裸で泳ぐように指導されていました。
    戦後もしばらくは全裸での水泳が続いていましたが、これは本国アメリカでもYMCAや大学のプールでは全裸で泳ぐことが普通だったことによるものだそうです。

    なるほど、謎が解けました!
    私はてっきり、当時の子供は川や海で裸になって遊んでいたため、プールでもそうさせているのだと思っていましたが、なんと衛生面から水着そのものが禁止されていたんですね。
    だからみんな風呂のように、公営プールでも全裸だったというわけか!

    ただし、未だ解けていない謎がひとつ・・・
    どうして女性がひとりもいないんでしょうか?
    いや、学校のプールだったらわかりますよ。男女別だったのかもしれませんから。
    しかし公営プールなら女の子もいるはずですよね。

    川や海では女の子も裸になって遊んでいた時代でしたが、やはりニューヨークの都会っ子、男の子との混浴には抵抗があったのかもしれませんね。
    関連記事

    タグ: America  少年  Water  スポーツ  水着  OldPhoto  CC-License  ♂♀ 

    ビキニスタイルのお嬢さん

    Untitled

    ほとんどの子がビキニだね。
    自分に自信を持つのはとても良いことだ。
    ハッピーもラッキーも引き寄せちゃおう!

    Untitled
    Copyright : Asociación Juvenil Carabela
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  水着  CC-License 

    Luco

    luco_charles_leplae_oudwijk_utrecht.jpg

    ベルギーの彫刻家、チャールズ・レプライ(1903-1961)による1944年の作品「Luco」
    オランダの都市ユトレヒトのEmmalaanという地区の公園広場に設置されているブロンズ像です。
    1944年に制作され、作者の没後1964年にこの場所に設置されました。

    美術館や彫刻広場のようにたくさんの彫像が並んでいる光景も見応えがありますが、広い場所にぽつんと置かれているのも味わい深いですね。
    その場所の目印となるだけでなく、風景と一体化した孤独感が物語性を感じさせます。

    作者のチャールズ・レプライは、ルーヴェン大学の農学部の教授であり植民地省の長官でもあるエドモンド・レプライの息子として生まれました。
    チャールズも学術的な分野へと進む道が用意されてはいましたが、彼は芸術家への道を選んだようです。

    アントワープ芸術アカデミーを卒業後しばらくは弁護士を務めていましたが、1929年にルーベンス財団から奨学金を得てフランスのパリに留学。
    1932年にはフリーアカデミー・オブ・ベルギー(ピカード財団)のメンバーとなり、ブリュッセルに定住しました。

    charles_leplae_medal.jpg

    彼は彫像だけでなくメダルの制作もおこなっており、1958年のブリュッセル国際展覧会ではこのようなメダルを発表しています。
    「より人間的な世界のために」と題されたこのメダル。
    図案が広場の彫像と同じなので、たぶん同じコンセプトによるものでしょう。


    charles_leplae_luco01.jpg charles_leplae_luco02.jpg

    悲しそうにうつむいたまま、住宅街でぽつんと立ち尽くす男の子。
    服を着ていたら現実にもありそうな光景ですね。
    もしそういう子を見かけたら、あなたならどうしますか?

    30年以上前の日本なら、きっと声をかけて事情を聞いて、家に招いて、食事でも与えて、その子の親御さんに電話をして話をして・・・とする方も多かったでしょう。
    もし親の厳しさによるものだとしたら、見ず知らずの相手であっても子育てについて真剣に語り合うでしょう。

    でも今はそういった善意も不審な行為とみなされる時代。
    その子には近付かず声もかけないという人がほとんどじゃないでしょうか。
    「子供は地域ぐるみで育てよう」その理念は変わっていないにしても、実践するのはなかなか難しい時代になってしまいましたね。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Luco Charles Leplae Oudwijk Utrecht.JPG
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  ♂♀  CC-License 

    Jeux d'adolescents

    biender_mestro_jeux_dadolescents.jpg

    フランスの写真家、ルイーズ・ビンダー・メストロ(1835-1917)による1901年の写真作品「Jeux d'adolescents」

    タイトルにあるJeuxとはゲームという意味で、adolescentsとは12歳から18歳くらいまでの年齢層を指す言葉です。
    思春期という意味もあるので、日本語に訳すと「思春期のゲーム」となるのでしょうか。

    でもあまりゲームや遊びといった光景には見えませんね。
    建物の外壁によじ登っているところはかくれんぼのようでもありますが、たぶん演出した写真でしょう。

    カメラは1900年頃にはすでに感光材等の改良により、レンズの前で被写体が静止している必要はありませんでした。
    しかし素早い動きはブレることも多くなるので、どうしてもこのような演出写真が主流になってしまいます。
    美術作品と捉えた場合は、そのほうが良いのでしょうが。

    作者については名前と生没年しかわからなかったんですが、フランスではルイーズ(Louise)は女性名なので女性写真家だと思います。
    タイトルを付けたのも彼女でしょうか?
    思春期のゲームというからにはそのルールが気になりますね。


    File:Louise Binder-Mestro, Jeux d'adolescents, from Die Kunst in der Photographie, 1901.jpg
    関連記事

    タグ: Europa  少年  OldPhoto  CC-License 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 風呂 RUKA 絵画 伝統 ペイント Thong 眠り Africa 音楽紹介 OldPhoto Oceania 動画 

    日別表示
    11 | 2017/12 | 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    月別表示
    最新記事
    国別アクセス
    Flag Counter
    おすすめリンク
    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls