尻の美しい・・・

    venus_kallipygos.jpg

    「尻の美しいウェヌス」と名付けられた彫刻作品があります。
    1世紀か2世紀頃に古代ローマで作られた作者不詳の大理石像で、現在はイタリアの「ナポリ国立考古学博物館」が所蔵しています。

    ウェヌスとは英語読みするとヴィーナス。
    「尻の美しいウェヌス」は、現存するヴィーナス像の中で最も美しいお尻をしているとされている彫像です。
    この説明的なタイトルは後世の人間によって付けられ広まったものであり、元々の作者がそのような意図で作ったのかどうかは定かではありません。

    しかし二千年の長きに渡り人々に美しいと認めさせてきたこの形。
    いくら時代によって体型の流行り廃りがあろうとも、黄金比にも裏付けされた美の感覚はそう簡単に変わるものではなく、この形はこれからも美しい尻の基準となっていくのでしょう。

    当ブログは子供と天使がテーマなのでこの彫像に関しては深くはとりあげません。
    詳しく知りたい方はウィキペディアの項目をご覧ください。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/尻の美しいウェヌス

    ・・・で、本題はここから。

    この彫像が人々の目を引き、上流階級の人間からも賞賛を浴びたのは、この像が女性像だったからではないでしょうか?
    1世紀頃の作品であり考古学的な価値があるのは確かですが、もし男性像だったらここまで大切にはされず、ましてや尻が美しいというタイトルが付くことはなかっただろうと思います。

    女性の尻は命を育む器の土台であり、誰からも大切にされるべきものですが、美しさを問うのであれば性別で区別する必要はないはず。

    数年前、とある海外の面白画像系の掲示板にて、誰かが綺麗なお尻の写真を投稿しました。
    Tバック下着を履いているお尻のアップで、他の人からはビューティフルだとかナイスだとか、褒め称えるコメントが続いていました。

    ところが投稿者が次の写真を貼った途端、コメントが一転し、怒りや非難の言葉に変わりました。
    投稿者が貼ったのは、女性用下着をはいている男性の後ろ姿でした。
    つまり1枚目で女性のお尻だと思わせておいて、2枚目で男性だとネタばらししたわけです。

    私がこれを見て違和感を感じたのは、コメントを付けた人たちの変わりよう。
    「おいおい、最初に良い尻だと言って褒めていたその気持ちはどこ行っちゃったんだい?」ってこと。
    その尻を美しいと思ったことは事実なわけだから、男性だとわかったとたんに豹変するのはおかしいぞってことです。

    人間は「美」という感覚を持っている動物ですが、その感覚は情報によっていとも簡単に左右されてしまうものなのかもしれません。
    もちろんそれではいけないと、私は思っているんですが。

    女性の尻を好む男性が多いのは生物学的には正しいのだろうと思います。
    しかし男性の尻に美的要素がないということも決してなく、だからこそ日本でも褌姿がひとつの様式美として受け継がれてきたのでしょう。

    当サイトで紹介した彫像の中で、私がとくに美しいお尻だと感じたのはこの2作品。

    beauty_ass_koenig01.jpg beauty_ass_koenig02.jpg

    ひとつはスイスの彫刻家、アンリ・ケーニッヒ(1896-1983)による1975年の作品「Adolescent sans date」
    http://angelgardenjp.com/blog-entry-144.html

    スイスのジュネーブにあるボルテール博物館の前に設置されているブロンズ像。
    お尻だけでなく全体的に非常にスタイルの良い少年像です。

    beauty_ass_ charlesray01 beauty_ass_charlesray02.jpg

    もうひとつはアメリカの彫刻家、チャールズ・レイ(1953- )による2009年の作品「Boy With Frog」
    http://angelgardenjp.com/blog-entry-244.html

    ベネチアのカナル・グランデ運河の入り口にかつて設置されていた彫像。
    筋肉が発達しだす一歩手前、10歳くらいの少年の無駄のない美しさが表現されています。


    美しい尻というと前述したヴィーナス像や掲示板での出来事のように女性の尻を主体として考える人が多いのですが、実際には性別も年齢も関係なく、美しいものは美しい。
    人体を鑑賞する場合は性対象としての心情(性別の好みなど)を排除して鑑賞したほうが、その美しさをより深く理解できると思います。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像 

    みんなで鑑賞

    IMG_5510

    元気にはしゃいでいた子供たちも、
    アニメ鑑賞の時はおとなしいね。
    さぁ、ここからは鑑賞モードだ!

    IMG_5510
    Copyright : Michal Mìlosevic
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  水着 

    海の元気ボーイズ

    Nikola and Andrija (33)

    船のふちに立っている可愛い兄弟。
    飛び込もうとしているのか? オシッコしているのか?
    ゴーグルしてるから飛び込みかな?

    Nikola and Andrija (33)
    Copyright : Nikola Andrija
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀ 

    ロシアのモーグリ像

    maugli_unknown01.jpg

    ロシアのレニングラード州の町、プリオゼルスクの公園に設置されている作者不詳のモーグリ像。

    モーグリとは1894年に出版された、英国の作家ラドヤード・キップリング原作の小説「ジャングルブック」に登場する少年のこと。
    赤ん坊の頃から狼に育てられた、インドのジャングルに生きる少年の物語です。

    これまでにいくつかの映画やアニメーションが制作され、最近では2016年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズによって実写の少年とCGの動物たちによる映画が公開されました。
    日本でも1989年にテレビアニメ化されています。

    コミックやイラストにもモーグリを描いた作品が多数見受けられるため、海外ではターザンと並んで比較的ポピュラーな自然児キャラなんでしょうね。
    日本でいうと・・・ 足柄山の金太郎でしょうか?(^^;)

    mowgli_unknown02.jpg

    この彫像は石像らしいんですが、なぜか色が塗られています。
    色を塗ってしまうと遊具のようで味わいがなくなってしまいますが、この写真のように子供たちが乗ることもあるので保護の意味もあるのかもしれませんね。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像 

    滑って遊ぼう!

    Bivak Halle 2013!

    巨大なビニールシートを広げたウォータースライダー。
    おっと、水着が脱げそうだ!
    ヤンチャパワーは今日も全開だね。

    Bivak Halle 2013!
    Copyright : Chiro Meulenberg
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  水着  笑顔  Water  イベント 

    お日様の下で

    9ans Fanny- fete avec amis

    太陽の下、みんなで一斉に甲羅干し。
    いっそのこと裸で寝転がったら良いのに。
    あ、男の子がいるからそれは無理か。(^o^)

    9ans Fanny- fete avec amis
    Copyright : elodie_leroux
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  水着  Water  眠り 

    菓子「子宝ちんこすこう」

    世界中の天使をご紹介しているこのブログ。
    天使といえば裸ん坊・・・ということで、今回とりあげるのは裸ん坊のパッケージ絵が可愛い沖縄のお菓子。
    もともとマンガ風な絵は載せない方針でいましたが、これは商品の紹介ということで・・・(^^;)

    chinkosukou.jpg

    琉球時代から続く沖縄伝統のお菓子といえば「ちんすこう」
    そのちんすこうをキノコのような形にして、子宝(子授け)をテーマにしたのがこの商品。
    沖縄の菓子メーカー「珍品堂」が2006年から製造販売しているお菓子「子宝ちんこすこう」

    子宝祈願のお菓子は昔から、たとえば愛知県の田縣神社や神奈川県の金山神社などでも売られていますが、これは一般向けの商品にしたってところが凄いですね。
    沖縄を訪れる修学旅行生にも人気で、小さな子供へのお土産としてもウケが良いそうです。

    この人気、マスコットのちんすこ坊や(という名前らしい)によるところが大きいんじゃないかとは思いますが、沖縄は実際に出生率第1位の県なので、子宝祈願としてもしっかりあやかれる商品となっています。

    私も高校時代、修学旅行は沖縄でした。
    帰りの土産はやっぱりちんすこうだったような記憶があります。
    ちんすこう自体もう何年も食べていないので、先日この商品を沖縄のネットショップで注文してみました。
    買ったのは「プレーン」と「南国チョコ味」と「南国マンゴー味」の3品。(上の写真)

    箱は260mm × 100mm × 35mmとかなり大きく、印刷もシッカリしていました。
    「掘りたて紅いも味」と「ほっこり抹茶味」も欲しかったんですが、残念ながら売り切れていて買えずじまい。
    こちらが買えなかった2品のパッケージ画像。

    chinkosukou_beniimo.jpg chinkosukou_matcha.jpg

    抹茶味を食べてみたかったんですが、まぁしょうがない、そのうちまた注文するかも。
    っていうか、ちんすこう自体はこっちでも売ってるんですけどね。(^^;)

    chinkosukou2.jpg chinkotowaza.jpg

    中身はひとつひとつ袋に包まれていて、袋にもちんすこ坊やが描かれていました。(左の写真、プレーンは15個入りで他は12個入り)
    味は美味しかったですよ。
    プレーンは普通のちんすこうで、チョコ味とマンゴー味は紅茶に合うクッキーって感じでした。

    それとオマケとして、1箱に1枚ずつ「ちんことわざカルタ」が入っていました。(右の写真)
    金運とか健康運と書かれているのでおみくじ的な意味もあるのかな?
    でも内容は小学生レベルというか、ヒジョ〜に脱力系でした。(^◇^;)

    それにしても、このての商品に子供のキャラを採用したことは画期的ですね。
    でも子授けや子孫繁栄のお祭りにも子供たちが稚児として参加しているわけですから、健康的な子作りを当の子供が願うのは至極当然なことかもしれません。
    ちんすこ坊やも日本の少子化を嘆いているそうです。

    あそうそう、ちんすこ坊やのお爺ちゃんである「子宝仙人」が公式ツイッターでこんなことを言っていました。


    お爺ちゃんリッパ!(モザイクのところじゃなくて、言ってることがね)
    そのとおり!
    でも人前で出して良いのは小さな子供と彫像だけですぞ。
    お爺ちゃんは自重しましょう。(だからモザイクなのね)

    沖縄名物「子宝ちんこすこう」
    将来ちんすこ坊やのような元気で可愛い男の子を産みたい!という方は願掛けとして買ってみてはいかが?


    子宝ちんこすこう 公式サイト
    http://chinkosukou.com
    ちんすこ坊やのツイッター
    https://twitter.com/chinkosukou
    関連記事

    タグ: 日本  少年  ♂♀  絵画 

    誕生ダンス



    子供たちによる創作ダンス。
    人間の誕生をテーマにしています。
    なるほど、それで肌と同じ色のレオタードを着ているのか。
    命を授かったことに感謝!

    Children's dance group Planet of Dreams: The Birth
    Copyright : VIDEO KANAL
    標準の YouTube ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  衣装  イベント  動画 

    Luco

    luco_charles_leplae_oudwijk_utrecht.jpg

    ベルギーの彫刻家、チャールズ・レプライ(1903-1961)による1944年の作品「Luco」
    オランダの都市ユトレヒトのEmmalaanという地区の公園広場に設置されているブロンズ像です。
    1944年に制作され、作者の没後1964年にこの場所に設置されました。

    美術館や彫刻広場のようにたくさんの彫像が並んでいる光景も見応えがありますが、広い場所にぽつんと置かれているのも味わい深いですね。
    その場所の目印となるだけでなく、風景と一体化した孤独感が物語性を感じさせます。

    作者のチャールズ・レプライは、ルーヴェン大学の農学部の教授であり植民地省の長官でもあるエドモンド・レプライの息子として生まれました。
    チャールズも学術的な分野へと進む道が用意されてはいましたが、彼は芸術家への道を選んだようです。

    アントワープ芸術アカデミーを卒業後しばらくは弁護士を務めていましたが、1929年にルーベンス財団から奨学金を得てフランスのパリに留学。
    1932年にはフリーアカデミー・オブ・ベルギー(ピカード財団)のメンバーとなり、ブリュッセルに定住しました。

    charles_leplae_medal.jpg

    彼は彫像だけでなくメダルの制作もおこなっており、1958年のブリュッセル国際展覧会ではこのようなメダルを発表しています。
    「より人間的な世界のために」と題されたこのメダル。
    図案が広場の彫像と同じなので、たぶん同じコンセプトによるものでしょう。


    charles_leplae_luco01.jpg charles_leplae_luco02.jpg

    悲しそうにうつむいたまま、住宅街でぽつんと立ち尽くす男の子。
    服を着ていたら現実にもありそうな光景ですね。
    もしそういう子を見かけたら、あなたならどうしますか?

    30年以上前の日本なら、きっと声をかけて事情を聞いて、家に招いて、食事でも与えて、その子の親御さんに電話をして話をして・・・とする方も多かったでしょう。
    もし親の厳しさによるものだとしたら、見ず知らずの相手であっても子育てについて真剣に語り合うでしょう。

    でも今はそういった善意も不審な行為とみなされる時代。
    その子には近付かず声もかけないという人がほとんどじゃないでしょうか。
    「子供は地域ぐるみで育てよう」その理念は変わっていないにしても、実践するのはなかなか難しい時代になってしまいましたね。


    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Luco Charles Leplae Oudwijk Utrecht.JPG
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  ♂♀  CC-License 

    更衣室の中の更衣室

    Tylers changing room at the pool

    ロッカーで着替えるってのはロッカールームで着替えるってことで、
    ロッカーの中で着替えるってことじゃあないんだけどね。
    でもキミの場合はピッタリだね!(^o^)

    Tylers changing room at the pool
    Copyright : Susan Cruickshank
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事(お読みください)
    国別アクセス
    Flag Counter
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    おすすめリンク
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 風呂 RUKA 伝統 絵画 Thong ペイント 眠り 音楽紹介 Africa Oceania OldPhoto 動画 

    日別表示
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    月別表示
    最新記事
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls

    アンケート