ボディ・フリーダム

    Gay Pride 2016, San Francisco

    アメリカのサンフランシスコでおこなわれたプライド・パレードの様子。
    男も女も、子供も大人も、人間はみな同じ。
    自分に誇りを持ち、他者を敬う、それが大切。

    Gay Pride 2016, San Francisco
    Copyright : alshan
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)


    YouTubeにこのイベントの動画がありました。
    「San Francisco Pride Parade 2016 Body Freedom Lovers」
    https://youtu.be/SDrNP_6oMM8
    関連記事

    タグ: America  少年  イベント  動画 

    パイプクライマー

    Pipe Climber

    これ屋内?屋外?
    パイプをスイスイと登っていく天使くん。
    最後は自慢気にニッコリ笑顔。
    元気だね〜!(^ω^)

    Pipe Climber
    Copyright : Tyler & Amanda Thompson
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  笑顔  動画 

    天使のダンス

    naked dancing 1

    小さな天使くんのダンスショー。
    それはいったい何の踊りなんだい?
    足上げポーズが可愛いね。みんなで一緒に踊りましょう!(^O^)/

    naked dancing 1
    Copyright : sabby5
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  笑顔  動画 

    軟体少年アレクセイ君

    今となってはかなり古い情報ですが、まだご存じない方もいるかもしれないのでご紹介。
    ロシアの軟体少年、アレクセイ君!

    Googleの画像検索で「alexey goloborodko」を検索

    アレクセイ君は幼い頃から体の柔らかさを駆使した曲芸師として、テレビ番組やサーカス等で活躍してきました。
    5歳からクラシックバレエとモダンダンス、そして中国武術の訓練を受けていたそうです。

    私が初めて彼を見たのは2008〜09年頃、YouTubeの動画でした。
    たぶんロシアのテレビ番組の映像だと思います。

    「Alexey Goloborodko - Russian boy - Super flexible」

    グラスハープの音色が心地よい。

    「Alexey Goloborodko, "Minute of Fame"」

    オリエンタルでゴージャスな雰囲気。

    「alexey goloborodko (minuta slavy 2007 2 12)」

    2本のパイプ椅子を使った曲芸を披露。

    アレクセイ君はこの頃11歳か12歳。
    体の柔らかい人は世界中にごまんといますが、彼の体は驚異的とも言える柔軟性。
    しかもバレエダンスやアクロバットを組み合わせ、その美しさは見るものを魅了します。

    おまけにルックスも可愛いとくれば、人気があるのもうなずけますね。
    おそらく世界で最も柔軟で、最も美しい軟体少年であろうと思います。

    アレクセイ君は現在21歳。
    今も曲芸師およびダンサーとして、そしてアマチュアカメラマンとしても活動しているそうです。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  衣装  ペイント  イベント  動画 

    ダカラ天使はカワイイ!

    sixangel_front.jpg

    これは私が持っている天使の置物で、座りポーズで6体が連なっているというちょっと変わったデザイン。
    小学校の遠足でバスの後ろの席に座っている子たちみたいですね。
    ワイワイ騒ぐ声が聞こえてきそう。

    15年くらい前に放送されていた、サントリーのDAKARAというドリンクのCMを覚えていますか?
    こんな感じの天使たちが出てましたよね?
    いや、あれは小便小僧だったか!

    YouTubeに動画がありました。
    懐かしいなぁ。
    「サントリー DAKARA CM14連発」


    ところで上の六つ子天使たち。
    この中にひとり、ちょっとエッチな子がいます。
    さてどの子でしょう?

    sixangel_back.jpg

    答えは、右から3番目の子でした。
    さりげなく隣の子のお尻を触っていました。(^ω^)
    関連記事

    タグ: 少年  彫像  笑顔  RUKA  Water  動画 

    少女たちのダンス

    私は学芸会や運動会のマスゲームなど、子供たちの団体演技を見るのが好きで、最近ではYouTubeでキッズ・ダンスチームの舞台を鑑賞しています。
    大人顔負けのダンステクニックにも感心しますが、大人よりも頭身が小さい(体に対して頭が大きい)ので、団体演技でも表情が見やすいし、むしろ大人よりバランス的に見栄えがします。


    YouTubeより
    「Salute - Molly Long Choreography」

    このダンスチームは振り付けにバレエの要素を取り入れているのか、それともバレエを基礎としたチームなのか、いずれにしてもこの子たちのダンステクニックと表現力、そしてスタイルの良さには目を見張るものがあります。
    単独の公演でもじゅうぶん観客を呼べるほどレベルが高いですね。

    日本でも年々ダンスを習う子が多くなっており、中にはワールドクラスのテクニックを持つ子もいますが、なぜかヒップホップやブレイクダンスなど、いわゆるストリートダンスばかりが目立っています。
    最近は大きなキッズダンスコンテストも催されていますが、やはりストリート系が多いようです。

    ダンサーとしてダンステクニックを磨くのは当然ですが、日本の場合は観客に体の「動き」を見せてはいても、体の「形」を見せることにあまり気をつかっていないのはちょっと残念。
    大きめの衣装やアクセサリーで身を包めば、ダンスの動きは見応えがあっても、止まってしまえばただの衣装とアクセサリー。
    せっかく大人とは違う美しさや可愛らしさを持っているのに、それを活かさないのは勿体ないなぁという気がします。

    もしかしたら「上手にダンスを踊る自分を披露する」という意識と、「習得したダンステクニックを披露する」という意識の違いなのかもしれません。
    もちろんどちらも大切なことですけどね。

    人間の体の「動き」と「形」の両方がシッカリ表現されているダンスというと、私はバレエだと思います。
    バレエだけは、どんなに成功なロボットでも再現できません。
    キッズダンスブームの陰で、ジャズダンスやクラシックバレエの子供人口も少しは増えているんでしょうか?
    自分の形を見つめなおせるダンスも、もっと流行ると良いですね。

    ところで、上の動画のダンスチームの指導と振り付けをしたのが、ダンサーであり振付け師でもあるMolly Longさんという女性。
    私はこの方を最近ネットで知ったんですが、非常に有能な方ですね。

    才能あるキッズダンサーを育て上げるだけでなく、小学生の女の子がもともと持っている美しさや可愛らしさ、繊細さと力強さ、まさに少女らしさをものの見事に引き出している魔法のダンス!
    この方の功績は非常に大きいと思います。

    下の動画は、Molly Longさんが担当したキッズダンス、トップ10。

    YouTubeより
    「Top 10 Molly Long Dances」
    関連記事

    タグ: America  少女  イベント  衣装  動画 

    映画「ROBBY」

    1968年に公開されたアメリカ映画「ROBBY」
    古典文学の「ロビンソン・クルーソー」をモチーフとした物語。

    Googleの画像検索で「robby 1968」を検索

    どこかの未開の島に、ひとりの少年を乗せた小さなボートが流れ着きました。
    少年の名はロビー。9歳のアメリカ人です。
    家族と共に船の事故に遭い、救命ボートでひとり難を逃れたのでした。

    文明のない孤島で途方に暮れるロビー君。 海に向かって両親の名を呼ぶも、返ってくるのは波の音ばかり。
    とりあえず木の実を食べて飢えをしのぎます。

    あるとき彼の前に、同じくらいの歳の裸の少年が現れました。
    ロビーは驚いて岩場から海に落ちてしまいます。

    裸の少年はすかさず海に飛び込みロビーを救助。 この少年は島の原住民で、親が死んでしまったため独り暮らしをしている孤児でした。
    このときからふたりに友情が芽生え、一緒に暮らし始めます。

    すっかり島の生活にも馴染んだ頃、ふたりは海岸に倒れている謎の白人男性を発見します。
    この男はいったい誰なのか?

    ラストの展開がこの子たち、とくに原住民の子にとって良かったと言えるのか?・・・とちょっと首をかしげてしまいそうな終わり方なのが腑に落ちませんが、ふたりの可愛らしい姿が見れただけでも良しとしたい、そんな映画です。

    時間が1時間弱なので、もしかしたらテレビ映画だったのかもしれません。


    予告編がYouTubeにありました。
    YouTubeより
    「Robby」
    https://youtu.be/L9fIzVbeqEw
    関連記事

    タグ: America  少年  Water  Thong  動画 

    腕立て伏せ

    頭社-阿嬤洗衣場

    露天風呂かと思ったら洗濯場だったんだね。
    腕立て伏せなんかして元気だなぁ!
    でもそれ、腕立て伏せか?

    頭社-阿嬤洗衣場
    Copyright : 蔡 牧宸
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少年  Water  風呂  動画 

    森は生きている

    Berkeley-2471.jpg

    写真家、Jack Gescheidt氏が設立した「The Tree Spirit Project」
    政府のユーカリ伐採計画に反対する抗議活動です。
    木々と人間、魂の融合。

    Berkeley-2471.jpg
    Copyright : Tom Trippe
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)


    動画もありました。
    vimeoより
    「The TreeSpirit Project」
    関連記事

    タグ: America  少年  動画 

    瓶を持つ少年

    kant_pod.jpg kant_pod2.jpg

    オランダの彫刻家、ウィム・ヴァン・ダー・カント(1949- )による少年のブロンズ像。
    タイトルと制作年はわかりませんでした。

    少年が大きな瓶(かめ)を担いで立っています。
    中の水を捨てているところでしょうか?
    絵画や彫刻ではこのような大きな瓶や壺がよく登場しますが、それだけ人々の生活になくてはならないアイテムだったということでしょうね。

    少年は12歳くらいでしょうか?
    シッカリと足を踏ん張るポーズに力強さを感じ、なおかつ非常に均整のとれた美しい体形に癒しを感じる作品です。
    この柔と剛のバランスの妙は、少年にしかない特徴かもしれません。

    ちなみに"体形"とは体の形そのものを意味し、太っているか痩せているかを表すときは"体型"と書きます。
    たとえば「私の体型は痩せ型だが、体形には自信がある」のように。

    とまぁそんなウンチクはどうでもいいんですが、とにかくカント氏の作品はどれも素晴らしいものばかりです。
    製作風景のビデオが公開されていたので貼ってみました。
    興味のある方はぜひご覧ください。( ´ ▽ ` )ノ

    vimeoより
    「Wim van der Kant」
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  動画  ブロンズ像 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭での成長記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に、街で子供の笑顔写真を撮り続ける。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    おすすめリンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 日本 スポーツ 風呂 RUKA 伝統 ブロンズ像 絵画 Thong ペイント 音楽紹介 Africa 大理石像 Oceania OldPhoto 動画 

    日別表示
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    月別表示
    最新記事
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls