The cat and the mouse

    gesualdo_gatti_cat_mouse01.jpg

    イタリアの彫刻家、ジェズアルド・ガッティ(1855-1893)によるブロンズ像「The cat and the mouse」

    製作年はわかりませんでしたが、19世紀後半の作品です。
    近年ではナポリのサン・ドメニコ・マッジョーレ教会等にて展示されています。

    切り株に腰掛けて楽しそうに笑っている少年。
    左手の上にはネズミがいて、そこにネコが飛びかかろうとしています。
    ネコとネズミはこの子のペットでしょうか?

    ネズミにじゃれ付きたいネコと、自由にチョロチョロ動き回るネズミ。
    そしてそれを面白そうに笑って眺める男の子。
    それぞれが持つ本能ともいえる無邪気さがよく表れています。

    gesualdo_gatti_cat_mouse02.jpg gesualdo_gatti_cat_mouse03.jpg

    よく見るとこれ、少年がネコの首根っこを捕まえているんですね。
    ネズミに飛びかかろうとしているネコを「こらこらダメじゃないか」と制しているのか、それともわざとネズミをチラつかせてネコをからかっているのか・・・。

    後者のほうが少年らしいとは言えますが、ネコにとってはストレスが溜まります。
    ネコが怒って別なものに手を伸ばしたら大変なことになるので、あまり怒らせないほうが良いでしょう。(^^;)


    作者のガッティはフランスのパリで活動したイタリア生まれの彫刻家。
    とくに1881年から1887年にかけて様々な彫像をサロンに出展していました。
    子供と動物をテーマにしたこの作品からは、生命への優しさが溢れています。

    生没年を見るとわかるように、彼は38歳でこの世を去っているんですね。
    才能あるアーティストの早すぎる死が悔やまれます。


    画像出典:Carlo Raso
    画像出典:ASPIRE AUCTIONS
    関連記事

    タグ: Europa  少年  笑顔  彫像  ブロンズ像 

    Icebreaker

    mileham_Icebreaker01.jpg

    イギリスの彫刻家、ロバート・マイルハム(1950- )による2005年の作品「Icebreaker」

    アイスブレーカーとは砕氷船のことですが、緊張をほぐすものという意味もあるそうです。
    にこやかな笑顔で手足をピンと伸ばし、指先を大きく広げる少女。
    自然の恵みを全身で受け止めているかのような爽快感のある作品です。

    mileham_Icebreaker02.jpg mileham_Icebreaker03.jpg

    この像は10歳の娘を白血病で亡くした、ある家族の依頼により作られました。
    ウィリアム・ハーシェル博物館での彫刻コンクールにて、一般大衆から最高の彫像として選出され、みごとPeoples Prize(人物賞)に輝いた作品です。

    残念なことに依頼者の都合により手渡されることなく時が過ぎてしまいましたが、現在は幼くして亡くなったすべての子供たちへの祈りの象徴として庭などに設置されています。


    作者のロバート・マイルハムはイギリスの彫刻家。
    1998年のドーセット州ドーチェスターでの展示を始めとして、首都ロンドンやアメリカのミネアポリス、パーベック島やガーンジー島など、これまでに様々な場所で作品を発表しています。

    mileham_Icebreaker_clay01.jpg mileham_Icebreaker_clay02.jpg

    彼の作品の大部分は、彼の作品を見た人々からの依頼により作られています。
    これは粘土で製作した原型の写真。

    ブロンズ像の良さは原型から複数の作品を生み出せることや、青銅ならではの長期的な保存性でしょう。
    原型の製作段階で盛ったり削ったり、納得のいくまで作り込めるのも強みですね。

    彼はこうも言っています。
    『私の仕事の多くは汎用性のある青銅製のものです。大理石は半透明で輝きがありますが、ブロンズはパティナ(錆などにより現れる色彩)の幅を広げ、どんな大きさや形状でもディテールを鮮明に表現します』

    木も大理石もブロンズもそれぞれに味わいがありますが、時間が経つにつれ表面が様々に変化するブロンズ像だからこそ、命の表現には最適なんですね。


    Copyright : Robert Mileham
    http://www.robertmileham.com
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  笑顔  彫像  ブロンズ像 

    The first elation

    renda_thefirstelation01.jpg

    イタリアの彫刻家、ジュゼッペ・レンダ(1859-1939)による1895年の作品「The first elation」
    イタリアの都市ナポリにあるカポディモンテ美術館が所蔵しています。

    elationとは「上機嫌・意気揚々」という意味。
    楽器のシンバルを手に持ち、嬉しそうにはしゃいでいる男の子。
    このアングルだとわかりにくいんですが、右手に持ったシンバルを耳に近づけています。響きを楽しんでいるのかな?
    おどけたポーズが可愛いですね。

    作者のジュゼッペ・レンダはイタリアのポリステナ生まれ。
    1874年から兄の工房での見習いを経て、ナポリの美術アカデミー、王立芸術学院へと進み、その後は造形作品の工場でモデラーとして働きました。

    1890年以降は国内で数々の作品を発表し、ロンドン、サンクトペテルブルク、バルセロナ、ウィーンの国際展にも参加。
    いくつかの金メダルを獲得しています。

    彼の作品を検索してあれこれ見てみますと、動きのある作品が多いことに気が付きます。
    もちろん実際には動きませんが、躍動感のあるポーズが多いということです。
    口を開けて笑っている女性やおどけた仕草の少年など、人間の感情を表現した作品の数々には彼なりのこだわりを感じます。

    この作品も上機嫌や意気揚々という意味のタイトルからもわかるとおり、無邪気な少年の「心」を表現した作品ですね。
    だからこそ裸という外観が活きてくるわけです。

    ところがこの作品もレプリカ(複製品)ではこうなっています。

    renda_thefirstelation02.jpg

    オリジナルは「シンバルを持つ無邪気な少年」であったのに、この像では「女性用下着をはいて踊る変な少年」になってしまいました。(そのように見えてしまうという意味で)

    レプリカの中には股間を隠す改変を施したものが少なくありませんが、それは作品の意味と制作意図を解さない人が増えたことの表れなのかもしれません。


    画像出典:Carlo Raso
    関連記事

    タグ: Europa  少年  笑顔  彫像  ブロンズ像 

    スピナリ子

    Poolside

    天使ちゃんどうしたの?
    足にトゲでも刺さったのかい?
    彫刻のスピナリオみたいだね。

    Poolside
    Copyright : Ashley Bristowe
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)


    ちなみにこれがスピナリオ。
    spinario01.jpg
    イタリア/カピトリーノ美術館
    関連記事

    タグ: America  少女  Water  少年  彫像  ブロンズ像 

    The Catapult

    william_reid_dick_the_catapult.jpg

    スコットランドの彫刻家、ウィリアム・リード・ディック(1879-1961)による1911年の作品「The Catapult」
    イギリスのオックスフォードにあるアシュモレアン博物館が所蔵しています。

    タイトルのカタパルトとはゴムの力で小石などを遠くに飛ばす、いわゆるスリングショットのこと。
    私が子供の頃の呼び名でいうと「パチンコ」ですね。

    扱い方によっては危険なオモチャですが、昔は近所の文具店で普通に売られていましたし、さらに昔の子供たちは自分で作ったりもしていました。
    とはいえ、狩猟にも使える本格的なものもあるくらいですから、オモチャと呼んで良いかは疑問ですね。

    そんなパチンコを優雅なポーズで構える少年の像。
    本体はブロンズで台座は大理石です。
    いったい何を狙っているのかな?

    作者のウィリアム・リード・ディックは1879年、スコットランドのグラスゴー生まれ。
    12歳で石工に弟子入りして石の彫刻を学び、夜は絵画や模型の授業を受けていました。

    1909年にグラスゴー芸術学校を卒業し、1912年からはロイヤルアカデミーにて作品を発表。
    その後は英国王室や政治家など著名人の胸像を多数制作し、1933年には英国彫刻家協会の会長に就任しています。

    この「The Catapult」は彼の作品の中でもひときわユニークであり、人気のあったもののひとつです。
    それゆえレプリカや模造品も多く、小さな置物なども作られました。

    the_catapult01.jpg the_catapult02.jpg

    この置物は本物と比べるとかなり小さく、髪型も違いますね。
    パチンコのゴムの部分が無いので、最初見たときはバナナを食べようとしている少年かと思っちゃいました。(^^;)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  ブロンズ像 

