Mowgli and Bagheera

    detmold_mowgli_and_bagheera01.jpg

    イギリスの画家、エドワード・ジュリアス・デトモルト(1883-1957)と、チャールズ・モーリス・デトモルト(1883-1908)のふたりによる1908年の作品「Mowgli and Bagheera」(モーグリとバギーラ)

    アニメーションや映画にもなった有名な小説「ジャングル・ブック」の登場人物を描いたものです。
    絵画というよりも緻密なイラストレーションですね。

    作者のエドワードとチャールズは双子の画家。
    生まれた頃は父親が病気がちなため、彼らは叔父である英国の医師、エドワード・バートン・シュルダム博士と共に暮らしていました。

    エドワードもチャールズも幼い頃から自然や芸術に興味を示し、とくに動物の描写に優れた才能を発揮します。
    伝統的な日本画やアール・ヌーヴォー運動の影響を受けた彼らの作品は他の画家からも賞賛を受け、わずか13歳で描いた水彩画が王立芸術アカデミーとロイヤル・インスティテュートに展示されたほどでした。

    ふたりはその後、水彩エッチングと銅板によるカラー印刷機を使い、自宅で印刷物を作成する技術を習得しました。
    1898年には動植物を描いた作品集を発行し、1899年に出版された書籍「Pictures From Birdland」ではカラーイラストの制作を担当しました。
    彼らが描く動物の絵はその正確さと緻密さで動物学者からも一目置かれ、1900年にはロンドンの美術協会のギャラリーにも展示されました。

    画家としてもイラストレーターとしても成功を収めた彼らでしたが、1908年のある日、チャールズがクロロホルムを吸引して死亡してしまいます。(自殺?)
    その後はエドワードがひとりで制作を続け、1909年には「イソップの寓話」、1911年と1915年には小説「青い鳥」でお馴染みのモーリス・メーテルリンクの書籍に携わり、1919年と1921年には自然や昆虫を描いた作品集を出版。

    その後もエドワードは精力的に作品作りを続け、20世紀における非常に才能のあるイギリス人画家となりました。
    晩年は完全に引退して静かな余生を送っていましたが、1957年7月、彼は自分の胸に向かって銃を撃ち、自らの人生を終えました。

    鋭い洞察力と緻密な描写力を併せ持つ双子の画家、エドワード・ジュリアス・デトモルトとチャールズ・モーリス・デトモルト。
    小説や図鑑のイラストレーションで絶賛された彼らでしたが、ふたりとも不穏な死を遂げたことは非常に残念です。

    detmold_mowgli_and_bagheera02.jpg detmold_the_jungle_book.jpg

    このジャングル・ブックを描いた作品は1908年制作なので、ふたりで共同作業した最後の作品ということになりますね。
    ジャングル・ブックといえば数々の画家が描き、漫画やアニメにもなりましたが、主人公のモーグリは画家によって全裸のキャラと半裸のキャラとに分かれます。

    Googleの画像検索で「jungle book mowgli illustration」を検索

    フランスの有名なイラストレーター、ピエール・ジュベールが描いたモーグリも全裸の少年でしたが、1967年のディズニーアニメのモーグリはインド式フンドシのランゴータを締めていて、1989年の日本のアニメのモーグリは腰に黄色い布を巻いていました。

    ところが2016年に公開された、実写とCGを組み合わせたアメリカ映画では、なんとショートパンツのような形に変わっていました。(デザインはランゴータっぽいんですが、形は完全に短パン)

    原作の小説のモーグリはもちろん全裸です。
    時代が変われば読み手が受けるイメージもそりゃあ変わるでしょうが、動物に育てられた野生児がパンツをはきますか?

    現代に合わせて不自然な改変を施してしまうと、人間という生き物に対する人々の考え方も、より不自然な方向に行ってしまうような気がしてなりません。
    関連記事

    タグ: Europa  Asia  少年  絵画  ♂♀ 

    シャワールーム

    duschraum_des_kindergartens.jpg

    学校のプールには、体に付いた塩素を洗い流すためのシャワーが備えられています。
    また学校によっては屋内にシャワー室が完備されたところもあり、部活動のあとに汚れを洗い流すこともできます。

    上の写真はドイツのノイシュタット地区にある幼稚園でのシャワーの様子。
    撮影は1987年。
    水泳キャップをかぶっているのでプールのときのシャワーですね。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Bundesarchiv Bild 183-1987-0609-302, Köritz, Duschraum des Kindergartens.jpg
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


    シャワーとは水や湯を広範囲に分散して噴出させる機能、またはそれを利用した設備のことですが、16世紀のヨーロッパの浴場に備えられたのが最初だそうです。
    初期のシャワーはパイプに等間隔に穴を開けたものでした。

    日本では水道の普及自体が20世紀になってからですし、もともと入浴習慣のある日本人にはシャワーはあまり馴染みのあるものではありませんでした。
    私が幼い頃、昭和40年代まではシャワーのある家はかなり少なかったはずです。

    学校のシャワールームに関しても西洋のほうが歴史が古く、西洋では20世紀初頭にはすでに多くの学校が備えていました。

    lifemagazine_1941.jpg douche_apres_le_sport1930.jpg

    左の写真は1941年のLIFE誌に掲載された、アメリカの学校でのシャワーの様子。
    日本でいうと中学校でしょうか?
    運動の後にここで汗を洗い流すのが彼らの日課だったのでしょうね。

    右の写真はフランスの学校のシャワールームで、1930年の撮影。
    こちらは小学校かな?
    仕切りは隠すためではなく、たんに水跳ね防止でしょう。


    schoolboys_sweden1903.jpg hot_weather_delights1908.jpg

    こちらの写真はさらに古く、左は1903年のスウェーデンの子供たち。
    シャワールームでタライに入って体を洗っています。
    ある程度こうして洗ってから、最後に頭上のシャワーで洗い流すのでしょう。
    水の節約のためかな?

    右の写真は1908年のアメリカのシャワールーム。
    シャワーヘッドの付いた設備が20世紀初頭にすでにあったというのが驚きですね。

    boys_in_the_shower.jpg

    最後はロシア、1906年のサンクトペテルブルクの子供たち。
    これは当時の住宅事情を解消するために作られた、アパートを利用した共同のシャワールームだそうです。
    奥にいる大人が服を着ているので、これは撮影用のポーズかな?

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Boys in the shower in a house of cheap apartments.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン


    上でも述べたとおり私が子供の頃はシャワーのある家が少なく、シャワーと言えばプールにあるものという認識でしたが、今では日本でも浴室にシャワーがあるのが当たり前になりました。
    私も忙しい時はシャワーで済ませています。

    しかしやはり日本人、シャワーでは汚れは取れても疲れは取れません。
    とくに寒い季節は、湯船にゆったりと浸かりたいものですね。♨︎( ´▽`)
    関連記事

    タグ: America  Europa  少年  Water  CC-License  OldPhoto  ♂♀ 

    サマーキャンプ

    summercamp.jpg

    洋画を見ていると「サマーキャンプ」という言葉をよく耳にします。
    「子供の頃サマーキャンプでマシュマロを焼いた」などというセリフや、サマーキャンプでの体験がどうだったとか。
    そういえば殺人鬼ジェイソンで有名なホラー映画「13日の金曜日」も、クリスタルレイクというサマーキャンプ場が舞台でしたね。

    サマーキャンプ・・・日本人にはあまり馴染みのない言葉ですが、アメリカでは多くの子供たちが経験している恒例行事です。
    長い夏季休暇のあいだに小中学生を対象におこなわれる野外活動で、子供たちが一定期間を集団で過ごす青少年育成プログラムのひとつ。

    日本の学校がおこなっている林間学校や修学旅行は3日間ほどの短期ですが、サマーキャンプは数週間もの長期に及びます。
    また日本の場合はあくまでも修学、つまり勉学の一環であるのに対し、サマーキャンプは子供たちに楽しい余暇を提供するとともに、普段の学校生活では経験することのできない自然との触れ合いや集団生活の楽しみを味わってもらうためにおこなわれています。

    linkebeek_1931.jpg schoolboys_1939.jpg

    かなり古い写真ですが、左は1931年にベルギーのリンケベークで撮影されたもので、先生が子供たちにシャワーを浴びせているところ。
    暑い日だと気持ちいいでしょうね。
    女性の先生もいますが、手前の男性教師はどうして半ケツなんでしょうか?

    右の写真は第二次世界大戦が始まった直後、1939年9月5日に撮影されたものです。
    この子たちはカナダのクランブルックに疎開してきた、イギリスのダリッジ・カレッジ・スクールの生徒たちだそうです。
    こちらも子供たちに水をかけていますが、戦時中なので毎日がキャンプ気分というわけにはいかなかったかもしれません。


    サマーキャンプの歴史は古く、アメリカで最初におこなわれたのは1861年でした。
    アメリカキャンプ協会(ACA)によると、現在は米国だけで12,000のキャンプがあり、毎年1,100万人以上の人が参加しているそうです。

    ハイキング、カヌー、キャンプファイヤー等、自然と触れ合うための伝統的な活動に加え、近年では音楽や語学、コンピュータなどのカリキュラムを取り入れたり、肥満の子供のための体重減少を目的としたキャンプもおこなわれています。
    2008年からは世界で初めて、トランスジェンダーの子供たちのための宿泊キャンプ場もできました。

