天使の立ちション、クリエイション!

    creationcd_2.jpg
    Copyright : RUKA

    私の部屋に飾っている日本のバンド「クリエイション」のCD。
    以前Amazonで購入した時に一度紹介しましたね。(該当記事)

    今回も音楽ではなくジャケットの話なんですが、このジャケット写真を撮影した写真家が誰なのかがわかりました。
    なんとあの名作写真集「少女アリス」の作者、沢渡 朔さんでした。

    沢渡朔氏といえば「少女アリス」「海からきた少女」等の少女写真集から、アイドルや女優のヌード写真集、そして松任谷由美や南野陽子のレコードジャケットも手掛けるなど、様々な女性を撮影した日本を代表する写真家ですが、男の子を撮ったこともあったんですね。

    このアルバムが発売されたのは1975年ですが、モデルの扱いにおいては1973年の「少女アリス」の時とはまた違う苦労があったことと思います。
    少女アリスのサマンサちゃんは6歳でありながら非常に清楚な雰囲気を醸していましたが、このジャケットの男の子たちはいかにもヤンチャな庶民の子といった感じで、演技指導があったのかどうかさえも写真からは汲み取れません。

    床に立ちションする裸の男の子たち、バスにすし詰めの裸の男の子たち。
    1975年当時の感覚からしてもじつにシュールで、それでいてコミカルで微笑ましい光景。
    まさにクリエーション(創造)の名に相応しい作品ですね。
    こんな小さなCDではなく、当時のLPレコード(31cm四方)を飾って眺めたくなります。

    よく見たら立ちションしている真ん中の子と、バスのワンマン表示の下に写っている子、どちらも同じ子ですね。
    当時の男の子でこの髪型は珍しいなぁ。
    この子も今や50歳近いかと思うと、感慨深いものがあります。
    関連記事

    タグ: 日本  少年  ♂♀  OldPhoto  RUKA 

    Boy and Frog

    hering_boy_and_frog.jpg

    アメリカの彫刻家、エルシー・ワード(1872-1923)による1901年の作品「Boy and Frog」
    サウスカロライナ州にあるブルックグリーン・ガーデンズに設置されています。

    ブルックグリーン・ガーデンズは彫刻庭園と自然保護区からなる公園で、1932年に開業しました。
    約1400点もの彫刻作品が景観と関連付けて展示されており、1978年にアメリカ合衆国国立史跡に登録された、アメリカの有名な彫刻公園のひとつです。

    1901年に制作されたこの彫像、最初見たときは女の子の像かと思いましたが、男の子ですね。
    下にいるカエルに餌を与えているところでしょうか。
    足を伸ばした柔らかなポーズが優しい雰囲気を醸しています。

    この作品は1904年のセントルイス万国博覧会で銅メダルを獲得しており、コロラド州のデンバー植物園にも同じ形の石像が設置されています。

    作者のエルシー・ワードはミズーリ州フェイエット生まれの女性彫刻家。
    コロラド州のデンバーで彫刻の勉強を始め、その後ニューヨークに移り住んでアート・スチューデンツ・リーグで学びました。

    小さめのブロンズも含めて多くの作品を制作しましたが、1910年に彫刻家のヘンリー・ヘリングと結婚してからは夫の仕事の手助けに専念したそうです。


    余談ですが、公園の彫像には少年とカエル、少年とカメという組み合わせが意外と多いですね。
    池のほとりにはカエルやカメが多いということなのかもしれませんが、他にも何か理由があるような気がします。
    関連記事

    タグ: America  少年  ♂♀  彫像 

    書籍「Anatomie du dormeur」

    marot_anatomie01.jpg

    フランスの写真家、ジェラール・マロ(1946- )による1982年出版の写真集「Anatomie Du Dormeur」

    Amazon.frより
    Anatomie du dormeur Relié – 1982


    タイトルのAnatomie(アナトミー)とは解剖学という意味。
    タイトルだけを見ると医学書のようですが、実際は人間の形を学習するための人体写真集です。

    そのためか掲載している写真はどれもシンプルで、黒い背景に人体が浮かび上がっているモノクロ写真がほとんど。
    黒いスクリーンの前で撮影し、さらに後から背景を塗りつぶしたのだと思います。

    写真作品として見ると物足りませんが、人体彫刻やデッサン用のポーズ集としては重宝しそうですね。

    marot_anatomie02.jpg marot_anatomie03.jpg

    作者のジェラール・マロは1970年代から活動しているフランス人写真家。
    70年代から80年代にかけて数冊の写真集を発表しています。

    モデルは主に10代の少年たちですが、あまり躍動的な写真ではありません。
    横たわっていたり体を捻っていたり、そんなポーズと斜めからのライティングにより、まるで無機質なオブジェが転がっているような感覚さえあります。

    彼の作品はシンプルでありながら審美的であり、光と影のパターンを巧みに利用しています。
    強いコントラストで「造形」する彼の手法は、ある意味、彫刻的と言えるかもしれません。
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  OldPhoto  眠り 

    隠せばOK?【タオル掛け編】

    「神話の登場人物だから全裸な、ただし股間だけは隠してくれよ」

    こんな制作依頼をされたら、彫刻家はとても悩むでしょうね。

    何故なら以前の記事で述べたとおり、何かを貼り付ければ不自然だし、神話のキャラがパンツを穿いていたらなおさら不自然。
    絵なら前景を重ねて見えなくすることもできますが、彫像はそうもいきません。

    そこで多くの彫刻家は、ふわりと舞う布が股間をさりげなく隠しているという、なんともファンタジックな彫像を作るわけです。
    昔から絵画でもよくある手法ですね。

    psyche_et_lamour.jpg

    たとえばこれはフランスの画家、ウィリアム・アドルフ・ブグロー(1825-1905)による1889年の作品「Psyche et L'Amour」
    青い布によってクピドの股間だけが都合よく隠れています。
    男性器を隠すか隠さないかは作者にもよりますが、ブグローは概ね、幼児以外は隠す傾向にあったようです。

    画像出典:ウィキメディア・コモンズ
    File:Psyche et LAmour.jpg
    ライセンス:パブリックドメイン


    さて本題の彫像の話に戻りましょう。


    peinte_orphee_cambrai.jpg peinte_orphee2.jpg

    これはフランスの彫刻家、アンリ・ペインテ(1845-1912)による1888年の作品「Orphee endormant Cerbere」
    ギリシア神話に登場する吟遊詩人、オルフェウスの像です。
    左がフランスのカンブレー市の公園に設置されているブロンズ像で、右はたぶん置物ですね。

    元々は全裸であるこの作品も、レプリカではほとんどが布で股間を隠した姿となっています。
    インテリアとしては隠したほうが良いという判断でしょう。

    しかしこのレプリカを見て、ある種の違和感を感じませんか?

    そう、いくら男性と言えども、通常このように布が引っ掛かることはないんです。
    布が掛かるということは、すなわち大事なものが上向きになっているということです。
    タオルフックのように。

    towelhook.jpg
    【タオルフック】(画像出典:Amazon.co.jp)


    「ええっ?真面目な彫像なのに!?」
    もちろん見えてはいませんが、見えないがゆえに確かめようもありません。

    このようなタオル掛け状態の彫像は他にもいくつかありました。


    runeberg_angel_helsinki.jpg runeberg_angel05.jpg

    これはフィンランドの彫刻家、ウォルター・ランバーグ(1838-1920)による天使像。
    左は首都ヘルシンキの街の広場に設置されているオリジナルで、右は墓地に設置されているレプリカ。
    見事にタオル掛けになっていますね。

    「純真な天使がそのような状態になるはずがない!」
    そう思う人の気持ちもわかりますが、布が引っ掛かるということはそういうことです。


    eugene_marioton_zephyr-.jpg jules_isidore_lafrance-saint_jean.jpg

    これは左がフランスの彫刻家、ユージン・マリトン(1857-1933)による1894年の作品「Le Zéphyr」
    ギリシア神話に登場する西風の神ゼピュロスの像で、布は掛かっているというよりも巻き付いているといった感じですね。
    西風の神はこういうことも自由自在なのでしょう。

    右はフランスの彫刻家、ジュールス・イサイドア・ラフランス(1841-1881)による1873年の作品「Saint Jean-Baptiste enfant」
    画像出典:Footsteps - Jotaro's Travels

    こちらは10歳くらいの少年に見えますが、子供ならなおさら通常の状態で引っ掛かることはありません。
    しかも軽い布ではなさそうだし、そうとう元気な子ですね。


    augustin_moreau-vauthier_cupid.jpg  auguste_moreau_cupid-holding

    これは左がフランスの彫刻家、オーガスティン・モロー・ヴァウティア(1831-1893)による1875年の作品「Cupid」
    アメリカのロサンゼルス郡立美術館が所蔵しています。
    そして右はフランスの彫刻家、オーギュスト・モロー(1834-1917)による作品「Cupid holding an Arrow」

    どちらもクピドの像で、作者の名前がどちらもモロー。
    でも股間はモロではなく、かろうじて隠れています。

    左は「見て見て!リボンが掛かってるよ!」と言っているようで、右は「どうだい!矢の重さにも耐えられるぜ!」と言っているような・・・言ってないですね。(^^;)


    【まとめ】

    今回はちょっとオフザケ気味でしたが、3回に分けて「裸像の股間は隠したほうが良いのか?」について考察してきました。
    結論としては「隠さないほうがずっと良い!」

    カップを取り付けた姿は不真面目に見えるし、パンツを穿かせたレプリカを作っても不自然なだけだし、布が掛かっていればそういう状態であるようなイメージを与えてしまう・・・。
    結局のところ裸像は、ありのままの姿が最も健全であるということです。

    一番最初の島根県の公園の話に戻りますが、ダビデ像にパンツなんか穿かせたら、それこそ「教育上悪い」下品な公園になっちゃいますね。


    関連記事:隠せばOK?【カップ編】
    関連記事:隠せばOK?【パンツ編】
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  絵画 

    ヨーヨーボーイズ

    Vítek i Antonín (14)

    ヨーヨー懐かしいなぁ!
    お兄ちゃんが作ったそれは何?・・・ゾウさん?
    振り回したとき弟のゾウさんに当たらないように気をつけてね。(^^)

    Vítek i Antonín (14)
    Copyright : Vítek Antonín
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀ 

    隠せばOK?【パンツ編】

    彫刻作品はのちにレプリカ(複製品)が作られることがあります。
    美術館や公共施設に設置されるような精巧なレプリカの場合は、オリジナルから型を取りほとんど変わらぬように作られますが、一般に出回っているインテリアとしての彫像(置物など)の場合は形が若干違っていることもあります。

    また一部には、パンツを穿いているように改変したものもあります。
    オリジナルは全裸であるのに、それを模した製品ではパンツを穿いているということです。

    私も詳しくはないのであくまでも憶測ですが、パンツ姿に改変する理由として次の3つがあるような気がします。

    1 - 売上を考えて
    部屋に全裸の像を飾るのは恥ずかしいと考える人はまだまだ多いですから、一般人が買いやすいようにパンツを穿かせたのかもしれません。

    2 - 製造元の独自判断
    有名な作品をテーマに置物などを作るとき、製造元が歴史や現代の風潮などを鑑み、パンツを穿いていたほうが良いだろうと判断したのかもしれません。

    3 - 許可を得ず製造したときの言い訳
    たとえば製造元によっては、姿を少し変えて作ることで、著作権や意匠権の侵害となることを回避しようとしているのかもしれません。

    今回は「複製品でパンツを穿かせられた彫像」についてです。


    alfonso_canciani_lanciasassi01.jpg alfonso_canciani_lanciasassi02.jpg

    これはイタリアの彫刻家、アルフォンソ・カンチアーニ(1863-1955)による1894年の作品「Lanciasassi」
    斜め上を見上げて石を投げている少年の像です。
    左がオリジナルで、右は卓上サイズの置物でしょうか、半ズボンを穿いています。

    この像は1746年にオーストリアの占領軍に対して投石した少年がモチーフらしいので、歴史的に見ればズボンを穿いているほうが正しいと言えますね。
    イタリアのコルモンスの街にも設置されていますが、それはオリジナルと同じく全裸です。

    神話の登場人物ではなく一般人なので、このような改変ならば不自然さはありません。
    でも作者としては意図があって裸像にしたのでしょうから、そのへんの意図をどう汲み取るかですね。


    vincenzo_gemito_acquaiolo01.jpg vincenzo_gemito_acquaiolo06.jpg

    これはイタリアの彫刻家、ヴィンチェンツォ・ジェミート(1852-1929)による1881年の作品「L'acquaiolo」
    水売りの少年の像です。
    この作品のレプリカの多くはオリジナルに忠実ですが、中にはこのように半ズボンを穿いているものもあります。

    19世紀の水売りであれば、右の姿のほうが正しいのかもしれません。
    もちろん裸の子に売り子をさせていた水売り商もいなかったとは言えませんが。

    前回の記事のように股間にカップを付けるくらいなら、こうしてズボンを穿かせてしまったほうが自然であり、品性もなんとか保てるように思います。
    とは言っても、こういう改変も少年像だからできることですけどね。


    himobikini.jpg
    【ヒモパン?】(画像出典:Amazon.co.jp)


    石を投げる少年も水売りの少年も、穿いているのが半ズボンならさほど違和感はありません。
    しかしレプリカの中には「なんでこんなパンツなんだ?」と思ってしまうような像もあります。


    lotto_granchio_01.jpg lotto_granchio_03.jpg

    これはイタリアの彫刻家、アンニーバレ・デ・ロト(1877-1932)による1920年の作品「Il Granchio」
    海で魚捕りをしていた少年がカニに足を挟まれてしまったシーンなので、全裸であることはべつに不自然ではありません。
    むしろ正しいとも言えます。

    ところが一般向けに売られているこの像のレプリカは、ほとんどが前掛けのようなものを着けています。
    しかもそのデザインも製品によってまちまちで、右の画像ではまるでヒモ水着というか、極小ビキニというか。

    身につけるものによっては、無邪気な子供のイメージを損なわせてしまいます。


    renda_thefirstelation01.jpgrenda_thefirstelation02.jpg

    これはイタリアの彫刻家、ジュゼッペ・レンダ(1859-1939)による1895年の作品「The first elation」
    左がナポリの美術館にあるオリジナルで、右はサイズがわかりませんがレプリカですね。

    この像も同じようにおかしなパンツ姿に改変されていて、見ようによっては女性用の下着にも見えます。
    一般向けの商品は股間を隠していたほうが良いという判断だとしても、このパンツはアリなんでしょうか?

    股間の露出を下品だと思ってそうしたのだとしたら、これはかえって逆効果ですね。


    shellbikini.jpg
    【パーティ用貝殻ビキニ】(画像出典:楽天市場)


    最後はレプリカではないのですが、関連がありそうな作品。

    john_hodge-fountain.jpg

    イギリスの彫刻家、ジョン・ホッジ(生没年不明)によるブロンズ作品。
    イギリスのエセックス州の街、ブレインツリーの広場にある噴水彫刻です。

    う〜ん、なんで貝殻ビキニにしたんでしょうか?
    これならむしろ何も着けていないほうが健全ですよね。

    水辺に裸の子は当たり前なのに、それでもやっぱり隠せと抗議した市民がいたんでしょうか?
    だとしたら、作者がその是非を市民に問うている、と考えることもできますね。


    【結論!パンツによっては下品さアップ】

    オリジナルではせっかく無邪気で子供らしい姿に作られているのに、股間を隠すというただそれだけのためにパンツを穿かせると、逆に品位を下げてしまうこともあります。

    ズボンであれば下品にはならないでしょうが、神話の登場人物の場合はズボンを穿かせるわけにはいきません。
    私としては、オリジナルが全裸であるなら、レプリカもそのままを保ってほしいと思います。


    では、作者が初めから股間だけ隠れるように作った彫像なら不自然さはないのかというと、じつはそういった作品にも不自然なものがあるんです。
    次回は「布が落ちない理由」について考えてみたいと思います。


    関連記事:隠せばOK?【カップ編】
    関連記事:隠せばOK?【タオル掛け編】
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像  水着 

    価値ある美術品

    DSC02258_edited-1

    お家の中の美術品は、家の風格を高めてくれる。
    お家の中の天使たちは、楽しさと安らぎを与えてくれる。
    どちらも価値ある美しさ。

    DSC02258_edited-1
    Copyright : Gene Mills
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少女  ♂♀  水着  彫像 

    隠せばOK?【カップ編】

    数年前、島根県のとある町の公園にダビデ像が設置された際、一部の町民が「教育上悪い!」と苦情を言い、ダビデ像にパンツを穿かせるよう要求した...というニュースがありました。

    この出来事は海外からも嘲笑されてしまい、私も「おかしな人がいるもんだ」と思ったものです。
    この人にはダビデがストリッパーに見えたり、美術館がアダルトショップに見えたりするのかもしれませんね。

    美術品の裸像は性的な表現のないものは基本的に真面目なものであり、真面目に鑑賞するべきものです。

    しかし近年では、美術館でも彫像の股間を隠して展示することが稀にあります。
    これも上の例と同じく、そこを隠せと抗議なり苦情なりがあったということでしょう。

    ところが不思議なことに女性の裸像の場合は、公園等にあるブロンズ像も含め、股間を何かで隠すというケースはほとんどありません。
    もし股間を隠して展示していたら、それはほとんどが男性の裸像です。

    これはいったい何を意味しているのかというと、要するに「生殖器」が見えているかで判断しているわけです。
    つまり彫像の股間の露出を問題視する者は「性行為に使う猥褻なモノが見えている」と考えていることになります。

    これは極めて奇異な感覚であり、彫像に対して性行為を連想しておいて、それを見えているせいにするのは滑稽なことです。
    しかし美術館としてはそのような苦情も無視するわけにはいかないのでしょうね。
    股間の見え隠れとともに、美術館の葛藤も見え隠れしているようです。

    foulcup.jpg
    【ミズノの子供用ファールカップ】(画像出典:楽天市場)


    今回から3回に分けて「裸像の股間は隠すべきなのか?」「隠すことで品位は上がるのか?」といったことを軽く考察していきたいと思います。

    まず第1回目の今回は「美術館で股間を隠された彫像」について。


    wolff_eros02.jpg emil_wolff-eros.jpg

    これはドイツの彫刻家、エミール・ウォルフ(1802-1879)による1836年の作品「Eros」
    ギリシア神話の愛の神です。
    どちらも美術館での展示の様子ですが、左はオリジナルの状態で、右は股間に葉っぱ状のカップを取り付けた状態。

    たぶんヒモを通して固定しているのだと思いますが、このカップ、専門用語ではなんと言うのでしょうか?
    野球や空手で使うファールカップのような・・・いずれにしても神の姿としては不自然ですね。

    見た目が少年なので、ふざけて遊んでいるようにも見えます。
    少なくともこれを付けたら上品になった、ということはなさそうです。


    canova_cupid2.jpg canova_cupid3.jpg

    これはイタリアの彫刻家、アントニオ・カノーヴァ(1757-1822)による1791年の作品「Cupid」
    ローマ神話の愛の神です。
    こちらのカップはかなり小さめで、とにかくモノが隠れりゃイイだろうって感じですね。

    これを取り付けることに何の意味があるの?と思ってしまいます。
    そのままであればとても無垢な少年、あるいは無垢な天使に見えるのに、そんなものを付けるからかえって品がなくなってしまう。

    結局は真面目な彫像を不真面目に作り変えているだけではないでしょうか。


    ivanov_boy_in_the_bath_03.jpg ivanov_boy_in_the_bath_01.jpg

    こちらはロシアの彫刻家、セルゲイ・イワノフ(1828-1903)による1858年の作品「A Boy in the Bath-House」
    公衆浴場で体を洗っている少年の像。
    左がオリジナルで、右は葉っぱ状のプレートで股間を隠して展示しています。

    旧約聖書に登場するアダムとエバの恥じらいのシーンならともかく、浴場での格好としてはあまりに不自然。
    もし銭湯にいて、股間に葉っぱを貼り付けた少年が入ってきたら、誰だって目を丸くしてしまいますよね。


    【結論!股間にカップは不真面目】

    ありのままの姿と、股間にカップをはめている姿。
    神話の登場人物としてどちらが自然かといえば、そりゃあ前者です。
    また、どちらが不真面目な格好に見えるかといえば、私は後者に思えます。

    美術館はなにも見たくない人に無理やり見せているのではないのですから、人の体を猥褻物扱いしている者の意見は参考程度に留め、ある程度の威厳と信念をもって運営してほしいですね。


    次回は「複製品でパンツを穿かせられた彫像」についてあれこれ考えてみたいと思います。


    関連記事:隠せばOK?【パンツ編】
    関連記事:隠せばOK?【タオル掛け編】
    関連記事

    タグ: Europa  少年  ♂♀  彫像 

    オツムにオムツ

    Julian Diaper Head

    「ママ〜、オシッコしたよ〜、このあとどうすんの〜?」
    「オムツをつけるのよ」
    「もうつけてるよ〜!」
    トイレトレーニングは試行錯誤の連続だね。(^_^;)

    Julian Diaper Head
    Copyright : Frederic Joyce
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: America  少年  ♂♀ 

    天使の自由

    Picture 230

    水辺に来たら服のまま? 水着に着替える?
    それともエンジェルスタイル?
    それは天使の自由です。

    Picture 230
    Copyright : משפחת הלמן
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)
    関連記事

    タグ: Europa  少年  少女  Water  ♂♀ 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。

    当ブログのトップページをシェアする場合は下のSNSボタンをご利用ください。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    出身:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスの国別比率
    Flag Counter
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America 衣装 水着 Face Asia CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 RUKA 風呂 絵画 伝統 ペイント Thong 眠り Africa OldPhoto 音楽紹介 Oceania 動画 

    最新記事
    陽気に飛び込め! 2018/02/24
    天使の立ちション、クリエイション! 2018/02/24
    フレンチカンカン 2018/02/23
    乾杯! 2018/02/22
    晴れ晴れ姉妹 2018/02/21
    Boy and Frog 2018/02/20
    噴水アート 2018/02/19
    セロファンガール 2018/02/18
    書籍「Anatomie du dormeur」 2018/02/17
    お日様バンザイ! 2018/02/16
    モデル君の反撃 2018/02/15
    おすすめメニュー 2018/02/14
    隠せばOK?【タオル掛け編】 2018/02/13
    ヨーヨーボーイズ 2018/02/12
    隠せばOK?【パンツ編】 2018/02/11
    日別表示
    01 | 2018/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -
    月別表示
    おすすめリンク
    ユーザー掲示板
    Angelboys Fairygirls