    見上げればそこに...

    michelangelo_david.jpg

    イタリアのフィレンツェにある有名な彫像、ミケランジェロ作の「ダビデ像」
    (イタリア/アカデミア美術館)

    ダビデ像はこのように、下から仰ぎ見るように撮影された写真がとても多いですね。
    それもそのはず、なんとこの像は高さが5メートル以上もあるのです。
    近付いて見ようとすれば当然、上を見上げての鑑賞となります。

    orlovsky_paris03.jpg
    美術館で彫像を見上げる子供たち(ロシア/トレチャコフ美術館)

    等身大であっても、公共の彫像は見やすいように高い位置に設置されていることがあり、そのせいで男性像の場合は真ん中の「実」が目立ってしまいがち。

    しかしその実が生命の出発点であることを考えると、まるで神社の賽銭箱の上にある鈴のように有難いものに思えてくるから不思議です。(そーでもない?)


    etienne_david.jpg

    フランスの彫刻家、ジャン・ポール・エティエンヌ(1801-1835)による1834年の作品「David with the head of Goliath」
    (スイス/シャポニエールの公園)


    adolescent_sans_date.jpg

    スイスの彫刻家、アンリ・ケーニッヒ(1896-1983)による1975年の作品「Adolescent sans date」
    (スイス/ボルテール博物館前)


    jeune_gaulois_or_au_gui_lan_neuf.jpg

    フランスの彫刻家、ジャン=バティスト・Baujault(1828-1899)による1875年の作品「Jeune Gaulois or Au gui l'an neuf」
    (フランス/オルセー美術館)


    millenium.jpg

    ロシアの彫刻家、エフゲニー・ロタノフ(1940-2010)による1989年の作品「Millenium」
    (ロシア/サンクトペテルブルクの街)


    dubois_narcisse.jpg

    フランスの彫刻家、ポール・デュボア(1829-1905)による1867年の作品「Narcisse」
    (フランス/ルーブル美術館)


    renvall_kotkan_pojat.jpg

    フィンランドの彫刻家、エッシー・レンバール(1911-1979)による1950年の作品「Kotkan pojat」
    (フィンランド/コトカの町)


    giambologna_mercury.jpg

    イタリアの彫刻家、ジャン・ボローニャ(1529-1608)による16世紀の作品「Mercury」
    (イングランド/バーミンガム美術館)


    emil_wolf_schlossbruecke.jpg

    ドイツの彫刻家、エミール・ウォルフ(1802-1879)による作品。タイトルは不明。
    (ドイツ/ベルリンのシュロス橋)


    見慣れた彫像も真下から鑑賞するとまた違った風格が感じられますね。
    でもいくら有難くても、お賽銭投げたり柏手打っちゃあいけませんよ。(^人^)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  ブロンズ像  大理石像  CC-License 

    A Boy in the Bath-House

    ivanov_Boy_in_bath_marble.jpg

    ロシアの彫刻家、セルゲイ・イワノフ(1828-1903)による1858年の作品「A Boy in the Bath-House」
    バスハウスとは共同浴場のことなので、日本風に言えば「銭湯の少年」ですね。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Boy in bath by S.I.Ivanov (1858, Tretyakov gallery) 01 by shakko.jpg
    Copyright : Shakko
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    体を洗っている少年の彫像。
    大理石像とブロンズ像の2種類があるようで、上の画像がモスクワのトレチャコフ美術館にある大理石像、下の画像がカザフスタン共和国のカステエフ州立美術館にあるブロンズ像です。

    水に濡れた髪の毛や手の仕草がじつに上手く造形されており、とくにブロンズ像は光沢がある分、本当に水をかぶっているかのような質感があります。

    ivanov_boy_in_the_bath_01.jpg ivanov_boy_in_the_bath_02.jpg

    作者のセルゲイ・イワノフは若い頃モスクワの芸術学校で絵画と彫刻と建築を学びました。
    この彫像の制作により晴れてアカデミー会員となり、恩師の死後は同じ学校で教師を勤めています。

    彼の経歴についてはこれ以上のことはまったくわからず、ネットで検索しても同姓同名の政治家や自転車競技の選手が見つかるだけでした。
    世界的に有名な彫刻家というわけではないのかもしれません。

    とはいえ、この作品はじつに見事。
    少年らしからぬ艶かしいポーズも、体を洗うという仕草があってこそ。
    とくに背中からお尻にかけての曲線は女神像にも匹敵する美しさです。

    ただひとつ残念なのは、股間に葉っぱが被せられているところ。
    アダムとエバのイチジクの葉とは違い、浴場で体を洗っている場面なのでかなり不自然。

    見えていて当然なものを意図的に隠した場合、作品が伝えるべき本来の意味を歪ませてしまうことがあります。
    もし股間に葉っぱを貼り付けた少年が銭湯に入ってきたら、そりゃあ変ですよね。
    水をかけても何故取れないのか?などという疑問はそれこそ美的ではないし、見る人によっては「はっぱ隊」のようなコミカルさを感じてしまうかもしれません。

    それはきっと作者にとっても美術館にとっても、不本意なことなのだろうと思います。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  Water  彫像  大理石像  ブロンズ像  CC-License 

    グスタフ・ヴィーゲランの彫刻作品

    vigeland_1.jpg

    ノルウェーの彫刻家、グスタフ・ヴィーゲラン(1869-1943)による1940年代の彫刻作品。
    首都オスロのフログネルにある都市公園「ヴィーゲラン彫刻公園」に設置されています。

    32万平方メートルもの広さを有する彫刻庭園にはヴィーゲランの作品のみが展示され、その数なんと212点。
    群像が多く、人物を数えると600体以上にもなります。

    ヴィーゲランは晩年この庭園の設計と彫刻作品の制作に全力を注ぎましたが、公園の完成を見ぬまま1943年に死去。
    1946年にモノリッテン(上の画像の人体石柱)が完成し、翌1947年には噴水に水が通され、1950年までにほとんどの作品が設置されました。

    vigeland_2.jpg vigeland_3.jpg

    作者のヴィーゲランはノルウェーを代表する彫刻家。
    1869年に家具職人の家に生まれ、その後地元の学校で彫刻を学びました。
    青年になり首都オスロへと移り住みますが、父親の突然の死により地元に帰ることを強いられます。

    1888年に再びオスロに戻ってプロの彫刻家になることを決めた彼は、彫刻家のブリュンユルフ・ベルグスリーエン(1830-1898)に師事し、翌年、最初の作品「ハガルとイシュマエル」を発表しました。

    1896年から1891年にかけてコペンハーゲン、パリ、ベルリン、フィレンツェを訪れ、ルネサンスの作品に触れることでインスピレーションを得て、その後ノルウェーで初めての個展を開催し注目を集めました。
    彼はノーベル平和賞のメダルをデザインした人物としても知られています。

    14年ほどの歳月をかけて完成したこの彫刻庭園のテーマは「人生の諸相」
    現在も24時間無休で開放され、人々の憩いの場となっています。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  彫像  ブロンズ像  笑顔 

    安定した立ちポーズ

    正面を向いて両足を肩幅よりも開いて立つポーズ、私はそれを「仁王立ち」と呼んでいたんですが、よくよく調べてみると仁王立ちとは『仁王の像のようにいかめしく力強い様相で立つこと』だそうですね。

    つまり「ここは通さない!」とか「かかって来い!」といった雰囲気のある、ドッシリと構えた立ち姿のことなんですね。なるほど〜!

    horyu-ji14s3200.jpg

    ちなみに「仁王」とは日本の寺院等に安置されている「金剛力士」のこと。
    これは奈良県の寺院、法隆寺の金剛力士像です。
    下手なモデルよりもずっとカッコイイですね。(^^)

    File:Horyu-ji14s3200.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    では、ただ単に足を開き気味にして立っているだけのポーズはなんと言うのでしょうか?
    大の字ならぬ、人の字・・・みたいな。