    上の写真のとおり、サマーキャンプといえば夏場の野外活動。
    だから最後はシャワーで丸洗い・・・というわけで、次回は「シャワー」について考えてみたいと思います。
    関連記事

    タグ: America  少年  Water  イベント  OldPhoto  ♂♀ 

    ここ掘れ◯ン◯ン

    IMG_0390

    キミはいったい何をしているんだい?
    柔軟運動? 泥んこ遊び? 畑仕事?
    このあとはシッカリお風呂だね。(^^)

    IMG_0390
    Copyright : peterchankai
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Asia  少年  ♂♀ 

    Ležící hoch

    jan_zrzavy_lezici_hoch.jpg

    チェコの画家、ヤン・ズルザヴィー(1890-1977)による1912年の作品「Ležící hoch」
    「横たわる少年」という意味です。

    独特なデフォルメが面白い絵ですね。
    写実的ではないながらも生命感があり、それでいておとぎ話のラストシーンのような捉えどころのなさも感じる不思議な作品です。

    遠くの空が暖色系になっているので、たぶん夕刻のうたた寝でしょう。
    足もとには・・・これはなんの実でしょうか?果物が置いてありますね。
    西洋絵画では女性と果物はよくある組み合わせですが、少年の場合は珍しいですね。

    作者のズルザヴィーは20世紀初頭におけるアバンギャルド芸術の代表的なチェコの画家。
    15歳の頃にブルノの学校で建築を学んでいましたが、彼は個人的に絵画の勉強もしていました。

    1907年から2年間、首都プラハにあるUMPRUM(プラハ工芸美術大学)に通っていましたが病気のため退学となり、その後は独学で絵を学び続けます。
    1924年から1939年までフランス、イタリア、ギリシャ等の外国を訪れ、見聞を広めました。

    1947年にチェコのモラビアにあるパラッキー大学の准教授に就任し、その後はプラハとオクロウフリツェに個人のスタジオを構えました。
    彼は1950年代から1960年代にかけて国内外でとくに認められた芸術家となりましたが、1977年10月12日にプラハにて亡くなりました。

    jan_zrzavy_diana.jpg

    じつはズルザヴィーの作品にはこういうものもあります。
    「ダイアナ」と題された絵で、油彩ではなく紙にクレヨンで描いたものです。
    習作だとは思いますが、横たわる少年の絵と構図が全く一緒ですね。

    制作年は不明ですが、こちらのほうが最初に描いた絵だとすると、なぜ女性から少年に変えたのかが気になります。
    横たわる女性では在り来たりでつまらないので少年にしたのでしょうか?
    置いてある丸い果物と少年の突起物との対比の面白さでしょうか?

    カーテンの裏地が花模様から星模様に変わり、外の風景には生い茂る木々が出現し、山の形が天を突くように尖り・・・といくつかの変更が見受けられますが、それが何を意味しているのかはわかりません。

    山の下にあるハゲ頭のような物体も気になりますね。(^^;)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  絵画  眠り 

    美味しいお肉

    IMG_765

    最近のママゴトは豪勢だなぁ!
    日本みたいに蚊が多かったりしないんだろうね。
    それにしても、美味しそうなお肉だこと。(^,^)

    IMG_765
    Copyright : Michal Mìlosevic
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  ♂♀ 

    天使たちのレスリング

    Scenes from a 4:30am kitchen wrestling match, after they "made our own granola bars" and someone peed on the stairs #twinlove?

    朝の4時半、
    双子の天使たちがキッチンでレスリングごっこ。
    朝っぱらから元気がイイなぁ!(^ω^)

    Scenes from a 4:30am kitchen wrestling match, after they "made our own granola bars" and someone peed on the stairs #twinlove?
    Copyright : laura holder
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  笑顔  ♂♀ 

    アメリカの古い公営プール

    boys_at_the_city_pool_in_nyc1908_1.jpg

    以前の記事で、アメリカの画家ロバート・リッグスが1933年に描いた「The Pool」という作品を紹介し、「昔の学校には全裸のプール授業もあったのだろうか?」と考えてみたことがありました。(該当記事)
    そのときは同じ様な光景の写真が見つかったため、当時としてはごく普通の事なのだとわかりました。

    私が最初に学校のプールだと思った理由は、リッグスの絵にもその当時撮影された写真にも、同年代の子ばかりが写っていたからです。
    場所が学校ではなかったとしても、授業や水泳教室のひとつではあったのだろうと思います。

    boys_at_the_city_pool_in_nyc1905.jpg boys_at_the_city_pool_in_nyc1906.jpg

    今回も同じくアメリカのプールの写真ですが、なんと撮影されたのはさらに古い、1900年代初頭です。
    一番上の写真は1908年、上の2枚が1905年と1906年、下の写真が1908年。
    しかもこのプール、アメリカのニューヨークの公営プールというのだからオドロキ。

    子供だけではなく大人もいるので、たしかに公営のプールなんでしょうね。
    大人は水着を着用しているので、裸になって良いのは子供たちだけのようです。
    公営プールでスッポンポンというのは、今では考えられないことですが。

    boys_at_the_city_pool_in_nyc1908_2.jpg

    画像出典:George Lane
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    ここで当時のプールについて調べてみました。

    西洋でプールがいつ頃誕生したのかは定かではありませんが、オリンピックの水泳競技で最初にプールが使われたのは1908年のロンドン大会からだそうです。(それまでは河川や海、人工湖が使われていました)

    日本で最古のプールとされているのは1803年に完成した会津藩の藩校、日新館の水練場だそうです。
    作りはプールというよりは池ですが、水泳のために作られたものですから日本最古のプールと言えますね。

    また、日本で最初の温水プールは1917年に東京のYMCAに開設されました。
    この温水プール、当時は水質維持のため水着の着用が禁止され、全裸で泳ぐように指導されていました。
    戦後もしばらくは全裸での水泳が続いていましたが、これは本国アメリカでもYMCAや大学のプールでは全裸で泳ぐことが普通だったことによるものだそうです。

    なるほど、謎が解けました!
    私はてっきり、当時の子供は川や海で裸になって遊んでいたため、プールでもそうさせているのだと思っていましたが、なんと衛生面から水着そのものが禁止されていたんですね。
    だからみんな風呂のように、公営プールでも全裸だったというわけか!

    ただし、未だ解けていない謎がひとつ・・・
    どうして女性がひとりもいないんでしょうか?
    いや、学校のプールだったらわかりますよ。男女別だったのかもしれませんから。
    しかし公営プールなら女の子もいるはずですよね。

    川や海では女の子も裸になって遊んでいた時代でしたが、やはりニューヨークの都会っ子、男の子との混浴には抵抗があったのかもしれませんね。
    関連記事

    タグ: America  少年  Water  スポーツ  水着  OldPhoto  CC-License  ♂♀ 

    Les Bouquets

    georges_sauveur_maury.jpg

    フランスの画家、ジョルジュ・ソヴェール・モーリー(1872-没年不明)による1920年の作品「Les Bouquets」

    幼い姉妹が庭で花を集めてブーケ(結婚式で新婦が持つ花束)を作っているシーン。
    この子たちはきっと作者の娘さんで、近々親類が結婚式を挙げるのでしょう。
    女の子らしい優雅なひとときですね。

    作者のモーリーは1872年10月6日、パリ北部郊外のサン=ドニで生まれました。
    主にパリで活動し、女性や子供や花を描いた作品が人気でしたが、オリエンタルな雰囲気の作品も注目されました。

    1904年から1920年代後半までパリのサロンにて作品を発表し、1911年にメダル、1914年には金メダルとマリ・バシュキルツェフ賞を獲得しています。

    maury_drei_madchen_am_meer.jpg maury_threesisters.jpg

    この絵も同じ作者によるものですが、彼女たちは三姉妹だったんですね。

    一番上のブーケの絵でこちらを振り返っている子と、左側の絵の真ん中の子の顔がよく似ているので、たぶん同じ子でしょう。
    そしてブーケの絵に描かれている幼児が末っ子で、左側の絵では手を引かれているのがその子でしょうね。

    さらに成長した頃に描いたと思われる右側の絵では、もはやどの子が末っ子なのかもわかりません。
    こうして長きにわたり描いていたくらいですから、作者にとって自慢の娘たちだったのでしょう。

    父親が娘をモデルに絵を描く...というと漫画「エスパー魔美」を思い出しますが、子供の成長記録を絵画で残すのも優雅で良いものですね。
    もちろん画家でなければできませんし、他人が口を挟む必要のない、親子の信頼関係があってこそですが。

    たしか娘を描き続けた女性の画家もいましたが、愛娘というのはクリエイターにとって、創作意欲を掻き立てられる芸術の女神のような存在なのかもしれません。
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  ♂♀  絵画 

    夏の庭

    IMG_5861

    天使がはしゃぐ真夏のプール。
    大人が見守る真夏のプール。
    神が微笑む真夏のプール。

    IMG_5861
    Copyright : Michal Mìlosevic
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少女  Water  笑顔  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事(お読みください)
    国別アクセス
    Flag Counter
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    おすすめリンク
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 水着 Face CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 RUKA 風呂 絵画 伝統 Thong ペイント 眠り Africa 音楽紹介 Oceania OldPhoto 動画 

    日別表示
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別表示
    最新記事
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls

    アンケート