Amore e Fedeltà

    freccia_amore_e_fedelta01.jpg

    イタリアの彫刻家、ピエトロ・フレッチャ(1814-1856)による1840年の作品「Amore e Fedeltà」(アモルとフェデルタ)
    イタリアのフィレンツェにある「ピッティ宮殿」のアートギャラリーにて展示されています。

    芸術家には短命な方が多く、このブログでも「○○歳の若さで亡くなりました」と書いた記事がいくつもありますが、この作品の作者もそうでした。

    1814年、アプアネ山の麓の家で7人兄弟の長男として生まれたピエトロ・フレッチャは、10歳で工芸品の加工を学び始めます。
    16歳でフィレンツェに行き、彫刻家F・ポッツィの工房に勤務しながら彫刻を学びました。
    1838年に美術アカデミーにて最初の作品を発表し、その後も自分のアトリエを開いて多くの作品を生み出しています。

    1840年制作のこの作品は、愛犬フェデルタの亡骸を優しくも悲しい眼差しで見つめる愛の神アモルの像。
    初めは眠っている犬かと思いましたが、どうやら亡くなった後のようです。
    その美しい容姿や細かい毛並みの表現、大理石とは思えない柔らかな質感に、作者の高度な技術力と思い入れを感じます。

    アモルは「愛」、フェデルタは「忠誠」という意味。
    まさに愛と忠誠を痛いほど感じさせる、静寂の中でこそ相応しい名作と言えるでしょう。

    そんな逸品を作り上げた彫刻家、ピエトロ・フレッチャに悲劇が訪れたのは1854年でした。
    ジェノヴァのベルデ広場でコロンブスの記念碑を制作していたとき、彼は高い足場から落ちて重傷を負ってしまいます。
    病院に入院しましたが左半身が麻痺し、2年後の1856年7月22日、42歳でこの世を去りました。

    freccia_amore_e_fedelta02.jpg

    1840年にグループ展に出展されたこの作品「アモルとフェデルタ」は彼の代表作であり、現在もイタリアのピッティ宮殿を訪れる人たちの心を癒しています。

    この彫像、ちょっと気になる箇所がありました。
    アモルが手にしているヒモ(リボン?)が、なぜか陰茎に絡みついているんです。
    これは何を意味しているんでしょうか?

    ギリシア神話ではエロスと呼ばれている愛の神アモル。
    幼少期に親しい者の死を体験するのは重要なことですが、「忠誠」と名付けた犬の死によって、アモルの心の中でも何かしら変化があったのかもしれません。

    自らの矢を縛っているのか、解いているのか・・・考え過ぎかもしれませんが絡まるヒモにさえも意味を感じてしまいます。

    ちなみに作者の名前「フレッチャ」とは英語ではアロー、「矢」のことです。

    タグ: Europa  少年  彫像  ♂♀ 

    妖精発見!

    Little girl

    軒下で雨宿りの妖精ちゃん。
    なんならウチに寄ってかない?
    「その手には乗らないわ」
    あら、ママのしつけが良いんだね。(^^)

    Little girl
    Copyright : Richard
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)

    タグ: America  少女  衣装  CC-License 

    妖精の姉妹

    Untitled

    妖精の国の可愛い姉妹。
    おやまぁ、ティアラやパールのネックレスまでしちゃって、
    今日は舞踏会にお呼ばれかな?(^^)

    Untitled
    Copyright : ... ...
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)

    タグ: Asia  少女  衣装 

    天使の魔法

    Untitled

    小さな天使が舞い降りて、
    小さな杖で魔法をかけた。
    今夜はポットたちのダンスが見られそう。

    Untitled
    Copyright : Cyril Peron
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)

    タグ: Europa  少女  衣装 

    Eros, Cupido

    jean-jules-antoine_eros-cupido.jpg

    フランスの画家、ジーン・ジュールス・アントワーヌ・ルコント・ドゥ・ノーイー(1842-1923)による1873年の作品「Eros, Cupido」

    作者の名前は長いけれど作品のタイトルはじつに簡潔「エロス・クピド」
    ギリシア神話ではエロス、ローマ神話ではクピドと呼ばれている、天使の姿をした愛の神。
    美の女神アフロディーテの息子であり、ラテン語で愛を意味する「アモル」の名で呼ばれることもあります。

    背中に大きな翼を持つアモルが弓に弦を張っているシーンですが、150年近くも前の作品にしては前衛的ですね。
    舞台セットのような構図や、背景に文字が書かれているところなど、絵画というよりも映画のポスターのよう。

    作者のルコント・ドゥ・ノーイーは1842年、フランスのパリに生まれました。
    兄はのちに建築家となりますが、彼は子供の頃から視覚芸術に強い関心を示し、6歳のときすでに父親と叔父の肖像画を描いています。

    1861年、19歳の時にスイス人画家シャルル・グレールのアトリエに入り、グレールから創造的な表現を学びました。
    その後アカデミック美術の代表的な画家であるジャン・レオン・ジェロームの指導のもと、芸術の知識と技をより高めていきました。

    1863年にパリのサロンでデビューした彼はその後も定期的に作品を出展し、1866年に金メダルを獲得します。
    1872年にはローマ大賞を受賞し、美術館での展示や教会での装飾も成し遂げています。

    その後は東アジア、ギリシャ、トルコ等を旅して外国文化の社会的、歴史的、文学的側面に触れ、そこからインスピレーションを得ています。
    彼の絵にある特徴的なオリエンタリズムは、この旅によるところが大きいのでしょう。

    たしかにこの作品も、どことなくオリエンタルな雰囲気がありますね。
    草花で髪を飾り、金色の装飾品を身に付け、翼が青や黄色なところはそれまでの天使像とは違う雰囲気を感じさせ、性格さえ違うような気もしてきます。
    でも股間を隠さないところは、やっぱり天使だなって思いますが。

    このアモル君、人間の歳でいうといくつくらいでしょうか?
    そろそろ弓矢を自分のために使いたくなってくる年頃かもしれませんね。

    作者のジーン・ジュールス・アントワン・ルコント・ドゥ・ノーイーは晩年をルーマニアで過ごしましたが、亡くなる直前にパリに戻り、1923年2月19日に死去しました。
    パリの街のある通りには、彼の名にちなんだ名前が付けられているそうです。

    タグ: Europa  少年  絵画  衣装  ♂♀ 

    The Dragonfly

    nellie_joshua_dragonfly.jpg

    イギリスの女流画家、ネリー・ジョシュア(1877-1960)による1905年の作品「The Dragonfly」

    タイトルのDragonfly(ドラゴンフライ)とはトンボのこと。
    描かれているのは妖精ですが、羽の形状からイメージしてこのタイトルを付けたんでしょうね。
    妖精といえば背中に蝶の羽を持つものが一般的ですが、トンボのような羽の妖精もファンタジックな絵ではよく見かけます。

    さてそのトンボですが、西洋では昔は不吉な虫と考えられていたそうです。
    ドラゴンや妖精を邪悪な生き物とみなした物語もあるので、関連性があるのかもしれません。
    日本ではトンボは季節の風物詩でもあり、どちらかというと好まれている虫ですね。

    ちなみにトンボという名の語源については・・・
    飛ぶ棒 → トンボウ → トンボと変化したという説があります。

    この絵の作者、ネリー・ジョシュアはロンドンのハムステッド生まれの女性。
    インテリアの要素を取り入れた人物画を描く画家で、妹のジョーン・ジョシュアも芸術家でした。

    1890年代にロンドンのヘザーリー美術学校で絵画を学び、その後は王立アカデミーや女性アーティスト協会にて作品を発表。
    ファンタジックな作風で知られており、この「The Dragonfly」もその頃の作品です。


    さて、このトンボのような妖精、男の子でしょうか?女の子でしょうか?
    え?語源が「飛ぶ棒」だから男の子?
    なるほどっ!山田くん座布団ぜんぶ持ってって!( `・ω・´)/

    でもそのとおり、正解は男の子。
    この絵には「Fairy Boy」というもうひとつのタイトルが付いていました。


    画像出典:Sofi
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    タグ: Europa  少年  絵画  CC-License 

    3.11

    angel

    過去は変えられない。
    でも未来は変えることができる。
    悲しみを乗り越えて進む先に、もうひとつの笑顔がある。

    angel
    Copyright : J.HOFoto
    (Flickrのシェア機能を使って紹介しています)

    タグ: Europa  彫像  Face 

    Un jeune Zéphyr se balançant au-dessus de l´eau

    prudhon_young_zephyr.jpg

    フランスの画家、ピエール=ポール・プリュードン(1758-1823)による1814年の作品「Un jeune Zéphyr se balançant au-dessus de l´eau」

    英語のタイトルは「Young Zephyr balancing above water」で、日本語に訳すと「水の上でバランスをとる若いゼファー」となります。
    ゼファーとはギリシア神話に登場する西風の神「ゼピュロス」の英語名です。

    背中に蝶のような羽を持つゼピュロス君が木にぶら下がって遊んでいるシーン。
    下は池でしょうか泉でしょうか、風の神らしいヤンチャっぽさが表れていますね。

    ご存知のように、絵画は人物や背景をリアルに描けば描くほど動きを表現するのが難しくなります。
    抽象画は別ですが、このような写実的な作品は言わばカメラで撮影した静止画のようなもの。
    漫画であれば動く方向に斜線を引くことで動きを表現できますし、写真でもシャッター速度を遅くして流し撮りをすれば躍動感が出せます。

    しかし絵画では、動いている最中であることを表現するには見た目の状態を工夫するしかありません。
    たとえば服がひるがえっているとか、ネックレスが浮いているとか。

    この絵もそのあたりを上手く表現していて、とんでもない方向を向いているこの子のシンボルによって、体を振った瞬間なのだとわかります。
    こういう手法もあるんですね。

    作者のプリュードンは神話や寓話をもとにした絵画で有名なフランスのロマン主義画家。
    1758年に石工職人の父親の10番目の子として生まれた彼は、16歳でディジョンのフランソワ・ドヴォージュ絵画学校に入学します。
    1782年にイタリアに留学して賞を獲得し、帰国後はパリに滞在してデッサンや肖像画を描き続けました。

    1798年にはサン・クルー城の天井画を手掛け、1801年からはナポレオン1世から肖像画や室内装飾の依頼も受けていました。
    彼はロマン派による新古典主義の影響を強く受けており、優美で甘美な画風は他の画家からも高く評価されていたそうです。

    タグ: Europa  少年  Water  ♂♀ 

    Sankte Per framför porten till Paradise

    engelsted_saint_peter.jpg

    デンマークの画家、マルタ・オーディン・エンゲルステッド(1852-1930)による1891年の作品「Sankte Per framför porten till Paradise」
    日本語に訳すと「楽園の門の前の聖ペトロ」となります。

    楽園へと続く門の前に聖ペトロなる人物がいて、これは検閲しているんでしょうか?
    なにやら揉めているようにも見えますね。

    列をなす人の中には不安そうな者もいれば、笑っている者もいます。
    剣を装備した番兵のような天使たちと、咥えタバコでポケットに手を突っ込んでいる野暮ったい男の存在に作者のユーモアを感じます。

    作者のエンゲルステッドは1852年、デンマークのシェラン島で生まれました。
    1870年に学校を卒業後、デンマーク王立芸術アカデミーへと進み、最初の作品を発表。
    1880年に賞を授与され、その賞金とアカデミーの奨学金基金によりドイツ、オランダ、フランス等に留学しました。

    アカデミー卒業後の彼の芸術活動は心理的なアプローチが特徴で、人間の感情やユーモアを織り交ぜた作品が多いようです。
    天使に剣や槍は似合いませんが、仁王立ちする天使をキョトンとした表情で見つめる子供たちが可愛いですね。

    この絵はデンマークのオールボーにある北ユトランド美術館が所蔵しています。

    タグ: Europa  少年  少女  絵画  ♂♀ 

    Jeune fille se defendant l'Amour

    bouguereau_Jeune_fille1880.jpg

    フランスの画家、ウィリアム・アドルフ・ブグロー(1825-1905)による1880年の作品「Jeune fille se defendant l'Amour」
    「アモルから身を守る若き少女」という意味。
    アモルとはギリシア神話に登場する愛の神エロースのことで、ローマ神話のクピド(キューピッド)とほぼ同じです。

    この絵はブグローの絵の中で私がとくに好きな作品でもあるんですが、弓を使わず矢を直接突き立てようとしているところが珍しいというか、愛の神に似合わぬ攻撃性を感じますね。
    女性が拒んでいるのはアモルの行為に対してでしょうか?
    それとも愛そのものでしょうか?

    appleangel_w.jpg

    昔この絵でデスクトップピクチャを作ったことがありました。
    ウィリアム・テルじゃないけど、リンゴを狙っているほうが可愛くてイイですね。(^^)


    1825年にフランスの港町、ラ・ロシェルにて生まれたブグローは、1846年にパリの国立高等美術学校エコール・デ・ボザールに入学し美術を学びました。
    1876年に美術アカデミーの会員となり、1888年にはエコール・デ・ボザールの教授に就任しています。

    画風は新古典主義の流れを汲む伝統的なもので、神話をテーマにしたものが多いようです。
    官能的な裸婦や可憐な天使、憂愁を帯びた若い女性など独特の世界を築いています。

    生前の名声は死後しだいに衰えていきましたが、20世紀末から再評価され、今や彼の絵はインテリアグッズ等にも数多く使われています。
    名前は知らなくても絵は見たことがある、という人は多いのではないでしょうか。

    bouguereau_drawing1885.jpg

    これは上の絵画を描いた5年後、1885年に描かれたデッサン画です。
    5年も経ってからまた同じ絵を描くくらいですから、よほど気に入った作品だったのでしょう。

    どちらも全く同じ図柄に見えますが、よく見るとアモルが持っている矢の先端が少し大きくなっているんですね。
    5年間で少し成長したってことかもしれません。(^^)

    タグ: Europa  少年  絵画  CC-License  RUKA 

    いらっしゃいませ

    現在の閲覧者数:
    このブログについて...

    RUKA

    Author:RUKA


    当ブログは子供を表現した世界の絵画、彫像、写真作品をご紹介しています。
    天使に見立てているので必然的に裸の作品が多くなりますが、すべてアートまたは家庭的な生活記録に限定しています。

    子供は本来この世界における夢であり希望であり、その姿は大人にとってノスタルジーや心の潤い、癒しの対象でもあります。

    古くから子供の姿は愛すべきものとして認識され、絵画や彫像、写真等で様々に表現されてきました。天使のイメージもそのひとつです。
    そして各家庭でも、我が子への愛情ある記録(写真撮影)が数多くなされています。

    当ブログではそれら子供や天使をテーマにしたアート作品と、写真共有サイトFlickrで一般公開されている子供写真をご紹介しています。(できるだけ天使の姿に近いものを選んでいます)

    ふと訪れては日々の疲れを癒す天使の園・・・そんな憩いの場としてお使いいただければ幸いです。

    画像の著作者は私を含め様々ですが、著作権的に問題のない方法で掲載しています。
    また、公序良俗に反する画像や違法な画像、猥褻な画像は一切ありません。
    【当ブログの掲載ポリシー】

    Flickrは米Yahoo!が運営する写真共有コミュニティサイトです。
    当ブログはFlickrにて一般公開されている写真から、シェアが可能なもの(SNSやブログでの表示が許可されているもの)を選んでご紹介しています。
    Flickrの写真に関するご質問はFlickrまたは写真の著作者にお問い合わせください。

    説明記事(お読みください)
    著者について...
    名前:RUKA (Rukachas)
    国籍:日本
    都道府県:埼玉(生まれは宮城)
    性別:男性
    年齢:あっという間の半世紀
    インターネット歴:20年

    20代の頃に仕事で幼稚園に足を運んだのを機に街で子供の笑顔写真を撮り続ける。 1999年に「The Light of Smile 笑顔の灯り」という子供の笑顔をテーマにしたサイトを開設。 サイト終了後はこのブログで世界の天使像や世界の子供写真を紹介している。 6人の甥と姪の伯父さんでもある。

    メールアドレス: ruka_rukachas@ybb.ne.jp
    RUKAのサイト・ブログ

    RUKAのTwitter
    おすすめリンク
    アンケート
    Translation
    ブログ内検索
    アートギャラリー
    カテゴリ
    タグ

    少年 Europa 少女 Water 笑顔 ♂♀ America Asia 衣装 Face 水着 CC-License イベント 彫像 スポーツ 日本 風呂 RUKA 伝統 絵画 ペイント Thong 音楽紹介 眠り Africa Oceania OldPhoto 動画 

    日別表示
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別表示
    最新記事
    メッセージフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ユーザー掲示板
    AngelBoys FairyGirls