    そんな立ちポーズはシンプルゆえに、街の彫像やデッサン画ではよく見かけます。
    たとえば彫刻作品・・・

    barwig_nackter_knabe_1908.jpg crocetti_pescatore_1935.jpg

    左はオーストリアの彫刻家、フランツ・バーウィグ(1868-1931)による1908年の作品「Stehender nackter Knabe」
    右はイタリアの彫刻家、ヴェナンツォ・クロセッティ(1913-2003)による1935年の作品「Pescatore con cappello」
    どちらもシッカリと立って安定感はありますが、ちょっと寂しげな雰囲気もありますね。


    kasper_aufschauender_1930.jpg larrive_jeune_1908.jpg

    左はオーストリアの彫刻家、ルートヴィヒ・カスパー(1893-1945)による1930年の作品「Aufschauender knabe」
    右はフランスの彫刻家、ジャン=バティスト・ラリヴ(1875-1928)による1908年の作品「Jeune athlète」
    単なる立ちポーズではなく、腕や首の角度が良いアクセントになっています。


    gardet_tireur.jpg howardcook_nudeboy_1950.jpg

    左はフランスの彫刻家、ジョセフ・アントワーヌ・ガルデ(1861-1891)の作品「Tireur darc」
    右はアメリカの彫刻家、ロバート・ハワード・クック(1921- )による1950年の作品「Nude Boy with Rifle」
    それぞれ弓矢とライフルを上に向けて構えているシーン。安定して撃つためには足の開きが重要です。


    次は絵画を見てみましょう・・・

    fidus_neuesleben_1902.jpg holmgren_nudeboy.jpg

    左はドイツのイラストレーター、フィドゥス(1868-1948)による1902年の作品「Neues Leben」
    右はスウェーデンの画家、ヴィルヘルム・ホルムグレン(1863-1943)の作品「Nude Boy」
    絵画の場合はモデルに無理をさせないためにも、ただの立ちポーズになるのは仕方のないことです。


    adolph_robert_shulz.jpg 1886-1929_model.jpg

    左はアメリカの画家、アドルフ・ロバート・シュルツ(1869-1963)によるデッサン画。
    右はポルトガルのポルト美術館で1886年から1929年にかけて展示された作者不詳の作品。
    左はまさに仁王立ちですが、右はちょっとリラックス気味かな。


    muenier_le_jeune_modele.jpg jag_acke_Fausto_1904.jpg

    左はフランスの画家、ジュール・アレクシス・ミュニエ(1863-1942)の作品「Le Jeune Modele Posant Dans L'Atelier」
    右はスウェーデンの画家、ヨハン・アクセル・グスタフ・アッケ(1859-1924)による1904年の作品「Fausto vd Kysten」
    左は画家たちの前でポーズをとる少年、右は砂浜で遊ぶ幼児でしょうか。
    どちらも安定した後ろ姿。何故か髪型が似てますね。


    このような、足を肩幅以上に開いた立ちポーズは、やはり少年を題材としたものが多いようです。
    そりゃあ女の子でははしたないとか、逆に男の子は男らしさが強調されていて良いとか、理由は様々あるんでしょうね。

    しかし数は少ないながらも女の子の彫像も存在します。

    unknown_girl_statue.jpg

    これは公園に設置された立ちポーズの少女像。
    詳細は不明ですが、おそらく北欧の国ではないかと思います。(確証はありません)

    どっしりと構えたその様子には、周りを見張っているかのような貫禄さえ感じます。
    まさにこの公園の仁王様・・・って言ったらこの子に怒られちゃうかな?(^ω^)
    関連記事

    タグ: Europa  America  少年  少女  絵画  彫像  ブロンズ像  CC-License 

    笑顔のパン

    IMG_8990

    ギリシア神話に登場する農牧の神、パン。
    その醜い姿のためかなりの苦労人である彼ですが、
    子供たちと一緒なら、ほら、こんなに良い笑顔。(^^)

    IMG_8990
    Copyright : Camp Sunshine Harz
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  彫像  ブロンズ像  笑顔 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に、街で子供の笑顔写真を撮り続ける。
    1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。
    サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。
    6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    おすすめリンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 日本 スポーツ 風呂 RUKA 伝統 ブロンズ像 絵画 Thong ペイント 音楽紹介 Africa 大理石像 Oceania OldPhoto 動画 

    日別表示
    02 | 2017/03 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別表示
    最新記事
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls